青木高見のジャズコレクション Billy Cobham (ds) ビリー・コブハム

寸評
ビリー・コブハム (Billy Cobham 1944年5月16日~) はパナマ出身のアメリカ人・ドラマー。
尋常ならざるスティックさばき、恐ろしいドラマー。
ジャズとかフュージョン、ジャンルに当てはめても無駄。
リズムが、体と心全体から、太鼓に伝わる。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
sell

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Billy Cobham George Duke / Live On Tour In Europe sell Billy Cobham George Duke / Live On Tour In Europe

(注) このアルバムはビリー・コブハムのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者に双頭のジョージ・デュークが参加しているため 「 George Duke 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July,1976,At Montreux Jazz Festival Switzerlamd

Personnel :
Billy Cobham (ds, per, vo, syn)
George Duke (key, vo)
John Scofield (g)
Alphonso Johnson (b, backing-vo) #01,
Chapman Stick (b)

Song name :
01. Hip Pockets
02. Ivory Tattoo
03. Space Lady
04. Almustafa The Beloved
Narrator – Jon Lucien
05. Do What Cha Wanna
06. Frankenstein Goes To The Disco
07. Sweet Wine
08. Juicy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビリー・コブハム (Billy Cobham 1944年5月16日~) はパナマ出身のアメリカ人・ドラマー。
ジョージ・デューク (George Duke 1948年1月12日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州サン・ラファエル生まれのジャズとフュージョンのキーボード奏者、歌手、コンポーザー、プロデューサー。
アルバムはビリー・コブハム、ジョージ・デューク、1976年モントルージャズフェスを含むヨーロッパツアーのライブ。
共演者はギターがジョン・スコフィールド、ベースがアルフォンソ・ジョンソンほか。
ビリー・コブハムのリーダー作ではあるが、全体はジョージ・デューク・プロジェクトの音。
個人的に、途中のしゃべくりで飽きる、それ以外の純粋な演奏は迫力があって手に汗握る。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲