青木高見のジャズコレクション Ernie Henry (as) アーニー・ヘンリー


寸評
アーニー・ヘンリー (Erie Henry 1926年9月3日~1957年12月29日) はアメリカ合衆国ニューヨーク・ブルックリン生まれのジャズ・アルトサックス奏者。
個人的には、セロニアス・モンクのアルバム 「Thelonious Monk / Brilliant Corners  (1956年12月録音)」 の数曲、アーニー・ヘンリーの強烈なテナーの印象が残っている。
31歳で交通事故で亡くなる短い生涯、将来を期待され、惜しまれたジャズマン。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Ernie Henry / Presenting Ernie Henry / Presenting

Recorded : August 23, 1956

Personnel :
Ernie Henry (as)
Kenny Drew (P)
Kenny Dorham (tp)
Wilbur Ware (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Gone With The Wind
02. Orient
03. Free Flight
04. Checkmate
05. Active Ingredients
06. I Should Care
07. Cleo's Chant

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アーニー・ヘンリー (Ernie Henry 1926年9月3日~1957年12月29日) はアメリカ合衆国ニューヨーク・ブルックリン生まれのジャズ・アルトサックス奏者。
31歳で交通事故で亡くなる短い生涯、将来を期待され、惜しまれたジャズマン。
アルバムはアーニー・ヘンリー、1956年8月23日の録音、リヴァーサイド・レーベルからのリリース、初リーダー作、数少ない貴重な音源。
共演者は、ピアノがケニー・ドリュー、トランペットがケニー・ドーハム、ベースがウイルバー・ウエア、ドラムがアート・テイラー。
演奏は、かっこいいジャケットそのまま、典型的な活き活きとしたハード・バップ・テナー。
しばし、アーニー・ヘンリーのソロに酔う。
もっと長生きしていたら、間違いなく人気ジャズマンになっていただろう。
皮肉なもので、ジャズの場合、リリースが少ない程、その希少性から人気が出るのが常。
リリースは、多くても困るし、少なくても不満、そこが、難しい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲