青木高見のジャズコレクション Gigi Gryce (as, fl, cond) ジジ・グライス


寸評
ジジ・グライス  (Gigi Gryce 出生名 : George General Grice, Jr. 1925年11月28日~1983年3月14日)  はアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコラ生まれのジャズ・サクソフォン、クラリネット、フルート奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


Gigi Gryce And Donald Byrd / Jazz Lab Gigi Gryce And Donald Byrd / Jazz Lab

(注) このアルバムはジジ・グライスのリーダーアルバム扱いとしています。
双頭のドナルド・バードが参加しているため 「 Donald Byrd 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 9, 1957

Personnel :
Gigi Gryce (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Jones (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Blue Lights
02. Onion Head
03. Isn't It Romantic
04. Bat Land
05. Bangoon
06. Imagination
07. Xtacy
※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジジ・グライス  (Gigi Gryce 出生名 : George General Grice, Jr. / 1925年11月28日~1983年3月14日)  はアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコラ生まれのジャズ・サクソフォン、クラリネット、フルート奏者。
ドナルド・バード (Donald Byrd 1932年12月9日~2013年2月4日) はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
アルバムはジジ・グライスとドナルド・バード、1957年8月9日の録音、ジュビリー・レーベルからのリリース。
その他、共演者はピアノがハンク・ジョーンズ、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・テイラー。
アルバム・タイトル 「Jazz Lab」 、ジャズの実験室といったところか。
聴く前は、実験や研究的な斬新な事をしていると想像したが、意外や個人まりとしていて表紙抜け。
個人的には、アルバート・アイラーやオーネット・コールマン、果てはセシル・テイラー位やってもよかったのでは。
ちょっと待った、アルバート・アイラーやセシル・テイラーの音楽こそ、そう簡単にできないのだろう。
ジャズの奥深さを考えさせられた1枚。
(青木高見)





Gigi Gryce / The Rat Race Blues Gigi Gryce / The Rat Race Blues

Recorded : June 7, 1960

Personnel :
Gigi Gryce (as)
Richard Wyands (p)
Richard Williams (tp)
Julian Euell (b)
Mickey Roker (ds)

Song name :
01. The Rat Race Blues
02. Strange Feelin'
03. Boxer's Blues
04. Blues in Bloom
05. Monday Through Sunday

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジジ・グライス  (Gigi Gryce 出生名 : George General Grice, Jr. / 1925年11月28日~1983年3月14日)  はアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコラ生まれのジャズ・サクソフォン、クラリネット、フルート奏者。
アルバムはジジ・グライス、1960年6月7日の録音。
共演者は、ピアノがリチャード・ワイアンズ、トランペットがリチャード・ウィリアムス、ベースがジュリアン・ユエル、ドラムがミッキー・ローカー。
優れた作曲家、編曲家であるジジ・グライスの考えるジャズ。
それを具現化できるミュージシャンとなると限られてくる。
ここに集まったミュージシャンは、メジャーではないにしても高い技術を持っている。
演奏は、何よりシブくてかっこいい。
何気なく軽く流しているようで、しっかりしたものを感じる。
この手のB級とされるアルバムが、実はジャズの楽しさを倍増させてくれる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはジジ・グライス、1960年6月7日の録音。共演者は、ピアノがリチャード・ワイアンズ、トランペットがリチャード・ウィリアムス、ベースがジュリアン・ユエル、ドラムがミッキー・ローカー。優れた作曲家、編曲家であるジジ・グライスの考えるジャズ。それを具現化できるミュージシャンとなると限られてくる。ここに集まったミュージシャンは、メジャーではないにしても高い技術を持っている。演奏は、何よりシブくてかっこいい。何気なく軽く流しているようで、しっかりしたものを感じる。この手のB級とされるアルバムが、実はジャズの楽しさを倍増させてくれる。
(青木高見)





Gigi Gryce / Nica's Tempo Gigi Gryce / Nica's Tempo

Recorded :
October 15, 1955
October 22, 1955

Personnel :
Gigi Gryce (cond, as) (all tracks)

Tracks : #01, #02, #04, #06
Rec : October 22, 1955
Art Farmer (tp)
Jimmy Cleveland (tb)
Gunther Schuller (french horn)
Bill Barber (tuba)
Danny Bank (baritone sax)
Horace Silver (p)
Oscar Pettiford (b)
Kenny Clarke (ds)

Tracks : #03, #05
Rec : October 22, 1955
Art Farmer (tp)
Eddie Bert (tb)
Julius Watkins (french horn)
Bill Barber (tuba)
Cecil Payne (baritone sax)
Horace Silver (p)
Oscar Pettiford (b)
Art Blakey (ds)
Ernestine Anderson (vo)

Tracks 7-19,
Rec : October 15, 1955
Thelonious Monk (p)
Percy Heath (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Speculation
02. In a Meditating Mood
03. Social Call
04. Smoke Signal
05. (You'll Always Be) The One I Love
06. Kerry Dance
07. Shuffle Boil
08. Brakes Sake
09. Gallop's Gallop
10. Nica's Tempo

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジジ・グライス  (Gigi Gryce 出生名 : George General Grice, Jr. / 1925年11月28日~1983年3月14日)  はアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコラ生まれのジャズ・サクソフォン、クラリネット、フルート奏者。
アルバムはジジ・グライス、1955年10月15日・22日の録音。
共演者は、トランペットがアート・ファーマー、ピアノがホレス・シルバー、セロニアス・モンク、ベースがオスカー・ペティフォード、パーシー・ヒース、ドラムがケニー・クラーク、アート・ブレイキー、ヴォーカルにアーネスティン・アンダーソン、その他大勢。
タイトルの 「Nica's Tempo」 はジャズ界では有名なパトロン、ニカ男爵夫人 「Baroness Pannonica " Nica" de Koenigswarter」 のこと。
パノニカのニカを取って 「ニカ」。
セロニアス・モンクも、チャーリー・パーカーも 「ニカ」 の部屋で息を引き取った話は有名。
現在、その部屋は、ピアノのバリー・ハリスが住んでいるという。
アルバムの共演者を見ると 「ニカ」 から世話になったミュージシャンと、ジジ・グライスの交友関係がわかる。
言い換えれば 「ニカ」 の周りに常に鳴っていた当時のジャズを聴ける。
セロニアス・モンクや、アート・ブレイキー達の笑い声や会話が今にも聞こえてきそう。
リーダーのジジ・グライスは才能がありながらも、性格が潔癖だったため人気は今一つだったらしい。
しかし、ジャズ史に於いては、緻密なジャズ・ミュージシャンとしては必ず名前が上がってくる。
思えば、音楽性は斬新でユニーク。
やっていた事は、ギル・エバンスやマイルスに匹敵するかもしれない。
(青木高見)





(Art Farmer) and Gigi Gryce / When Farmer Met Gryce Gigi Gryce and Art Farmer / When Farmer Met Gryce

(注) このアルバムはアート・ファーマーのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Art Farmer 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
May 19, 1954 #01-#04
May 26, 1955 #05-#08

Personnel :
May 19, 1954 #01-#04
Art Farmer (fh)
Gigi Gryce (as)
Horace Silver (p)
Percy Heath (b)
Kenny Clarke (ds)

May 26, 1955 #05-#08
Art Farmer (fh)
Gigi Gryce (as)
Freddie Redd (p)
Addison Farmer (b)
Arthur Taylor (ds)

Song name :
01. A Night At Tony's
02. Blue Concept
03. Stupendous-Lee
04. Deltitnu
05. Social Call
06. Capri
07. Blue Lights
08. The Infant's Song

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アート・ファーマー  (Art Farmer 1928年8月21日~1999年10月4日)  はアメリカ合衆国アイオワ州出身のジャズ・トランペット奏者、フリューゲル・ホーン奏者。
ジジ・グライス  (Gigi Gryce 本名 : George General Grice, Jr. 1925年11月28日~1983年3月14日)  はアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコラ生まれのジャズ・サクソフォン、クラリネット、フルート奏者。
アルバムはアート・ファーマーとジジ・グライス、録音は1954年5月19日と1955年5月26日の録音。
共演者は。
1954年5月19日 ピアノがホレス・シルバー、ベースがパーシー・ピース、ドラムがケニー・クラーク。
1955年5月26日 ピアノがフレディー・レッド、ベースがアート・ファーマーと双子のアディソン・ファーマー、ドラムがアート・テイラー。
演奏は、当時最高のリズム陣をバックに、のびのびと演奏する2人。
ハードバップとは、どいういうものかの見本の様な演奏。
チームワークの妙味、緻密で上質なジャズを聴く事ができる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはアート・ファーマーとジジ・グライス、録音は1954年5月19日と1955年5月26日の録音。共演者は、1954年5月19日 ピアノがホレス・シルバー、ベースがパーシー・ピース、ドラムがケニー・クラーク。1955年5月26日 ピアノがフレディー・レッド、ベースがアート・ファーマーと双子のアディソン・ファーマー、ドラムがアート・テイラー。演奏は、当時最高のリズム陣をバックに、のびのびと演奏する2人。ハードバップとは、どいういうものかの見本の様な演奏。チームワークの妙味、緻密で上質なジャズを聴く事ができる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲