青木高見のジャズコレクション Jaki Byard (p) ジャッキー・バイアード


略歴
Jaki Byard ジャキ・バイアード (Jaki Byard 1922年6月15日~1999年2月11日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ウォーセスター生まれのジャズ・ピアニスト。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Jaki Byard / HI-FLY (VDJ-1669) Jaki Byard / Sunshine Of My Soul (UCCC-9412)

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jaki Byard / HI-FLY (VDJ-1669) Jaki Byard / HI-FLY (VDJ-1669)

Recorded : January 30, 1962

Personnel :
Jaki Byard (p)
Ron Carter (b)
Pete La Roca (ds)

Song name :
01. Hi-Fly
02. Tillie Butterball
03. Excerpts From Yamekraw
04. There Are Many Worlds
05. Here To Here
06. Lullaby Of Birdland
08. Blues In The Closet

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャキ・バイアード (Jaki Byard 1922年6月15日~1999年2月11日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ウォーセスター生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジャキ・バイアード、1962年1月30日の録音、ニュージャズ・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがロン・カーター、ドラムがピート・ラ・ロカ。
全体に聴き易く、まとまっているが何回も聴くうちに、裏の隠れた音が顔を出す。
逸話に、おっかないチャールス・ミンガスが、ジャキ・バイアードを長く、そばに置いていたという。
筋金入りのプロのミュージシャンからの信望があったジャキ・バイアード。
ほかの話題としてはエリック・ドルフィーの共演がある。
また、ナショナル・パブリック・ラジオで 「ジャズの中で最も有無を言わさなくて多才なピアニストの内の1人(One of the most compelling and versatile pianists in jazz)」 と評された。
ちなみにナショナル・パブリックラジオ(NPR)とは、アメリカ合衆国の非営利・公共のラジオ・ネットワーク。
冒頭の曲 「Hi-Fly(ハイ・フライ)」 がタイトルになった。
作曲はピアニストのランディ・ウェストンだから恐れ入る。
(青木高見)





Jaki Byard / Sunshine Of My Soul (UCCC-9412) Jaki Byard / Sunshine Of My Soul (UCCC-9412)

Recorded : October 31, 1967

Personnel :
Jaki Byard (p)
David Izenzon (b)
Elvin Jones (ds, tympani)

Song name :
01. Sunshine
02. Cast Away
03. Chandra
04. St. Louis Blues
05. Diane's Melody
06. Trendsition Zildjian

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャキ・バイアード (Jaki Byard 1922年6月15日~1999年2月11日) はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ウォーセスター生まれのジャズ・ピアニスト。
アルバムはジャキ・バイアード、1967年10月31日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがデヴィッド・アイゼンソン、ドラムとティンパニーがエルビン・ジョーンズ。
アルバム・ジャケットは、およそジャズには似つかわしくないデザイン。
デザイン同様、演奏もかなり変わっている。
ライナーには 「もっとも鍛錬を積んでおりながら、もっとも自由奔放なプレイをするインブロヴァイザー。発売された1968年という時代など、みじんも感じさせない」 とある。
たしかにその通りかもしれない。
デヴィッド・アイゼンソンは、オーネット・コールマン 「At The Golden Circle Stockholm」 のベース。
エルビン・ジョーンズは、ティンパニーを叩かされている感じで思わず笑ってしまう。
個人的に、自分の耳が悪いのか、何というかジャキ・バイアード、今ひとつピンとこない。
ジャキ・バイアードの、ほかのアルバムを何枚も聴かないとダメなのか。
そう言う問題ではなさそうだし。
どうすれば、いいのだろう。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲