青木高見のジャズコレクション Jerry Gonzalez (tp, fh. conga, chekere, bells, guiro) ジェリー・ゴンザレス


寸評
ジェリー・ゴンザレス (Jerry Gonzalez 1949年6月5日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのラテン系のジャズトランペッター、パーカッショニスト。
特色は根底にラテン、アフロキューバン、音はユニークで協力、この人が入るとガラッと雰囲気が変わる。
ちなみに兄は、アンディー・ゴンザレス(Andy Gonzalez 1951年1月1日~)アメリカ合衆国出身のジャズ・ベーシスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jerry Gonzalez / Rumba Para Monk Jerry Gonzalez / Rumba Para Monk

Recorded : October 27-28, 1988

Personnel :
Jerry Gonzalez (tp, fh, conga, chekere, bells, guiro)
Larry Willis (p)
Carter Jefferson (ts)
Andy Gonzalez (b)
Steve Berrios (ds, bata, timbales, chekere, bells)

Song name :
01. Monk's Mood
02. Bye-Ya
03. Nutty
04. Little Rootie Tootie
05. Misterioso
06. Ugly Beauty
07. Reflections
08. Jackie-Ing

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェリー・ゴンザレス (Jerry Gonzalez 1949年6月5日~ )は、アメリカ合衆国ニューヨーク生まれのラテン系のジャズトランペッター、パーカッショニスト。
アルバムはジェリー・ゴンザレス、1988年の録音で通算三枚目のリーダー作。
共演者はピアノがラリー・ウィリス、テナーサックスがカーター・ジェファーソン、ベースがアンディー・ゴンザレス、ドラムがスティーブ・ベリオス。
演奏は、セロニアス・モンクの曲を題材に、一度バラバラにして独自の発想で再度組み上げた傑作。
モンクの曲自体がユニークなので、モンクの曲をある程度聴いていないとピンとこない事が敷居を高くしている。
特色は根底にラテン、アフロキューバンがありユニークで強力で安定したリズム感。
また何よりも多くのミュージシャン・アルバムへの参加が凄い。
聴けば聴くほど味が出てくるスルメみたいな一枚。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはジェリー・ゴンザレス、1988年の録音で通算三枚目のリーダー作。
セロニアス・モンクの曲を題材に、一度バラバラにして独自の発想で再度組み上げた傑作。
モンクの曲自体がユニークなので、モンクの曲をある程度聴いていないとピンとこない事が敷居を高くしている。
聴けば聴くほど味が出てくるスルメみたいな一枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲