青木高見のジャズコレクション Hampton Hawes (p) ハンプトン・ホーズ


寸評
ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
ハンプトン・ホーズの経歴の中でも、また日本のジャズ史からも重要なミュージシャンの1人。
理由は、ハンプトン・ホーズは1952年から54年にかけて米国進駐軍の兵隊として日本に駐留した。
仕事を終えると東京や横浜のジャズクラブで本場のジャズプレイを披露した。
そこには日本のジャズ草創期の若き守安祥太郎、穐(秋)吉敏子、渡辺貞夫などがいた。
毎晩、行われるジャムセッション、あだ名はホーズなので 「馬さん」 として親しまれた。
守安祥太郎の 「幻のモカンボセッション(1954年)」 にも 「Tenderly」 の演奏が残されている。
その後の活動はヘロイン中毒などで途中休止するも、見事に復帰し数多くの作品を残す。
演奏は、オスカー・ピーターソン、穐(秋)吉敏子、ホレス・シルヴァー、アンドレ・プレヴィン、クロード・ウィリアムソンなどに多大な影響を与えた。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Hampton Hawes / The Trio Vol.1 Hampton Hawes / The Trio Vol.1

Recorded : June 28, 1955

Personnel :
Hampton Hawes (p)
Red Mitchell (b)
Chuck Thompson (ds)

Song name :
01. I Got Physm
02. What Is This Thing Called Love?
03. Blues the Most
04. So in Love
05. Feelin' fine
06. Hamp's Blues
07. Easy Living
08. All the Thing You Are
09. These Foolish Things
10. Carioca

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはハンプトン・ホーズ、1955年6月28日の録音、コンテンポラリー・レコードからのリリース。
共演者は、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがチャック・トンプソン。
1955年は日本から帰国した翌年にあたる。
当時のハンプトン・ホーズの抜群のスイング感、程よいブルース感、当時としては驚異的なテクニックを聴くことができる。
ハンプトン・ホーズの数多くのアルバムの中でも、やはりファーストのこのアルバムの人気が高い。
(青木高見)





Hampton Hawes / The Trio Vol.2 Hampton Hawes / The Trio Vol.2

Recorded :
December 3, 1955
January 25, 1956

Personnel :
Hampton Hawes (p)
Red Mitchell (b)
Chuck Thompson (ds)

Song name :
01. You and the Night and the Music
02. Stella by Starlight
03. Blues for Jacque
04. Yesterdays
05. Steeplechase
06. 'Round Midnight
07. Just Squeeze Me
08. Autumn in New York
09. Section Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはハンプトン・ホーズ、1955年12月3日と1956年1月25日の録音、コンテンポラリー・レコードからのリリース。
共演者は、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがチャック・トンプソンと 「Vol.1」 と同じ。
同年録音の 「Vol.1」 の続編。
演目は、スタンダード中心に、ハンプトン・ホーズ節が全開。
ハンプトン・ホーズの経歴の中でも、また日本のジャズ史からも重要なミュージシャンの1人とされる。
理由は、1952年から54年にかけて米国進駐軍の兵隊として日本に駐留した。
偶然とは言え、バリバリのジャズマンでありながら兵隊。
仕事を終えると東京や横浜のジャズクラブで本場のジャズプレイを披露した。
そこに日本のジャズ草創期の、若き守安祥太郎、穐(吉)敏子、渡辺貞夫などがいた。
毎晩、行われるジャムセッション、あだ名はホーズなので 「馬さん」 として親しまれた。
守安祥太郎の 「幻のモカンボセッション(1954年)」 にも 「Tenderly」 の演奏が残されている。
その後の活動はヘロイン中毒などで途中休止するも、見事に復帰し数多くの作品を残している。
演奏はオスカー・ピーターソン、穐(吉)敏子、ホレス・シルヴァー、アンドレ・プレヴィン、クロード・ウィリアムソンなどに多大な影響を与えた。
(青木高見)





Hampton Hawes Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3 Hampton Hawes / Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3

Recorded : January 25, 1956

Personnel :
Hampton Hawews (p)
Red Mitchell (b)
Chuck Thompson (ds)

Song name :
01. Somebody Loves Me
02. The Sermon
03. Embraceable You
04. I Remember You
05. A Night in Tunisia
06. Lover, Come Back to Me/Bean and the Boys
07. Polka Dots and Moonbeams
08. Billy Boy
09. Body and Soul
10. Coolin' the Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはハンプトン・ホーズ、1956年1月25日の録音、コンテンポラリー・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがチャック・トンプソン。
3部作の最後の作品で、通称 「ハンプトン・ホーズのワニ」。
ワニにではなく、お馬さんにしたら、日本でもっと売れたかもしれない。
3部作とは。
1955年6月28日の録音  「Hampton Hawes / The Trio Vol.1」。
1955年12月3日と1956年1月25日の録音  「Hampton Hawes / The Trio Vol.2」。
1956年1月25日の録音  「Hampton Hawes / Everybody Likes Hampton Hawes Vol.3」 の事。
演奏は、個人的に3部作の中では、このアルバムが一番いいような感じがする。
朝、聴けるジャズの雰囲気がいい、休日の晴れた朝によく聴く。
(青木高見)





Hampton Hawes / All Night Session, Vol.3 Hampton Hawes / All Night Session, Vol.3

Recorded : November 12-13, 1956

Personnel :
Hampton Hawes (p)
Jim Hall (g)
Red Mitchell (b)
Eldridge Freeman (ds)

Song name :
01. Do Nothin' Till You Hear From Me
02. Blues #3
03. Between The Devil And The Deep Blue Sea
04. Blues #4
05. Blues Of A Sort [Bonus track]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはハンプトン・ホーズ、1956年11月12日・13日の録音、コンテンポラリー・レーベルからのリリース、通算6枚目の作品。
共演者は、ギターがジム・ホール、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがブルーズ・フリーマン。
何といっても興味を引くのが、ギターのジム・ホールとの共演。
どうだろう、この肩の抜け具合は。
誇張性のないジャズのエッセンスが詰(つま)っている。
ジム・ホールは録音時、26歳、どうだろうこの落ち着きは。
(青木高見)





Hampton Hawes / Hampton Hawes For Real! Hampton Hawes / Hampton Hawes For Real!

Recorded : March 17, 1958

Personnel :
Hampton Hawes (p)
Harold Land (ts)
Scott LaFaro (b)
Frank Butler (ds)

Song name :
01. Hip
02. Wrap Your Troubles in Dreams
03. Crazeology (Little Benny)
04. Numbers Game
05. For Real
06. Love You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはハンプトン・ホーズ、1958年3月17日の録音、コンテンポラリー・レーベルからのリリース。
共演者は、テナー・サックスがハロルド・ランド、ベースがスコット・ラファロ、ドラムがフランク・バトラー。
演奏は、軽く聴いている分には、西海岸の明るく爽やかなハード・バップ。
ところが、聴く時間帯、聴く場所によって、玉虫色に変化する。
全体は西海岸の音なのだが、ジワジワと黒さが滲(にじ)み出てくる。
そんな筈(はず)無いと思って注意深く聴いても、その傾向は強い。
どこにそのエッセンスがあるのだろう。
ビル・エヴァンスで有名なベースのスコット・ラファロは、いつもよりズシンと重い。
ドラムのフランク・バトラーはハンプトン・ホーズとは薬仲間だったという。
当時はそれほど有名でなかった西海岸実力派のテナーのハロルド・ランドが結構、深く重たい。
どうやら、ハロルド・ランドとハロルド・ランドが化学反応を起こした様な感じがする。
いずれにしても、このアルバムではハンプトン・ホーズのピアノは、恐ろしいくらい研ぎ澄まされ冴えている。
(青木高見)





Hampton Hawes / Green Leaves of Summer Hampton Hawes / Green Leaves of Summer

Recorded : February 17, 1964

Personnel :
Hampton Hawes (p)
Monk Montgomery (b)
Steve Ellington (ds)

Song name :
01. Vierd Blues
02. The Green Leaves Of Summer
03. Ill Wind
04. St. Thomas
05. Secret Love
06. Blue Skies
07. The More I See You
08. G.K. Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハンプトン・ホーズ (Hampton Hawes 本名 : Hampton Barnett Hawes, Jr., 1928年11月13日~1977年5月22日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはハンプトン・ホーズ、1964年2月17日の録音、コンテンポラリー・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがモンク・モンゴメリー、ドラムがスティーブ・エリントン。
アルバム・ジャケットは、新緑をバックに刑務所からの復帰後のすがすがしい顔のハンプトン・ホーズ。
刑務所で観た映画アラモ中の曲をシャバに出たらやろうと思っていただけあって胸を打たれる。
演目は耳慣れた曲を中心に、ハンプトン・ホーズのブルース心が出て実に健康的な演奏。
ちなみにベースのモンク・モンゴメリーはウエス・モンゴメリーの兄。
ジャズの楽しみの一つに、思いもよなないメンバーの共演がある。
さしずめ、このアルバムがそれ。
ちなみに、このアルバムはLPで所持。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲