青木高見のジャズコレクション Wallace Roney (tp) ウォレス・ルーニー


寸評
ウォレス・ルーニー (Wallace Roney 1960年5月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
マイルス・デイヴィスを師と仰ぎ、1991年にマイルスのバンドで代役を務める。
マイルスの遺言で愛用のトランペットを贈られた逸話は有名。
マイルス・デイヴィス不在のジャズ・トランペットの次期後継者とされている。
ピアニストのジュリ・アレンと結婚。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Wallace Roney / Verses Wallace Roney / Verses

Recorded : February 19, 1987

Personnel :
Wallace Roney (tp)
Mulgrew Miller (p)
Gary Thomas (ts)
Charnett Moffett (b)
Tony Williams (ds)

Song name :
01. Float
02. Verses
03. Blue in Green
04. Topaz
05. Lawra
06. Slaves

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォレス・ルーニー (Wallace Roney 1960年5月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはウォレス・ルーニー、1987年2月19日の録音、ミューズ・レーベルからのリリース、リーダー作、ファースト・アルバム。
共演者は、ピアノがマルグリュー・ミラー、テナーサックスがゲーリー・トーマス、ベースがチャーネット・モフェット、ドラムがトニー・ウィリアムス。
マイルスを尊敬して、実際マイルスの遺言でトランペットをもらったウォレス・ルーニー。
ドラムには、マイルスと長く釜の飯を食べたトニー・ウィリアムス。
マイルスを思い出すかのような、ドコドコ、デンデン、バシッ、バシッ、いつもより気合が入っている。
ウォレス・ルーニーはマイルスを継承しながらも、若々しく溌剌と、しかもしっかり自分のカラーを出ていて、全体の構成が周到に練られていていい。
ただ、性格なのかマイルスのようなカリスマ性はない。
おっと、いけないマイルスと比較していた自分。
マイルスは、もうこの世にいない事をつい忘れていた。
どうしても比較する癖が抜けない。
この初々しい演奏から、かなりの年月が経ち、今ではベテランに成長したウォレス・ルーニー、これからが本当の勝負だと思う。
頑張ってほしい、応援します。
(青木高見)





Wallace Roney / The Wallace Roney Quintet Wallace Roney / The Wallace Roney Quintet

Recorded : 1996

Personnel :
Wallace Roney (tp)
Carlos McKinney (p)
Antoine Roney (ts)
Clarence Seay (b)
Eric Allen (ds)

Song name :
01. Spyra
02. Astral Radium
03. G.D.D.
04. Night And Day
05. Nightrance
06. Ultra-Axis
07. Clowns
08. High Stakes
09. Geri
10. Northern Lights

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォレス・ルーニー (Wallace Roney 1960年5月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはウォレス・ルーニー、1996年の録音、デビューから9年目の自己のクインテット演奏。
テナーサックスは、弟のアントワーヌ・ルーニー。
演奏は、頑(かたく)なに、この路線を継承している。
激変のジャズ界にあって、その事は、かなり大変な事だと想像する。
ウォレス・ルーニーで驚いたのは、奥さんにジュリ・アレンをもらった事。
強烈なジュリ・アレンを嫁さんにした事で今後、音楽に変化はあるのだろうか。
この時点では、メインストリームで着実に歩んでいる様に感じるのだが・・・。
コール・ポーターのナンバー 「Night And Day」 、いい。
(青木高見)





Wallace Roney / Village Wallace Roney / Village

Recorded : December 3-5, 1996

Personnel :
Wallace Roney (tp)
Geri Allen (p) #05-#09
Chick Corea (p, key) p : #01-#04, key : #08
Antoine Roney (ts, bcl, ss) ts : #02, #05-#07, #09 bcl : #08 ss : #07, #09
Michael Brecker (ts) #02, #03
Pharoah Sanders (ts) #04, #08
Rovert "Baabe" Irving III (syn) #06-#09
Steve Berrios (per) #03, #06, #07
Clarence Seay (b)
Lenny White (ds)

Song name :
01. Affinity
02. Inner Urge
03. I Love You
04. The Pharoah
05. Aknaaba
06. Village
07. Eternal One
08. EBO
09. Oshirike

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ウォレス・ルーニー (Wallace Roney 1960年5月25日~) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家。
アルバムはウォレス・ルーニー、1996年12月3日から5日の録音、ワーナー・ブラザースからのリリース。
共演者は、目をみはる豪華メンバー、チック・コリア、マイケル・ブレッカー、ファラオ・サンダースほか。
演奏は、執拗(しつよう)に、この路線を突き進むウォレス・ルーニーの姿が頼もしい。
そんなウォレス・ルーニーの姿を見て、偉大な仲間達は喜んで参加したのではないか。
ウォレス・ルーニーの妻になったジュリ・アレンも、ここではMベースの影すらなくメインストリーム・ジャズを弾いている。
全体を支配する黒さ、堪(たま)らない、いいねぇ。
ここは、ひとつ、音量をグンと上げて聴こう。
音が矢がバシビシ突き刺さる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲