青木高見のジャズコレクション Jack De Johnette (ds) ジャック・ディ・ジョネット


寸評
ジャック・ディ・ジョネット (Jack De Johnette 1942年8月9日~) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ドラマー、ピアニスト、プロデューサー。
プロのミュージシャンからも、絶大の信頼のあり多くの有名アルバムに参加している。
ドラマーだけに留まらず、ジャズ界を牽引する活動は高い評価を受ける。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell       sell       sell

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jack De johnette / Earth Walk sell Jack De johnette / Earth Walk

Recorded : June 18-21. 1991

Personnel :
Jack De johnette (ds, key, producer)
Michael Cain (syn, p, key)
Gary Thomas (ts, fl)
Greg Osby (as, ss)
Lonnie Plaxico (b)

Song name :
01. It's Time To Wake Up And Dream
02. Blue
03. Where Or Wayne
04. Priestesses Of The Mist
05. Earth Walk
06. On Golden Beams
07. One On One
08. Lydia
09. Monk's Plumb
10. It's Time To Wake Up And Dream

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・ディ・ジョネット(Jack De Johnette 1942年8月9日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ドラマー、ピアニスト、プロデューサー。
アルバムはジャック・ディ・ジョネット、1991年の録音、スペシャル・エディションのユニット。 共演者はテナー・サックスがゲイリー・トーマス、アルト・サックスがグレッグ・オズビー、ピアノがマイケル・ケイン、ベースがロニー・プラキシコ。
演奏は「大地の音」アース・ビートをテーマに奥行きのある音で表現。 基本のジャズから立脚して、より一層のメロディーを重視。
適度な張りと緊張感が漂い、なんとも元気な躍動感が気持ちいい。
ジャック・ディ・ジョネットの偉い所は、常に前向きで勉強熱心。 それが若手ミュージシャンを更にインスパイアーして挑戦し続ける。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : ジャック・ディ・ジョネット、1991年の録音、スペシャル・エディションのユニット。
共演者はテナー・サックスがゲイリー・トーマス、アルト・サックスがグレッグ・オズビー、ピアノがマイケル・ケイン、ベースがロニー・プラキシコ。
演奏は「大地の音」アース・ビートをテーマに奥行きのある音で表現。
基本のジャズから立脚して、より一層のメロディーを重視。
適度な張りと緊張感が漂い、なんとも元気な躍動感が気持ちいい。
(青木高見)





Jack De johnette / Parallel Realities sell Jack De johnette / Parallel Realities

Recorded : 1998

Personnel :
Jack De johnette (ds, key, b)
Pat Metheny (g, syn)
Herbie Hancock (p)

Song name :
01. Jack In
02. Exotic Isles
03. Dancing
04. Nine Over Reggae
05. John McKee
06. Indigo Dreamscapes
07. Parallel Realities

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・ディ・ジョネット(Jack De Johnette 1942年8月9日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ドラマー、ピアニスト、プロデューサー。
アルバムはジャック・ディ・ジョネット、1998年録音のリーダー作。
共演者はギターがパット・メセニー、ピアノがハービー・ハンコック。
特にベースパートはジャック・ディジョネットがキーボードベースで演奏している。
総合的に実験的なアルバムという感じがしないでもない。
ただ並の技術の三人でないので、この位の演奏は難なくこなしてしまうのだろう。
難を言えば、三人でやってみました的で、そこが惜しい。
個人的にはスタンダードを何曲か入れて欲しかった。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはジャック・ディ・ジョネット、1998年録音のリーダー作。
共演者はギターがパット・メセニー、ピアノがハービー・ハンコック。
特にベースパートはジャック・ディジョネットがキーボードベースで演奏している。
総合的に実験的なアルバムという感じがしないでもない。
ただ並の技術の三人でないので、この位の演奏は難なくこなしてしまうのだろう。
難を言えば、三人でやってみました的で、そこが惜しい。
個人的にはスタンダードを何曲か入れて欲しかった。
(青木高見)




Jack De johnette / Special Edition sell Jack De johnette / Special Edition

Recorded : March 1979

Personnel :
Jack De Johnette (ds, p, melodica)
David Murray (ts, bcl)
Arthur Blythe (as)
Peter Warren (b, cello)

Song name :
01. One For Eric
02. Zoot Suite
03. Central Park West
04. India
05. Journey To The Twin Planet

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・ディ・ジョネット(Jack De Johnette 1942年8月9日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ドラマー、ピアニスト、プロデューサー。
アルバムはジャック・ディ・ジョネット、1979年ECMの録音でテナーサックスのデビッド・マーレイらとの組んだスペシャル・エディション。
他の共演者はアルトサックスがアーサー・ブライス、ベースがピーター・ウォーレン。
ジャック・ディ・ジョネットの略歴を見ると最初ロスコー・ミッチェルやサン・ラ、チャールズ・ロイドなどと仕事をしている。
その後の多くのミュージシャンとの共演の豊富さが凄い。
ドラマーとして有名だがピアニストとのしての顔も持つ。
演奏は全5曲中2曲がコルトレーンの曲と残りがジャック・ディジョネットの作品。
二管を配してジャック・ディ・ジョネットが描き出した世界観は深遠で単純ではない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはジャック・ディ・ジョネット、1979年ECMの録音でテナーサックスのディヴィッド・マレイらとの組んだスペシャル・エディション。
他の共演者はアルトサックスがアーサー・ブライス、ベースがピーター・ウォーレン。
ジャック・ディ・ジョネットの略歴を見ると最初ロスコー・ミッチェルやサン・ラ、チャールズ・ロイドなどと仕事をしている。
その後の多くのミュージシャンとの共演の豊富さが凄い。
演奏は全5曲中2曲がコルトレーンの曲と残りがジャック・ディジョネットの作品。
描き出した世界観は深遠で単純ではない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲