青木高見のジャズコレクション Richard Williams (tp) リチャード・ウィリアムス


寸評
リチャード・ウイリアムス (Richard Williams 出生名 : Richard Gene Williams 1931年5月4日~1985年11月4日) はアメリカ合衆国テキサス州ガルベストン生まれのジャズ・トランペッター、作曲家。
トランペットはマイルスやチェットだけ聴いていてはいけない。
別の奥の深さがある事を教えてくれたトランぺッター。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Richard Williams / New Horn In Town Richard Williams / New Horn In Town

Recorded : 11/19/1960

Personnel :
Richard Williams (tp)
Richard Wyands (p)
Leo Wright (as, fl)
Reginald Workman (b)
Bobby Thomas (ds)

Song name :
01. I Can Dream, Can't I?
02. I Remember Clifford
03. Ferris Wheel
04. Raucous Notes
05. Blues In A Quandary
06. Over The Rainbow
07. Renita's Bounce

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リチャード・ウイリアムス(Richard Williams  Birth name : Richard Gene Williams 1931年5月4日~1985年11月4日)はアメリカ合衆国テキサス州ガルベストン生まれのジャズ・トランペッター、作曲家。
アルバムはリチャード・ウイリアムス、1960年キャンディド・レーベルからのリリースでファースト・リーダー作。
共演者はピアノがリチャード・ワイアンズ、アルトサックスとフルートがレオ・ライト、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがボビー・トーマス。
これ見よがしの鋭い技巧とは裏腹に、朴訥(ぼくとつ)ともいえる哀愁の音色にいつしか引き込まれる。
音質がよくない分、よけいに聴き入ってしまう。
ジャズは音質じゃない。
バック陣との相性も抜群にいい、特にフルートのレオ・ライトと絡み合った瞬間、もう気分は最高。
B級の味を知ったら二度と抜け出せない。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : リチャード・ウイリアムス、1960年キャンディド・レーベルからのリリースでファースト・リーダー作。
共演者はピアノがリチャード・ワイアンズ、アルトサックスとフルートがレオ・ライト、ベースがレジー・ワークマン、ドラムがボビー・トーマス。
これ見よがしの鋭い技巧とは裏腹に、朴訥(ぼくとつ)ともいえる哀愁の音色にいつしか引き込まれる。
音質がよくない分、よけいに聴き入ってしまう。
ジャズは音質じゃない。
バック陣との相性も抜群にいい、特にフルートのレオ・ライトと絡み合った瞬間、もう気分は最高。
B級の味を知ったら二度と抜け出せない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲