青木高見のジャズコレクション John Bunch (p) ジョン・バンチ


寸評
ジョン・バンチ (John Bunch 1921年12月1日~2010年3月30日) は アメリカ合衆国インディアナ州ティプトン生まれのジャズ・ピアニスト。
彼は航空隊に入隊し、激しいトレーニングの後に爆撃手となった。
乗った飛行機は 「B17フライングフォートレス」。
彼と彼の10人の乗組員はドイツへの爆撃任務で飛行。
しかし、1944年11月2日撃墜され捕虜になってしまった。
捕虜収容所でビッグバンドと遭遇し、終戦後立派なジャズマンになった逸話が凄い。
人生の後半は、特にスコット・ハミルトンと世界ツアーに出る。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
John Bunch ジョン・バンチ

【以下コンテンツ】


John Bunch and Bucky Pizzarelli / Cole Porter Collective John Bunch and Bucky Pizzarelli / Cole Porter Collective

(注) このアルバムはジョン・バンチのリーダーアルバム扱いとしています。
 →
共演者に双頭のバッキー・ピザレリが参加しているため 「 Bucky Pizzarelli 」 でも同じ内容を掲載しています。  →
アルバムがコール・ポーター特集のため 「 Cole Porter 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : May 11, 1992

Personnel :
John Bunch (p)
Bucky Pizzarelli (p)
Bucky Pizzarelli (p)
Jay Leonhart (b)
Joe Cocuzzo (ds)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. What Is This Thing Called Love
02. Easy to Love
03. Let's Do It
04. From This Moment On
05. You're Sensational
06. Where Have You Been
07. Get Out of Town
08. Lookin' At You
09. It's Alright With Me
10. Ev'ry Time We Say Goodbye
11. Dream Dancing
12. All Through the Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・バンチ (John Bunch 1921年12月1日~2010年3月30日) は アメリカ合衆国インディアナ州ティプトン生まれのジャズ・ピアニスト。
バッキー・ピザレリ (Bucky Pizzarelli 出生名 : John Bucky Pizzarelli 1926年1月9日~) はアメリカ合衆国ニュージャージー州パターソン生まれのジャズ・ギタリスト、息子のジョン、長女のマリーもギタリスト。
コール・ポーター (Cole Porter 出生名 : Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
アルバムはピアノのジョン・バンチ、ギターのバッキー・ピザレリ、1992年5月11日のリリース、コール・ポーター特集。
その他共演者は、ベースがジェイ・レオンハート、ドラムがジョー・コカゾ(コクーゾ)。
演奏は、メンバー全員がマスター級のベテラン・ミュージシャンによるユニットが演奏するコール・ポーター特集。
もう、これは何の心配もしないで身をゆだねよう。
全体にエコーが効いていて、一機に別世界にいざなってくれる。
メンバー全員が、演奏をする事を楽しんでいる音が伝わってくる。
聴き終る頃には、ゆったりとした上質な気分になっている。
本場アメリカでは、こういうユニットが継続して自由に活動できる土壌がある。
日本では、名声と売り上げばかりが先行して、地に足のついた自由な音楽活動は、まだまだ、きびしい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲