青木高見のジャズコレクション Miroslav Vitous (b) ミロスラフ・ヴィトウス


略歴
ミロスラフ・ヴィトウス (Miroslav Vitous 1947年12月6日~) はチェコスロバキア生まれのジャズ・ベーシスト。
1966年にウィーンで開かれたフリードリヒ・グルダ主催、国際ジャズ・コンクール、ベース部門で優勝。
その後、渡米、超絶的な演奏で世界的に有名になる。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Miroslav Vitous / Infinite Search Miroslav Vitous / Infinite Search

Recorded : 1969

Personnel :
Miroslav Vitous (b)
Herbie Hancock(p)
John McLaughlin(g)
Joe Henderson(ts)
Jack De Jnohnette(ds)
Joe Chambers(ds) #06

Song name :
01. Freedom Jazz Dance
02. Mountain In The Clouds
03. When Face Gets Pale
04. Infinite Search
05.I Will Tell Him On You
06. Epilogue

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ミロスラフ・ヴィトウス (Miroslav Vitous 1947年12月6日~) はチェコスロバキア生まれのジャズ・ベーシスト。
アルバムはミロスラフ・ヴィトウス、1969年の録音、邦題 「限りなき探求」 。
共演者は、ピアノがハービー・ハンコック、ギターがジョン・マクラフリン、テナーサックスがジョー・へンダーソン、ドラムがジャック・ディ・ジョネット、6曲目のだラムがジョー・チェンバース。
時期的にミロスラフ・ヴィトウス、ウェザー・リポート結成1年前の作品となる。
演奏は、圧倒的なウッドベースの技巧に驚く。
全体に内向的で、ジャズ・ロック、個人的にはプログレに共通するものを感じる。
常に襲ってくる、不安感、不安定感は、何度も聴いていると、それが、次世代への胎動に感じ安心に変わる。
おそろしい、ベーシストがいたものである。
経歴は、1966年にウィーンで開かれたフリードリヒ・グルダ主催、国際ジャズ・コンクール、ベース部門で優勝。
その後、渡米、超絶的な演奏で世界的に有名になる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲