青木高見のジャズコレクション Stanley Clarke (b, el-b) スタンリー・クラーク

寸評
スタンリー・クラーク (Stanley Clarke 1951年6月30日~) はアメリカ合衆国のペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのベーシスト、作曲家、音楽家。
1972年、チック・コリアらとリターン・トゥ・フォーエヴァーを結成。
70年代フュージョン・バンドの代表的存在として活躍。
エレクトリック・ベースをもってフュージョン系のベーシストだけだと思っているとハズす。
本来、ジャズのウッド・ベースが上手い、確かな音楽的教養と卓越した技巧がある。
そのため、多くの多彩なユニットに参加し、何よりもミュージシャンから絶大な信用を得ている。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】
      sell

【以下コンテンツ】


Stanley Clarke / School Days Stanley Clarke / School Days

Recorded : June.1976

Song name, Personnel :
01. School Days
Stanley Clarke (el-b, vo, hand-bells)
Raymond Gomez (g)
David Sancious (key)
Gerry Brown (ds, hand-bells)

02. Quiet Afternoon
Stanley Clarke (el-b, piccolo-b, acoustic-p)
David Sancious (mini-moog-syn)
Steve Gadd (ds)

03. The Dancer
Stanley Clarke Stanley Clarke (el-b, p)
Raymond Gomez (rhythm-g)
David Sancious (organ, mini-moog-syn)
Gerry Brown (ds)
Milton Holland (per)

04. Desert Song
Stanley Clarke (acoustic-b)
John McLaughlin (acoustic-g)
Milton Holland (congas, triangle)

05. Hot Fun
Stanley Clarke (el-b)
David Sancious (el-g)
Raymond Gomez (el-g)
Steve Gadd (ds)

06. Life Is Just a Game
Stanley Clarke el-b, acoustic-b, vo, piccolo-b, gong, chimes
Icarus Johnson (el-g, acoustic-g)
George Duke (key)
Billy Cobham (ds, moog-1500-syn)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタンリー・クラーク(Stanley Clarke 1951年6月30日~)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのベーシスト、作曲家。 アルバムはスタンリー・クラーク、1976年の録音、エピック・レーベルからのリリース。
演奏者は以下の通り。
スタンリー・クラーク:エレクトリックベース、アコースティック・ベース、ピッコロ・ベース、ハンドベル、ゴング、チャイム、ピアノ、ボーカル。
デイヴィッド・サンシャス:キーボード(#1)、ミニ・モーグ・シンセサイザー(#2, #3)、オルガン(#3)、エレクトリックギター(#5)。
ジョージ・デューク:キーボード(#6)。
レイモンド・ゴメス:ギター(#1, #3, #5)。
ジョン・マクラフリン:アコースティック・ギター(#4)。
イカルス・ジョンソン:エレクトリックギター、アコースティック・ギター(#6)。
ジェリー・ブラウン:ドラムス(#1, #3)。
スティーヴ・ガッド:ドラムス(#2, #5)。
ビリー・コブハム:ドラムス(#6)、モーグ・シンセサイザー(#6)。
ミルトン・ホランド:パーカッション(#3, #4)。
演奏ベースを、これみよがしにガンガン掻き鳴らすのではなく、他のミュージシャンとの協和に重点をおいている。
演目によって、それぞれ細かく奏法を変えていること。
そでれいて全体として飽きさせないのは、考えられた構成力と演出力がある証拠。
スタンリー・クラークのアルバムの中では試金石となりジョージ・デューク・プロジェクトに発展していく。
(青木高見)





(George Duke) George Duke and Stanley Clarke / The Clarke Duke Project (George Duke) George Duke and Stanley Clarke / The Clarke Duke Project

(注) このアルバムはジョージ・デュークのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの「George Duke」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1993

Personnel :
George Duke (key, vo, master_clapper)
Stanley Clarke (b, cello, vo)
John Robinson (ds)
Jerry Hey (piccolo, tp)
Gary Foster (as)

Song name :
01. Wild Dog
02. Louie, Louie
03. Sweet Baby
04. I Just Want to Love You
05. Never Judge a Cover by Its Book
06. Let's Get Started
07. Winners
08. Touch and Go
09. Finding My Way

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・デューク(George Duke 1948年1月12日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サン・ラファエル生まれのジャズとフュージョンのキーボード奏者、歌手、コンポーザー、プロデューサー。
スタンリー・クラーク(Stanley Clarke 1951年6月30日~)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのベーシスト、作曲家。
アルバムはジョージ・デュークとスタンリー・クラーク、1981年録音、エピック・レーベルからのリリース。
ゴージャスなフュージョン・サウンドの一枚。
演奏は二人の出会いが、他のフュージョン・バンドを追従させない斬新な音作りが凄い、また営業的に成功した。
ジョージ・デュークの経歴は、1970年にキャノンボール・アダレイのバンドでジョー・ザヴィヌルの後任がスタート。
その後、1980年代後半からマイルス・デイヴィス、アル・ジャロウ、デヴィッド・サンボーンらの作品をプロデュース。
ファンク、フュージョンのジャンルでは確固たる地位を築いているがプロデュースの手腕が光る。
(青木高見)





George Duke and Stanley Clarke / Project II George Duke and Stanley Clarke / Project II

(注) このアルバムはジョージ・デュークのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの「George Duke」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1983

Personnel :
George Duke (producer, vo, key)
Stanley Clarke (producer, b, g)
Narada Michael Walden (ds) #8,
Billy Cobham (ds) #9,
William Criss (oboe) #3,
Howard Hewett (vo) #4,
Jeffrey Osborne (vo) #4,
Lynn Davis (vo) #4,
Lynn Davis (backing Vocals) #8,
Paulinho Da Costa (percussion) #8,
John Robinson (ds)

Song name :
01. Put It On The line
02. Heroes
03. Try Me Baby
04. Every Reason To Smile
05. Great Danes
06. The Good Times
07. You're Gonna Love It
08. Trip You In Love
09. Atlanta

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・デューク(George Duke 1948年1月12日~)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サン・ラファエル生まれのジャズとフュージョンのキーボード奏者、歌手、コンポーザー、プロデューサー。
スタンリー・クラーク(Stanley Clarke 1951年6月30日~)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのベーシスト、作曲家。
アルバムはジョージ・デュークとスタンリー・クラーク、1983年録音で前年の大ヒットとした「Dream On」の次の作品で期待してLPを買った記憶がある。
個人的には、やはり「Dream On」程の感動が得れなかったが今こうしてCDで聴きなおすと悪くない。
共演者を見るとドラムにビリー・コブハム、ナラダ・マイケル・ウォールデンが参加。
クラーク・デューク・プロジェクトはその後も長くユニットを組んで活躍した。
2012年12月4日から7日までブルーノート東京で講演を行って帰っていった。
(青木高見)
以下ブルーノート東京のコメントを転記。 【あの黄金コンビが新ユニットで来日!超絶的なベース・プレイと幅広い音楽性で人気を集めるスタンリー・クラーク、キーボード奏者/プロデューサーとしてマルチな活動を続けるジョージ・デュークが共演ツアーを再開、ここブルーノート東京で世界的にも希少なジャズ・クラブ・ギグを開催する。ふたりは’70年代に頭角を現し、コンテンポラリー・ジャズ~フュージョン界を牽引。'81年にクラーク=デューク・プロジェクトを結成、「スウィート・ベイビー」をヒット・チャートに送り込んだ。「今回のライヴは当時よりも、より多彩なものになるだろう」(クラーク)、「私たちの豊富なバックグラウンドが反映されたものになるはずだ」(デューク)。グラミー・ウィナーふたりの熱い“音の会話”に、期待はつのるばかりだ。】

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはジョージ・デュークとスタンリー・クラーク、1983年録音で前年の大ヒットとした「Dream On」の次の作品で当時期待をしてLPを買った。
個人的にはやはり「Dream On」程の感動が得れなかったが今こうしてCDで聴きなおすと悪くない。
共演者を見るとドラムにビリー・コブハム、ナラダ・マイケル・ウォールデンが参加している。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲