青木高見のジャズコレクション Charlie Mingus (b, vo) チャールズ・ミンガス


寸評
チャールズ・ミンガス (Charles Mingus 1922年4月22日~1979年1月5日) はアメリカ合衆国アリゾナ州ノガレス生まれのジャズ・ベーシスト、コンポーザー、バンドリーダー、ピアニスト。
一般的にチャールズ・ミンガスというと 「オジさんは、怒ってんだ」 のイメージが強い。
たしかに音楽活動を媒介に、抗議、激怒、皮肉、冷笑、風刺などが強調された作品が多い。
それに加え、本人の言動が強烈で、これがジャズ界きっての強面(こわもて)の印象を強くしている。
という訳で、チャールズ・ミンガスは、1枚だけを聴いも見えてこない。
人間チャールズ・ミンガスを聴くというスタンスでいたい。
ベーシストでありながら、偉大なバンド・リーダー、考えるジャズの創始者である事を忘れてはならない。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Charles Mingus / Pithecanthropus Erectus Charles Mingus / Pithecanthropus Erectus

Recorded : January 30, 1956

Personnel :
Charles Mingus (b)
Mal Waldron (p)
Jackie McLean (as)
J.R Monterose (ts)
Willie Jones (ds)

Song name :
01. Pithecanthropus Erectus
02. A Foggy Day
03. Profile Of Jackie
04. Love Chant

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チャールズ・ミンガス (Charles Mingus 1922年4月22日~1979年1月5日) はアメリカ合衆国アリゾナ州ノガレス生まれのジャズ・ベーシスト、コンポーザー、バンドリーダー、ピアニスト。
アルバムはチャールズ・ミンガス、1956年1月30日の録音、邦題 「直立猿人」。
共演者は、ピアノがマル・ウォルドロン、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、テナーサックスがJ.R.モンテローズ、ドラムがウィリー・ジョーンズ。
1曲目 「ピテカントロプス・エレクトス (直立猿人) 」 厳密には、進化 ~ 優越感 ~ 衰退 ~ 滅亡、の4楽章から構成されている。
2曲目 「A Foggy Day」 ガーシュインのスタンダード。
3曲目 「Profile of Jackie」 バラードでジャッキー・マクリーンのアルトに委(ゆだ)ねたチャールズ・ミンガス。
ジャッキー・マクリーンは、よくぞ、この歴史的アルバムに参加したと思う、4曲目 「Love Chant」 最近この曲が妙に気持ち良いい。
J.R.モンテローズは、ひたすら一所懸命さが伝わってくるのもイイ。
「直立猿人」 の命名は実にユニーク、孤高の1枚というイメージ。
2007年に24ビット・デジタル・リマスタリング音源が出たので買い替えたい。
ひと昔前、蒲田にあるジャズ喫茶 「直立猿人」 に、羽田の航空関連の仕事をしてる 「達ちゃん」 と行った。
店は想像以上に狭く、硬い木の椅子が 「怒りのミンガス」 ぽくって変に感動。
命名の由来を店長に聴いてみるた 「チャールズ・ミンガスが好きで、日本でユニークな名前はこれしかない」 との名言。
場所は、大田区西蒲田7丁目61 東急ガード沿いを100mほど歩いて、駐車場隣のビル3F。
(青木高見)





Charles Mingus / Mingus Three (TOCJ-50021) Charles Mingus / Mingus Three (TOCJ-50021)

Recorded : July 9, 1957

Personnel :
Charles Mingus (b)
Hampton Hawes (p)
Dannie Richmond (ds, tambourine)
I Can't Get Started" only (noncredit) Sonny Clarke (p)

Song name :
01. Yesterdays
02. Back Home Blues
03. I Can't Get Started
04. Hamp's New Blues
05. Summertime
06. Dizzy Moods
07. Laura

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チャールズ・ミンガス (Charles Mingus 1922年4月22日~1979年1月5日) はアメリカ合衆国アリゾナ州ノガレス生まれのジャズ・ベーシスト、コンポーザー、バンドリーダー、ピアニスト。
アルバムはチャールズ・ミンガス、1957年7月9日の録音、ジュビリー・レーベルの音源。
共演者は、ピアノがハンプトン・ホーズ、ドラムがダニー・リッチモンド。
3曲目の 「I Can't Get Started」 のみトイレに行ったハンプトン・ホーズの代わりにソニー・クラークが入ったとされる。
ホントにそうか、じっくり聴き比べるのも楽しい。
演奏は、チャールズ・ミンガスっぽくないのが聴きどころ。
ピアノの馬さんことハンプトン・ホーズ、チャールズ・ミンガスの高弟ダニー・リッチモンドの顔合わせの妙味に尽きる。
(青木高見)





Charlie Mingus / Tijuana Moods Charlie Mingus / Tijuana Moods

Recorded :
July 18, 1957
August 6, 1957

Personnel :
Charles Mingus (b, vo)
Bill Triglia (p)
Clarence Shaw (tp)
Shafi Hadi (as, ts)
Jimmy Knepper (tb)
Dannie Richmond (ds)
Ysabel Morel (castanets, vo)
Frankie Dunlop (per)
Lonnie Elder (voices)

Song name :
01. Dizzy Moods
02. Ysabel's Table Dance
03. Tijuana Gift Shop
04. Los Mariachis
05. Flamingo

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年4月22日~1979年1月5日)はアメリカ合衆国アリゾナ州ノガレス生まれのジャズ・ベーシスト、コンポーザー、バンドリーダー、ピアニスト。
アルバムはチャールズ・ミンガス、1957年7月18日と8月6日の録音。
共演者は、ピアノがビル・トリグリア、トランペットがクラレンス・ショウ、アルトサックスがカーティス・ポーター、トロンボーンがジミー・ネッパー、ドラムがダニー・リッチモンド、パーカッションがフランキー・ダンロップ、カスタネットがイザベル・モレル、ヴォーカルがロニー・エルダーほか。
演奏は、チャールズ・ミンガスがメキシコ旅行した時の思い出を音楽にしたアルバム。
メキシコの明るい太陽の下で、普段の怒りは影をひそめ、子供の様にハシャぐチャールズ・ミンガスが浮かび上がる。
ライナーにこうある。
「千人の人に一回聴いてもらうより、コミットした一人の人に千回聴いてほしい」。
ちなみに 「コミット / commit」 とは 「かかわりあうこと」 「特定の運動に参加すること」。
実にチャールズ・ミンガス的なコメント。
ちなみに、チャールズ・ミンガスはメキシコで亡くなっている。
(青木高見)





Duke Ellington / Money Jungle Duke Ellington / Money Jungle

(注) このアルバムはデューク・エリントンのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Duke Ellington 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 17, 1962

Personnel :
Duke Ellington (p)
Charles Mingus (b)
Max Roach (dr)

Song name :
01. Very Special
02. Little Max
03. Little Max [Alternate Take]
04. Fleurette Africaine
05. Rem Blues
06. Wig Wise
07. Switch Blade
08. Caravan
09. Money Jungle
10. Solitude [Alternate Take]
11. Solitude
12. Warm Valley
13. Backward Country Boy Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デューク・エリントン  (Duke Ellington 出生名 : Edward Kennedy "Duke" Ellington 1899年4月29日~1974年5月24日)  はアメリカ合衆国ワシントンD.C.生まれジャズの作曲家、ピアノ奏者、バンドリーダー。
チャールズ・ミンガス  (Charles Mingus 1922年4月22日~1979年1月5日)  はアメリカ合衆国生まれのジャズ・ベーシスト、コンポーザー・バンドリーダー。
マックス・ローチ  (Max Roach 1924年1月10日~2007年8月16日)  はアメリカ合衆国生まれのジャズ・ドラマー。
アルバムはデューク・エリントンとチャールズ・ミンガスとマックス・ローチのトリオ、1962年9月17日の録音。
各自が百戦練磨のマスター級のトリオ。
時にデューク・エリントン63歳、チャールズ・ミンガス40歳、マックス・ローチ38歳。
ジャズでは、年の差は、あまり問題ではない。
演奏は、まずデューク・エリントンの尖ったピアノに度肝を抜かれた。
全体に1音1音がズシリと重い。
聴く方は、それに打ち勝つ気合が必要。
(青木高見)





Charles Mingus / Mingus, Mingus, Mingus, Mingus Charles Mingus / Mingus, Mingus, Mingus, Mingus

Recorded :
January 20, 1963
September 20, 1963

Personnel :
[Tracks #1 and #04-#07, recorded on September 20, 1963]
Charles Mingus (b)
Bob Hammer (arranger, orchestrator)
Jaki Byard (p)
Eddie Preston (tp)
Richard Williams (tp)
Jerome Richardson (ss bs, fl)
Eric Dolphy (as, fl, b-cl)
Booker Ervin (ts)
Dick Hafer (ts, cl, fl)
Britt Woodman (tb)
Don Butterfield (tuba)
Walter Perkins (ds)

[Tracks #02 and #03, recorded on January 20, 1963
Bob Hammer (arranger, orchestrator)
Charles Mingus (b, p)
Jaki Byard (p)
Jay Berliner (g)
Rolf Ericson (tp)
Richard Williams (tp)
Jerome Richardson (ss bs, fl)
Charlie Mariano (as)
Dick Hafer (ts, fl, oboe)
Quentin Jackson (tb)
Don Butterfield (tuba)
Dannie Richmond (ds)

Song name :
01. II B.S.
02. I X Love
03. Celia
04. Mood Indigo
05. Better Get Hit in Yo' Soul
06. Theme for Lester Young
07. Hora Decubitus

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チャールズ・ミンガス(Charles Mingus 1922年4月22日~1979年1月5日)はアメリカ合衆国アリゾナ州ノガレス生まれのジャズ・ベーシスト、コンポーザー、バンドリーダー・ピアニスト。
アルバムはチャールズ・ミンガス、1963年1月20日と9月20日の録音、インパルス・レコードからのリリース。
共演者は、アレンジと指揮がボブ・ハマー、ピアノがジャッキー・バイアード、トランペットがリチャード・ウィリアムス、アルトサックスがエリック・ドルフィーとチャーリー・マリアーノ、ドラムがダニー・リッチモンド、その他大勢。
思わず唸(うな)ってしまう個性の強いメンバー。
タイトルも凄い 「Mingus, Mingus, Mingus, Mingus」 とミンガスが4回。
これだけでも、本人の気合がヒシヒシと伝わってくる。
演奏は、デューク・エリントン楽団を随所に意識したチャールズ・ミンガスの考えるオーケストラ。
特に親方のベースの音は、芯と張りがあって、他の楽器を牽引する覇気がいい。
変に納得 「Mingus, Mingus, Mingus, Mingus」。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲