青木高見のジャズコレクション Michel Portal (ts, bass-cl, comp, cond) ミシェル・ポルタル

略歴
ミシェル・ポルタル (Michel Portal 1935年11月25日~) はフランス・バイヨンヌ出身のクラシック音楽、フリー・ジャズのクラリネット、サクソフォーン、バンドネオンの演奏家、指揮者、作曲家。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Michel Portal / Man's Land Michel Portal / Man's Land

Released : 1987

Song name and Personnel :
01. Ahmad The Terrible
Michel Portal (ts)
Harry Pepl (g)
Dave Liebman (ss)

02. Men's Land
Michel Portal (bass-cl)
Mino Cinelu (per)

03. Pastor
Jean-Francois Jenny Clark (b)
Harry Pepl (g)

04. Easy'Nuff
Michel Portal (bass-cl)
Jack De Johnette (batterie)
Dave Liebman (ss)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ミシェル・ポルタル (Michel Portal 1935年11月25日~) はフランス・バイヨンヌ出身のクラシック音楽、フリー・ジャズのクラリネット、サクソフォーン、バンドネオンの演奏家、指揮者、作曲家。
アルバムはミシェル・ポルタル、1987年のリリース。 共演者は、ギターがハリー・ペプル、ソプラノ・サックスがデイブ・リーブマン、ベースがジャン・フランソワ・ジェニー・クラーク、ドラムがジャック・ディ・ジョネット、パーカッションがミノ・シネル。
このメンバーを見て、なるほど、そう来るのかと言わざるを得ない。
聴く前から音が聴こえてきそう。
演奏は、ミシェル・ポルタルの予想以上の出来に驚きを感じた。
フリーなのだが、聴きやすく独特の演奏は、かなり斬新といえる。
ミシェル・ポルタルの経歴を見ると、技術は筋金入りで、吹奏楽団のリーダーの祖父、父がトランペット奏者、そのため幼少期から数多くの楽器を正規に習得している。
楽曲も、モーツァルトやシューマンなどを演奏する正統派クラシックの音楽家としての顔を持つ。
しかし、そこは音楽の自由な欧州、フリージャズの演奏家としても、ちゃんと認められている。
演目の 「Ahmad The Terrible」 にはジャック・ディジョネット。
「Men's Land 」 にはミノ・シネル。
「Easy'Nuff」にはデイブ・リーブマン。
これで解るとおり共演者の演奏も聴きどころ。
ミノ・シネルはマイルスの 「アマンドラ」 のパーカッション、その後ウエザー・リポートに参加。
ベースのジャン・フランソワ・ジェニー・クラークは、フランス人なのでミノ・シネルが連れてきたのだろうか。
ヘレン・メリルの 「Just Friends featuring Stan Getz」 に参加していた。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲