青木高見のジャズコレクション Roland Hanna (p) ローランド・ハナ


寸評
ローランド・ハナ(Roland Hanna 1932年2月10日~2002年11月13日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ·ピアニスト。
幼少期にショパン、モーツァルト、ベートーヴェンに多大な影響を受ける。
青年期はイーストマン音楽学校とジュリアード音楽院で学ぶ。
ジャズとしての活動は40年代の後半から。
演奏は黒人特有のリズム感に、ブルース、ゴスペル、ソウルなど素朴で野性的な要素が加わる。
芯がしっかりとした豊かな表現力など、技巧が傑出している。
また演奏には、変にクラシック色を出さないところが人柄といえる。
これだけ弾けても、極めて出しゃばらないピアノを生涯、貫(つらぬ)き通した。
晩年はアーロン·コープランド学校でジャズ教授として教鞭をとる。
ナイト爵位を与えられ、サーを付けて呼ばれた。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Roland Hanna / Easy To Love Roland Hanna / Easy To Love

Recorded : September 25, 1959

Personnel :
Roland Hanna (p)
Ben Tucker (b)
Roy Burnes (ds)

Song name :
01. The Best Things In Life Are Free
02. Next Time You See Me
03. From This Day On
04. Like Someone In Love
05. Yesterdays
06. Farouk Thelonious
07. It Never Entered My Mind
08. Easy To Love
09. Night In Tunisia

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローランド・ハナ(Roland Hanna 1932年2月10日~2002年11月13日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ·ピアニスト。
アルバムはローランド・ハナ、1959年の録音。
共演者はベースが名手ベン・タッカー、ドラムがロイ・バーンズ。
多くのジャズ・ミュージシャンは演奏経験によって徐々に上手くなっていく。
だが、ローランド・ハナには当てはまらない。
演奏は初期のものだが、すでに完成されており貫禄すら感じる。
ローランド・ハナの経歴。
幼少期にショパン、モーツァルト、ベートーヴェンに多大な影響を受ける。
青年期はイーストマン音楽学校とジュリアード音楽院で学ぶ。
ジャズとしての活動は40年代の後半から。
演奏は黒人特有のリズム感に、ブルース、ゴスペル、ソウルなど素朴で野性的な要素が加わる。
芯がしっかりとした豊かな表現力など、技巧が傑出している。
また演奏には、変にクラシック色を出さないところが人柄といえる。
これだけ弾けても、極めて出しゃばらないピアノを生涯、貫(つらぬ)き通した。
晩年はアーロン·コープランド学校でジャズ教授として教鞭をとる。
ナイト爵位を与えられ、サーを付けて呼ばれた。
(青木高見)



 

Roland Hanna / 1 x 1 Roland Hanna / 1 x 1

Recorded : Tokyo,Japan
March 9, 1974/
March 11, 1974/
March 13, 1974/

Personnel :
Roland Hanna (p)
George Mraz (b)

Song name :
01. C Jam Blues
02. In A Sentimental Mood
03. Scrapple From The Apple
04. Pergia
05. Olro
06. My Fanny Valentine
07. Wistful Moment

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : (このアルバムはLPで所持)
ローランド・ハナ(Roland Hanna 1932年2月10日~2002年11月13日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ·ピアニスト。
アルバムはローランド・ハナ、1974年の国内の東宝レコードから出されたベースのジョージ・ムラーツとのデュオ。
ローランド·ハナは1967年から1974年までサド·ジョーンズ、メル·ルイス·オーケストラのレギュラーメンバーだった。
サド・メルが来日公演の時に空いた時間に収録された。
ドラムを探したが見つからず、しかたなくデュオとなった逸話が今となっては貴重。
演奏は透き通った輝きを放つ。
ローランド・ハナの卓越した音楽性を味わうことができる。
氏のの経歴だが、幼少期にショパン、モーツァルト、ベートーヴェンに多大な影響を受けたという。
青年期はイーストマン音楽学校とジュリアード音楽院で学ぶ。
ジャズとしての活動は40年代の後半から。
演奏は黒人特有のリズム感に、ブルース、ゴスペル、ソウルなど素朴で野性的な要素が加わる。
芯がしっかりとした豊かな表現力など、技巧が傑出している。
また演奏には、変にクラシック色を出さないところが人柄といえる。
これだけ弾けても、極めて出しゃばらないピアノを生涯、貫(つらぬ)き通した。
晩年はアーロン·コープランド学校でジャズ教授として教鞭をとる。
ナイト爵位を与えられ、サーを付けて呼ばれた。
(青木高見)





Roland Hanna / Walkin' (JHR73528) Roland Hanna / Walkin' (JHR73528)

Recorded : April, 1973 - July, 1974

Personnel :
Roland Hanna (p)

Song name :
01. You Took Advantage of Me
02. Killing Me Softly with His Song
03. There Is No Greater Love
04. Morning
05. Walkin'
06. Perugia
07. A Child Is Born
08. Wistful Moment
09. Two Cute
10. Improvisation on Prelude in E Minor
11. Hallelujah

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローランド・ハナ(Roland Hanna 1932年2月10日~2002年11月13日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト生まれのジャズ·ピアニスト。
アルバムはローランド・ハナ、1973年1974年の録音「A JAZZ HOUR WITH」シリーズの中のローランド・ハナ、ソロピアノ。
録音場所が1973年がニューヨークとロンドン、スタジオ。 1974年がモントレーのライブ。 「A JAZZ HOUR WITH」シリーズは、一流ジャズミュージシャンを「質は落とさず驚くほど安いCD!」をモットーに50枚程リリースされている。
安価な分、ライナーは曲名のみのペラ一枚だが、コレクションとしては音質も思ったほど悪くなく、拾い物の曲が入っている事がある。
安かろう悪かろうではないのが、まず安心できる。
さて演奏だが、じっくりローランド・ハナのソロ・ピアノとヴァイオリンとの共演が楽しめる。
幼少期にショパン、モーツァルト、ベートーヴェンに多大な影響を受けたというだけあって気品と明るさがある。
ひところ、朝の一発目のジャズは、このCDを聴いて珈琲を煎れていた。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲