青木高見のジャズコレクション John Henderson (ts) or Joe Henderson ジョー・ヘンダーソン


寸評
ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
40年以上の音楽活動を精力的に行った。
そして、多くの一流プレイヤーとも共演を行った。
緻密で豪快、静と動、剛と柔、生の音を聴くことは、もはや出来ない。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】




【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Joe Henderson / Page One Joe Henderson / Page One

Recorded : June 3, 1963

Personnel :
Joe Henderson (ts)
McCoy Tyner (p)
Kenny Dorham (tp)
Butch Warren (b)
Pete La Roca (ds)

Song name :
01. Blue Bossa
02. La Mesha
03. Homestretch
04. Recorda Me
05. Jinrikisha
06. Out od the Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
アルバムはジョー・ヘンダーソン、1963年6月3日の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、ピアノのマッコイ・タイナー、トランペットがケニー・ドーハム、ベースがブッチ・ウォーレン、ドラムのピート・ラ・ロッカ。
ケニー・ドーハムが自分の曲の 「Blue Bossa」 をジョー・ヘンダーソンにプレゼントしたことが有名、ブルーノートの中でも人気がある。
録音時のメンバーの歳、ジョー・ヘンダーソン25歳、マッコイ・タイナー25歳、ケニー・ドーハム39歳、ブッチ・ウォーレン23歳、ピート・ラ・ロッカ25歳。
これを見て、その若さと早熟ぶり、新しい潮流は俺たちが作って行くんだという気魄(きはく)を感じる。
当時、トランペットのケニー・ドーハムのジョー・ヘンダーソンへの惚れ込みようは尋常ではなかったらしい。
本作のライナーノーツもケニー・ドーハムが書いている。
個人的は、この一枚を聴くと古巣に帰った感じがして心が落ち着く。
アルバムが出た日本は、高度成長のまっただなか。
相撲は大鵬、野球は巨人、歌は三波春夫の東京五輪音頭、テレビでは鉄腕アトムが放映開始。
煙草と酒の地下のジャズ喫茶では毎晩これがかかっていたという。
時代を先取りしていたジャズメン達。
アルバム・ジャケットのジョー・ヘンダーソンのアイビー・ルックが渋い。
セル・フレームのロイド眼鏡、ブレザーは三(みつ)ボタンの段がえり、ネクタイはコンポラっぽい極細。
ズボンはタック無しのテーパード・マンボ、靴はチャッカー・ブーツ。
演目の 「Blue Bossa」 は、今日も日本のどこかのジャズ・ライブで演奏されている。
(青木高見)





Joe Henderson / Our Thing Joe Henderson / Our Thing

Recorded : September 9, 1963

Personnel :
Joe Henderson (ts)
Andrew Hill (p)
Kenny Dorham (tp)
Eddie Khan (b)
Pete La Roca (ds)

Song name :
01. Teeter Totter
02. Pedro's Time
03. Our Thing
04. Back Road
05. Escapade
06. Teeter Totter [Bonus track on CD]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
アルバムはジョー・ヘンダーソン、1963年9月9日の録音、ブルーノート 4152番。
共演者は、ピアノがアンドリュー・ヒル、トランペットがケニー・ドーハム、ベースがエディ・カーン、ドラムがピート・ラ・ロカ。
ジョー・ヘンダーソンのヒットアルバム 「Joe Henderson / Page One」 が1963年6月の録音なので、ずいぶん矢継ぎ早に当アルバムをリリースしたものだ。
ピアノがマッコイ・タイナーからアンドリュー・ヒルに変わっただけで、こうも感じが違ってくるのか。
いや、ジョー・ヘンダーソン自体も切り口を変えた演奏を試みたとも言える。
ジョー・ヘンダーソンの特徴として、ハードバップの次に来る新しい音を摸索している感じがしてならない。
ちなみに、アンドリュー・ヒルを連れてきたのがジョー・ヘンダーソンなので更に納得。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Teeter Totter / Joe Henderson
02. Pedro's Time / Kenny Dorham
03. Our Thing / Joe Henderson
04. Back Road / Kenny Dorham
05. Escapade / Kenny Dorham
06. Teeter Totter [alternate take] [Bonus track on CD]
(青木高見)





Joe Henderson / In' n Out Joe Henderson / In' n Out

Recorded : April 10, 1964

Personnel :
Joe Henderson (ts)
McCoy Tyner (p)
Kenny Dorham (tp)
Richard Davis (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. In 'N Out
02. Punjab
03. Serenity
04. Short Story
05. Brown's Town

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
アルバムはジョー・ヘンダーソン、1964年4月10日の録音、ブルーノート 4166番。
共演者は、ピアノがマッコイ・タイナー、トランペットがケニー・ドーハム、ベースがリチャード・ディヴィス、ドラムがエルビン・ジョーンズ。
流れで見ると、前年6月 「Page One」、同年11月が 「Inner Urge」 で、その間の作品になる。
注目は共演が、3枚共マッコイ・タイナー、内2枚がエルビン・ジョーンズとケニー・ドーハムの参加。
マッコイとエルビンとくればコルトレーンだが、音は洗練されている。
また、よほどケニー・ドーハムと相性がよかったのか、このコンビのみずみずしさは永久に残る事となる。
(青木高見)





Joe Henderson / Inner Urge Joe Henderson / Inner Urge

Recorded : November 30, 1964

Personnel :
Joe Henderson (ts)
McCoy Tyner (p)
Bob Cranshaw (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. Inner Urge
02. Isotope
03. El Barrio
04. You Know I Care
05. Night And Day

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
アルバムはジョー・ヘンダーソン、1964年11月30日の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、ピアノのマッコイ・タイナー、ベースがボブ・クランショウ、ドラムのエルビン・ジョーンズ。
心ゆくまでジョーヘンのワンホーンが楽しめる。
演目の 「Night And Day」 はカッコよさは脱帽。
色々なミュージシャンンの 「Night And Day」 演奏の中でも特に素晴らしい。
「Night And Day」 を作ったコール・ポーターが聴いたら何と言うだろう。
話は替わり、マッコイ・タイナーのアルバム 「Real McCoy」 のメンバーは、テナーサックスがジョー・ヘンダーソン、ベースがロン・カーター、ドラムがエルビン・ジョーンズ。
録音が1967年なので、この 「Inner Urge」 より後という事になる。
急に 「サントリーピュアモルトウイスキー山崎」 のコピーを思い出した。
【なにも足さない、なにも引かない。
 歳月には力がある。
 歳月を養分にして、この琥珀色は滴った。
 だからピュアモルトの香りは、言葉に溶けてしまわない。
 はっきりと呟きが聞こえる。
 凛としたモノローグである。
 朴訥だが明晰。
 シンプルだが、奥が深い。
 なんという矛盾だろう。
 静謐があって、覇気がある。
 ゆったりと、鷹揚で、大きな流れと、縦横無尽に闊歩するものとが、同居している。
 なにも足さない、なにも引かない。
 ありのまま、そのまま。
 この単純の複雑なこと。
 日本のウイスキーのふるさと山崎から。】
この 「Joe Henderson / Inner Urge」 のために作られた錯覚に陥る。
(青木高見)





Joe Henderson / Tetragon ・ In Pursuit Of Blackness Joe Henderson / Tetragon ・ In Pursuit Of Blackness

Recorded :
Tetragon = September 27, 1967 and May 16, 1968
In Pursuit Of Blackness = September 25-26, 1970 and May 12, 1971

Personnel :
Joe Henderson (ts)

Song name :
01. Invitation
02. R.J.
03. The Bead Game
04. Tetragon
05. Waltz for Zweetie
06. First Trip
07. I've Got You Under My Skin
08. No Me Esqueca
09. A Shade Of Jade
10. Gazelle
11. Mind Over Matter

以下、曲目と録音年月日と演奏者
01. Invitation
02. R.J.
03. The Bead Game
Rec : 05/16/1968
Joe Henderson (ts)
Don Friedman (p)
Ron Carter (b)
Jack De Johnette (ds)

04. Tetragon
Rec : 09/27/1967
Joe Henderson (ts)
Kenny Barron (p)
Ron Carter (b)
Louis Hayes (ds)

05. Waltz for Zweetie
Rec : 05/16/1968
Joe Henderson (ts)
Don Friedman (p)
Ron Carter (b)
Jack De Johnette (ds)

06. First Trip
07. I've Got You Under My Skin
Rec : 09/27/1967
Joe Henderson (ts)
Kenny Barron (p)
Ron Carter (b)
Louis Hayes (ds)

08. No Me Esqueca
09. A Shade of Jade
Rec : 05/12/1971
Joe Henderson (ts)
George Cables (el-p)
Curtis Fuller (tb)
Pete Yellin (as, fl, bcl)
Stanley Clarke (b)
Lenny White (ds)

10. Gazelle
Rec : 09/25-26/1970
Joe Henderson (ts)
George Cables (el-p)
Woody Shaw (tp)
Ron McClure (b)
Lenny White (ds)
Tony Waters (congas)

11. Mind Over Matter
Rec : 05/12/1971
Joe Henderson (ts)
George Cables (el-p)
Curtis Fuller (tb)
Pete Yellin (as, fl, bcl)
Stanley Clarke (b)
Lenny White (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
アルバムはジョー・ヘンダーソン、1967年、1968年、1970年、1971年のマイルストーンの録音で 「Tetragon」 と 「In Pursuit Of Blackness」 を一枚に集めたCD。
共演者は、4つのバンド。
「Tetragon」 の一ッ目は、ピアノがケニ―・バロン、ベースがロン・カーター、ドラムがルイ・ヘイズ。
ニッ目は、ピアノがドン・フリードマン、ベースがロン・カーター、ドラムがジャック・デ・ジョネット。
「In Pursuit Of Blackness」 の3ッ目と4ッ目がトランペットがウッディ・ショウ、トロンボーンがカーティス・フラー、エレピがジョージ・ケイブルス。
アルトとフルートがピート・イェリン、ベースがロン・マクルーアとスタンリー・クラーク、ドラムがレニー・ホワイト、コンガがトニー・ウォータース。
内容は、ジョー・ヘンダーソンの変化を一枚で聴ける。
特に 「In Pursuit Of Blackness」 ではスーツを脱ぎ捨てアフロヘアーのジョーヘン。
タイトル通り、アーシーな作品。
バックのジョージ・ケイブルスのエレピや、ピート・イェリンのフルートが妖艶。
話は飛ぶが、 「Tetragon」 のアルバムタイトルはジャケット・デザインで内容が、そのままイメージされている。
「Tetragon」 とは名詞では 「四角形」 「四辺形」 の意味。
科学用語では 「方晶」 「正方晶系」 または、四つの辺をもつ多角形  (a four-sided polygon) とされている。
意味は、ミュージシャン四人の演奏者が対等に扱われている事だと勝手に解釈している。
ジョーヘンが新境地を求めたタイトルで、まさに野心が伝わってくる。
また 「ロン・マクルーア」 というベーシスト。
1941年11月22日、アメリカ合衆国コネチカット州ニューヘブン生まれ、ジャンルがジャズ、ジャズ・ロック、フリーと多方面で活躍していること。
マイナーではあるが、多彩なベーシストであることがわかる。
現在のところ、自分のコレクションでは、Charles Lloyd の 「Forest Flower」 と、Wynton Kelly の 「Full View」 とこのジョーヘンの三枚。
今後も抑えておきたいベーシストといえる。
(青木高見)





Pete La Roca / Basra Pete La Roca / Basra

(注) このアルバムはピート・ラ・ロカのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Pete La Roca 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 9, 1965

Personnel :
Pete La Roca (ds)
Joe Henderson (ts)
Steve Kuhn (p)
Steve Swallow (b)

Song name :
01. Malaguena
02. Candu
03. Tears Come From Heaven
04. Basra
05. Lazy Afternoon
06. Eiderdown

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ピート・ラ・ロカ(Pete La Roca (Peter Sims)1938年4月7日~2012年11月19日)はアメリカ合衆国ニューヨーク・シティ生まれのジャズ・ドラマーで弁護士。
ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
アルバムはピート・ラ・ロカ、1965年5月9日の録音、ブルーノート 4205番。
タイトルの 「バスラ」 はイラク南部の都市。
個人的にイラクで、まず思い当たるのは。
1990年イラクがクウェートに侵攻した戦争の事。
「サダム・フセイン」 や 「多国籍軍」 という名前を知った。
戦争の様子が、毎日テレビで流がされ、茶の間で気楽な気持ちで戦争を見ていた。
2003年の自衛隊イラク派遣、いっこうに収まらない爆弾テロ。
「バスラ」 に対するイメージは、このような嫌なイメージしかない。
演奏だが、イスラム風の曲とブルース。
なぜ、この様なタイトルになったのか。
今後、解ってくる時があると思う。
共演者は、いつもより妖艶なテナーのジョーヘン、頭脳ピアニストのスティーヴ・キューン、ベースは技巧派のスティーブ・スワロー。
思わず聴いてみたくなる顔ぶれ。 想像どおり独特な味わいを持ったアルバムといえる。
ピート・ラ・ロカの作品はそれ程多くない。
1968年に音楽界を去って法曹界(弁護士)に転身。
「ターキッシュ・ウィミン・アト・ザ・バス」 という曲を、チック・コリアが同意なしにチック・コリア名義で発表し訴訟を起こし成功した逸話がある。
ジャズ界と弁護士を行ったり来たりしたミュージシャンは実にユニークといえる。
肝心のドラミングはシンバル・ワークに強い個性を感じる。
頭で叩く、理知的なドラミングなのだろう。
アルバムの共演者もなるほど、どちらかというと頭脳でジャズする連中。
5曲目の 「Lazy Afternoon」 のバラード。
頭の中が空っぽになって何もする気がおきなくなってしまう。
まさに、Lazy = 怠惰(たいだ)。
話が飛ぶが、スティーヴ・キューンのアルバムで 「Three Waves」 でベースがスティーブ・スワロー、ドラムがピート・ラ・ロカ。
この三人は完結していたのだ。
だからジャズは面白い。
(青木高見)





Ballads by Four [Stanley Cowell, Art Pepper, John Klemmer, Johnny Griffin, Joe Henderson] Ballads by Four [Stanley Cowell, Art Pepper, John Klemmer, Johnny Griffin, Joe Henderson]

(注) このアルバムはスタンリー・カウエルのリーダーアルバム扱いとしています。
サックスの4名が1曲を担当しているため。
以下でも同じ内容を掲載しています。
[Stanley Cowell] →
[Art Pepper アート・ペッパー] →
[John Klemmer ジョン・クレマー] →
[Johnny Griffin ジョニー・グリフィン] →
[Joe Henderson ジョー・ヘンダーソン] →

Recorded :
January 1-2, 1978
January 5, 1978

Song name : Over The Rainbow
Personnel :
Art Pepper (as)
Stanley Cowell (p)
Cecil Mcbee (b)
Roy Haynes (ds)

Song name : God Bless The Child
Personnel :
John Klemmer (ts)
Stanley Cowell (p)
John Heard (b)
Roy Haynes (ds)

Song name : Smoke Gets In Your Eyes
Personnel :
Johnny Griffin (ts)
Stanley Cowell (p)
Cecil Mcbee (b)
Roy Haynes (ds)

Song name : Good Morning, Heartache
Personnel :
Joe Henderson (ts)
Stanley Cowell (p)
John Heard (b)
Roy Haynes (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アルバムは1978年1月1日、2日、5日の録音、ギャラクシー・レーベルからのリリース
メンバーは、ピアノがスタンリー・カウエル、ベースは1曲目と3曲目がセシル・マクビー、2曲目と4曲目がジョン・ハード、ドラムがロイ・ヘインズ、
以下のサックス奏者が一曲づつ担当、計4曲。
アート・ペッパー (Art Pepper 本名 : Arthur Edward Pepper,Jr. 1925年9日1日~1982年6月15日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家。
ジョン・クレマー(John Klemmer)はジャズ・テナーサックス奏者。
ジョニー・グリフィン (Johnny Griffin 1928年4月24日~2008年7月25日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャス・サックス奏者。
ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
演目は、全てスタンダード。
一曲が9分近くあり、演目は4曲だが、十文満足。
スイングジャーナル誌選定ゴールドディスク受賞作品。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲