青木高見のジャズコレクション Stanley Cowell (p) スタンリー・カウェル

略歴
スタンリー・カウエル (Stanley Cowell 1941年5月5日~) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Stanley Cowell / Musa Stanley Cowell / Musa

Recorded : December 10, 1973

Personnel :
Stanley Cowell (p)

Song name :
01. Abscretions
02. Equipoise
03. Prayer for Peace
04. Emil Danenberg {from "Illusion Suite"}
05. Maimoun {from "Illusion Suite"}
06. Travelin' Man
07. Departure No.1
08. Departure No.2
09. Sweet Song

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタンリー・カウエル (Stanley Cowell 1941年5月5日~) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはスタンリー・カウエル、1973年12月10日の録音、作品中、最高傑作とされる一枚。
「ムサ」  とは、スタンリー・カウエルのアフリカン・ネーム  「Musa Kalamula」  からきている。
レーベルの  「ストラタ・イースト Strata East)」 は、スタンリー・カウエルが創設者の一人でもあり、束縛の無い自分のレーベルだからこそ可能になった自己表現。
全曲スタンリー・カウエルのオリジナル、同年亡くなった父への捧げ物(ささげもの)の意味だという。
輪廻転生、人間再生、自分の命、今という時の流れなど、もろもろの哲学的な意味がある。
どこまでも繊細で、清く透き通った美しさの中に、強い生命の躍動感を感じる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはスタンリー・カウエル、1973年12月10日の録音、作品中、最高傑作とされる一枚。 「ムサ」  とは、スタンリー・カウエルのアフリカン・ネーム  「Musa Kalamula」  からきている。レーベルの  「ストラタ・イースト Strata East)」 は、スタンリー・カウエルが創設者の一人でもあり、束縛の無い自分のレーベルだからこそ可能になった自己表現。全曲スタンリー・カウエルのオリジナル、同年亡くなった父への捧げ物(ささげもの)の意味だという。輪廻転生、人間再生、自分の命、今という時の流れなど、もろもろの哲学的な意味がある。どこまでも繊細で、清く透き通った美しさの中に、強い生命の躍動感を感じる。
(青木高見)




Stanley Cowell / Illusion Suite Stanley Cowell / Illusion Suite

Recorded : November 29, 1972

Personnel :
Stanley Cowell (p)
Stanley Clarke (b)
Jimmy Hopps (ds)

Song name :
01. Maimoun
02. Ibn Mukhtarr Musutapha
03. Cal Massey
04. Miss Viki
05. Emil Danenberg
06. Astral Spiritual

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタンリー・カウエル (Stanley Cowell 1941年5月5日~) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはスタンリー・カウエル、1973年11月29日の録音、ECMレーベルからのリリース、邦題 「幻想組曲」。
共演者は、ベースがスタンリー・クラーク、ドラムがジミー・ホップス。
ジャケットのイラストは、ライナーに載っている  「Grace Williams」  の作品。
演奏は、様々ジャンルのエッセンスが入り混じり、透明で凛とした美しさを感じる。
スタンリー・カウエルを聴くと、いつも思う事は、普段の生活の中で冷静と落ち着きを取り戻させてくれる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはスタンリー・カウエル、1973年11月29日の録音、ECMレーベルからのリリース、邦題 「幻想組曲」。共演者は、ベースがスタンリー・クラーク、ドラムがジミー・ホップス。ジャケットのイラストは、ライナーに載っている  「Grace Williams」  の作品。演奏は、様々ジャンルのエッセンスが入り混じり、透明で凛とした美しさを感じる。スタンリー・カウエルを聴くと、いつも思う事は、普段の生活の中で冷静と落ち着きを取り戻させてくれる。
(青木高見)





Stanley Cowell / Bright Passion Stanley Cowell / Bright Passion

Recorded : April 4, 1993

Personnel :
Stanley Cowell (p)
Cheyney Thomas (b)
Wardell Thomas (ds)

Song name :
01. Brilliant Circles
02. Bright Passion
03. Dave's Chant #2
04. 'Round About Midnight
05. La Danse
06. I'll Always Love You, My Brother
  Piano Concerto No. 1: Serenity
07. Tribute To Tatum
08. Serenity
09. Cal Massey

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタンリー・カウエル (Stanley Cowell 1941年5月5日~) はアメリカ合衆国オハイオ州トレド生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはスタンリー・カウエル、1993年4月4日の録音、日本では 「スタンリー・カウエル・トリオ / ラウンド・ミッドナイト」 と言う副題でリリースされた。
4曲目の 「ラウンド・ミッドナイト」 が命名の理由。
スタンリー・カウエルの特徴は、何といっても、技術的に早期からの正式なピアノ教育を受けている事。
その後、凄まじい研鑽により、精神性を伴う演奏で、更なるに高みへとランクアップさせた。
特に左手、右手の正確な動きとバランスの良さ。
そして、音はあくまで透明で実に美しい。
また、様々なジャンルのミュージシャンと共演を行い、幅広い音楽性活動も挙げられる。
ソロもいいが、ホーンのバックにカウエルが入った場合、その演奏の質が格段に理知的になる。
やはり、類(たぐい)まれな、偉大なジャズ・ピアニストといえる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはスタンリー・カウエル、1993年4月4日の録音、日本では 「スタンリー・カウエル・トリオ / ラウンド・ミッドナイト」 と言う副題でリリースされた。4曲目の 「ラウンド・ミッドナイト」 が命名の理由。スタンリー・カウエルの特徴は、何といっても、技術的に早期からの正式なピアノ教育を受けている事。その後、凄まじい研鑽により、精神性を伴う演奏で、更なるに高みへとランクアップさせた。特に左手、右手の正確な動きとバランスの良さ。そして、音はあくまで透明で実に美しい。また、様々なジャンルのミュージシャンと共演を行い、幅広い音楽性活動も挙げられる。ソロもいいが、ホーンのバックにカウエルが入った場合、その演奏の質が格段に理知的になる。やはり、類(たぐい)まれな、偉大なジャズ・ピアニストといえる。
(青木高見)




Ballads by Four [Stanley Cowell, Art Pepper, John Klemmer, Johnny Griffin, Joe Henderson] Ballads by Four [Stanley Cowell, Art Pepper, John Klemmer, Johnny Griffin, Joe Henderson]

(注) このアルバムはスタンリー・カウエルのリーダーアルバム扱いとしています。
サックスの4名が1曲を担当しているため。
以下でも同じ内容を掲載しています。
[Stanley Cowell] →
[Art Pepper アート・ペッパー] →
[John Klemmer ジョン・クレマー] →
[Johnny Griffin ジョニー・グリフィン] →
[Joe Henderson ジョー・ヘンダーソン] →

Recorded :
January 1-2, 1978
January 5, 1978

Song name : Over The Rainbow
Personnel :
Art Pepper (as)
Stanley Cowell (p)
Cecil Mcbee (b)
Roy Haynes (ds)

Song name : God Bless The Child
Personnel :
John Klemmer (ts)
Stanley Cowell (p)
John Heard (b)
Roy Haynes (ds)

Song name : Smoke Gets In Your Eyes
Personnel :
Johnny Griffin (ts)
Stanley Cowell (p)
Cecil Mcbee (b)
Roy Haynes (ds)

Song name : Good Morning, Heartache
Personnel :
Joe Henderson (ts)
Stanley Cowell (p)
John Heard (b)
Roy Haynes (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アルバムは1978年1月1日、2日、5日の録音、ギャラクシー・レーベルからのリリース
メンバーは、ピアノがスタンリー・カウエル、ベースは1曲目と3曲目がセシル・マクビー、2曲目と4曲目がジョン・ハード、ドラムがロイ・ヘインズ、
以下のサックス奏者が一曲づつ担当、計4曲。
アート・ペッパー (Art Pepper 本名 : Arthur Edward Pepper,Jr. 1925年9日1日~1982年6月15日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家。
ジョン・クレマー(John Klemmer)はジャズ・テナーサックス奏者。
ジョニー・グリフィン (Johnny Griffin 1928年4月24日~2008年7月25日) はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャス・サックス奏者。
ジョー・ヘンダーソン (Joe Henderson 1937年4月24日~2001年6月30日) はアメリカ合衆国オハイオ州リマ生まれのジャズ・テナーッサクス奏者。
演目は、全てスタンダード。
一曲が9分近くあり、演目は4曲だが、十文満足。
スイングジャーナル誌選定ゴールドディスク受賞作品。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲