青木高見のジャズコレクション Gene Harris (p, celeste) ジーン・ハリス


寸評
ジーン・ハリス (Gene Harris 1933年9月1日~2000年1月16日) はアメリカ合衆国ミシガン州ベントン・ハーバー生まれのジャズ・ピアニスト。
「スリーサウンズ」 とは1956年から1968年まで活躍した、ピアノのジーン・ハリスを代表とするトリオ。
メンバーは、ベースがアンディ・シンプキンス、ドラマーがビル・ダウディ。
演奏は、ブルース、ゴスペルを基調に、あえて黒っぽさを出さない演奏。
ピアノのジーン・ハリスの名はあえて出さずに 「ザ・スリー・サウンズ」 というユニット名で売り出した。
演目も万人受けする、聴きなれた曲を 「ザ・スリー・サウンズ」 ならではの、お洒落なアレンジで好評を博す。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Gene Harris (Introducing The Three Sounds) / The Three Sounds Gene Harris (Introducing The Three Sounds) / The Three Sounds

Recorded :
September 16, 1958
September 18, 1958

Personnel :
Gene Harris (p, celeste)
Andrew Simpkins (b)
Bill Dowdy (ds)

Song name :
01. Tenderly
02. Willow Weep FOR ME
03. Both Sides
04. Blue Bells
05. It's Nice
06. Goin' Home
07. Would'n You
08. O Sole Mio
09. Bobby
10. Mo-Ge
11. It Might As Well Be Spring
12. Soft Touch
13. Don't Get Aroouund Much Anymore
14. Goin' Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジーン・ハリス (Gene Harris 1933年9月1日~2000年1月16日) はアメリカ合衆国ミシガン州ベントン・ハーバー生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジーン・ハリス、1958年9月16日・18日の録音、ブルーノート1600番。
共演者は、ベースがアンディ・シンプキンス、ドラマーがビル・ダウディー。
ブルーノートの1500番台の最後を飾る1枚。
演奏は、ブルース、ゴスペルを基調に、あえて黒っぽさを出さない演奏。
ピアノのジーン・ハリスの名はあえて出さずに 「ザ・スリー・サウンズ」 というユニット名で売り出している。
演目も万人受けする、聴きなれた曲を 「ザ・スリー・サウンズ」 ならではの、お洒落なアレンジで好評を博した。
(青木高見)





Gene Harris / Bottoms Up Gene Harris / Bottoms Up

Recorded :
September 16, 1958  #02, #08
September 28, 1958  #03
February 11, 1959  #01, #04-#07

Personnel :
Gene Harris (p, celeste #06)
Andrew Simpkins (b)
Bill Dowdy (ds)

Song name :
01. Bésame Mucho
02. Angel Eyes
03. Time After Time
04. Love Walked In
05. I Could Write a Book
06. Jinne Lou
07. Nothing Ever Changes My Love for You
08. Falling in Love With Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジーン・ハリス (Gene Harris 1933年9月1日~2000年1月16日) はアメリカ合衆国ミシガン州ベントン・ハーバー生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジーン・ハリス、1958年9月と1959年2月の録音、ブルーノート BST84014番。
共演者は、ベースがアンディ・シンプキンス、ドラマーがビル・ダウディ。
ブルーノートの1500番台の最後を飾る 「イントロデューシング・ザ・スリー・サウンズ」 と同日録音の2曲。
そして何と、ブルーノート4000番代のスタートをきったのが当アルバム。
ブルーノートの稼ぎ頭(がしら)の音を楽しもう。
(青木高見)





Gene Harris (The Three Sounds) / Moods Gene Harris (The Three Sounds) / Moods

Recorded : June 28, 1960

Personnel :
Gene Harris (p)
Andrew Simpkins (b)
Bill Dowdy (ds)

Song name :
01. Love For Sale
02. Things Ain't What They Used to Be
03. On Green Dolphing Street
04. Loose Walk
05. Li'l Darlin'
06. I'm Beginning to See the Light
07. Tammy's Breeze
08. Sandu

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジーン・ハリス (Gene Harris 1933年9月1日~2000年1月16日) はアメリカ合衆国ミシガン州ベントン・ハーバー生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジーン・ハリス、1960年6月28日の録音、ブルーノート4044番。
共演者は、ベースがアンディ・シンプキンス、ドラマーのビル・ダウディー。
ジャケット・デザインが女性の顔でブルーノートらしくない。
さて、その気になる女性だが、ブルーノート社主アルフレッド・ライオンの奥様ルース・メイソン。
アルフレッド・ライオンは、このトリオを気にいり、立て続けに10枚近いアルバムを制作した。
時は60年の初頭、ジャズも変貌しようとしていた時期。
どちらかというと、重く暗いジャズから、軽く明るいジャズが流行しはじめた。
黒人のジャズは白人に浸透し、白人ジャズが台頭してきた時期でもある。
ブルース、ゴスペル、ソウル、R&Bなどの要素を強く取り込み、踊れるジャズまで現れた。
商業的には、売れれば何でもありの時代に入ったといえる。
アルバムはピアノのジーン・ハリスの名は伏せ 「ザ・スリー・サウンズ」 というユニット名で売り出す。
演目も万人受けする、聴きなれた曲を 「ザ・スリー・サウンズ」 ならではのお洒落なアレンジで演奏した。
(青木高見)





Gene Harris / Gene Harris And The Philip Morris Superband Gene Harris / Gene Harris And The Philip Morris Superband

Recorded : September 23, 1989

Personnel :
Gene Harris (p)
Ray Brown (b)
Herb Ellis (g)
Harry "Sweets" Edison (tp)
Johnny Coles (tp)
Frank Wess (as, fl)
Ralph Moore (ts)
James Moody (ts, fl, cl)
Michael Mossman (tp)
Joe Mosello (tp)
Jerry Dodgion (as,fl)
Eddie Bert (tb)
James Morrison (tb)
Urbie Green (tb)
Paul Faulise (vtb)
Gary Smulyan (bs)
Jeff Hamilton (ds)
Ernestine Anderson (vo)
Ernie Andrews (vo)

Song name :
01. The Surrey With the Fringe on Top
02. Crème de Menthe
03. When It's Sleepy Time Down South
04. Love Is Here to Stay
05. I'm Just a Lucky So and So
06. Serious Grease
07. Like a Lover
08. Ol' Man River
09. Do You Know What It Means to Miss New Orleans?
10. Porgy and Bess Medley: Strawberry Woman/I Loves You Porgy/It Ain't Ne
11. You're My Everything
12. There Is No Greater Love
13. Things Ain't What They Used to Be

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジーン・ハリス (Gene Harris 1933年9月1日~2000年1月16日) はアメリカ合衆国ミシガン州ベントン・ハーバー生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジーン・ハリスとザ・フィリップ・モリス・スーパーバンド、1989年9月23日の録音、ニューヨーク・タウンホールでのライブ。
このユニットは世界20都市で演奏を行った。
中でも、このアルバムに収められた演奏に人気がある。
当日は台風だったというが、演奏はどこ吹く風、熱気と興奮に満ちあふれている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲