青木高見のジャズコレクション Tony Scott (cl, bs) トニー・スコット


寸評
トニー・スコット (Tony Scott 本名 : Anthony Joseph Sciacca 1921年6月17日~2007年3月28日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州モリスタウン生まれのジャズ・クラリネット、バリトン・サックス奏者。
元はビ・バップのジャンルだった。
後半は民族音楽、アジア文化、ヨガ・禅瞑想への関心から少しずつ音楽にその影響が出はじめる。
そのため、今ではジャンルがワールド・ミュージックとされる。
(青木高見)

【INDEX (リーダー・アルバム)】


【以下コンテンツ】


Tony Scott / The Touch Of Tony Scott Tony Scott / The Touch Of Tony Scott

(注) このアルバムはトニー・スコットのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にビル・エヴァンスが参加しているため 「 Bill Evans 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 1956

Unit, Song, Personnel :
【Tony Scott And His Orchestra】
01. Rock Me But Don't Roll Me
04. The Moon Walks
07. You, You're Driving Me Crazy
10. Poinciana
12. Yesterdays
Tony Scott (cl)
Bill Evans (p)
Danny Bank [Bars] (vib)
Mundell Lowe (g)
Idrees Sulieman (tp)
Jimmy Maxwell (tp)
Jimmy Nottingham (tp)
Gigi Gryce (as)
Sam Marowitz (as)
Seldon Powell (ts)
Zoot Sims (ts)
Jimmy Cleveland (tb)
Rex Peer (tb)
Urbie Green (tb)
Bart Walsaliona (bt)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

【The Tony Scott Quartet】
02. Deep Purple
06. Aeolian Drinking Song
08. Round About Midnight
11. Vanilla Frosting On A Beef Pie
Tony Scott (cl)
Bill Evans (p)
Les Grinage (b)
Lenny McBrowne (ds)

【Tony Scott Tentet】 03. The Jitterbug Waltz
05. My Old Flame
09. Walkin' On Air
Tony Scott (cl)
Bill Evans (p)
Barry Galbraith (g)
Joe Wilder (tp)
Johnny Carisi (tp)
Jimmy Cleveland (tb)
Urbie Green (tb)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トニー・スコット (Tony Scott 本名 : Anthony Joseph Sciacca 1921年6月17日~2007年3月28日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州モリスタウン生まれのジャズ・クラリネット、アルトサックス、バリトン・サックス奏者。
ビル・エヴァンス (Bill Evans 1929年8月16日~1980年9月15日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州プレインフィールド生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはトニー・スコット、1956年7月の録音、RCAからのリリース。
共演者は、トニー・スコットのテンテット、ワンホーン・カルテット。
ピアノがビル・エヴァンス、ギターがマンデル・ロー、バリー・ギャルブレイス、トランペットがイドリス・シュリーマン、アルトサックスがジジ・グライス、テナーサックスがセルダン・パウエル、ズート・シムス、トロンボーンがジミー・クリーブランド、アービー・グリーン、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがオシー・ジョンソンほか。
演奏は、この頃からドンドン変化していくトニー・スコット、いつも聴きなれているジャズとは違う。
聴けないという訳ではなく、変わっているという事。
良い悪いではない、こういうジャズもあるというのが正直な感想。
それにしても、豪華な共演者、このミュージシャンを自由に使えたのだからトニー・スコットは、さぞ満足したと思う。
ビル・エヴァンスが参加しているという事でコレクションした。
共演者で入った時のビル・エヴァンスは、個性をまったく出さない、ただのスタジオ・ミュージシャンに徹している。
ホント、一徹というか、頑固というかと言いたいが、そうではない。
1956年7月のビル・エヴァンスは、まだ駆け出しで、最初のアルバム 「Bill Evans / New Jazz Conceptions」 を同年の9月に録音する。
そう思って聴けば、初々しいというか、何でも吸収しようとしていた真面目な姿が見えてくる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲