青木高見のジャズコレクション Larry Willis (p) ラリー・ウィリス


寸評
ラリー・ウィリス (Larry Willis 出生名 : Lawrence Elliot Willis 1942年12月20日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのソウル、ジャズ・ピアニスト。
1972年から1978年にブラッド・スウェッツ・アンド・ティアーズに在籍。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Larry Willis / My Funny Valentine Larry Willis / My Funny Valentine

Recorded : February, 1988

Personnel :
Larry Willis (p)
Kenny Garrett (as)
George Mraz (b)
Al Foster (ds)

Song name :
01. For Openers
02. It Could Happen To You
03. Blues For Wynton Kelly
04. Who's Kidding Who?
05. Rhythm-A-Ning
06. Blood Count
07. My Shining Hour
08. Lazy Afternoon
09. Ethiopia
10. My Funny Valentine

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・ウィリス (Larry Willis 本名 : Lawrence Elliott "Larry" Willis 1942年12月20日~) はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはラリー・ウィリス、1988年2月の録音、日本のジャズ・シティ(JazzCity)レーベルからのリリース。
共演者は、アルトサックスがケニー・ギャレット、ベースがジョージ・ムラーツ、ドラムがアル・フォスター。
ピアノの音に60年代の名ピアニストのエッセンスがつまっている。
名前をあげると、バド・パウエル、セロニアス・モンク、マッコイ・タイナー、ソニー・クラーク、ケニー・ドリュー、そしてハービー・ハンコックなど。
それでいて経歴を見ると、1972年から1978年にブラッド・スウェット・アンド・ティアーズに参加していた。
1969年がブラッド・スウェット・アンド・ティアーズのセカンド・アルバム 「Blood, Sweat and Tears 邦題 : 血と汗と涙」 のリリースなので、加入はメンバーの入れ替わりの激しかった後期の時期になる。
たしかに、他のアルバムを見るとピアノ以外にソウル、ファンクっぽいキーボードを演奏そていた。
思うに、根底にあるのは60年代のモダン・ジャズ・スピリットをずっと持ち続けているミュージシャンだと想像する。
話が飛ぶが、ケニー・ギャレットは1960年生まれなので、録音当時28歳、新進気鋭のサックスマンだった。
録音から20数年経過しているが、まったく陳腐化しないのは本物の証拠。
〔追補〕
JazzCityレーベルは 増尾好秋氏プロデュースによる約80タイトルにもおよぶジャズアルバム、ジャズ以外では200タイトルもリリースしたレーベル。
Tony Ariga (有賀恒夫) 氏と主宰の JazzCity レーベル (発売元:ポニーキャニオン)、JazzCity Spirit レーベル(発売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ)のアルバムがある。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲