青木高見のジャズコレクション Claude Williamson (p) クロード・ウィリアムソン


寸評
クロード・ウィリアムソン (Claude Williamson 出生名 : Claude Berkeley Williamson 1926年11月18日~) はアメリカ合衆国バーモント州ブラトルバロ生まれのジャズ・ピアニスト。
確かな技術にささえられたピアノタッチは繊細で奥が深い。
簡単に聴き流しては、この人の良さは解らない。
何回も聴いていると凄いピアニストだとわかってくる。
ちなみに弟は、トランペッターのステュー・ウィリアムソン(Stu Williamson 1933年~1991年)。
二人とも目立たないが、苦みばしったシブいミュージシャン。
50年代には、こういう中堅のハード・バッパーの層が特に厚く、時代を盛り上げていた。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Claude Williamson / Claude Williamson (25CY-3068) Claude Williamson / Claude Williamson (25CY-3068)

Recorded : January 19, 1956

Personnel :
Claude Williamson (p)
Don Prell (b)
Chuck Flores (ds)

Song name :

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クロード・ウィリアムソン (Claude Williamson 出生名 : Claude Berkeley Williamson 1926年11月18日~) はアメリカ合衆国バーモント州ブラトルバロ生まれのジャズ・ピアニスト。
弟は、トランペッターのステュー・ウィリアムソン。
アルバムはクロード・ウィリアムソン、1956年1月19日の録音、ベツレヘム・レーベルからのリリース、邦題 「クロード・ウィリアムソンの真髄」。
共演者はベースがドン・プレル、ドラムがチャック・フローレス。
ベツレヘム・レーベルの 「'Round Midnight」 と対(つい)を成す作品。
個人的には 「'Round Midnight」 より聴く回数が圧倒的に多い。
理由は単純で、こちらの方が気持ちが落ち着くから。
あまり理由になっていないが、録音時期は、こちらが1956年1月、「'Round Midnight」が12月。
クロード・ウィリアムソン自身の技術の差は同年の録音なので特に差はない。
どこが違うかと言えば、リズム隊との相性だと思う。
ちなみに 「'Round Midnight」 の方は、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがメル・ルイス。
(青木高見)





Claude Williamson / 'Round Midnight Claude Williamson / 'Round Midnight

Recorded : December 1956

Personnel :
Claude Williamson (p)
Red Mitchell (b)
Mel Lewis (ds)

Song name :
01. Stella by Starlight
02. Somebody Loves Me
03. I'll Know
04. Surrey With the Fringe on Top
05. Polka Dots and Moonbeams
06. Hippy
07. Tea for Two
08. Stompin' at the Savoy
09. 'Round Midnight
10. Just One of Those Things
11. Love Is Here to Stay
12. Song Is You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クロード・ウィリアムソン (Claude Williamson 出生名 : Claude Berkeley Williamson 1926年11月18日~) はアメリカ合衆国バーモント州ブラトルバロ生まれのジャズ・ピアニスト。
弟は、トランペッターのステュー・ウィリアムソン。
アルバムはクロード・ウィリアムソン、1956年12月の録音、ベツレヘム・レーベルからのリリース。
共演者は、ベースがレッド・ミッチェル、ドラムがメル・ルイス。
この西海岸を代表するリズム隊も聴き処の一つ。
選曲はスタンダード。
演奏は、どの曲もテンポが速く、どうしてもパウエルを引き合いに出したくなってしまう。
クロード・ウィリアムソンが今ひとつ知名度が低いのは、活動停止期間があるからだろう。
復帰したのが1978年なので、盛りの60年代を過ぎてからという事になる。 復帰後の演奏は明るく爽やかになったが、その爽やかさを喜ぶべきか悲しむべきか。
ジャズは灰汁(アク)が魅力の一つ。
それが抜け落ちては、もうハード・バッパーとは言えない。
その点、このアルバムにはそれがある。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲