青木高見のジャズコレクション Eddie Costa (p, vib) エディ・コスタ


略歴
エディ・コスタ (Eddie Costa 1930年8月14日~1962年7月28日) はアメリカ合衆国ペンシルバニア州生まれのジャズ・ビブラフォン、ピアノ奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Eddie Costa / The House of Blue Lights Eddie Costa / The House of Blue Lights

Recorded :
January 29, 1959
February 2, 1959

Personnel :
Eddie Costa (p)
Wendell Marshall (b)
Paul Motian (ds)

Song name :
01. The House Of Blue Lights
02. My Funny Valentine
03. Diane
04. Annabelle
05. When I Fall In Love
06. What's To Ya

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・コスタ (Eddie Costa 1930年8月14日~1962年7月28日) はアメリカ合衆国ペンシルバニア州生まれのジャズ・ビブラフォン、ピアノ奏者。
アルバムはエディ・コスタ、1959年1月29日と2月2日の録音、短い演奏活動の中で数少ないのピアノ・トリオ、リーダー作。
共演者は、ベースがウェンデル・マーシャル、ドラムがポール・モチアン。
レコード会社の勝手な都合により、ヴァイブの演奏をするようになったという。
本来ピアノ奏者で、左手から繰り出される独特なパーカッシブなボイシング (コードで音の重ね方) が特徴とされる。
アルバム・ジャケットはドラキュラ城風で印象深い。
ポール・モチアンは、ビル・エバンスと共演の多いドラマー、この人の参加も聴きどころの一つとなる。
エディ・コスタは、1957年度ダウンビート誌、国際評論家投票でピアノ、ビブラフォンの2部門で最優秀新人賞を受賞している。
ところが、1962年7月28日、ニューヨークのウエストサイド・ハイウェイで自動車事故で惜しくも亡ってしまった、享年31歳。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
アルバムはエディ・コスタ、1959年1月29日と2月2日の録音、短い演奏活動の中で数少ないのピアノ・トリオ、リーダー作。共演者は、ベースがウェンデル・マーシャル、ドラムがポール・モチアン。レコード会社の勝手な都合により、ヴァイブの演奏をするようになったという。本来ピアノ奏者で、左手から繰り出される独特なパーカッシブなボイシング (コードで音の重ね方) が特徴とされる。アルバム・ジャケットはドラキュラ城風で印象深い。ポール・モチアンは、ビル・エバンスと共演の多いドラマー、この人の参加も聴きどころの一つとなる。エディ・コスタは、1957年度ダウンビート誌、国際評論家投票でピアノ、ビブラフォンの2部門で最優秀新人賞を受賞している。ところが、1962年7月28日、ニューヨークのウエストサイド・ハイウェイで自動車事故で惜しくも亡ってしまった、享年31歳。
(青木高見)





Eddie Costa / The Eddie Costa Quintet Eddie Costa / The Eddie Costa Quintet

Recorded : July 1957

Personnel:
Eddie Costa (p)
Art Farmer (tp)
Phil Woods (as)
Teddy Kotick (b)
Paul Motian (ds)

Song name :
01. Get Out of the Road
02. In Your Own Sweet Way
03. Big Ben
04. Nature Boy
05. Blues Plus Eight
06. I Didn’t Know What Time It Was
07. Stretch in F

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・コスタ (Eddie Costa 1930年8月14日~1962年7月28日) はアメリカ合衆国ペンシルバニア州生まれのジャズ・ビブラフォン、ピアノ奏者。
アルバムはエディ・コスタ、1957年7月の録音。
共演者は、トランペットがアート・ファーマー、アルト・サックスがフィル・ウッズ、ベースがテディ・コティック、ドラムがポール・モチアン。
演奏は、二管とエディ・コスタの共演。
ピアノ奏者は、左手から繰り出される独特なパーカッシブなボイシング (コードで音の重ね方) が特徴。
1962年7月28日、ニューヨークのウエストサイド・ハイウェイで自動車事故で惜しくも亡ってしまった、享年31歳。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲