青木高見のジャズコレクション Jimmy Raney (g) ジミー・レイニー


寸評
ジミー・レイニー (Jimmy Raney 1927年~1995年) はアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル生まれのジャズ・ギタリスト。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jimmy Raney / A Jimmy Raney / A

Recorded :
May 28, 1954
February 18, 1955
March 8, 1955

Personnel :
Jimmy Raney (g)
Hall Overton (p)
John Wilson (tp) #05-#12
Teddy Kotick (b)
Art Mardigan (ds) #01-#04
Nick Stabulas (ds) #05-#12

Song name :
01. Minor
02. Some Other Spring
03. Double Image
04. On The Square
05. Spring Is Here
06. One More For The Mode
07. What's New
08. Tomorrow, Fairly Cloudy
09. A Foggy Day
10. Someone To Watch Over Me
11. Cross Your Heart
12. You Don't Know What Love Is

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジミー・レイニー (Jimmy Raney 1927年~1995年) はアメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビル生まれのジャズ・ギタリスト。
アルバムはジミー・レイニー、1954年5月28日と1955年2月18日、3月8日の録音、プレスティッジ・レーベルからリリース 7089番。
共演者は、トランペットがジョン・ウィルソン、ピアノがホール・オーヴァートン、ベースがテディ・コティック、ドラムがアート・マーディガンとニック・スタビュラス。
ジミー・レイニーを最初に耳にしたのはスタン・ゲッツのアルバム 「Plays」 と 「Prezervation」 だった。
極めて誇張性のない、物静かなギターが気になっていた。
地味だが聴き込んでいくと、ジミー・レイニーならではの上質さが心に残る。
個人的に、ジミー・レイニーのジャズ・ギターは心身を浄化してくれるまでに至った。
心を落ち着けたいとき、体が病んでいる時などに聴きたい1枚。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲