青木高見のジャズコレクション Scott Hamilton (ts) スコット・ハミルトン


略歴
スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Scott Hamilton / Scott Hamilton is a good wind who is blowing us no ill Scott Hamilton / Scott Hamilton is a good wind who is blowing us no ill

Recorded : 1977

Personnel :
Scott Hamilton (ts)
Nat Pierce (p)
Bill Berry (tp)
Monty Budwig (b)
Jake Hanna (ds)

Song name :
01. That's All
02. Indiana
03. Stuffy
04. Exactly Like You
05. Ill Wind
06. Broadway
07. The Blue Room
08. Sometimes I'm Happy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはスコット・ハミルトン、1977年録音、初リーダー作。
共演者は、ピアノがナット・ピアス、トランペットがビル・ベリー、ベースがモンティー・バドウィッグ、ドラムがジェイク・ハンナ。
おりしも時代はフュージョンブーム、その中において何ともオーソドックスなスタイルをひっさげ、若干22歳のスコット・ハミルトンがデビューした。
当時スコット・ハミルトンの評価は二分した。
一つはスウィング派の復権、レスター・ヤングの再来など大歓迎。
一つは時代遅れの懐古趣味、新鮮さが乏しいと非難される。
いつの時代もリスナーは、実に勝手なもので、好き邦題に言いたい事を言う。
本来、ジャズやブルースは、いいものを聴こうと思ったら、それこそ時代遅れの懐古趣味でなきゃ嘘になる。
さて、演奏だが、ジャズの古典的な香りがたっぷり楽しめる。
不思議に思ったのは、なぜこの若かさで、こういう音が出せるのか。
やはり、そこがスコット・ハミルトンの凄いところなのだと、改めて感心。
今でも精力的に演奏活動を行なっており、貴重なテナーマンの一人として、いつまでも頑張っていてほしい。
(青木高見)





Scott Hamilton / A sailboat in the moonlight Scott Hamilton / A sailboat in the moonligh

(注) このアルバムはスコット・ハミルトンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にルビー・ブラフが参加しているため 「 Ruby Braff 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : February 1985

Personnel :
Scott Hamilton (ts)
Ruby Braff (cornet)
Chris Flory (g)
John Bunch (p)
Phil Flanigan (b)
Chuck Riggs (ds)

Song name :
01. Sailboat in the Moonlight
02. Lover, Come Back to Me
03. Where Are You?
04. 'Deed I Do
05. When Lights Are Low
06. Jeepers Creepers
07. Milkman's Matinee
08. Sweethearts on Parade

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
ルビー・ブラフ (Ruby Braff 出生名 : Reuben "Ruby" Braff 1927年3月16日~2003年2月9日) はアメリカ合衆国ボストン生まれのジャズ・コルネット奏者。
アルバムはスコット・ハミルトンとルビー・ブラフ、1985年の録音。
演奏は、ジャズの創生期を実際に歩んできた大御所ルビー・ブラフとの共演が聴き処。
スコット・ハミルトンとルビー・ブラフとの歳の差は何と27歳。
ただジャズの場合、歳の差は、あまり関係ない。
お互いの楽器で意思の疎通があれば、それでOK。
という訳で、古き良き時代のスイングがゴージャスに再現され心が癒される。
一見フュージョンっぽい、月夜にヨットのアルバムジャケットと、演奏の落差もこのランクになればご愛嬌。
ちなみに邦題のタイトルは 「月影のセイルボード」。
(青木高見)





Eddie Higgins / Smoke Gets In Your Eyes Eddie Higgins / Smoke Gets In Your Eyes

(注) このアルバムはエディ・ヒギンズのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーである 「 Eddie Higgins 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 2 and 3, 2001

Personnel :
Eddie Higgins (p)
Scott Hamilton (ts)
Steve Gilmore (b)
Bill Goodwin (ds)

Song name :
01. Melancholy Rhapsody
02. It's A Lonesome Old Town
03. You Don't Know What Love Is
04. By Myself
05. Smoke Gets In Your Eyes
06. Lullaby Of The Leaves
07. When The Sun Comes Out
08. Love Letters
09. When You Wish Upon A Star
10. All This And Heaven Too
11. You're My Everything

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・ヒギンズ (Eddie Higgins 出生名 : Edward Haydn Higgins 1932年2月21日~2009年8月31日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
スコット・ハミルトン (Scott Hamilton 1954年9月12日~) はアメリカ合衆国ロード・アイランド生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはエディ・ヒギンズ、2001年10月2日・3日の録音、日本のヴィーナス・レコードからのリリース、邦題 「煙が目にしみる」。
共演者は、テナーサックスがスコット・ハミルトン、ベースがスティーブ・ギルモア、ドラムがビル・グッドウィン。
ワンホーンのカルテット。
ハスキーなテナーのスコット・ハミルトンとエレガントでシックなピアノとのブレンド。
もう、この手のアルバムは色々考えないで、只々、上質なジャズに身をゆだねよう。
(青木高見)





Eddie Higgins / My Funny Valentine Eddie Higgins / My Funny Valentine

(注) このアルバムはエディ・ヒギンズのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Eddie Higgins 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 11 and 12, 2004

Personnel :
Eddie Higgins (p)
Scott Hamilton (ts)
Jay Leonhart (b)
Joe Ascione (ds)

Song name :
01. You'd Be So Nice To Come Home To
02. I'm A Fool To Want You
03. When Sunny Gets Blue
04. Alone Together
05. My Funny Valentine
06. It's All Right With Me
07. Stardust
08. I Only Have Eyes For You
09. Don't Explain
10. Slow Boat To China
11. Imagination

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・ヒギンズ (Eddie Higgins 出生名 : Edward Haydn Higgins 1932年2月21日 - 2009年8月31日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ケンブリッジ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはエディ・ヒギンズ、2004年9月11日・12日の録音、日本のヴィーナス・レコード・レーベルからのリリース。
共演者は、テナーサックスがスコット・ハミルトン、ベースがジェイ・レオンハート、ドラムがジョー・アシオーネ。
演奏は、一連の日本のヴィーナス・レコード・レーベルからのエディ・ヒギンズ・シリーズ。
いよいよ、ここに至り完成の域に達した、円熟の素晴らしい作品。
個人的に、2000年を越え、メインストリーム・ジャズで感銘を受けるアルバムが極端に少なくなり諦(あきら)めかけていた。
ところが、このアルバムはそんな不満を一機に解消させてくれた1枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲