青木高見のジャズコレクション Bobby Timmons (p) ボビー・ティモンズ


寸評
ボビー・ティモンズ (Bobby Timmons 本名 : Robert Henry Timmons 1935年12月19日~1974年3月1日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Bobby Timmons / This Here Is Bobby Timmons Bobby Timmons / This Here Is Bobby Timmons

Recorded : January 13-14, 1960

Personnel :
Bobby Timmons (p)
Sam Jones (b) #1, #2, #4-#09
Jimmy Cobb (ds) #1, #2, #4-#09

Song name :
01. This Here
02. Moanin'
03. Lush Life
04. The Party's Over
05. Prelude to a Kiss
06. Dat Dere
07. My Funny Valentine
08. Come Rain or Come Shine
09. Joy Ride

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ボビー・ティモンズ (Bobby Timmons 本名 : Robert Henry Timmons 1935年12月19日~1974年3月1日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはボビー・ティモンズ、1960年1月13日・14日の録音、リバーサイド・レーベルからのリリース、初リーダー作。
共演者は、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがジミー・コブ。
「モーニン」 「ジス・ヒア」 「ダッド・ディア」 などの作曲者でもあるボビー・ティモンズ、アルバムでは本人の演奏が収録されている。
1961年1月、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズが来日した。
日本ジャズ史の中でも 「この日をファンキー・ブームの幕開け」 とするのが定説になっている。
この時のピアニストがボビー・ティモンズ。
日本人にとっておそらく、はじめて見聴きする、本物の黒人ジャズだったにちがいない。
今、改めてアルバムを聴き直してみると、洗練されたメロディと誇張のない地味な演奏が新鮮に聴こえる。
コンボが常識となって演奏される迫力の 「モーニン」 や、ファンキーだけが先走りして、本当のボビー・ティモンズの姿が隠されていた。
とは言っても、赤いイカシたジャケットは強烈な印象を与え続けている。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはボビー・ティモンズ、1960年1月13日・14日の録音、リバーサイド・レーベルからのリリース、初リーダー作。共演者は、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがジミー・コブ。「モーニン」 「ジス・ヒア」 「ダッド・ディア」 などの作曲者でもあるボビー・ティモンズ、アルバムでは本人の演奏が収録されている。1961年1月、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズが来日した。日本ジャズ史の中でも 「この日をファンキー・ブームの幕開け」 とするのが定説になっている。この時のピアニストがボビー・ティモンズ。日本人にとっておそらく、はじめて見聴きする、本物の黒人ジャズだったにちがいない。今、改めてアルバムを聴き直してみると、洗練されたメロディと誇張のない地味な演奏が新鮮に聴こえる。コンボが常識となって演奏される迫力の 「モーニン」 や、ファンキーだけが先走りして、本当のボビー・ティモンズの姿が隠されていた。とは言っても、赤いイカシたジャケットは強烈な印象を与え続けている。
(青木高見)





Bobby Timmons / Soul Time Bobby Timmons / Soul Time

Recorded : August 12 and 17, 1960

Personnel :
Bobby Timmons (p)
Blue Mitchell (tp)
Sam Jones (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Soul Time
02. So Tired
03. The Touch Of Your Lips
04. S'posin'
05. Stella B.
06. You Don't Know What Love Is
07. One Mo'

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ボビー・ティモンズ (Bobby Timmons 本名 : Robert Henry Timmons 1935年12月19日~1974年3月1日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはボビー・ティモンズ、1960年8月12日・17日の録音、リバーサイド・レーベルからのリリース。
共演者は、トランペットがブルー・ミッチェル、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・ブレイキー。
同年の1月に名盤の 「This Here Is Bobby Timmons」 がリリースされ間もない時期となる。
この時期のボビー・ティモンズは、連続してアルバムをリリースしている。
1961年3月に 「Easy Does It」 共演者は、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがジミー・コブ。
同年10月に 「In Person のライブ」 共演者は、ベースがロン・カーター、ドラムがアルバート・ヒース (MJQのベースのパーシー、テナーサックスのジミー、ヒース三兄弟の末弟)。
アート・ブレイキーとは、このアルバムと、氏のリーダー作でアルバム・タイトルにもなった、1958年の 「モーニン」 、「パリのクラブ・サンジェルマンのライブ」 。
1959年にギターのケニー・バレル代表作 「ファイブ・スポットでのライブ」 への参加もある。
日本へは、1961年1月、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズのピアニストとしてやって来た。
ボビー・ティモンズは、この日を境に、日本での名声を決定付けた。
当時アメリカでは、まだまだ一部に黒人差別が色濃く残っていた。
若い青年が、黒人を差別しない日本という遠い国に来て、何を思って帰っていったのだろう。
今感じることだが、ファンキーと周りが騒いでいる中、本人はいたって冷静だったように思う。
トランペットのブルー・ミッチェルもしかり、この時30歳、哀愁に満ちた音色はすでに完成されている。
(青木高見)





Bobby Timmons / In Person Bobby Timmons / In Person

Recorded : October 1, 1961

Personnel :
Bobby Timmons (p)
Ron Carter (b)
Albert Heath (ds)

Song name :
01. Autumn Leave
02. So Tired
03. Goodbye
04. Dat Dere
05. They Didn't Believe Me [Additional tracks not on original LP.]
06. Dat Dere  [Additional tracks not on original LP.]
07. Popsy
08. I Didn't Know What Time It Was
09. Softly, As in a Morning Sunrise
10. Dat Dere (Theme)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ボビー・ティモンズ (Bobby Timmons 本名 : Robert Henry Timmons 1935年12月19日~1974年3月1日) はアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはボビー・ティモンズ、1961年10月1日の録音、ビレッジ・ヴァンガードでのピアノ・トリオ・ライブ。
共演者は、ベースがロン・カーター、ドラムがアルバート・ヒース(MJQのベースのパーシー、テナーサックスのジミー、ヒース三兄弟の末弟)。
アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズから独立した直後の作品。
ジャケットの写真、右がロン・カーター、左がアルバート・ヒース、中央がボビー・ティモンズが笑っている。
演目は、「ダット・デア」 「枯葉」 「時さえ忘れて」 「朝日のようにさわやかに」などスタンダードを中心に全10曲。
演奏は、一言でいうと 「黒いっ!」 それも漆黒のピアノトリオ、時を忘れて聴き入ってしまう。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはボビー・ティモンズ、1961年10月1日の録音、ビレッジ・ヴァンガードでのピアノ・トリオ・ライブ。共演者は、ベースがロン・カーター、ドラムがアルバート・ヒース(MJQのベースのパーシー、テナーサックスのジミー、ヒース三兄弟の末弟)。アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズから独立した直後の作品。ジャケットの写真、右がロン・カーター、左がアルバート・ヒース、中央がボビー・ティモンズが笑っている。演目は、「ダット・デア」 「枯葉」 「時さえ忘れて」 「朝日のようにさわやかに」などスタンダードを中心に全10曲。演奏は、一言でいうと 「黒いっ!」 それも漆黒のピアノトリオ、時を忘れて聴き入ってしまう。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲