青木高見のジャズコレクション Johnny Coles (tp, flh) ジョニー・コールズ

寸評
ジョニー・コールズ (Johnny Coles 1926年7月3日~1997年12月21日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州トレントン生まれのジャズ・トランペット、フリューゲル・ホーン奏者。
チャールズ・ミンガス、ギル・エヴァンス、そしてマイルス・デイヴィスなどに参加。
共演履歴からも、譜面に強い事がわかる。
特にアンサンブルも出来て、一人でも吹ける。
根底に流れる一抹の淋しさ、これは何なんだろう。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
        sell  


【以下コンテンツ】


Johnny Coles / The Warm Sound Johnny Coles / The Warm Sound

Recorded :
April 10, 1961
April 13, 1961

Personnel :
Johnny Coles (tp)
Kenny Drew (p)
Peck Morrison (b)
Charlie Persip (ds)

Song name :
01. Room 3
02. Where
03. Come Rain Or Shine
04. Hi-Fly
05. Pretty Strange
06. If I Should Lose You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョニー・コールズ (Johnny Coles 1926年7月3日~1997年12月21日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州トレントン生まれのジャズ・トランペット、フリューゲル・ホーン奏者。
アルバムはジョニー・コールズ、1961年4月10日・13日の録音、エピック・レコードからのリリース。
共演者は、ピアノがケニー・ドリュー、ベースがペック・モリソン、ドラムがチャーリー・パーシップ。
LP時代、かなり高額で取引きされた。
CD化により簡単に、しかも安価で手に入る様になった。
安価で入手できる反面、ジョニー・コールズの価値も下がった様な感じがして複雑だ。
以前、ジャズ喫茶で聴いた時の印象は 「何て淋しいトランペット」 だった。
そして今、改めてコレクションしてみて、まじまじタイトルを見ると 「The Warm Sound」 で、エッ!。
演奏は、ジョニー・コールズのトランペットが全力なのだが、全力で無い様な、どこか斜(シャ)にかまえたトランペットが興味深い。
じわじわと、込み上げてくる哀愁に潜む一抹の寂(さび)しさ。
これは、いったい何なのか。
(青木高見)





Johnny Coles / Little Johnny C Johnny Coles / Little Johnny C

Recorded :
July 18, 1963  #01-03
August 9, 1963  #04-06

Personnel :
Johnny Coles (tp)
Duke Pearson (p)
Joe Henderson (ts)
Leo Wright (fl, sax)
Bob Cranshaw (b)
Walter Perkins (ds)  #01-#03
Pete La Roca (ds)  #04-#06

Song name :
01. Little Johnny C.
02. Hobo Joe
03. Jano
04. My Secret Passion
05. Heavy Legs
06. So Sweet My Little Girl

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョニー・コールズ (Johnny Coles 1926年7月3日~1997年12月21日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州トレントン生まれのジャズ・トランペット奏者。
アルバムはジョニー・コールズ、1963年7月18日・8月9日の録音、ブルーノート 4144番。
共演者は、ピアノがデューク・ピアソン、テナーサックスがジョー・ヘンダーソン、フルートとアルト・サックスがレオ・ライト、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがピート・ラ・ロカとウォルター・パーキンス。
百戦錬磨のミュージシャンが堅牢にバックを固めている。
この陣容を見ているだけでも胸が高鳴り、ホッと安心する。
演目は、ジョー・ヘンダーソンとデューク・ピアソンのオリジナルで占められている。
ジョニー・コールズが彼らを、どれほど信頼していたか伝わってくる。
当時、デューク・ピアソンはブルーノート社主のアルフレッド・ライオンからも信頼されプロデュサー職も兼任していた。
ジョニー・コールズのトランペットは、力強いバックと明るい曲のせいで寂しさは影を潜(ひそ)め、輪郭が際立った。
そう言えば、アルバム・ジャケットがイカシテル。
笑っているジョニー・コールズのモノクロ写真を小さくあしらい、コールズの 「C」 をデザイン、配色も白、黒、オレンジの3色のみで構成。
写真はフランシス・ウルフ、カヴァー・デザインはリード・マイルス、ブルーノートが誇るデザイナーの2人。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲