青木高見のジャズコレクション Stuff (unit)


寸評
スタッフ (Stuff) は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活動したアメリカ合衆国のフュージョン・バンド。
メンバーは。
リーダーのゴードン・エドワーズ / Gordon Edwards (b)。
コーネル・デュプリー / Cornell Dupree (g)。
エリック・ゲイル / Eric Gale (g)。
リチャード・ティー / Richard Tee (key)。
スティーヴ・ガッド / Steve Gadd (ds)。
クリストファー・パーカー / Chris Parker (ds)。
以上の6人がオリジナル・メンバーで、ドラマーとギタリストが2人ずついる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Stuff (7599-26267-2) Stuff (7599-26267-2)

Recorded : 1976

Personnel :
【Stuff】
[Stuff (band)]

Richard Tee (key)
Eric Gale (g)
Gordon Edwards (b)
Chris Parker (ds)
Steve Gadd (ds)

Song name :
01. Foots
02. My Sweetness
03. (Do You) Want Some Of This
04. Lokking For The Juice
05. Refrections Of Divine Love
06. How Long Will It Las
07. Sun Song
08. Happy Farms
09. Dexie / Up On The Roof

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタッフ (Stuff) は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活動したアメリカ合衆国のフュージョン・バンド。
アルバムはスタッフ、1976年のリリース、記念すべきファースト。
メンバーは、キーボードがリチャード・ティー、ギターがコーネル・デュプリーとエリック・ゲイル、ベースがゴードン・エドワーズ、ドラムがクリストファー(クリス)・パーカーとスティーヴ・ガッド。
改めてメンバー編成を見てみると、ギターが二人、ドラムが二人、ホーンがいない、ユニークなもの。
演奏は、技巧はあるが、ひけらかす事なく、全てシンプルなストレートがいい。
ひつこさを、全く感じない、自然のそよ風のような爽快感が聴きどころ。
時が経っても陳腐化しないのは、全員の技術力の高さによるもの。
やはり、こういうバンドはアメリカでなければ生まれなかった様に思う。
(青木高見)





Stuff / Stuff It! Stuff / Stuff It!

Recorded : May - October 1978

Personnel :
[Stuff (band)]

Richard Tee (key)
Eric Gale (g)
Gordon Edwards (b)
Chris Parker (ds)
Steve Gadd (ds)

Song name :
01. Mighty Love
02. Dance With Me
03. Since You've Been Gone (Baby, Baby, Sweet Baby)
04. Always
05. Stuff It
06. Love Having You Around
07. Rainbows
08. Gordon's Theme
09. Talkin' About My Love For You
10. Do It Again

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタッフ (Stuff) は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活動したアメリカ合衆国のフュージョン・バンド。
アルバムはスタッフ、1978年5月から10月の録音、サード・アルバム。
メンバーは、キーボードがリチャード・ティー、ギターがコーネル・デュプリーとエリック・ゲイル、ベースがゴードン・エドワーズ、ドラムがクリストファー(クリス)・パーカーとスティーヴ・ガッド。
演奏は、ホーン、ストリングス、コーラスが加わりポップス色が強くなった。
生鮮食品と同じ様に、ロックやジャズのクループやバンドには旬(しゅん)がある。
まさに、このアルバムは旬かもしれない。
演目は、4曲がカヴァーで更に近親感も増す。
余談だが、アップルのパソコンのアプリにスペルは違うが 「スタッフイット」 というのがある。
ひじょうに高い圧縮率を誇るデータ圧縮アプリで、結構人気があった。
(青木高見)





Stuff Live / In New York Stuff Live / In New York

Recorded : 1979

Personnel :
【Stuff】
[Stuff (band)]

Gordon Edwards (b, prod)
Richard Tee (key)
Eric Gale (g)
Chris Parker (ds)
Steve Gadd (ds)

Song name :
01. Sometimes Bubba Gets Down
02. You Make It Easy
03. You're A Great Girl
04. Shuffle
05. Love The Stuff - Ain't No Mountain High Enough
06. Duck Soup
07. The Real McCoy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタッフ (Stuff) は、1970年代後半から1980年代前半にかけて活動したアメリカ合衆国のフュージョン・バンド。
アルバムはスタッフ、1979年の録音、本拠地のニューヨークのクラブ 「Mikkel's」 でのライブ。
メンバーは、キーボードがリチャード・ティー、ギターがコーネル・デュプリーとエリック・ゲイル、ベースがゴードン・エドワーズ、ドラムがクリストファー(クリス)・パーカーとスティーヴ・ガッド。
演奏は、みごとなまでの一瞬で解るスタッフの迫力サウンド。
スタッフの真骨頂はライブにあり。
ただ、編集で曲毎にフェードアウトするので興ざめしていまう。
いったい、これは何んなんだ。
リスナーの心理をまったく理解していない傍若無人な編集は、これ以外にライブ客の発する音までも変にイコライズしている。
これらが耳障りで、マジで演奏に集中できない。
スタッフのメンバーは、この事を知っているのか。
せっかくの素晴らしい演奏を台無しにした罪は、案の定、価値を低下させCDを500円以下のワゴン品にしてしまった。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲