青木高見のジャズコレクション Cole Porter (comp, lyrics, cond) コール・ポーター


略歴
Cole Porter コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
ミュージカルや映画音楽の分野で多くのスタンダード・ナンバーを残した。
ミュージシャンは難易度の高いコール・ポーター特集を出すことで一つのステータスになっている。
(青木高見)



【コール・ポーターのリーダーアルバム】

Cole Porter / Let's Misbehave! (8.120533) Cole Porter / But In The Morning, No (8.120627) Cole Poter / The Gold Collection - The Cole Porter Songbook (FINE TUNE 1131-2) Cole Porter / It's DeLoveley : The Authentic Cole Porter Collection (BVCJ-37408) Cole Porter / DE-LOVELY Music From The Motion Picture (SICP616) Cole Porter / Greatest Hits (301 703-9) Cole Porter / The Very Best Of Cole Porter (B0001780-02) Cole Porter / The Platinum Collection (PC643) [2CD] Cole Porter / Night And Day - The Cole Porter Songbook (847-202-2) Cole Porter / I Get A Kick Out Of You - The Cole Porter Songbook Volume 2 (314-511-070-2) Cole Porter / The Songs Cole Porter (PBXCD375/1)(PBXCD375/2)(PBXCD375/3) Cole Porter / Anything Goes - Capitol Sings Cole Porter (CDP 7 96361 2) Cole Porter / Blue Porter - Blue Note Plays The Music Of Cole Porter (TOCJ-5295) Cole Porter / Anything Goes - The New Broadway Cast Recording (7769-2-RC) Cole Porter / All Right With Me! - 30 Years Of Cole Porter (ROYCD303) Cole Porter / The Ultimate Collection (PLATCD 1320) Cole Porter / Cole Porter Songbook (MVCR-2206) Cole Porter / Great Light Orchestras Salute Cole Porter (GLCD 5127)



【コール・ポーターのカラオケ】

Cole Porter / You Sing The Hits Of Cole Porter [KARAOKE] (PS CDG 1025)



【有名ミュージシャンによるコール・ポーター集(ソング・ブック)】

Frank Sinatra / Sings The Select Cole Porter (CDP 7 96611 2) Frank Sinatra / Sinatra Sings Cole Porter (CK 61058) Charlie Parker / The Cole Porter Songbook (823 250-2) Fred Astaire / Night And Day (NAXOS Nostalgia 8.120519) Ralph Sharon / The Magic Of Cole Porter (CD SIV 1123) New York Trio / Begin The Beguine (TKCV-35359) Dave Brubeck / Anything Goes! (SICP 1011) Sonny Criss / Plays Cole Porter (TOCJ-6239) Garry Dial - Dick Oatts / Play Cole Porter (CD-495) Ella Fitzgerald / The Cole Porter Songbook Vol.1 (821 989-2) Ella Fitzgerald / The Cole Porter Songbook Vol.2 (821-990-2) Anita O'Day - Billy May / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May (J25J 25141) Morton Gould / Kern and Porter Favorites (09026 68478 2) The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band / Reflections Of Cole Porter (DCD 362) Lee Konitzand snd Red Mitchell / Lee Konitz and Red Mitchell : I Concentrate On You (VACZ-1117) Lee Konitz and Franco D'Andrea / Inside Cole Porter (NEL JAZZ 0967-2) 101 Strings Orchestra and The London Theatre Orchestra / Cole Porter Songbook (ETDCD 134) Janet Seidel / Delovely - Live At Woodfire - The Music Of Cole Porter (MZCF-1086) Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Porter (TOCP-8198) Illinois Jacquet / Bosses Of The Ballad - Illinois Jacquet And Strings Play Cole Porter (UCCU-9982) Dave Liebman / Liebman Gimore Goodwin Plays Cole Porter (123236 2 CD) Michel Legrand / Cole Porter Michel Legrand And His Orch. (AK 47860) Harry Allen / Cole Porter Songbook (BVCJ-34017) Julie London / Sings the Choicest of Cole Porter - With Bud Shank Quintet (CDP-7-93455-2) Cecil Taylor / Love For Sale (TOCJ-50224) Rosemary Clooney / Sings The Music Of Cole Porter (CCD-4185) Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays The Cole Porter Song Book (821 987-2) Bobby Short / You're The Top Love Songs Of Cole Porter (CD-83463) Joan Curto / Joan Curto Sings Cole Porter From Major to Minor (CD number ?) Stanley Wilson / Sings Cole Porter (6-6644947452-5 BW101) David Leonhardt / The David Leonhardt Jazz Group Plays Cole Porter (BBR9584) Jeri Southern / Meet Cole Porter - At The Crescendo (7243 8 56057 2 7) Salena Jones / Salena Jones Sings Cole Porter (VICJ-142) Justin Hayford / It All Belongs To You (LML CD-215) Andre Kostelanetz / Music Of Cole Poter _ Music Of Vincent Youmans (COL-CD-6630 _ SONY A-32029) Mabel Mercer / Sings Cole Porter (R2 71690) Susannah Mccorkle / Easy To Love - The Songs Of Cole Porter (CCD-4696) Carmen Cavallaro / Night And Day (CDMOIR 561) Dick Hyman (Cole Porter) / All Through The Night (5060-2-C) Daniele Scannapieco and Walter Ricci / The Cole Poter Songbook (PIC027) Cesare Siepi / Easy To Love (DECCA 480 8177) Manu Le Prince / Tribute To Cole Porter (Serg 095) Patricia Barber / The Cole Porter Mix (EMI, BlueNote 50999 5 01468 2 6) Stephane Grappelli / Plays Cole Porter (UCCM-3030) Jason Jenkins / Cole Porter Songbook (* No CD number) Philip Catherine / Plays Cole Porter (CHR70166) Daryl Sherman / Mississippi Belle : Cole Porter In The Quarter (ACD-342) John Bunch and Bucky Pizzarelli / Cole Porter Collective (CDC 9055) Cheryl Bentyne / Let's Misbehave _ The Cole Porter Songbook (DCD 595) Yank Lawson and Bob Haggart / The World's Greatest Jazz Band - Plays Cole Porter and Roger and Heart (JCD-320) Ichiroh Masuda(増田一郎) / Cole Porter Song book (CECC00348) Dionne Warwick / Sings Cole Porter (BVCA-6) Frank Chacksfield / New York And The Best Of Cole Porter (CDLK4413) Frank Chacksfield / The Music Of Cole Porter (UCCD-7149) Hiroshi Tamura(田村 博) / Cole Porter Song Book (CBCJ-0006) George Shearing and Barry Tuckwell / Play The Music Cole Porter (K32Y 6104) Masaki Kanamaru (金丸正城) / Let's Fly Away (XQAM-1704) John Wilson / Cole Porter In Hollywood (0825646276806) John Barrowman / Swings Cole Porter (FH73388) Helen Merrill / Cole Porter and Rodgers and Hammerstein (*No CD number) Beegie Adair / Dream Dancing - Songs Of Cole Poter (HMD1001) Larry Schneider / Just Cole Porter (SCCD31291)





【コール・ポーターのリーダーアルバム】



Cole Porter / Let's Misbehave! (8.120533) Cole Porter / Let's Misbehave! (8.120533)

Recorded : 1927-1940

Personnel :

Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name, Personnel :

01. Let's Misbehave (From / Paris)
Irving Aaronson and His Commanders

02. Love For Sale (From / The New Yorkers)
Fred Waring and His Pennsylvanians

03. You're The Top
Cole Porter

04. Thank You So Much, Mrs. Lowsborough-Goodby
Cole Porter

05. I'm in love Again (From / Greenwich Village Follies of 1923" and ...)
Ben Bernie
Billy Hillpot
Harold 'Scrappy' Lambert

06. Miss Otis Regrets
Ethel Waters
Victor Young and His Orchestra

07. Be Like The Bluebird (From / Anything Goes)
Cole Porter

08. The Physician
Cole Porter

09. You've Got That Thing (From / Fifty Million Frenchmen)
Leo Reisman and His Orchestra

10. Find Me A Primitive Man (From / Fifty Million Frenchmen)
Lee Wiley

11. The Cocotte
Cole Porter

12. I'm A Gigolo
Cole Porter

13. They All Fall In Love
Jack Hylton and His Orchestra

14. Down In The Depths
Ethel Merman
Fairchild and Carrol and Their Orchestra

15. Two Little Babies In The Wood (From / Paris)
Cole Porter

16. Anything Goes (From / Anything Goes)
Cole Porter

17. Waltz Down The Aisle (From / Anything Goes)
Xavier Cugat and His Orchestra

18. Lets' Do It! (Let's Fall In Love)
Rudy Vallee with Orchestra

Song name :

01. Let's Misbehave (From / Paris)
02. Love For Sale (From / The New Yorkers)
03. You're The Top
04. Thank You So Much, Mrs. Lowsborough-Goodby
05. I'm in love Again (From / Greenwich Village Follies of 1923" and ...)
06. Miss Otis Regrets
07. Be Like The Bluebird (From / Anything Goes)
08. The Physician
09. You've Got That Thing (From / Fifty Million Frenchmen)
10. Find Me A Primitive Man (From / Fifty Million Frenchmen)
11. The Cocotte
12. I'm A Gigolo
13. They All Fall In Love
14. Down In The Depths
15. Two Little Babies In The Wood (From / Paris)
16. Anything Goes (From / Anything Goes)
17. Waltz Down The Aisle (From / Anything Goes)
18. Lets' Do It! (Let's Fall In Love)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1927年~1940年の録音、2002年のリリース、発売元がナクソス・ノスタルジア(NAXOS Nostalgia)、輸入盤、ピーター・デンプシー(Peter Dempsey)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、18曲入り。
演目の中の数曲はコール・ポーター本人のピアノと歌唱を聴く事ができる。
この時代に演奏された曲を聴いておくと、後に色々なミュージシャンによってカヴァーされた演奏を聴く楽しみが増す。
話は飛ぶが、第二次世界大戦の勃発は1939年なので、このアルバムの録音はその前となる。
アメリカではリンドバーグが大西洋無着陸横断飛行が成功。
日本では芥川龍之介が自殺、大変な世の中に突入する時期でもあった。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / But In The Morning, No (8.120627) Cole Porter / But In The Morning, No (8.120627)

Release : November 19, 2002

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. What Is This Thing Called Love?
Lew Conrad
Bubber Miley
Leo Reisman And His Orchestra

02. Love For Sale
Libby Holman

03. Night And Day
Paul Whiteman Orchestra

04. The Physician
Gertrude Lawrence
Ray Noble (cond)

05. Solomon
Ray Noble
Elisabeth Welch

06. Anything Goes / I Get a Kick Out of You / You're the Top / All Through ...
Ramona Davies
John Hauser
Peggy Healy
Bob Lawrence
Paul Whiteman Orchestra

07. Rap Tap on Wood
Frances Langford
Jimmy Dorsey and His Orchestra

08. Easy To Love
Al Bowlly
Ray Noble and His Orchestra

09. I've Got You Under My Skin
Lee Wiley (vo)
Victor Young and His Orchestra
Victor Young (cond)

10. A Picture Of Me Without You
Ken Darby
Ramona Davies
Paul Whiteman Orchestra


11. Ridin' High
Frankie Carle

12. Red, Hot And Blue
Ethel Merman (vo)
Fairchild and Carroll and Their Orchestra

13. Looking At You
Lee Wiley
Paul Weston and His Orchestra

14. My Heart Belongs To Daddy
Mary Martin
Eddy Duchin and His Orchestra
Eddy Duchin (cond)

15. Make It Another Old Fashioned, Please
Ethel Merman

16. Friendship
Lee Wiley (vo)
Johnny Mercer
Reggie Young

17. But In The Morning, No!
Frances Day

18. You'd Be So Nice To Come Home To
Ambrose Orchestra

Song name :
01. What Is This Thing Called Love?
02. Love For Sale
03. Night And Day
04. The Physician
05. Solomon
06. Anything Goes / I Get A Kick Out Of You / You're The Top / All Through ~
07. Rap Tap On Wood
08. Easy to Love
09. I've Got You Under My Skin
10. Picture Of Me Without You
11. Ridin' High
12. Red Hot And Blue
13. Looking At You
14. My Heart Belongs To Daddy
15. Make It Another Old-Fashioned, Please
16. Friendship
17. But In the Morning, No
18. You'd Be So Nice To Come Home To

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1930年~1943年の録音、2002年のリリース、発売元がナクソス・ノスタルジア(NAXOS Nostalgia)、輸入盤、ピーター・デンプシー(Peter Dempsey)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、18曲入り。
アルバム・タイトルになった曲は17曲目の「 But in the Morning, No! 」。
ジャズ史の中でも貴重な音源とされる。
コール・ポーターの特徴は都会的な雰囲気と独特のコード進行。
それにお茶目さやエキゾチックさも加わり、どの曲もユニークで演奏する側にとっては転調が激しく、ひじょうに難しい。
それだけに挑戦しがいのある曲と詩で、どう表現するかが腕の見せ所となる。
当アルバムでは、リー・ワイリー、エセル・マーマン、ジュリー・ガーランドのなどの抜群に巧い歌手の歌唱も聴ける。
珍しいところでは、レイ・ノーブルなど百戦練磨のオーケストラ、エディ・デューチンなどの演奏が貴重。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Poter / The Gold Collection - The Cole Porter Songbook (FINE TUNE 1131-2) Cole Poter / The Gold Collection - The Cole Porter Songbook (FINE TUNE 1131-2)

Released : January 1, 2000

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Glenn Miller #01
Ella Fitzgerald #02
Louis Armstrong #03
Billie Holliday #04
Lena Horne #05
Buddy Greco #06
Rudy Vallee #07
Cole Porter #08
Judy Garland #09
Steve Lawrence #10
Ethel Merman  #11

Song number, Song name, Personnel :
01. Begin The Beguine / Glenn Miller
02. My Heart Belongs to Daddy / Ella Fitzgerald
03. I Love Paris / Louis Armstrong
04. Night And Day / Billie Holliday
05. From This Moment On / Lena Horne
06. In The Still Of The Night / Buddy Greco
07. Let's Do It (Let's Fall in Love) / Rudy Vallee
08. Anything Goes / Cole Porter
09. Easy To Love / Judy Garland
10. I've Got You Under My Skin / Steve Lawrence
11. I Get A Kick Out Of You / Ethel Merman

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2000年1月1日、発売元が、ファイン・チューン(Fine Tune)販売元が、輸入盤、英語による演目のみ、詳しいライナーノーツなし、 「The Gold Collection」シリーズの中の一枚でコール・ポター集、全11曲入り。
演奏は、8曲目「Anything Goes」のみコール・ポーター自身による歌。
それ以外の10曲は、エラ・フィッツジェラルド、ビリー・ホリデイ、リナ・ホーン、ルイ・アームストロングなど10人それぞれ収録されている。
話は逸(そ)れるが、ファイン・チューン・レーベルの「The Gold Collection」シリーズはコール・ポーターの以外にガーシュウィンやエラ・フィッツジェラルドなどがリリースされている。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / It's DeLoveley : The Authentic Cole Porter Collection (BVCJ-37408) Cole Porter / It's DeLoveley : The Authentic Cole Porter Collection (BVCJ-37408)

Recorded : ?

Song name, Personnel :

01. Anything Goes [Vince Giordano and the Nighthawks]
Vince Giordano (cond)
Cole Porter (vo)

02. You're The Top [Vince Giordano and the Nighthawks]
Vince Giordano (cond)
Cole Porter (vo)

03. Begin The Beguine [Artie Shaw and His Orchestra]
Artie Shaw (cond)

04. From This Moment On
Lena Horne (vo)

05. You Do Something To Me
Sonny Rollins (ts)

06. It's Delovely [Shorty Rogers and His Giants]
Shorty Rogers (cond)

07. Night And Day
Frank Sinatra (vo)

08. Let's Misbehave [Irving Aaronson and His Commanders]
Irving Aaronson (cond)

09. Don't Fence Me In
Roy Rogers (vo)

10. You'd Be So Nice To Come Home To
Dinah Shore (vo)

11. I Love Paris [Manny Albam and His Orchestra]
Manny Albam (cond)
Coleman Hawkins (ts)

12. Easy To Love [Ray Noble and His Orchestra]
Ray Noble (cond)
Al Bowlly (vo)

13. Just One Of Those Things
Lena Horne (vo)

14. What Is This Thing Called Love? [Leo Reisman and His Orchestra]
Leo Reisman (cond)

15. I've Got You Under My Skin
Paul Desmond (as)

16. I Get A Kick Out Of You [Tommy Dorsey and His Orchestra]
Tommy Dorsey (cond)

17. Night And Day [Leo Reisman and His Orchestra]
Leo Reisman (cond)
Fred Astaire (vo)

18. You Do Something To Me [Perez Prado and His Orchestra]
Perez Prado (cond)
Rosemary Clooney (vo)

19. Night And Day [Juan García Esquivel and His Orchestra]
Juan García Esquivel (cond)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
原盤CDは2004年のリリース、発売元がブルーバード(Bluebird)82876 62180 2番、販売元がBMG(BMG Distribution)、19曲入り、没後40年記念アルバム。
所持CDは発売元が株式会社BMGファンハウス、BMGによる英語オリジナル・ライナーノーツ、青木啓氏による日本語解説、19曲入り。
アルバムはリマスターされ音質が良い。
以下、演奏者をカタカナで明記した。
01. Anything Goes 02. You're The Top ヴィンス・ギオルダーノ・アンド・ナイトホークス
03. Begin The Beguine アーティ・ショウ楽団
04. From This Moment On リナ・ホーン (vo)
05. You Do Something To Me ソニー・ロリンズ (ts)
06. It's Delovely ショーティ・ロジャース・アンド・ヒズ・ジャイアンツ
07. Night And Day フラン・シナトラ (vo)
08. Let's Misbehave アーヴィング・アーロンソン・アンド・ヒズ・コマンダーズ
09. Don't Fence Me In ロイ・ロジャース (vo)
10. You'd Be So Nice To Come Home To ダイナ・ショア (vo)
11. I Love Paris コールマン・ホーキンス・ウィズ・マニー・アルバム楽団
12. Easy To Love レイ・ノーブル楽団
13. Just One Of Those Things リナ・ホーン (vo)
14. What Is This Thing Called Love? レオ・レイズマン楽団
15. I've Got You Under My Skin ポール・デスモンド (as)
16. I Get A Kick Out Of You トミー・ドーシー楽団
17. Night And Da レオ・レイズマン楽団
18. You Do Something To Me ローズマリー・クルーニー・アンド・ペレス・プラード楽団
19. Night And Day エスキベル楽団
意外なミュージシャンで楽しめる。
特に19曲目の 「 Night And Day 」 のエスキベル楽団(Esquivel and His Orchestra)など。
エスキベル楽団はメキシコ出身の異才の「ファン・ガルシア・エスキベル」の楽団で編曲と指揮で貴重。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / DE-LOVELY Music From The Motion Picture (SICP616)
Cole Porter / DE-LOVELY Music From The Motion Picture (SICP616)

Release : May 31, 2004

Song number, Song name, Personnel :
Cole Porter (comp)
Attention : #01-18 Album Version, Album Only

01. It's De-Lovely
Robbie Williams

02. Let's Do It (Let's Fall In Love)
Alanis Morissette

03. Begin The Beguine
Sheryl Crow

04. Let's Misbehave
Elvis Costello

05. Be A Clown
Kevin Kline (vo)
Peter Polycarpou
Chorus

06. Night And Day
John Barrowman (vo)
Kevin Kline (vo)

07. Easy To Love
Kevin Kline (vo)

08. True Love
Ashley Judd (vo)
Tayler Hamilton (vo)

09. What Is This Thing Called Love?
Lemar

10. I Love You
Mick Hucknall

11. Just One Of Those Things
Diana Krall

12. Anything Goes
Caroline O'Connor

13. Experiment
Kevin Kline (vo)

14. Love For Sale
Vivian Green

15. So In Love
Lara Fabian
Mario Frangoulis

16. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
Natalie Cole (vo)

17. Blow, Gabriel, Blow
Jonathan Pryce
Kevin Kline (vo)
Cast and Chorus

18. In The Still Of The Night
Kevin Kline (vo)
Ashley Judd (vo)

19. You're The Top
Cole Porter (vo, comp)
[Vince Giordano and The Nighthawks]  Vince Giordano (cond)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
原盤CDは2004年5月31日のリリース、コロムビア(Columbia)CK 90640番とソニー・ミュージック・サウンドトラックス(Sony Music Soundtrax)CK 90640番、18曲いり。
所持CDは発売元がソニー・ミュージック・ジャパン(Sony Music Japan)、ソニー・ミュージック・サウンドトラックスによる英語オリジナル・ライナーノーツ、藤本真由さんによるラーナーノーツの一部和訳、英語歌詞、おなじく藤本真由さんによる歌詞和訳、19曲目の 「You're The Top」 が追加され全19曲入り。
内容は2004年公開の映画「五線譜のラブレター」のサウンド・トラック。
以下、詳細。
脚本は「ジェイ・コック」。
内容は主人公のコール・ポーターがリンダ・リー・トーマスと出会い後の人生をミュージカル風に演出している。
映画に出てくる演奏は本物の一流ミュージシャンによるもの。
主人公のコール・ポーター役の 「ケヴィン・クライン」 の素晴らしい演技。
夫人のリンダ役の「アシュレイ・ジャッド」も感情のこもった申し分のない演技で盛り上がる。
意外だったのは映画俳優の、この2人が猛特訓の末、吹き替えなしで難しいコール・ポーターの曲を歌いきった事。
また当時のアメリカの時代背景を細部まで忠実に再現され見ごたえある。
コール・ポーターの伝記を知るうえで貴重な作品になった。
以下、配役と映画に出てくる演目とミュージシャンを明記した。

[配役]
コール・ポーター:ケヴィン・クライン
リンダ・ポーター:アシュレイ・ジャッド
ゲイブ:ジョナサン・プライス
ジェラルド・マーフィー:ケヴィン・マクナリー
サラ・マーフィー:サンドラ・ネルソン
モンティ・ウーリー:アラン・コーデュナー
ルイス・B・メイヤー:ピーター・ポリカープー
アーヴィング・バーリン:キース・アレン
エドワード・トーマス:ジェームズ・ウィルビー
ボビー・リード:ケヴィン・マクキッド
ジャック:ジョン・バロウマン

[映画に出てくる演目とミュージシャン]
It's De-Lovely:ロビー・ウィリアムズ
Let's Do It, Let's Fall In Love:アラニス・モリセット
Begin the Beguine:シェリル・クロウ
Let's Misbehave:エルヴィス・コステロ
Be a Clown:ケヴィン・クライン と ピーター・ポリカーポー
Night And Day:ジョン・バロウマン と ケヴィン・クライン
Easy to Love:ケヴィン・クライン
True Love:アシュレイ・ジャッドとテイラー・ハミルトン
What Is This Thing Called Love?:レマー・オビカ
I Love You:ミック・ハックネル
Just One of Those Things:ダイアナ・クラール
Anything Goes:キャロライン・オコナー
Experiment:ケヴィン・クライン
Love For Sale:ヴィヴィアン・グリーン
So In Love:ララ・ファビアン と マリオ・フラングーリス
Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye:ナタリー・コール
Blow, Gabriel, Blow:ジョナサン・プライス と ケヴィン・クライン
In the Still of the Night:ケヴィン・クライン と アシュレイ・ジャッド
You're The Top:コール・ポーター
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Greatest Hits (301 703-9) Cole Porter / Greatest Hits (301 703-9)

Song number, Song name, Recorded, Personnel,

Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. Begin The Beguine Rec:July 24, 1938 [Artie Shaw and his orchestra]
Artie Shaw (cond)

02. Just One Of Those Things Rec:1944
Coleman Hawkins (ts)
Teddy Wilson (p)
John Kirby (b)
Sid Catlett (ds)

03. Let's Do It Rec:March 21, 1941 [Billie Holiday and Eddie Heywood orchestra]
Billie Holiday (vo)
Eddie Heywood (p)
Shad Collins (tp)
Leslie Johnakins (as)
Eddie Barefield (as)
Lester Young (ts)
John Collins (g)
Ted Sturgis (b)
Kenny Clarke (ds)

04. My Heart Belongs To Daddy Rec:March 2, 1939 [Ella Fitzgerald and Chick Webb orchestra]
Ella Fitzgerald (vo)
Chick Webb (cond)

05. You're The Top Rec:March 11, 1935
Fats Waller (p)

06. What Is This Thing Called Love? Rec:January 11, 1944 [King Cole Trio]
Nat King Cole (p)
Oscar Moore (g)
Johnny Miller (b)

07. What Is This Thing Called Love? Rec:October 24, 1941 [Sidney Bechet and New Orieans Feetwarmers]
Sidney Bechet (cl, ss)
Charlie Shavers (tp)
Willie The Lion Smith (p)
Everett Barksdale (g)
Wellman Braud (b)
sidney Catlett (ds)

08.Miss Otis Regrets Rec:September 4, 1934 [Jimmie Lunceford's Orchestra]
Jimmie Lunceford (cond)
Smith (cl)
Melvin Sy Oliver (vo)

09. In The Still Of The Night Rec:October 15, 1936 [Django Reinhardt and Le Quintette du Hot Club de France]
Django Reinhardt (g)
Stephane Grappelli (violin)
Joseph Reinhardt (g)
Pierre Ferret(g)
Louis Vola (b)

10. Anything Goes Rec:February 29, 1952
Erroll Garner (p)

11. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye Rec:December 18, 1944 [Teddy Wilson Quintet]
Teddy Wilson (p)
Maxine Sullivan (vo)
Charlie Savers (tp)
Billy Taylor (b)
Morey Feld (ds)
Red Norvo (vib)

12. Easy To LoveRec:September 14, 1950 [Lionel Hampton Quintet]
Lionel Hampton (vib)
Buddy Cole (org)
William mackel (g)
Roy Johnson (b)

13. Night And Day Rec:1952
Art Tatum (p)

14. I Get A Kick Out Of You Rec:1952
Benny Carter (as)
Oscar Peterson (p)
Barney Kessel (g)
Ray Brown (b)
J.C.Heard (ds)

15. Love For Sale Rec:April 1953
Roy Eldridge (tp)
Oscar Peterson (org)
Barney Kessel (g)
Ray Brown (b)
Jo Jones (ds)

16. Love For Sale Rec:June 10, 1947
Erroll Garner (p)

Song number, Song name :
01. Begin The Beguine
02. Just One Of Those Things
03. Let's Do It
04. My Heart Belongs To Daddy
05. You're The Top
06. What Is This Thing Called Love?
07. What Is This Thing Called Love?
08.Miss Otis Regrets
09. In The Still Of The Night
10. Anything Goes
11. Ev'rytime We Say Goodbye = 12. Easy To Love
13.
Night And Day
14. I Get A Kick Out Of You
15. Love For Sale
16. Love For Sale

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1934年~1953年の録音、2004年のリリース、発売元がミラン(Milan)、輸入盤、ミラン(Milan)・レーベルによる英語オリジナル・ライナーノーツ、16曲入り。
収録ミュージシャンは、アーティ・ショウ、コールマン・ホーキンス、テディ・ウィルソン、ビリー・ホリデイ、レスター・ヤング、エラ・フィッツジェラルド、ファッツ・ウォーラー、ナット・キング・コール、シドニー・ベシェ、ジャンゴ・ラインハルト、ステファン・グラッペリ、エロール・ガーナー、ライオネル・ハンプトン、アート・テイタム、ベニー・カーター、ロイ・エルドリッジほか。
豪華メンバーが銘々、コール・ポーターの楽曲を演奏。
全曲お手本の様な完成度の高さ。
古い録音機材のためモノラルもあるが当時の雰囲気を伝えてくれてノスタルジックな気分を味わえる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / The Very Best Of Cole Porter (B0001780-02) Cole Porter / The Very Best Of Cole Porter (B0001780-02)

Song number, Song name, Recorded, Personnel : 
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. Too Darn Hot Rec:February 7, 1956
Ella Fitzgerald (vo)

02. My Heart Belongs To Daddy Rec:May 1, 1953
Peggy Lee (vo)

03. Begin The Beguine Rec:January 14, 1960
Tony Bennett (vo)

04. You'd Be So Nice To Come Home To Rec:March 7, 1958
Sarah Vaughan (vo)

05. It's De-Lovely Rec:March 3, 1955
Jeri Southern (vo)

06. True Love Rec:May 17, 1960
Dean Martin (vo)

07. Love For Sale Rec:1963
Shirley Horn (vo)

08. Anything Goes Rec:1955
Helen Merrill (vo)

09. Let's Do It (Let's Fall In Love) Rec:July 31, 1957
Louis Armstrong (vo)

10. Let's Misbehave Rec:1994
Eartha Kitt (vo)

11. Easy To Love Rec:March 26, 1952
Billie Holiday (vo)

12. What Is This Thing Called Love? Rec:April 1959
Mel Torme (vo)

13. Just One Of Those Things Rec:April 2, 1959
Anita O'Day (vo)
Billy May (cond)

14. I Get A Kick Out Of You Rec:March 1955
Dinah Washington (vo)

15. In The Still Of The Night Rec:2003
Aaron Neville (vo)

16. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye Rec:1958
Carmen McRae (vo)

17. Night And Day Rec:1952
Fred Astaire (vo)

18. You Do Something To Me Rec:February 8, 1956
Ella Fitzgerald (vo)

Song number, Song name :
01. Too Darn Hot
02. My Heart Belongs To Daddy
03. Begin The Beguine
04. You'd Be So Nice To Come Home To
05. It's De-Lovely
06. True Love
07. Love For Sale
08. Anything Goes
09. Let's Do It (Let's Fall In Love)
10. Let's Misbehave
11. Easy To Love
12. What Is This Thing Called Love?
13. Just One Of Those Things
14. I Get A Kick Out Of You
15. In The Still Of The Night
16. Ev'rytime We Say Goodbye = 17. Night And Day
18. You Do Something To Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2004年のリリース、発売元がUTVレコード(UTV Records)、輸入盤、UTVレコードによる英語コメント、ウィル・フリードヴァルト(Will Friedwald)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、18曲入り、ヴァーヴの音源で往年のヴォーカリストによるコール・ポーター集。
全曲ヴォーカルという所が聴きどころ。
メンバーは、エラ・フィッツジェラルド、ペギー・リー、トニー・ベネット、サラ・ヴォーン、ジェリ・サザーン、ディーン・マーティン、シャーリー・ホーン、ヘレン・メリル、ルイ・アームストロング、アーサー・キット、ビリー・ホリデイ、ル・トーメ、アニタ・オデイ、ダイナ・ワシントン、アーロン・ネヴィル、カーメン・マクレエ、フレッド・アステア。
変わったところではアーサー・キットとアーロン・ネヴィル。
ちなみにアーロン・ネヴィルはアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bシンガー。
「ネヴィル・ブラザーズ」 のメンバー、そのアーロン・ネヴィルのコール・ポーターを聴けるだけでも価値がある。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / The Platinum Collection (PC643) [2CD] Cole Porter / The Platinum Collection (PC643) [2CD]

Release : 2005

Song number, Song name, Personnel :

Cole Porter (comp, lyrics, cond)

[Disk 2-1]
01. Just One Of Those Things / Les Brown and His Band of Renown
02. Don't Fence Me In / Bing Crosby and The Andrew Sisters with Vic Schoen
03. Rap-Tap On Wood / Frances Langford with Jimmy Dorsey and His Orchestra
04. Easy To Love / Dick Haymes with Charles Dant and His Orchestra
05. Miss Otis Regrets / Maxine Sullivan with Ellis Larkins Trio
06. Love For Sale / Stan Kenton and His Orchestra. arr.Pete Rugolo
07. You'd Be So Nice To Come Home To / Buddy Clark with Orchestral Accompaniment
08. I've Got You Under My Skin / Lee Wiley with Orchestra. cond.Victor Young
09. I Concentrate On You / Frank Sinatra with Orchestra. cond.Alex Stordahl
10. I've Got My Eyes On You / Dinah Shore with Orchestra. cond.Paul Wetstein
11. So In Love / Gordon MacCrae with Orchestra. cond.Paul Weston
12. Red, Hot and Blue / Ethel Merman with Fairchild-Carroll and Orchestra
13. So Near and Yet So Far / Fred Astaire with Oscar Peterson and Jazz Philharmonic
14. After You - Who? / Ambrose and His Orchestra
15. What Is This Thing Called Love? / Mel Torme and The Mel-Tones with Artie Shaw Orchestra
16. The Physician / Gertrude Lawrence with Ray Noble Orchestra
17. Ridin' High / Benny Goodman and His Orchestra
18. It's D'Lovely / Frances Day
19. Begin The Beguine / Anne Shelton with Ambrose and His Orchestra
20. Anything Goes / Cole Porter

[Disk 2-2]
01. My Heart Belongs To Daddy / Peggy Lee with Jimmie Rowles Quartet
02. You're The Top / Ethel Merman and Bing Crosby with Victor Young Orchestra
03. In The Still Of The Night / Billy Eckstine and His Orchestra
04. I'm Getting Ready For You / Blanche Calloway and Her Joy Boys
05. Friendship / Judy Garland and Johnny Mercer
06. I Get A Kick Out Of You / Frank Sinatra with Nelson Riddle Orchestra. arr.Sirano
07. Let's Do It (Let's Fall In Love) / Lee Wiley with Bunny Berigan
08. All Through The Night / Sam Browne with Ambrose and his Orchestra
09. Why Can't You Behave / Bing Crosby with Vic Schoen and His Orchestra
10. Allez-Vous-En / Kay Starr with Harold Mooney Orchestra
11. Get Out Of Town / Mel Torme with Artie Shaw and His Orchestra
12. I Love You / Billy Eckstine and Sarah Vaughan with Joe Lipperman Orchestra,
13. How Could We Be Wrong? / Al Bowlly with Ray Noble and His Orchestra
14. Swingin' The Night Away / Frances Langford with Jimmy Dotsey and His Orchestra
15. Night And Day / Dizzy Gillespie and His Operatic Strings
16. Down In The Depths (On The 90th Floor) / Ethel Merman with Fairchild-Carroll and Orchestra
17. You Do Something To Me / Marlene Dietrich with Orchestral Accopmaniment
18. Dream Dancing / Fred Astair and Harry Sosnik and His Orchestra
19. Everything I Love / Peggy Lee with Benny Goodman and His Orchestra
20. From This Moment On (Live) / Les Brown and His Band of Renown

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2005年リリース、発売元がザ・プラチナ・コレクション(The Platinum Collection)、輸入盤、スタン・ブリット(Stan Britt)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、ボックスセットCD2枚組、全40曲入り。
演目は全て一流ミュージシャンによる、お手本の様な演奏。
見過ごしてきたミュージシャンを知る事ができ個別に探す手がかりになる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Night And Day - The Cole Porter Songbook (847-202-2) Cole Porter / Night And Day - The Cole Porter Songbook (847-202-2)

Song name, Recorded, Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. I've Got You Under My Skin Rec:August 14, 1954
Dinah Washington (vo)
Junior Mance (p)
Clark Terry (tp)
Clifford Brown (tp)
Maynard Ferguson (tp)
Herb Geller (as)
Ketter Betts (b)
Max Roach (ds)

02. Love For Sale Rec:1963
Shirley Horn (vo)
Jimmy Jones (arr)
Jimmy Jones (p)
Kenny Burrell (g)
Ernie Royal (tp)
Joe Newman (tp)
Al Cohn (reed)
Frank Wess (reed)
Jerome Richardson (reed)
Gerry Mulligan (bs)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

03. Let's Do It (Let's Fall In Love) Rec:July 31, 1957
Louis Armstrong (vo)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Louie Bellson (ds)

04. Anything Goes Rec:1956
Ella Fitzgerald (vo)
Buddy Bregman (arr, cond)

05. What Is This Thing Called Love? Rec:1960
Mel Torme (vo)
Bernie Parke (vo)
Ginny O'Connor (vo)
Sue Allen (vo)
Marty Paich (p, arr, cond)
Art Pepper (as)
Jack Sheldon (tp)
Victor Feldman (Vib)
Joe Mondragon (b)
Mel Lewis (ds)

06. You'd Be So Nice To Come Home To Rec:December 22, 1954
Helen Merrill (vo)
Quincy Jones (arr)
Jimmy Jones (p)
Barry Galbraith (g)
Clifford Brown (tp)
Danny Bank (bs)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

07. At Long Last Love Rec:May 27, 1963
Bill Henderson (vo)
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

08. I Love You Rec:April-June 1960
Anita O'Day (vo)
Billy May (arr, cond)

09. Just One Of Those Things Rec:September 14, 1957
Louis Armstrong (vo, tp)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Louie Bellson (ds)

10. It's De-Lovely Rec:November 2, 1956
Sarah Vaughan (vo)
Hal Mooney (arr, cond)

11. Always True To You In My Fashion Rec:February 19, 1960
Blossom Dearie (vo)
Russell Garcia (arr, cond)

12. I Concentrate On You Rec:1952
Fred Astaire (vo)
Oscar Peterson (p)
Barney Kessel (g)
Charlie Shavers (tp)
Ray Brown (b)
Alvin Stoller (ds)

13. I Get A Kick Out Of You Rec:March 17, 1955
Dinah Washington (vo)
Wynton Kelly (p)
Barry Galbraith (g)
Clark Terry (tp)
Paul Quinichette (ts)
Cecil Payne (bs)
Jimmy Cleveland (tb)
Ketter Betts (b)
Jimmy Cobb (ds)

14. In The Still Of The Night Rec:1961
Billy Eckstine (vo)
Quincy Jones (arr, cond)
Patti Bown (p)
Les Spann (g)
Jimmy Maxwell (tp)
Jimmy Nottingham (tp)
Joe Newman (tp)
John Bellow (tp)
Joe Lopes (as)
Phil Woods (as)
Eric Dixon (ts)
Jerome Richardson (ts)
Les Spann (fl)
Britt Woodman (tb)
Curtis Fuller (tb)
Melba Liston (tb)
Paul Faulise (tb)
Art Davis (b)
Stu Martin (ds)

15. Easy To Love Rec:March 26, 1952
Billie Holiday (vo)
Oscar Peterson (p)
Barney Kessel (g)
Charlie Shavers (tp)
Ray Brown (b)
Alvin Stoller (ds)

16. Night And Day Rec:?
Ella Fitzgerald (vo)
Buddy Bregman (arr, cond)

17. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye Rec:March 27, 1982
Betty Carter (vo)
David Amram (arr, cond)
Khalid Moss (p)
Jerry Dodgion (as)
Bass – Curtis Lundy (b)
Lewis Nash (ds)

Song number, Song name :
01. I've Got You Under My Skin
02. Love For Sale
03. Let's Do It (Let's Fall In Love)
04. Anything Goes
05. What Is This Thing Called Love?
06. You'd Be So Nice To Come Home To
07. At Long Last Love
08. I Love You
09. Just One Of Those Things
10. It's De-Lovely
11. Always True To You In My Fashion
12. I Concentrate On You
13. I Get A Kick Out Of You
14. In The Still Of The Night
15. Easy To Love
16. Night And Day
17. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、17曲入り。
ヴァーヴ・レコード・レーベルが所持する音源、メジャー歌手によるコール・ポーター集。
コール・ポーターが生存していない今、楽曲が増える事はない。
そのため、これらの曲は歌手と対(つい)で、ほぼ定番化している。
レコード会社の立場からは小出しに珍しい歌手を少しずつ入れてはリリースしてくる。
コレクションとしては聴いた事のない曲があった場合それが聴きたくて他はダブっても入手したくなる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / I Get A Kick Out Of You - The Cole Porter Songbook Volume 2 (314-511-070-2) Cole Porter / I Get A Kick Out Of You - The Cole Porter Songbook Volume 2 (314-511-070-2)

Song number, Song name, Recorded, Personnel :

Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. I Get A Kick Out Of You Rec:July 31, 1957
Louis Armstrong (vo)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Louis Bellson (ds)

02. My Heart Belongs To Daddy Rec:April 7, 1959
Anita O'Day (vo)
Jimmy Rowles (p)
Jack Sheldon (tp)
Lee Katzman (tp)
Jimmy Giuffre (reeds)
Al Pollan (tuba)
Frank Rosolino (tb)
Buddy Clark (b)
Lawrence Marable (ds)

03. I've Got You Under My Skin Rec:July 1964
Ella Fitzgerald (vo)
Tommy Flanagan (p)
Roy Eldridge (tp)
Bill Yancy (b)
Gus Johnson (ds)

04. After You, Who? Rec:February 21, 1957
Helen Merrill (vo)
Marian McPartland (p)
Billy Mure (g)
Milt Hinton (b)

05. So In Love Rec:August 16, 1961
Dinah Washington (vo)
Patti Bown (p)
George Barnes (g)
Clark Terry (tp)
Ernie Royal (tp)
Joe Newman (tp)
Al Cohn (ts)
Billy Byers (tb)
Jimmy Cleveland (tb)
Kai Winding (tb)

06. Too Darn Hot Rec:February 4, 1960
Mel Torme (vo)
Marty Paich (p)
Al Porcino (tp)
Stu Williamson (tp)
Vince De Rosa (frenchーhorn)
Art Pepper (as)
Bill Perkins (ts)
Bill Hood (bs)
Frank Rosolino (tb)
Red Callender (tuba)
Joe Mondragon (b)
Mel Lewis (ds)

07. Just One Of Those Things Rec:December 23, 1958
Sarah Vaughan (vo)
Ronnel Bright (p)
Richard Davis (b)

08. Get Out Of Town Rec:November 14-15or16, 1988
Shirley Horn (p, vo)
Charles Ables (b)
Steve Williams (ds)

09. Love For Sale Rec:April1952
Billie Holiday (vo)
Oscar Peterson (p)

10. From This Moment On Rec:August 11, 1955
Anita O'Day (vo)
Jimmy Rowles (p)
Tal Farlow (g)
Leroy Vinnegar (b)
Larry Bunker (ds)

11. Night And Day Rec:December 1952
Fred Astaire (vo)
Oscar Peterson (p)
Barney Kessel (g)
Charlie Shavers (tp)
Ray Brown (b)
Alvin Stoller (ds)

12. Give Him The Ooh-La-La Rec:August 1958
Blossom Dearie (vo, p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Jo Jones (ds)

13. Ev'rything I Love Rec:?
Morgana King
Hank Jones (p)
Mundell Lowe (g)

14. Miss Otis Regrets (She's Unable To Lunch Today) Rec:March 4, 1964
Ella Fitzgerald (vo)

15. All Of You Rec:February 21, 1958
Helen Merrill (vo)
Bill Evans (p)
George Russell (g)
Bobby Jaspar (fl)
Oscar Pettiford (b)
Jo Jones (ds)

16. You're The Top Rec:August 14, 1957
Louis Armstrong (vo)

17. Most Gentlemen Don't Like Love Rec:March 9or10, 1976 or June 21or22, 1976
Betty Carter (vo)
John Hicks (p) Walter Booker (b) Eddie Moore (ds)
Song number, Song name :
01. I Get A Kick Out Of You
02. My Heart Belongs To Daddybr /> 03. I've Got You Under My Skin
04. After You, Who?
05. So In Love
06. Too Darn Hot
07. Just One Of Those Things
08. Get Out Of Town
09. Love For Sale
10. From This Moment On
11. Night And Day
12. Give Him The Ooh-La-La
13. Ev'rything I Love
14. Miss Otis Regrets (She's Unable To Lunch Today)
15. All Of You
16. You're The Top
17. Most Gentlemen Don't Like Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、17曲入り、アルバム「Cole Porter Night And Day The Cole Porter Songbook  (VERVE 847-202-2)」に続く第2弾。
ヴァーヴ・レコード・レーベルが所持する音源、メジャー歌手によるコール・ポーター集。
コール・ポーターが生存していない今、楽曲が増える事はない。
そのため、これらの曲は歌手と対(つい)で、ほぼ定番化している。
歌手は「Cole Porter Night And Day The Cole Porter Songbook  (VERVE 847-202-2)」と殆ど同じだが曲が異なる。
同じ歌手でも演目が替わるだけで違った味がある。
アメリカの超一流の歌手とは、こういうものなのかと聴くたびに関心させられる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / The Songs Cole Porter (PBXCD375/1)(PBXCD375/2)(PBXCD375/3) Cole Porter / The Songs Cole Porter (PBXCD375/1)(PBXCD375/2)(PBXCD375/3)

Release : October 3, 2005

Song number, Song name, Personnel :

Cole Porter (comp, lyrics, cond)

[Disk 3-1]
01. So In Love / Kathryn Grayson, Howard Keel
02. What Is This Thing Called Love? / Fran Warren
03. Too Darn Hot / Ann Miller
04. I Hate Men / Kathryn Grayson
05. Anything Goes / Hutch
06. Let's Do It Let's Fall In Love / Mary Martin
07. Where Is The Life That Late I Led? / Howard Keel
08. Swingin' The Jinx Away / Frances Langford
09. From This Moment On / Tommy Rall, Ann Miller, Bobby Van, Bob Fosse
10. C An Can / Irene Hilda - The Laundresses
11. Ev'rything I Love / Dinah Shore
12. Rosalie / Carroll Gibbons - The Savoy Hotel Orpheans, George Melachrino (vo)
13. Never Give Anything Away / Irene Hilda
14. Get Out Of Town / Hutch
15. Blow Garbiel Blow / Nat Gonella, His Georgians
16. Why Can't You Behave? / Ann Miller
17.Come Along With Me / George Gee, Alfred Marks
18. Solomon / Elisabeth Welch
19. Don't Fence Me In / Bing Crosby
20. Wunderbar / Patricia Morrison, Bill Johnson

[Disk 3-2]
01. I Get A Kick Out Of You / Martin, Mary
02. Ridin' High / Geraldo and His Orchestra - Len Camber (vo)
03. Miss Otis Regrets / Nat Gonella, Lew Stone's Band
04. I'm In Love Again / Eve Boswell
05. C'est Magnifique / Edmund Hockridge, Irene Hilda
06. I've Got My Eyes On You / Dinah Shore
07. Do I Love You? / Carroll Gibbons - The Savoy Hotel Orpheans, Anne Lenner (vo)
08. You Do Something To Me / Marlene Dietrich
09. I Love You / Jo Stafford
10. Two Little Babes In The Wood / Hutch
11. But In The Morning No! / Frances Day, Bud Flanagan
12. Easy To Love / Frances Langford
13. How Could We Be Wrong? / Al Bowlly
14. Always True To You In My Fashion / Ann Miller, Tommy Rall
15. In The Still Of The Night / Victor Marchese
16. Live And Let Live / Irene Hilda
17. It's Alright With Me / Hutch
18. Brush Up Your Shakespeare / Keenan Wynn, James Whitmore
19. Let's Be Buddies / Flanagan and Allen
20. We Open In Venice / Kathryn Grayson, Howard Keel, Ann Miller, Tommy Rall

[Disk 3-3]
01. I Love In Paris / Irene Hilda
02. Begin The Beguine / The Andrews Sisters
03. Love Of My Life / Judy Garland
04. Thank You So Much Mrs Lowsborough Goodby / Lew Stone and His Band
05. Looking At You / Hutch
06. It's D'lovely / Carroll Gibbons - The Savoy Hotel Orpheans - Ann Lenner (vo), George Melachrino (vo)
07. You're The Top / Cole Porter
08. My Heart Belongs To Daddy / Pat Kirkwood
09. Who Knows? / Billy Ternent and His Orchestra
10. No Lover (For Me) / Priscilla Gillette
11. Nobody's Chasing Me / Charlotte Greenwood
12. Use Your Imagination / Priscilla Gillette
13. Be A Clown / Gene Kelly and Judy Garland
14. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye / Maxine Sullivan
15. I've Come To Wive It Wealthily In Padua / Howard Keel
16. Allez Vous En (Go Away) / Irene Hilda
17. You'd Be So Nice To Come Home To / Dinah Shore
18. Just One Of Those Things / Doris Day
19. You Can Do No Wrong / Judy Garland
20. Night And Day / Maxine Sullivan

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2005年10月3日のリリース、録音はコール・ポーター時代の多彩なミュージシャンが網羅されている、「Chappell Music Ltd」と「Warner Chappell Music Ltd」が所有している音源を3枚のCDにまとめたもの、全60曲入り。
このレベルになると良し悪しではなくコール・ポーターの貴重な音源で資料としても1級、音楽遺産でもある。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Anything Goes - Capitol Sings Cole Porter (CDP 7 96361 2) Cole Porter / Anything Goes - Capitol Sings Cole Porter (CDP 7 96361 2)

Release : 1991

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics)
Song number, Song name, Personnel :

Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. All Of You / Annie Ross (vo), Gerry Mulligan
02. Always True To You In My Fashion / Peggy Lee (vo), George Shearing
03, Anything Goes / Tony Bennett (vo), Count Basie
04, Begin The Beguine / Gordon McRae (vo)
05. Blow, Gabriel, Blow / Martha Tilton (vo)
06. Ev'ry Time We Say Goodbye / June Christy (vo), Stan Kenton
07. From Now On / Peggy Lee (vo)
08. I Get A Kick Out Of You / Chris Connor (vo), Stan Kenton
09. I Happen To Like New York / Judy Garland (vo)
10. In The Still Of The Night / Helen O'Connell (vo)
11. It's All Right With Me / Dinah Shore (vo), Red Norvo Quintet
12. I've Got You Under My Skin / Louis Prima(vo), Keely Smith (vo)
13. Just One Of Those Things / Nat "King" Cole (vo)
14. Looking At You / Liza Minelli (vo)
15. Miss Otis Regrets (She's Unable To Lunch Today) / Francis Faye (vo)
16. So In Love / John Raitt (vo)
17. True Love / Dean Martin (vo), Nelson Riddle
18. What Is This Thing Called Love / Keely Smith (vo), Nelson Riddle
19. Why Shouldn't I? / Margaret Whiting (vo)
20. Wunderbar / Jo Stafford (vo), Gordon McRae (vo), Paul Weston
21. You'd Be So Nice To Come Home To / Nancy Wilson
22. You're The Top / Jean Turner (vo), Stan Kenton
23. Let's Do It (Let's Fall In Love), Trudy Richards (vo), Billy May
24. Get Out Of Town / Jeri Southern (vo), Billy May
25. You Do Something To Me / The Andrews Sisters (vo), Billy May

以下、ミュージシャンのカタカナ表記。
02. Always True Yo You In My Fashion / ペギー・リー
03. Anything Goes / トニー・ベネット
04. Begine The Beguine / ゴードン・マクレエ
05. Blow, Gabriel, Blow / マーサ・ティルトン
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye / ジューン・クリスティ
07. From Now On / ペギー・リー
08. I Get a Kick Out Of You / クリス・コナー
09. I Happen To Like New York / ジュディ・ガーランド
10. In The Still Of The Night / ヘレン・オコネル
11. It's All Right With Me / ダイナ・ショア
12. I've Got You Under My Skin / ルイス・プリマとキーリー・スミス
13. Just One Of Those Things / ナット・キング・コール
14. Looking At You / ライザ・ミネリ
15. Miss Otis Regrets (She Is Unable To Have Lunch...) / フランシス・フェイ
16. So In Love / ジョン・レイト
17. True Love / ディーン・マーチン
18. What Is This Thing Called Love? / キーリー・スミス
19. Why Shoudn't I / マーガレット・ホワイティング
20. Wunderbar / ジョー・スタッフォードとゴードン・マクレエ
21. You'd Be So Nice To Come Home To / ナンシー・ウィルソン
22. You're The Top / ジーン・ターナー
23. Let's Do It (Let's Fall In Love) / トルーディ・リチャーズ
24. Get Out Of Town / ジェリ・サザーン
25. You Do Something To Me / アンドリュース・シスターズ

Song number, Song name :
01. All Of You
02. Always True Yo You In My Fashion
03. Anything Goes
04. Begine The Beguine
05. Blow, Gabriel, Blow
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. From Now On
08. I Get A Kick Out Of You
09. I Happen To Like New York
10. In The Still Of The Night
11. It's All Right With Me
12. I've Got You Under My Skin
13. Just One Of Those Things
14. Looking At You
15. Miss Otis Regrets (She Is Unable To Have Lunch...)
16. So In Love
17. True Love
18. What Is This Thing Called Love?
19. Why Shoudn't I
20. Wunderbar
21. You'd Be So Nice To Come Home To
22. You're The Top
23. Let's Do It (Let's Fall In Love)
24. Get Out Of Town
25. You Do Something To Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1991年のリリース、発売元はキャピタル・レコード(Capitol Records)、輸入盤、キャピタル・レコード(Capitol Records)による写真入り英語オリジナル・ライナーノーツ、25曲入り。
キャピタル・レーベルは女性ジャズ・ヴォーカルの宝庫。
ヴァーヴ・レコードとは、ひと味違う所が楽しめる。
何ともゴージャスな歌姫たちに、しばし酔う。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Blue Porter - Blue Note Plays The Music Of Cole Porter (TOCJ-5295) Cole Porter / Blue Porter - Blue Note Plays The Music Of Cole Porter (TOCJ-5295)

Release : 1991

Song number, Song name, Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. Love For Sale
Hank Jones (p)
Miles Davis (tp)
Cannonball Adderley (as)
Sam Jones (b)
Art Blakey (ds)

02. It's All Right With Me
Wynton Kelly (p)
Johnny Griffin (ts)
Curly Russell (b)
Max Roach (ds)

03. At Long Last Love
Larry Young (organ)
Grant Green (g)
Hank Mobley (ts)
Elvin Jones (ds)

04. Easy to Love
Bobby Timmons (p)
Donald Byrd (tp)
John Jenkins (as)
Hank Mobley (ts)
Wilbur Ware (b)
Joe Jones (ds)

05. You'd Be So Nice To Come Home To
Hank Jones (p)
Kenny Burrell (g)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

06. I Love You
Walter Bishop (p)
Jackie McLean (as)
Jimmy Garrison (b)
Art Taylor (ds)

07. Just One Of Those Things
Bobby Timmons (p)
Lee Morgan (tp)
Pepper Adams (bs)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)
08. Night And Day
McCoy Tyner (p)
Joe Henderson (ts)
Bob Cranshaw (b)
Elvin Jones (ds)

09. It's All Right With Me
Grant Green (g)
Ike Quebec (ts)
Bass – Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)

10. Love For Sale
Sonny Clark (p)
Dexter Gordon (ts)
Butch Warren (b)
Billy Higgins (ds)

Song number, Song name :
01. Love For Sale
02. It's All Right With Me
03. At Long Last Love
04. Easy to Love
05. You'd Be So Nice To Come Home To
06. I Love You
07. Just One Of Those Things
08. Night And Day
09. It's All Right With Me
10. Love For Sale

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1991年のリリース、音源著作権はキャピタル・レコード(Capitol Records)、発売元が東芝EMI株式会社、ブルーノート(Bluenote)による英語オリジナル・ライナーノーツ、後藤誠氏による日本語解説、10曲入り、コール・ポーター集。
ブルーノート・レーベルからリリースされた各々のミュージシャン・アルバムからコール・ポーターの演奏を1枚に集めた。
ミュージシャンはブルーノートを代表する一流ミュージシャンという所が贅沢。
演奏は全曲ズバ抜けた演奏技術の上に見事なまでの個性が光る。
天下のブルーノートを支えた珠玉の名演が目白押し。
以下、出典アルバムを明記した。
01. Love For Sale 「Cannonball Adderley / Somethin' Else」Rec:March 9, 1958
02. It's All Right With Me 「Johnny Griffin / Introducing Johnny Griffin」Rec:April 17, 1956
03. At Long Last Love 「Grant Green / I Want To Hold Your Hand」Rec:March 31, 1965
04. Easy to Love 「Hank Mobley / Hank」Rec:April 21, 1957
05. You'd Be So Nice To Come Home To 「Paul Chambers / Bass On Top」Rec:July 14, 1957
06. I Love You 「Jackie McLean / Swing, Swang, Swingin'」Rec:August 2, 1959
07. Just One of Those Things 「Lee Morgan / The Cooker」Rec:September 29, 1957
08. Night And Day 「Joe Henderson / Inner Urge」Rec:November 30, 1964
09. It's All Right With Me 「Ike Quebec / Blue And Sentimental」December 16, 1961
10. Love For Sale 「Dexter Gordon / Go」Rec:August 27, 1962
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Anything Goes - The New Broadway Cast Recording (7769-2-RC) Cole Porter / Anything Goes - The New Broadway Cast Recording (7769-2-RC)

Recorded : 1987

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Gregory Mosher (director)
Patti Lupone (presents)
Howard Mcgillin (presents)
Bill Mccutcheon (presents)

Song name :
01. Prelude
02. I Get A Kick Out Of You
03. There's No Cure Like Travel, Bon Voyage
04. You're The Top
05. Easy To Love
06. I Want To Row On The Crew/Sailor's Chantey
07. Freindship
08. It's De-Lovely
09. Anything Goes
10. Entr'acte
11. Public Enemy Number One
12. Blow, Gabriel, Blow
13. Goodbye Little Dream, Goodbye
14. Be Like The Bluebird
15. All Through The Night
16. Gypsy In Me
17. Buddie, Beware
18. I Get A Kick Out Of You, Anything Goes (Reprise)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1988年の録音、ブロードウェイ・ミュージカル  「エニシング・ゴーズ」 、RCAビクター(RCA Victor)7769-1-RC番、20曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Prelude A2. I Get A Kick Out Of You A3. There's No Cure Like Travel A4. Bon Voyage A5. You're The Top A6. Easy To Love A7. I Want To Row On The Crew A8. Sailors' Chantey A9. Friendship A10. It's De-Lovely A11. Anything Goes B1. Entr Acte B2. Public Enemy Number One B3. Blow, Gabriel, Blow B4. Goodbye, Little Dream, Goodbye B5. Be Like The Bluebird B6. All Through The Night B7. The Gypsy In Me B8. Buddie, Beware B9. I Get A Kick Out Of You / Anything Goes (Reprises) CDは発売元がRCAビクター(RCA Victor)、輸入盤、RCAビクター(RCA Victor)による写真付き英語による詳細なオリジナル・ライナーノーツ、18曲入り。
「エニシング・ゴーズ」 は過去にミューカル以外にも映画でも上演されている。
いわばコール・ポーターの人気作品のひとつ。
思うに、どう演出されようがコール・ポーターの原曲と詩の素晴らしさは不変という事。
あらすじは、ニューヨークからロンドンへの客船での出来事をコメディ化したもの。
深く掘り下げると結構奥深いものにもなるし。
簡単に考えれば 「エニシング・ゴーズ」 の冒頭歌詞に要約される「何でもあり」で軽いノリになる。
歌詞はいかの通り。
時代はじゃんじゃん移り変わる
清教徒(ピューリタン)がプリマスロックに上陸してから
私達は何度もショックを与えられた
何度も時計を巻き直してきた
清教徒(ピューリタン)がプリマスロックに上陸しなかったとしても
プリマスロックの方が清教徒たちにのし掛かってきただろう
昔の人は女のストッキングをチラリとびっくりしたもんさ
でも、今じゃ何ともないだろう
「何でもあり」だよね。
(以下略)
実にコール・ポーターらしく、ユーモアと哀愁と皮肉に満ちている。
時代は変わっても幾度も上演されるということは内容に魅力がある証拠。
以下、演目の演奏者を明記した。
01. Prelude / Cole Porter Orchestra
02. I Get a Kick Out of You / Patti Lu Pone
03. There's No Cure Like Travel, Bon Voyage
04. You're the Top / Patti Lu Pone
05. Easy to Love / Howard McGillin
06. I Want to Row on the Crew/Sailor's Chantey / Larry Cahn
07. Freindship / Patti Lu Pone
08. It's De-Lovely / Anne Francine
09. Anything Goes
10. Entr'acte
11. Public Enemy Number One
12. Blow, Gabriel, Blow
13. Goodbye Little Dream, Goodbye / Kathleen Mahony-Bennett
14. Be Like the Bluebird / Bill McCutcheon
15. All Through the Night
16. Gypsy in Me / Linda Heald
17. Buddie, Beware
18. I Get a Kick Out of You, Anything Goes (Reprise)
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / All Right With Me! - 30 Years Of Cole Porter (ROYCD303) Cole Porter / All Right With Me! - 30 Years Of Cole Porter (ROYCD303)

Release : November 16, 2010

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. Love For Sale / The Waring Girls
02. Swingin' The Jinx Away / Frances Langford
03. When Love Beckoned / Gertrude Niesen
04. Let's Be Buddies / Joan Whitney
05. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye / Frances Langford
06. What Is This Thing Called Love? / Ginny Simms
07. I've Got You Under My Skin / Dinah Shore
08. At Long Last Love / Lena Horne
09. Easy To Love / Ginny Simms
10. You Do Something To Me / Doretta Morrow
11. Nobody's Chasing Me / Dinah Shore
12. Were Thine That Special Face / Kathryn Grayson
13. Mind If I Make Love To You / Jane Powell
14. It's All Right With Me / Lena Horne
15. True Love / Jane Powell
16. Hey, Babe, Hey / Dinah Shore
17. I Concentrate On You / Anna Maria Alberghetti
18. I Love You / Doretta Morrow
19. So In Love / Julie Andrews
20. In The Still Of The Night / Ella Fitzgerald
21. I Loved Him / Dinah Shore
22. Begin The Beguine / Ella Fitzgerald
23. Weren't We Fools / Jeri Southern
24. How's Your Romance / Anna Maria Alberghetti
25. I Am Loved / Carole Carr

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2010年11月16日のリリース、発売元がフレアー(Flare)、輸入盤、トニー・ミドルトン(Tony Middleton)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、25曲入り。
内容は、全25曲ずべて女性ヴォーカリストという1枚。
コレクションしているとダブってくる曲が多くるが、このアルバムは、あまり名を聞かなくなった歌手が収録されている。
1曲目、ワーリングガールズ(The Waring Girls)
2・5曲目、フランシス・ラングフォード(Frances Langford)
3曲目、ガートルード・ニーセン(Gertrude Niesen)
4曲目、ジョーン・ホイットニー(Joan Whitney)
6・9曲目、ジニー・シムズ(Ginny Simms)
10・18曲目、ドレッタ・モロー(Doretta Morrow)
12曲目、キャサリン・グレイスン(Kathryn Grayson)
13・15曲目、ジェーン・パウエル(Jane Powell)
17・24曲目、アンナ・マリア・アルバゲッティ(Anna Maria Alberghetti)ほか
歌唱は、戦前のアメリカの良き時代の雰囲気が詰っていてノスタルジックな気分に浸れる。
こういう燻(いぶし)銀の往年の女性歌手に歌い継がれてきたのがコール・ポーターだという事を再認識させられる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / The Ultimate Collection (PLATCD 1320) Cole Porter / The Ultimate Collection (PLATCD 1320)

Release : 2004

Song number, Personnel, Song name, source :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. Ethel Merman, Fairchild And Carroll And Their Orchestra / It's De-Lovely (from "Red, Hot And Blue")
02. Irving Aaronson And His Commanders / Let's Misbehave (from "Paris")
03. Leslie Hutchinson / Let's Do It ( Let's Fall In Love) (from "Paris")
04. Fred Waring and The Pennsylvanians, The Three Girl Friends / Love For Sale (from "The New Yorkers")
05. Artie Shaw And His Orchestra / Begin The Beguine (from "Jubilee")
06. Teddy Wilson and his Quartet / Ev'ry Time We Say Goodbye (from "Seven Lively Arts")
07. Mary Martin, Ray Sinatra And His Orchestra / My Heart Belongs To Daddy (from "Leave It To Me")
08. Fred Astaire, Leo Reisman And His Orchestra / Night And Day (from "Gay Divorce")
09. Gertrude Lawrence, Ray Noble / The Physician (from "Nymph Errant")
10. Virginia Bruce, Eddie Ward / I 've Got You Under My Skin (from "Born To Dance")
11. Ethel Merman, Johnny Green / I Get A Kick Out Of You
12. Jeanne Aubert, Jack Whiting, Palace Theatre Orchestra / You 're The Top (from "Anything Goes")
13. Frances Langford, Jimmy Dorsey And His Orchestra / Easy To Love (from "Born To Dance")
14. Leslie Hutchinson / What Is This Thing Called Love (from "Wake Up And Dream")
15. Cole Porter / Anything Goes (from "Anything Goes")
16. Dinah Shore, Paul Weston And His Orchestra / You 'd Be So Nice To Come To (from "Something To Shout About")
17. Bing Crosby, The Andrews Sisters / Don't Fence Me In (from "Hollywood Canteen")
18. Jo Stafford, Paul Weston And His Orchestra / Just One Of Those Things (from "Jubilee")
19. Perry Como / I Love You (from "Mexican Hayride")
20. Alfred Drake / So In Love (from "Kiss Me Kate")
21. Lorenzo Fuller, Eddie Sledge, Fred Davis, Pembroke Davenport / Too Darn Hot (from "Kiss Me Kate")
22. Lena Horne, Phil Moore And His Orchestra / At Long Last Love (from "You Never Know")
23. Jo Stafford, Paul Weston And His Orchestra / In The Still Of The Night (from "Rosalie")
24. Kay Starr, Hal Mooney And His Orchestra / Allez Vous En (Go Away) (from "Can Can")
25. Frank Sinatra, George Siravo And His Orchestra / You Do Something

Song number, Song name :
01. It's De-Lovely
02. Let's Misbehave
03. Let's Do It (Let's Fall In Love)
04. Love For Sale
05. Begin The Beguine
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. My Heart Belongs To Daddy
08. Night And Day
09. The Physician
10. I've Got You Under My Skin
11. I Get A Kick Out Of You
12. You're The Top
13. Easy To Love
14. What Is This Thing Called Love?
15. Anything Goes
16. You'd Be So Nice To Come To
17. Don't Fence Me In
18. Just One Of Those Things
19. I Love You
20. So In Love
21. Too Darn Hot
22. At Long Last Love
23. In The Still Of The Night
24. Allez-Vous-En (Go Away)
25. You Do Something To Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2004年のリリース、発売元が(Prism Leisure)、輸入盤、トニー・ワッツ(Tony Watts)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、25曲入り。
アルバム・タイトルにあるように「Ultimate 究極の、最後の」この言葉が出てきてしまった。
ただ、コール・ポーター集は今までに相当数リリースされており、中にはCD4枚組などもある。
コール・ポーターは既にこの世にいないので曲が増える事はない。
それを新しいミュージシャンたちが新しい解釈で永遠に演奏され続けていくだろう。
そのためコール・ポーター集は必ずリリースされる。
そう思うと、このアルバムのタイトルは少し大げさかもしれないが音質が良いので及第点。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Cole 
Porter Songbook (MVCR-2206) Cole Porter / Cole Porter Songbook (MVCR-2206)

Release : July 7, 1999

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. My Heart Belong To Daddy
02. I Love You
03. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
04. All Of You
05. What Is This Thing Called Love?
06. It’s All Right With Me / Art Farmer
07. Easy To Love
08. I Concentrate On You
09. My Heart Belongs To Daddy
10. I Get A Kick Out Of You ?
11. What Is This Thing Called Love?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1999年7月7月のリリース、発売元がユニバーサル・ビクター株式会社、販売元がビクター・エンターテインメント株式会社、ユニバーサル・ビクターによる英語オリジナル・ライナーノーツ、高井信成氏による日本語解説、11曲入り。
コール・ポーターの名曲をジャズ界のスター達が熱演。
以下、ミュージシャン。
01. My Heart Belong To Daddy / エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)
02. I Love You / ミルト・ジャクソン (Milt Jackson)
03. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye / カーメン・マクレエ(Carmen Mcrae)
04. All Of You / マッコイ・タイナー(Mccoy Tyner)
05. What Is This Thing Called Love? / ビリー・ホリデイ(Billie Holiday)
06. It’s All Right With Me / Art Farmer / ベニー・ゴルソン(Benny Golson Jazztet)
07. Easy To Love / ダイアン・シュアー(Diane Schuur)
08. I Concentrate On You / J.J.ジョンソン、カイ・ウインディング(J.J.Johnson / Kai Winding, featuring Bill Evans)
09. My Heart Belongs To Daddy / ベニー・ゴルソン(Benny Golson)
10. I Get A Kick Out Of You / ラムゼイ・ルイス(The Ramsey Lewis Trio)
11. What Is This Thing Called Love? / ガボール・ザボ(Gabor Szabo)
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cole Porter / Great Light Orchestras Salute Cole Porter (GLCD 5127) Cole Porter / Great Light Orchestras Salute Cole Porter (GLCD 5127)

「ジャズ/コール・ポーター」のリーダーアルバムとしています。  →
「イージーリスニング/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release: 2006

Song number, Song name, Personnel :
Cole Porter (comp)

01. Begin The Beguine (''From Jubilee'') / Guy Luypaerts and His Orchestra
02. Night And Day (From ''The Gay Divorce'') / Andre Kostelanetz and His Orchestra
03. I concentrate on you (From ''Broadway Melody'') / Gordon Jenkins and His Orchestra
04. Just one of those Things (From ''Jubilee'') / Robert Farnon and His Orchestra
05. I Love Paris (From 'Can-Can') / Eddie Barclay and His Orchestra
06. All through the Night (From ''Anything Goes'') / Percy Faith and His Orchestra
07. Anything goes, You're the Top (From ''Anything Goes'') / Guy Luypaerts and His Orchestra
08. Kiss Me Kate' (Selection) / Sidney Torch and His Orchestra
09. C'est Magnifique (From ''Can-Can'') / The Mantovani and His Orchestra
10. Easy to Love (From ''Born To Dance'') / Stanley Black and His Orchestra
11. I get a Kick out of You (From ''Anything Goes'') / David Rose and His Orchestra
12. I Love You (From ''Mexican Hayride'') / Percy Faith and His Orchestra
13. I've got you under my Skin (From ''Born To Dance'') / Stanley Black and His Orchestra
14. In the Still of the Night (From ''Rosalie'') / Gordon Jenkins and His Orchestra
15. Love for Sale (From ''The New Yorkers'') / The Pittsburgh Strings - Richard Jones
16. Wunderbar (From ''Kiss Me Kate'') / The Mantovani and His Orchestra
17. What is this thing called Love? (From ''Wake Up And Dream'') / Guy Luypaerts and His Orchestra
   You do something to Me (from ''Fifty Million Frenchmen'') / Guy Luypaerts and His Orchestra
18. Blow, Gabriel, Blow (From ''Anything Goes'') / Andre Kostelanetz and His Orchestra
19. You'd be so nice to come home to (From ''Something To Shout About'') / Percy Faith and His Orchestra
20. Do I Love You? (From ''Du Barry Was A Lady'') / Glenn Osser and His Orchestra
21. Cole Porter Suite : Night And Day, I get a Kick out of You, My Heart belongs to Daddy, In the Still of the Night / Louis Levy and ''Music From the Movies''

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2006年のリリース、発売元がギルド(Guild GmbH)、輸入盤、デイビット・アデス(David Ades)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、21曲入り。
演奏者は、ギィ・ルイパルツ、アンドレ・コステラネッツ、ゴードン・ジェンキンス、パーシー・フェイス、マントヴァーニほか。
ミュージカルや映画音楽の分野と特にイージーリスニングというジャンルで有名なオーケーストラがコール・ポーターを演奏。
こういうファーマットでも十分耐えうるコール・ポーターの楽曲を再認識できる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲






【コール・ポーターのカラオケ】


Cole Porter / You Sing The Hits Of Cole Porter [KARAOKE] (PS CDG 1025) Cole Porter / You Sing The Hits Of Cole Porter [KARAOKE] (PS CDG 1025)

Released : ?

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Bobby Burnett (vo) [lead the song]
Pam Orlando (vo) [lead the song]

Song name :
[Song with Guide Vocal on the Right Channel]
01. Night And Day
02. You Do Something To Me
03. Just One Of Those Things
04. Begin The Beguine
05. What Is This Thing Called Love
06. Let's Do It
07. Love For Sale
08. I Get A Kick Out Of You
09. Anything Goes
10. You're The Top
11. Blow, Gabriel, Blow

[Background Tracks - No Lead Vocal]
12. Night And Day
13. You Do Something To Me
14. Just One Of Those Things
15. Begin The Beguine
16. What Is This Thing Called Love
17. Let's Do It
18. Love For Sale
19. I Get A Kick Out Of You
20. Anything Goes
21. You're The Top
22. Blow, Gabriel, Blow

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
ミュージカルや映画音楽の分野で多くのスタンダード・ナンバーを残した。
ミュージシャンは難易度の高いコール・ポーター特集を出すことで一つのステータスになっている。
CDは発売元がポケット・ソングス(Pocket Songs)、輸入盤、英語歌詞、22曲入り、コール・ポーターのカラオケ。
今や日本のカラオケは「KARAOKE」として世界に定着した。
1~11曲目は右チャンネルに歌が入っている、そんため左チャンネルにするとカラオケになる。
12~22曲は完全なステレオのカラオケ。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲






【有名ミュージシャンによるコール ポーター集(ソング・ブック)】



Frank Sinatra / Sinatra Sings Cole Porter (CK 61058) Frank Sinatra / Sinatra Sings Cole Porter (CK 61058)

「ジャズ/フランク・シナトラ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2003

Personnel :
Frank Sinatra (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)

Song name :
01. Night And Day
02. Begin The Beguine
03. I Get A Kick Out Of You
04. I Love You
05. Easy To Love / I've Got You Under My Skin
06. Don't Fence Me In
07. I Concentrate On You
08. Why Shouldn't I?
09. Just One Of Those Things
10. Why Can't You Behave?
11. So In Love
12. You'd Be So Nice To Come Home To
13. Cherry Pies Ought To Be You
14. You Do Something To Me
15. I Am Loved
16. You Don't Remind Me
17. Begin The Beguine
18. Night And Day

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランク・シナトラ(Frank Sinatra 出生名:Francis Albert Sinatra 1915年12月12日~1998年5月14日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ホーボーケン生まれのジャズ、ポピュラー歌手、映画俳優。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2003年のリリース、発売元がコロムビア・レガシー(Columbia/Legacy)、輸入盤、ウィル・フリードヴァルト(Will Friedwald)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、18曲入り、コール・ポーター集。
フランク・シナトラのコール・ポーター集、コロムビアの音源という事に価値がある。
ただ難をいえばアフレコしたと思われる女の子の「キャー」は興ざめ。
どうして、こういう事をするのか理解できない、全て一瞬にして聴く気をなくす。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Frank Sinatra / Sings The Select Cole Porter (CDP 7 96611 2) Frank Sinatra / Sings The Select Cole Porter (CDP 7 96611 2)

「ジャズ/フランク・シナトラ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ネルソン・リドル」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1953-1960

Released : July 23, 1996

Personnel :
Frank Sinatra (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Nelson Riddle (arr, cond)

Song name :
01. I've Got You Under My Skin
02. I Concentrate On You
03. What Is This Thing Called Love?
04. You Do Something To Me
05. At Long Last Love
06. Anything Goes
07. Night And Day
08. Just One Of Those Things
09. I Get A Kick Out Of You
10. You'd Be So Nice To Come Home To
11. I Love Paris
12. From This Moment On
(Bonus Tracks)
13. C'est Magnifique
14. It's All Right With Me
15. Mind If I Make Love To You?
16. You're Sensational

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランク・シナトラ(Frank Sinatra 出生名:Francis Albert Sinatra 1915年12月12日~1998年5月14日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ホーボーケン生まれのジャズ、ポピュラー歌手、映画俳優。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
ネルソン・リドル(Nelson Riddle 出生名:Nelson Smock Riddle Jr. 1921年6月1日~1985年10月6日)はアメリカ合衆国ニュー・ジャージー州オラデル生まれのバンドリーダー、作曲家、アレンジャー。
LPは1953年から1960年の録音、キャピトル・レコード(Capitol Records)W 2301番、12曲入り、コール・ポーター集。
CDは発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)、輸入盤、キャピトル・レコード(Capitol Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲入り。
フランク・シナトラは卓越した歌唱力によってエルヴィス・プレスリーやマイケル・ジャクソンなどと並ぶ20世紀を代表する歌手の1人といえる。
内容はなコール・ポーター集だがキャピトル・レコードの音源という事に価値がある。
バックは、編曲と指揮がネルソン・リドル、ネルソン・リドル・オーケストラ。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Charlie Parker / The Cole Porter Songbook (823 250-2) Charlie Parker / The Cole Porter Songbook (823 250-2)

「ジャズ/チャーリー・パーカー」のリーダーアルバムとしています。
 →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Song name, Recorded, Personnel :

Charlie Parker (as)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

01. Easy to Love
Rec : July 5, 1950
Joe Lippman (arr, cond)
Edwin C. Brown (oboe)
Sam Caplan (violin)
Howard Kay (violin)
Harry Meinikoff (violin)
Sam Rand (violin)
Zelly Smirnoff (violin)
Isadore Zor (viola)
Maurice Brown (cello)
Verley Mills (harp)
Bernie Leighton (p)
Ray Brown (b)
Buddy Rich (ds)

02. Begin The Beguine
Rec : January 23, 1952
Walter Bishop Jr. (p)
Teddy Kotick (b)
Max Roach (ds)
Jose Mangual (bongos)
Luis Miranda (congas)

03. Night And Day
04. What Is This Thing Called Love?
Rec : March 25, 1952
Joe Lippman (arr, cond)
Jimmy Maxwell (tp)
Carl Poole (tp)
All Porcino (tp)
Bernie Privin (tp)
Bill Harris (tb)
Lou McGarity (tb)
Bart Varsalona (tb)
Harry Terrill (as)
Murray Williams (as)
Flip Phillips (ts)
Hank Ross (ts)
Danny Bank (bs)
Oscar Peterson (p)
Freddie Green (g)
Ray Brown (b)
Don Lamond (ds)

05. In the Still of the Night
Rec : May 22, 1953
Gil Evans (arr, cond)
Junior Collins (French horn)
Hal McKusick (cl)
Al Block (fl)
Tommy Mace (oboe)
Manny Thaler (bassoon)
Tony Aless (p)
Charles Mingus (b)
Max Roach (ds)
Dave Lambert (vo)

06. I Get a Kick Out of You
07. Just One of Those Things
08. My Heart Belongs to Daddy
09. I’ve Got You Under My Skin
Rec : March 31, 1954
Walter Bishop Jr. (p)
Jerome Darr (g)
Teddy Kotick (b)
Roy Haynes (ds)

10. Love For Sale
11. I Love Paris
Rec : December 10, 1954
Walter Bishop Jr. (p)
Billy Bauer (g)
Teddy Kotick (b)
Art Taylor (ds)

12. What Is This Thing Called Love?
Rec : July 1952
Charlie Shavers (tp)
Benny Carter (as)
Johnny Hodges (as)
Flip Phillips (ts)
Ben Webster (ts)
Barney Kessel (g)
Ray Brown (b)
James Charles Heard (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チャーリー・パーカー(Charlie Parker 出生名:Charles Parker, Jr. 1920年8月29日~1955年3月12日)はアメリカ合衆国カンザス州カンザスシティ生まれのジャズ・アルトサックス奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1952年~1953の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)823 250-1番、11曲入り、コール・ポーター集。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ゲイリー・ギディンス(Gary Giddens)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲目の1曲が追加され全12曲入り。
メンバーはアルトサックスがチャーリー・パーカー、ピアノのウォルター・ビショップ・ジュニア、ベースのレイ・ブラウン、ドラムのマックス・ローチ、1曲のみの参加ではベニー・カーター、ジョニ―・ホッジス、オスカー・ピーターソン、チャールズ・ミンガス、ロイ・へインズほか大勢。
コール・ポーターの楽曲をチャーリー・パーカーが演奏する、まず、この事が最大の目玉。
この時期チャーリー・パーカーは体調不良とされているが、いったん演奏となると別人に変身、華麗なテクニックは並外れている。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Fred Astaire / Night And Day (NAXOS Nostalgia 8.120519) Fred Astaire / Night And Day (NAXOS Nostalgia 8.120519)

「ジャズ/フレッド・アステア」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1931-1933

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Fred Astaire (vo)

Song name, Personnel, Recorded :
01. I Love Louisa (Schwartz–Dietz, from The Band Wagon)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 22755, mx BS 69994-1)
Rec : 30th June, 1931

02. New Sun In The Sky (Schwartz–Dietz, from The Band Wagon)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 22755, mx BS 69995-1)
Rec : 30th June, 1931

03. White Heat (Schwartz–Dietz, from The Band Wagon)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 22836, mx BS 70259-1)
Rec : 28th September, 1931

04. Hoops (Schwartz–Dietz, from The Band Wagon)
With Leo Reisman and His Orchestra and Adele Astaire
(Victor 22836, mx BS 70292-1)
Rec : 19th October, 1931
The Band Wagon (Schwartz–Dietz)
With Adele Astaire; Leo Reisman and His Orchestra; and The Composers

05. Overture; Introduction
Leo Reisman

06. Sweet Music
Fred and Adele Astaire

07. High And Low
Instrumental

08. Hoops
Fred and Adele Astaire

09. Confession
Instrumental

10. New Sun In The Sky
Instrumental

11. I Love Louisa
Fred Astaire

12. Beggar Waktz / Ballet Misic
Instrumental

13. White Heat
Arthur Schwartz, piano

14. Dancing In The Dark
Instrumental
(Victor Program Transcription L-24003; mx 70264-1,70265-2)
Rec : 5th October, 1931

15. Night And Day (Porter, from The Gay Divorce)
With Leo Reisman and His Orchestra
(HMV BD 5761; mx BS 73977-3)
Rec : 22nd November, 1932

16. I' ve Got You On My Mind (Porter, from The Gay Divorce)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 24193; mx BS 73978-1)
Rec : 22nd November, 1932

17. After You, Who? (Porter, from The Gay Divorce)
With Studio Orchestra
(Columbia DB 1215; mx W 265122-3)
Rec : 23rd May, 1933

18.Night And Day (Porter, from The Gay Divorce)
With Studio Orchestra
(Columbia DB 1215; mx W 265121-4)
Rec : 22nd June, 1933

19. Maybe I Love You Too Much (Berlin)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 24262; mx BS 75330-1)
Recorded 28th February, 1933

20. My Temptation (Polla–Clark)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 24312; mx BS 76074-1)
Rec : 2nd May, 1933

21. A Heart Of Stone (White)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 24358; mx BS 76523-1)
Rec : 11th July, 1933

22. The Gold Diggers’Song (We’Re In The Money) (Dubin–Warren)
With Leo Reisman and His Orchestra
(Victor 24315; mx BS 76075-1)
Rec : 2nd May, 1933

Song name :
01. I Love Louisa
02. New Sun In The Sky
03. White Heat
04. Hoops
05. Overture; Introduction
06. Sweet Music
07. High And Low
08. Hoops
09. Confession
10. New Sun In The Sky
11. I Love Louisa
12. Beggar Waktz / Ballet Misic
13. White Heat
14. Dancing In The Dark
15. Night And Day
16. I' ve Got You On My Mind
17. After You, Who?
18. NNight And Day
19. Maybe I Love You Too Much
20. My Temptation
21. A Heart Of Stone
22. The Gold Diggers’Song (We’Re In The Money)
※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フレッド・アステア(Fred Astaire 1899年5月10日~1987年6月22日)はアメリカ合衆国ネブラスカ州オマハ生まれの俳優、ダンサー、歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDはフレッド・アステア、1931年から1933年の演奏「NAXOS Nostalgia」シリーズの1枚。
演目は、コール・ポーターの曲を中心にノスタルジアな気分になる。
フレッド・アステアが生まれたのは1899年、コール・ポーターが1891年生まれ。
ちなみに、チャップリンが1889年生まれ。
芥川龍之介が1892年(明治25年)生まれ。
坂口安吾が1906年生まれ。
この様に80年から90年に代わろうとする時代、どことなく優雅で気品を感じる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Ralph Sharon / The Magic Of Cole Porter (CD SIV 1123) Ralph Sharon / The Magic Of Cole Porter (CD SIV 1123)

「ジャズ/ラルフ・シャロン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2000

Personnel :
Ralph Sharon (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Lenny Bush (b)
Jack Parnell (ds)

Song name :
01. You're the Top
02. All Through the Night
03. Medley
  Easy to Love
  Get Out Of Town
  You'd Be So Nice To Come Home To
04. I Concentrate on You
05. I've Got You Under My Skin
06. Down in the Depths on the 90th Floor
07. So in Love
08. Anything Goes
09. Let's Do It (Let's Fall in Love)
10. From This Moment On
11. What Is This Thing Called Love?
12. Do I Love You
13. Night And Day
14. I Love Paris
15. Love For Sale
16. I Love You
17. All of You
18. It's Alright with Me
19. I Get a Kick Out of You
20. Why Should I
21. Just One of Those Things
22. Long Last Love
23. Begin The Beguine
24. Sorta Porter

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラルフ・シャロン(Ralph Sharon 1923年9月17日~2015年3月31日)イギリス・ロンドン生まれのジャズ・ピアニスト、バンドマスター、1953年にアメリカに移住。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2000年のリリース、発売元がホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson Records)、輸入盤、ホレーショ・ネルソン(Horatio Nelson Records)・レーベルによる英語オリジナル・ライナーノーツ、24曲入り、コール・ポーター集。
メンバーは、ピアノがラルフ・シャロン、ベースがレニー・ブッシュ、ドラムがジャック・パーネル。
演奏は、原曲をくずさず端正にコール・ポーターを弾いている。
英国人気質が音に表れているのかもしれない。
モーニングの寛(くつろ)ぎに合うジャズ。
話は飛ぶがアルバム・レーベルは  「Horatio Nelson Records」  ホレーショ・ネルソンと読む。
ホレーショ・ネルソンは1970代に活躍したイギリス海軍提督、トラファルガー海戦で戦死した軍人。
なのでロゴマークは、そのネルソン提督だと思う。
イギリスの誇りとして軍人史上最大の英雄とされる、この人を引用したのかもしれない。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




New York Trio / Begin The Beguine (TKCV-35359) New York Trio / Begin The Beguine (TKCV-35359)

「ジャズ/ニューヨーク・トリオの」リーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ビル・チャーラップ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ジェイ・レオンハート」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ビル・スチュワート」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 23-24, 2005

Personnel :
Bill Charlap (p)
Cole Porter (comp)
Jay Leonhart (b)
Bill Stewart (ds)

Song name :
01. You'd Be So Nice To Come Home To
02. My Heart Belongs To Daddy
03. So In Love
04. Begin The Beguine
05. I Love Paris
06. From This Moment On
07. Just One Of Those Things
08. Easy To Love
09. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ニューヨーク・トリオ 「New York Trio」 は2001年、日本のヴィーナス・レコード・レーベルからのリリースに際し結成したジャズ・ピアノ・ユニット、レギュラー・トリオではない。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
ビル・チャーラップ(Bill Charlap 本名:William Morrison Charlap 1966年10月15日~)はアメリカ合衆国生まれのジャズ・ピアニスト。
ジェイ・レオンハート(Jay Leonhart 1940年12月6日~)はアメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア生まれのジャズ・ベーシスト。
ビル・スチュワート(Bill Stewart 1966年10月18日~)はアメリカ合衆国アイオワ州デモイン生まれのジャズ・ドラマー。
CDは2005年8月の録音、発売元が日本のヴィーナス・レコード、岡崎正通氏による日本語解説、9曲入り、作曲家コール・ポーター集。
コール・ポーター・ソング・ブック(作曲家コール・ポーター集)は先達のチャーリー・パーカー、エラ・フィッツジェラルド、オスカー・ピーターソンなど多くの有名ミュージシャンが既にリリースしている。
偉大な作曲家コール・ポーターのソング・ブックをリリースするという事はジャズ・ミュージシャンとしての試金石とも言え大きな足跡となる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Dave Brubeck / Anything Goes! (SICP 1011) Dave Brubeck / Anything Goes! (SICP 1011)

「ジャズ/デイヴ・ブルーベック」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 8, 1965

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Dave Brubeck (p)
Paul Desmond (as)
Gene Wright (b)
Joe Morello (ds)

Song name :
01. Anything Goes
02. Love For Sale
03. Night And Day
04. What Is This Thing Called Love?
05. I Get A Kick Out Of You
06. Just One Of Those Things
07. You're The Top
08. All Through The Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デイヴ・ブルーベック(Dave Brubeck 出生名:David Warren Brubeck 1920年12月6日~2012年12月5日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州コンコード出身のピアニスト、作曲家。
コール・ポーター(Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州の作曲家・作詞家。
LPは1965年12月8日の録音、コロムビア(Columbia)CL2602番、8曲入り、コール・ポーター集。
CDは発売元がソニー・ミュージック・ジャパン、アンソニー・タトル(Anthony Tuttle)氏による英語ライナーノーツ、安原顕氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはピアノがデイヴ・ブルーベック、アルトサックスがポール・デスモンド、ベースがユージン(ジーン)・ライト、ドラムがジョー・モレロ。
タイトルの「Anything Goes! (エニシング・ゴーズ)」はコール・ポーターの1934年のヒット・ミュージカル。
今では数多くのミュージシャンに演奏されスタンダード化している。
コール・ポーター集はミュージシャンが、どのように演奏しているかを聴くのが楽しみ。
演奏はデイヴ・ブルーベックのピアノにポール・デスモンドのアルトサックス、百戦練磨の名コンビが奏でるコール・ポーターは甘く官能的。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Sonny Criss / Plays Cole Porter (TOCJ-6239) Sonny Criss / Plays Cole Porter (TOCJ-6239)

「ジャズ/ソニー・クリス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#01-02, #06-10 Rec:August 21, 1956
#03-05 Rec:October 3, 1956

Sing number, Personnel :
[#01-02, #06-10]
Sonny Criss (as)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Sonny Clark (p)
Larry Bunker (vib)
Buddy Woodsun (woodson?) (b)
Lawrence Marable (ds)

[#03-05]
Sonny Criss (as)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Jimmy Bunn (p)
Teddy Smith (b)

Song name :
01. I Love You
02. Anything Goes
03. Easy To Love
04. It's All Right With Me
05. In The Still Of The Night
06. Love For Sale
07. Night And Day
08. Just One Of Those Things
09. What Is This Thing Called Love?
10. I Get A Kick Out Of You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・クリス(Sonny Criss 出生名:William Criss 1927年10月23日~1977年11月19日)はアメリカ合衆国テネシー州メンフィス生まれののジャズ・サクソフォン奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州の作曲家・作詞家。
LPは1956年8月・10月の録音、インペリアル(Imperial)LP-9024番、10曲入り、コール・ポーター集。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、インペリアル(Imperial)による英語オリジナル・ライナーノーツ、佐藤秀樹氏による日本語解説書付き、10曲入り。
メンバーは。
1~2、6~10曲目、アルトサックスがソニー・クリス、ピアノがソニー・クラーク、ヴィブラフォンがラリー・バンカー、ベースがバディ・ウッドサン(ウッドソン?)、ドラムがローレンス・マラブル。
3~5曲目、アルトサックスがソニー・クリス、ピアノがジミー・バン、ベースがテディ・スミス。
師匠のチャーリー・パーカーも晩年にコール・ポーターをソングブックを出した。 親方にならって自分でも挑戦した意気込みを感じとりたい。
いい意味でチャーリー・パーカーの陰影さを継承しつつ、ソニー・クリスらしさを強調している。
明るい音の影にセンチメンタルさが見え隠れ、これもソニー・クリスの魅力のひとつ。
また、ピアノのソニー・クラークにも耳を傾けたい。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Garry Dial - Dick Oatts / Play Cole Porter (CD-495) Garry Dial - Dick Oatts / Play Cole Porter (CD-495)

「ジャズ/ゲイリー(ガリー)・ダイアル」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ディック・オーツ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 25-26, 1992

Personnel :
Cole Porter (comp)
Garry Dial (p)
Dick Oatts (sax)
Jay Anderson (b)
Jeff Hirshfield (ds)

Song name :
01. Everything I Love
02. So In Love
03. I Love You
04. All of You
05. Down In The Depths (On The Ninetieth Floor)
06. What Is This Thing Called Love?
07. Ridin' High
08. Let's Do It
09. Goodbye, Little Dream, Goodbye
10. Too Much Is Just Right

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ゲイリー(ガリー)・ダイアル(Garry Dial 1954年7月12日~)はアメリカ合衆国ニュージャージー州生まれのジャズ・ピアニスト、編曲家。
ディック・オーツ(Dick Oatts 本名:Richard Dennis Oatts 1953年4月2日)はアメリカ合衆国アイオワ州生まれのジャズ・サックス奏者、作曲家、編曲家、教育者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1992年7月25日・26日の録音、DMP(Digital Music Products)・レーベルの音源、発売元が株式会社ステレオサウンド、ジェフ・レベンソン(Jeff Levenson)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、一柳秀之氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーはピアノがゲイリー(ガリー)・ダイアル、サックスがディック・オーツ、ベースがジェイ・アンダーソン、ドラムがジェフ・ハーシュフィールド。
演奏は音へのこだわりを感じる。
コール・ポーター集だが、ちょと聴いただけではコール・ポーターだと、わからないくらい大胆な編曲。
ちなみにDMPレーベルは「Digital Music Products」の略。
アメリカ合衆国コネチカット州スタンフォードにあるレコード会社。
エンジニアの「トム・ジャング」が主宰する高品位ジャズ・レーベル。
高性能20ビットA/Dコンバーターによるレコーディングが主力で音が飛びぬけて綺麗。
演奏する側、収録する側、全員が「音」を追求する集団、これだけでもウキウキしてくる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Ella Fitzgerald / The Cole Porter Songbook Vol.1 (821 989-2) Ella Fitzgerald / The Cole Porter Songbook Vol.1 (821 989-2)

「ジャズ/エラ・フィッツジェラルド」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : February 1956

Personnel :
Ella Fitzgerald (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Buddy Bregman (arr, cond)

Song name :
01. All Through The Night
02. Anything Goes
03. Miss Otis Regrets (She's Unable To Lunch Today)
04. Too Darn Hot
05. In The Still Of The Night
06. I Get A Kick Out Of You
07. Do I Love You
08. Always True To You In My Fashion
09. Let's Do It (Let's Fall In Love)
10. Just One Of Those Things
11. Ev'ry Time We Say Good-bye
12. All Of You
13. Begin The Beguine
14. Get Out Of Town
15. I Am In Love
16. From This Moment On

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エラ・フィッツジェラルド (Ella Fitzgerald 出生名:Ella Jane Fitzgerald 1917年4月25日~1996年6月15日) はアメリカ合衆国ヴァージニア州ニューポート・ニューズ出身の女性ジャズ歌手。
ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーンと並ぶ20世紀の女性トップ・ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1956年2月の録音、発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ロバート・キンボール(Robert Kimball)氏による英語ライナーノーツ、16曲入り、コール・ポーター集・ボリューム1。
録音時、コール・ポーターは60歳代で、自分の歌をリアルタイムでエラに唄ってもらい、さぞ満足だったと思う。
歌唱力の巧さではビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーンに並ぶ上手さ。
コール・ポーターの曲はエラ・フィッツジェラルドが一番多く歌っている。
原曲のイメージを自分なりに解釈し、その上で天性の歌い回しで朗々と紡いでいく。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Ella Fitzgerald / The Cole Porter Songbook Vol.2 (821-990-2) Ella Fitzgerald / The Cole Porter Songbook Vol.2 (821-990-2)

「ジャズ/エラ・フィッツジェラルド」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
February 1956
March 1956

Personnel :
Ella Fitzgerald (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Buddy Bregman (arr, cond)
Song name :
01. I Love Paris
02. You Do Something To Me
03. Ridin' High
04. Easy To Love
05. It's All Right With Me
06. Why Can't You Behave
07. What Is This Thing Called Love?
08. You're The Top
09. Love For Sale
10. It's Delovely
11. Night And Day
12. Ace In The Hole
13. So In Love
14. I've Got You Under My Skin
15. I Concentrate On You
16. Don't Fence Me In

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald 出生名:Ella Jane Fitzgerald 1917年4月25日~1996年6月15日)はアメリカ合衆国ヴァージニア州ニューポート・ニューズ出身の女性ジャズ歌手。
ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーンと並ぶ20世紀の女性トップ・ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1956年2月の録音、発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ロバート・キンボール(Robert Kimball)氏による英語ライナーノーツ、16曲入り、コール・ポーター集・ボリューム2。
録音時、コール・ポーターは60歳代で、自分の歌をリアルタイムでエラに唄ってもらい、さぞ満足だったと思う。
歌唱力の巧さではビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーンに並ぶ上手さ。
コール・ポーターの曲はエラ・フィッツジェラルドが一番多く歌っている。
原曲のイメージを自分なりに解釈し、その上で天性の歌い回しで朗々と紡いでいく。
ボリューム1と2で全32曲の大作。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Anita O'Day - Billy May / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May (J25J 25141) Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May (Verve MGV 2118 and MGVS 6059) Anita O'Day and Billy May Swings Rodgers and Hart (Verve MGV 2141 and MGVS 62141) Anita O'Day - Billy May / Anita O'Day Swings Cole Porter With Billy May (J25J 25141)

「ジャズ/アニタ・オデイ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ビリー・メイ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1959-1960
[Tracks #01-12 originally issued on the 12" LP]
Anita O'Day Swings Cole Porter with Billy May
Verve MGV 2118 and MGVS 6059 Rec:April 2 and 9, 1959
[Tracks #13-24 originally issued on the 12" LP]
Anita O'Day and Billy May Swings Rodgers and Hart
Verve MGV 2141 and MGVS 62141 Rec:June 6-8, 1960

Song number, Recorded, Personnel :
Anita O'Day (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Billy May (arr, cond)

[#01-05 Rec:April 2, 1959]
Conrad Gozzo (tp)
Uan Rasey (tp)
Frank Beach (tp)
Dave Wells, Si Zentner (tb)
Lloyd Ulyate (tb)
Ed Kusby (tb)
Ronnie Lang (as)
Wilbur Schwartz (as)
Justin Gordon (ts)
Gene Cipriano (ts, as)
Chuck Gentry (bs)
Al Pellegrini (p)
Bobby Gibbons (g)
George Morrow (b) Irv Cottler (ds)

[#06-12 Rec:April 9, 1959]
Conrad Gozzo, Uan Rasey, Frank Beach (tp)
Dave Wells (tb)
Si Zentner, Dick Noel (tb)
Ed Kusby (tb)
Skeets Herfurt (as)
Wilbur Schwartz (as)
Justin Gordon (ts)
Gene Cipriano (ts)
Chuck Gentry (bs)
Al Pellegrini (p)
Tommy Tedesco (g)
George Morrow (b)
Mel Lewis (ds)

[#13-16 Rec:June 6,1960]
Pete Candoli (tp)
Conrad Gozzo (tp)
Uan Rasey (tp)
Murray McEachern (tb)
Tommy Shepard (tb)
Bill Schaefer (tb)
Ed Kusby (tb)
Wilbur Schwartz (as)
Ted Nash (as)
Justin Gordon (ts)
Fred Fallensby (ts)
Chuck Gentry (bs)
Joe Castro (p)
Al Hendrickson (g)
Ralph Peña (b)
Irv Cottler (ds)

[#17-20]
Joe Castro (p)
Al Hendrickson (g)
Ralph Peña (b)
Irv Cottler (ds)
plus string section (9 violins, 4 violas, 4 cellos, harp)
Recorded : June 7, 1960

[#21-24 Rec:June 8, 1960]
Pete Candoli (tp)
Conrad Gozzo (tp)
Uan Rasey (tp)
Ed Kusby (tb)
Murray McEachern (tb)
Tommy Pederson (tb)
Bill Schaefer (tb)
Wilbur Schwartz (as)
Ted Nash (as)
Justin Gordon (ts)
Fred Fallensby (ts)
Chuck Gentry (bs)
Joe Castro (p)
Al Hendrickson (g)
Ralph Peña (b)
Irv Cottler (ds)

Song name :
01. Just One Of Those Things
02. Love For Sale
03. You'd Be So Nice To Come Home To
04. Easy To Love
05. I Get A Kick Out Of You
06. All Of You
07. Get Out Of Town
08. I've Got You Under My Skin
09. Night And Day
10. It's Delovely
11. I Love You
12. What Is This Thing Called Love?
13. You're The Top
14. My Heart Belongs To Daddy
15. Why Shouldn't I
16. From This Moment On
17. Love For Sale
18. Just One Of Those Things
19. Lover
20. It Never Entered My Mind
21. Ten Cents A Dance
22. I'v Got Five Dollars
23. To Keep My Love Alive
24. Spring Is Here

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アニタ・オデイ(Anita O'Day Birth name:Anita Belle Colton 1919年10月18日~2006年11月23日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ジャズ歌手。
ビリー・メイ(Billy May 1916年11月10日~2004年1月22日)はアメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれの作曲家、編曲家、指揮者、トランぺッター。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
ロジャース&ハート (Rodgers and Hart) はアメリカ合衆国の作曲家でリチャード・ロジャース(1902年~1979年)と、作詞家でロレンツ・ハート(1895年~1943年)によるソング・ライティング・パートナーシップ、1919年からロレンツ・ハートが亡くなる1943年までミュージカル作品28本、500曲以上を作詞作曲した。
LPはコール・ポーター集、ロジャース&ハート集との2枚。
「Anita O'Day with Billy May – Swings Cole Porter」1959年4月2日・9日の録音、ヴァーブ・レコード(Verve Records)MGV-2118番、12曲入り。
「Anita O'Day And Billy May – Swing Rodgers And Hart」1960年6月6日~8日の録音、ヴァーブ・レコード(Verve Records)MG V-2141番、12曲。
CDは2枚のLPが1枚にカップリング、発売元がポリドール株式会社、英語歌詞、ローレンス・スチュワート(Lawrence D. Stewart)氏による 「Swings Cole Porter」「Swing Rodgers And Hart」 それぞれの英語オリジナル・ライナーノーツ、岩浪洋三氏、久保田高司による日本語解説、全24曲入り。
メンバーは、ヴォーカルがアニタ・オデイ、バックと指揮がビリー・メイ・オーケストラ。
そうとう実力がないと歌えない内容でハードルが髙い、それを見事に歌いきった歌唱は圧巻。
ソング・ブックを出すという事はジャズ歌手にとって一つの大きな関門突破。
世間へのお披露目と承認してもう意味もある、自分自身へはマイルストーン(特定の到達点、里程標)として、ひとつのケジメとなる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Morton Gould / Kern and Porter Favorites (09026 68478 2) Morton Gould / Kern and Porter Favorites (09026 68478 2)

「ジャズ/モートン・グールド」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
February 15, 1956
February 26, 1957
February 28, 1957
April 1, 1958
April 2, 1958

Personnel :
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Morton Gould (p, cond, comp, arr)
Morton Gould and His Orchestra

Song name :
01. Night And Day
02. Jockey on the Carousel
03. I've Got You Under My Skin
04. Can I Forget You
05. All The Things You Are
06. What Is This Thing Called Love?
07. I Get A Kick Out Of You
08. I Dream Too Much
09. Smoke Gets In Your Eyes
10. Way You Look Tonight (The)
11. Yesterdays

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : モートン・グールド(Morton Gould 1913年12月10日~1996年2月21日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのピアニスト、作曲家、編曲家、指揮者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1957年・1958年の録音、発売元がRCA/ビクター、輸入盤、ドム・チェルッリ(Dom Cerulli)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、リビング・ステレオ(Living Stereo)の英語解説、11曲入り、モートン・グールド・オーケストラによるジェローム・カーンとコール・ポーター集。
演目はジェローム・カーンが7曲、コール・ポーターが4曲。
演奏はスウィングはしない、全てクラシック調で上質で優雅なコール・ポーターが楽しめる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band / Reflections Of Cole Porter The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band / Reflections Of Cole Porter (DCD 362)

「ジャズ/ザ・デルタ・ビッグ・バンド」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
November 13, 2000
December 11, 2000
February 8, 2001
June 25, 2001
January 2002
Release : June 2002

Personnel :
The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band (band)
Cole Porter (comp)
Jack Cooper (cond)
Sandra Dudley (vo)
Marvin Stamm (tp)
Alvie Givhan (p)
Gene Rush (p)
David Spencer (tp and flugelhorns)
Reid McCoy (tp and flugelhorns)
Ward Yager (tp and flugelhorns)
Tom Clary (tp and flugelhorns)
John Lux (saxes and woodwinds)
Mike Krepper (saxes and woodwinds)
Tom Link (saxes and woodwinds)
Andre Matlin (saxes and woodwinds)
Jeff Huddleston (saxes and woodwinds)
Michael Scott (saxes and woodwinds)
Greg Luscombe (tb)
Milton Aldana (tb)
Lance Green (tb)
Ken Spain (tb)
Jake Brumbaugh (tb)
Bill Flores (Bass tb)
Kerry Movassagh (g)
Tim Goodwin (b)
Sam Shoup (b)
Bo Harris (ds)
James Sexton (ds)
Ed Murray (per)

Song name :
01. It's All Right With Me
02. Love For Sale
03. Night And Day
04. Twelve
05. So In Love
06. Ev'rything I Love
07. From This Moment On
08. Two In Love
09. What Is This Thing Called Love?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ザ・ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・デルタ・ビッグ・バンド(The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band)は1998年結成したアメリカ合衆国テネシー州メンフィス郊外を中心に演奏活動を行っているジャズ・バンド。
CDは2000年~2003年の録音、リリースは2003年6月、発売元がサミット・レコード(Summit Records)、輸入盤、ボブ・カーナウ(Bob Cunow)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、氏による日本語解説、9曲入り、コール・ポーター集。
主なメンバーは指揮がジャック・クーパー、女性ボーカルがサンドラ・ダドリー(ダッドリー)、代表トランペットがマーヴィン・スタム、その他大勢のオーケストラ。
演奏は、現代の正規音楽教育を受けた人達による重厚なサウンド。
指揮のジャック・クーパーの手腕が光る。
サンドラ・ダドリー(ダッドリー)の声はヘレン・メリルっぽくシャガレているので美声とは言えないが味がある。
このような現代のオーケストラでコール・ポーター集が少なくなった昨今、おおいに楽しめる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Lee Konitzand snd Red Mitchell / Lee Konitz and Red Mitchell : I Concentrate On You (VACZ-1117) Lee Konitzand snd Red Mitchell / Lee Konitz and Red Mitchell : I Concentrate On You (VACZ-1117)

「ジャズ/リー・コニッツ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/レッド・ミッチェル」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 30, 1974

Personnel :
Lee Konitz (as)
Red Mitchell (b, p)
Cole Porter (comp)

Song name :
01. Just One of Those Things
02. Just One of Those Things [Take 7]
03. Easy to Love
04. It's All Right With Me
05. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye [Take 1]
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. You'd Be So Nice To Come Home To
08. Love For Sale
09. In the Still of the Night
10. Night And Day [Take 1]
11. Night And Day
12. I Love You
13. I Love Paris
14. I Concentrate on You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リー・コニッツ(Lee Konitz 1927年10月13日~2020年4月15日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・サックス奏者、編曲家、作曲家。
レッド・ミッチェル(Red Mitchell 出生名:Keith Moore Mitchell 1927年9月20日~1992年11月8日)はアメリカ合衆国オレゴン州セイラム生まれのジャズ・ベーシスト、作詞家、作曲家、詩人。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1974年7月30日の録音、スティープルチェイス(SteepleChase)SCS-1018番、11曲入り、コール・ポーター集、リー・コニッツとレッド・ミッチェルのデュオ。
以下、LPの演目。
A1. Just One Of Those Things
A2. Easy To Love
A3. It's Allright With Me
A4. Everytime We Say Goodbye
A5. You'd Be So Nice To Come Home To
A6. Love For Sale
B1. In The Still Of The Night
B2. Night And Day
B3. I Love You
B4. I Love Paris
B5. I Concentrate On You
CDはスティープルチェイス・レーベルからのリリース、英語ライナーノーツなし、瀧口譲司氏による日本語解説、2、5、10曲目の3曲の別テイクが追加され全14曲入り。
ライナーに「本作はキャッチーな演奏にしか耳を傾けられない時代のリスナーに投げつけられた見事で美しい難問だ」と面白いコメントがある。
そう思って聴くがコール・ポーターは好きなので全く問題ない。
演目中レッド・ミッチェルがピアノを弾いているが、これもご愛嬌。
いつも聴き慣れたコール・ポーターが、いつもと違う曲になってしまう妙味。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Lee Konitz and Franco D'Andrea / Inside Cole Porter (NEL JAZZ 0967-2) Lee Konitz and Franco D'Andrea / Inside Cole Porter (NEL JAZZ 0967-2)

「ジャズ/リー・コニッツ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 2, 1996

Personnel :
Lee Konitz (as)
Cole Porter (comp)
Franco D'Andrea (p)

Song name :
1. The Song Is You
[Medley]
 2-1. The Song Is You (Intro)
 2-2. What Is This Thing Called Love?
 2-3. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye (Intro)
3. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
4. I Love You
5. Love For Sale
[Medley]
 6-1. Easy To Love (Intro)
 6-2. Night And Day (Intro)
 6-3. Easy To Love
7. It's All Right With Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リー・コニッツ(Lee Konitz 1927年10月13日~2020年4月15日)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・サックス奏者、編曲家、作曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは副題「In celebration of Lee Konitz 70th birthday」。
1996年5月2日の録音、発売元がNELジャズ(Nel Jazz)、輸入盤、ピノ・デ・ビアシ(Pino De Biasi)氏による英語ライナーノーツ、7曲入り、コール・ポーター集、ピアノとのデュオ。
メンバーは、アルトサックスがリー・コニッツ、ピアノがフランコ・ダンドレアのデュオ。
リー・コニッツのコール・ポーター好きは、かなりのもの。
1974年にベースのレッド・ミッチェルと「Lee Konitz and Red Mitchell I Concentrate On You」のコール・ポーター集をリリースして以来の作品になる。
副題に「In celebration of Lee Konitz 70th birthday」とある様に、リー・コニッツ70歳の誕生記念盤という意味もある。
演奏は、ちょと聴いただけではコール・ポーターの曲だとはわからない。
原曲を、かなり分解し再構築、普通のコピーに終わらせないところがリー・コニッツらしさ。
言い方を替えれば百戦練磨のリー・コニッツが生涯を通して題材にしてきたコール・ポーター集というところが聴きどころ。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




101 Strings Orchestra and The London Theatre Orchestra / Cole Porter Songbook (ETDCD 134) 101 Strings Orchestra and The London Theatre Orchestra / Cole Porter Songbook (ETDCD 134)

「ジャズ/101ストリングス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「イージー・リスニング/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 1999

Personnel :
101 Strings (orchestra)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
The London Theatre Orchestra

Song name :
01. I've Got You Under My Skin
02. Easy To Love
03. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
04. You Do Something To Me
05. In The Still Of The Night
06. Night And Day
07. I Love You
08. Begin The Beguine
09. From This Moment On
10. I Love Paris
11. Can Can
12. Who Wants To Be A Millionaire

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 101ストリングス・オーケストラ (101 Strings Orchestra) は、101本の弦楽器を中心に打楽器・管弦楽あわせて約140名におよぶ大編成オーケストラ。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1999年のリリース、発売元がミュージック・コレクション・インターナショナル(Music Collection International Ltd.)、輸入盤、マイケル・ヒートリー(Michael Heatley)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲入り、101ストリングス・オーケストラとロンドン・シアター・オーケストラによるコール・ポーター集。
聴き所は何といっても、その壮大なオーケストラが奏(かな)でるコール・ポーターの曲。
日常を忘れる優雅な、ひとときを与えてくれる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Janet Seidel / Delovely - Live At Woodfire - The Music Of Cole Porter (MZCF-1086) Janet Seidel / Delovely - Live At Woodfire - The Music Of Cole Porter (MZCF-1086)

「ジャズ/ジャネット・サイデル」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 8, 2005

Personnel :
Janet Seidel (vo, p)
Cole Porter (comp, lyrics)
Chuck Morgan (g, ukulele)
David Seidel (b)

Song name :
01. It's De-Lovely
02. Love For Sale
03. Drema Dancing / Night And Day
04. Begin The Beguine
05. Let's Misbehave
06. I'm in Love
07. Dialogue: Intro to "Let's Do It"
08. Let's Do It
09. You're the Top
10. Don't Fence Me In
11. What Is This Thing Called Love?
12. So in Love
13. Dialogue: Intro to "I Love You"
14. I Love You
15. Anything Goes
16. Physician
17. True Love
18. You're Sensational
19. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
20. I Love Paris
21. You'd Be So Nice To Come Home To

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャネット・サイデル(Janet Seidel 1955年5月28日~)はオーストラリア・南オーストラリア・カミンズ生まれの歌手、ピアニスト、音楽教師。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2005年5月8日の録音、オーストラリア・シドニーの「ウッドファイアー(Woodfire)」でのライヴ、ジャネット・サイデル(Janet Seidel)自身による英語コメント、高田敬三氏による日本語解説、21曲入り。
メンバーは、歌とピアノがジャネット・サイデル、ギターとウクレレがチャック・モーガン、ベースがデヴィッド・サイデル。
ベースのデヴィッド・サイデルはジャネット・サイデルの兄。
経歴は1980年頃、オーストラリア・シドニーの高級ホテル・ラウンジで、兄のデヴィッド・サイデルと活動を開始。
デビューは1992年、デヴィッド・サイデルのレーベルから自主制作アルバムを発表したとある、その後、着々とファンが増え作品を発表していく。
日本ではアルバム「マナクーラの月」がウクレレをバックに唄う癒しの作品として熱狂的ファンが増えた。
オーストラリア人は、広大な大地に育ったせいか性格もおおらかで、録音に関しても無頓着さがライブ音源に表れる。
出来ればスタジオ録音をしてほしかった。
肝心な演奏は、嫌みのない素直な声とピアノ、ジャズというよりはライト感覚なポップスと言った感じ。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Porter (TOCP-8198) Kiri Te Kanawa / Kiri Sings Porter (TOCP-8198)

「ジャズ/キリ・テ・カナワ」のリーダーアルバム扱いとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 19-23, 1993

Personnel :
Kiri Te Kanawa (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Peter Matz (cond)
New World Philharmonic

Song name :
01. Ridin' High
02. I've Got You Under My Skin
03. Let's Misbehave
04. I Love Paris
05. So In Love
06. Just One Of Those Things
07. I Concentrate On You
08. It's All Right With Me
09. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
10. After You
11. Night And Day
12. Don't Look At Me That Way
13. In The Still Of The Night
14. You'd Be So Nice To Come Home To
15. True Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : キリ・テ・カナワ(Kiri Te Kanawa 本名:Dame Kiri Janette Te Kanawa 出生名:Claire Mary Teresa Rawstron 1944年3月6日~)はニュージーランド・ギズボーン生まれの女性オペラ歌手、声楽家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1993年の録音、EMIレーベルの音源、発売元が東芝EMI株式会社、ライナーは演目表示のみ、英語歌詞、歌詞対訳、宮本啓氏による日本語解説、15曲入り、コール・ポーター集。
バックは、ピーター・マッツ指揮によるニュー・ワールド・フィルハーモニック管弦楽団。
キリ・テ・カナワを知ったのは、1981年、チャールズ王太子とダイアナ・スペンサーの結婚式で祝いの歌を歌った。
元々は正統のオペラ歌手だが、最近ミュージカルなどポップス方面でも活躍している。
本人の興味があるジャンルがあれば力を発揮してほしい。
歌唱は透き通るような透明感のある歌声。
本人が何よりコール・ポーター好きだという事が伝わってくる。
天国のコール・ポーターは、さぞかし喜んでいるにちがいない。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Illinois Jacquet / Bosses Of The Ballad - Illinois Jacquet And Strings Play Cole Porter (UCCU-9982) Illinois Jacquet / Bosses Of The Ballad - Illinois Jacquet And Strings Play Cole Porter (UCCU-9982)

「ジャズ/イリノイ・ジャケー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 29-30, 1964

Personnel :
Illinois Jacquet (ts)
Cole Porter (comp)
Benny Golson (arr)
Tom McIntosh (arr)
A string of 19 people

Song name :
01. I Love You
02. Get Out of Town
03. So in Love
04. I Concentrate on You
05. You Do Something to Me
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. Use Your Imagination
08. All Through the Night
09. Begin The Beguine
10. It's All Right with Me
11. Do I Love You?
12. I've Got You Under My Skin

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : イリノイ・ジャケー(Illinois Jacquet 出生名:Jean-Baptiste Illinois Jacquet 1922年10月31日~2004年7月22日)はアメリカ合衆国ルイジアナ州生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1964年10月29日・30日の録音、アーゴ(Argo)LP-746番、12曲入り。
CDは制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売・販売元がユニバーサル・ミュージック株式合同会社、アラン・モリソン(Allan Morrison)氏による英語ライナーノーツ、原田和典氏による日本語解説、12曲入り。
メンバーは、テナーサックスがイリノイ・ジャケー、アレンジがトム・マッキントシュとベニー・ゴルソン、19人のストリング・オーケストラ。
イリノイ・ジャケーというと元気なブローと豪快なテナーと思ってしまうが、ここでは趣向を置き換えエレガントにコール・ポーターを演奏。
トム・マッキントシュとベニー・ゴルソンのアレンジも功を奏す。
イリノイ・ジャケーがコール・ポーター集に挑戦したメンタルな部分を感じ取りたい。
ここは、ひとまず珈琲でも淹れてユッタリと。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Dave Liebman / Liebman Gimore Goodwin Plays Cole Porter (123236 2 CD) Dave Liebman / Liebman Gimore Goodwin Plays Cole Porter (123236 2 CD)

「ジャズ/デイヴ・リーブマン」のリーダーアルバとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1988

Personnel :
Dave Liebman (ss)
Cole Porter (comp)
Steve Gilmore (b)
Bill Goodwin (ds)

Song name :
01. I Love You
02. Dream Dancing
03. Begin The Beguine
04. I've Got You Under My Skin
05. True Love
06. Ridin' High
07. Why Do I Care?
08. It's Allright With Me
09. Get Out Of Town
10. In The Still Of The Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デイヴ・リーブマン(Dave Liebman(David Liebman) 1946年9月4日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・サックス、フルート奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1988年の録音、レッド・レコード(Red Records)・レーベルからのリリース、輸入盤、解説書なし、作曲家のコール・ポーター集。
メンバーはソプラノサックスがデイヴ・リーブマン、ベースがスティーブ・ギルモア、ドラムがビル・グッドウィン。
デイヴ・リーブマンの守備範囲は広く、古典のから室内音楽、クラシックからフュージョンと様々な演奏をする。
ここでは全曲ソプラノ・サックスだけで演奏。
即興性を重視した演奏でコール・ポーターを演奏したという点がユニーク。
原曲を崩しているので原曲を知らないと面白くない。
デイヴ・リーブマンの最新のニュースはアメリカ合衆国の「全国芸術基金」から「NEA Jazz Masters 生涯業績賞(lifetime achievement award)」を与えられた。
内容は生涯において音楽業界に創造的な貢献をし、それぞれの部門で顕著な芸術的意義をもたらした賞だという。
また2012年、本人の伝記「どうした?ジャズ・ミュージシャンの一生」を発刊した。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Michel Legrand / Cole Porter Michel Legrand And His Orch. (AK 47860) Michel Legrand / Cole Porter Michel Legrand And His Orch. (AK 47860)

「ジャズ/ミシェル・ルグラン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 1992

Personnel :
Michel Legrand (arr, cond)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. Begin The Beguine
02. In the Still of the Night
03. Just One of Those Things
04. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
05. What Is This Thing Called Love?
06. True Love
07. Ridin' High
08. Love of My Life
09. Too Darn Hot
10. So in Love
11. Don't Fence Me In
12. Anything Goes
13. Love For Sale
14. Close
15. I Get a Kick Out of You
16. I Love You
17. It's All Right With Me
18. I Am in Love
19. Night And Day
20. You Do Something to Me
21. From This Moment On
22. All Through the Night
23. I've Got You Under My Skin
24. Blow, Gabriel, Blow

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ミシェル・ルグラン(Michel Legrand 1932年2月24日~2019年1月26日)はフランス生れの作曲家、編曲者、指揮者、ピアニスト、映画監督、俳優。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1992年のリリース、コロムビア・レコードの音源、ソニー・ミュージック・スペシャル・プロダクツからのリリース、輸入盤、リチャード・レワイン(Richard Lewine)氏による英語ライナーノーツ、24曲入り、コール・ポーター集。
ミシェル・ルグランの作曲で「シェルブールの雨傘」「おもいでの夏」などが有名。
演奏はアメリカ人コール・ポーターの曲にフランス人のエッセンスが溶け合う。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Harry Allen / Cole Porter Songbook (BVCJ-34017) Harry Allen / Cole Porter Songbook (BVCJ-34017)

「ジャズ/ハリー・アレン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Released : November 21, 2001

Personnel :
Harry Allen (ts)
Cole Porter (comp)
Benny Green (p)
Russell Malone (g)
Peter Washington (b)

Song name :
01. You Do Something to Me
02. I Get a Kick Out of You
03. In the Still of the Night
04. Goodbye Little Dream Goodbye
05. Use Your Imagination
06. It's All Right With Me
07. Dream Dancing
08. I Concentrate On You
09. You're the Top
10. Do I Love You
11. Night And Day
12. I Love You, Samantha
13. Why Shouldn't I
14. Silk Stockings
15. Begin The Beguine
16. Everything I Love
17. All of You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ハリー・アレン(Harry Allen 1966年10月12日~)はアメリカ合衆国ワシントDC生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2001年の録音、発売元が株式会社BMGファンハウス、ハリー・アレン(Harry Allen)氏による英語のコメント、青木和富氏による日本語解説、17曲入り、コール・ポーター集。
メンバーはテナーサックスがハリー・アレン、ピアノがベニー・グリーン、ギターがラッセル・マローン、ベースがピーター・ワシントン。
ドラムレスのため、全体に落ち着いたBGM風に仕上がっている。
ピアノのベニー・グリーンは本来メイン・ストリームのハード・バップを得意とするが、ここではシックにハリー・アレンのサポートに回っている。
ラッセル・マローンの柔らかく優しいギターは更に寛(くつろ)ぎを。
ベースのピーター・ワシントンはハリー・アレンとは親友、他のアルバムでも参加していて意思の疎通は万全。
多くのミュージシャンが試金石としてコール・ポーターを演奏するのは2、3曲程度。
ソング・ブックとなると格が違う。
そうとうの自信がないとリリースしない、もしくは出来ない、そのためこの盤はハリー・アレンのマイル・ストーンになった。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Julie London / Sings the Choicest of Cole Porter (CDP-7-93455-2) Julie London / Sings the Choicest of Cole Porter - With Bud Shank Quintet (CDP-7-93455-2)

「ジャズ/ジュリー・ロンドン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/バド・シャンク」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1965

Personnel :
Julie London (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Bud Shank (as, fl, cond)
Russ Freeman (p)
Joe Pass (g)
Monty Budwig (b)
Colin Bailey (ds)

Song name :
01. All Through the Night
02. What Is This Thing Called Love?
03. Get Out of Town
04. My Heart Belongs to Daddy [Version 1]
05. So in Love
06. You'd Be So Nice To Come Home To
07. In the Still of the Night
08. At Long Last Love
09. I Love You
10. I've Got You Under My Skin
11. Love For Sale
12. Easy to Love
13. Make It Another Old-Fashioned, Please
14. You Do Something to Me
15. My Heart Belongs to Daddy [Version 2]
16. Always True to You in My Fashion
17. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジュリー・ロンドン(Julie London 1926年9月26日~2000年10月18日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州サンタローザ生まれの女優、ジャズ歌手。
バド・シャンク(Bud Shank 本名:Clifford Everett "Bud" Shank, Jr. 1926年5月27日~2009年4月2日)はアメリカ合衆国オハイオ州デイトン生まれのウエストコースト系ジャズの白人アルトサックス、フルート奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1965年の録音、リバティー(Liberty)LRP-3434番、10曲入り。
以下、LPの演目。
A1. I've Got You Under My Skin
A2. You Do Something To Me
A3. Get Out Of Town
A4. All Through The Night
A5. So In Love
B1. At Long Last Love
B2. Easy To Love
B3. My Heart Belongs To Daddy
B4. Ev'ry Time We Say Goodbye
B5. In The Still Of The Night
CDはEMIレコード・レーベルからのリリース、輸入盤、ディック・オリヴァー(Dick Oliver)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲追加され全17曲入り。
以下CDで追加された7曲。
02. What Is This Thing Called Love?
06. You'd Be So Nice To Come Home To
09. I Love You
11. Love For Sale
13. Make It Another Old-Fashioned, Please
15. My Heart Belongs to Daddy [Version 2]
16. Always True to You in My Fashion
メンバーは、ヴォーカルがジュリー・ロンドン、ピアノがラス・フリーマン、ギターがジョー・パス、アルト・サックスとフルートがバド・シャンク、ベースがモンティ・バドウィグ、ドラムがコーリン・ベイリー。
リーダー級のメンバーがバックを務める。
ジュリー・ロンドンのために書いたようなコール・ポーターの楽曲は、まさに適役。
今、気が付いたがジュリー・ロンドンと同じ歳のバド・シャンク。
センチメンタルで妖艶なテナーサックスで甘く寄り添う。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cecil Taylor / Love For Sale (TOCJ-50224) Cecil Taylor / Love For Sale (TOCJ-50224)

「ジャズ/セシル・テイラー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 15, 1959

Personnel :
Cecil Taylor (p)
Cole Porter (comp, lyrics)
Ted Curson (tp) #04-#06
Bill Barron (ts) #04-#06
Buell Neidlinger (b)
Denis Charles (ds)

Song name :
01. Get Out of Town
02. I Love Paris
03. Love For Sale
04. Little Lees
05. Matie's Trophies
06. Carol / Three Points

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : セシル・テイラー(Cecil Taylor 出生名:Cecil Percival Taylor 1929年3月25日~2018年4月5日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州出身のジャズ、フリージャズのピアニスト、詩人。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1959年4月15日の録音、ユナイテッド・アーティスト・レコード(United Artists Records)UAS 5046番、5曲入り。
CDは発売元が株式会社EMIミュージック・ジャパン、ウィリアム・トンプソン(William Thompson)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、菊田有一氏による日本語解説、6曲目 「Carol / Three Points」 が追加され全6曲入り、作曲家コール・ポーター集。
「ジャズ名盤ベスト・アンド・モア999シリーズ第5期 / (株)EMIミュージック・ジャパン」 より国内初CD化。
メンバーはピアノがセシル・テイラー、ベースがビュエル・ネイドリンガー、ドラムがデニス・チャールズ。
躍動感と緊張感、そして即興性を追求する。
知らないで聴いていたら曲がコール・ポーターの曲だとはわからない。
ここではトランペットのテッド・カーソンが神妙にセシル・テイラーに寄り添う。
テナーサックスのビル・バロンはテッド・カーソンのリーダー作 「Ted Curson / Plenty of Horn (Rec:4/1961)」 に参加していた。
ちなみにビル・バロンの弟がジャズ・ピアニストのケニー・バロン。
天国にいるコール・ポーターが聴いたら何と言うだろう。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Rosemary Clooney / Sings The Music Of Cole Porter (CCD-4185) Rosemary Clooney / Sings The Music Of Cole Porter (CCD-4185)

「ジャズ/ローズマリー・クルーニー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1982

Personnel :
Rosemary Clooney (vo)
Cole Porter (comp)
Nat Pierce (p)
Cal Tjader (vib)
Cal Collins (g)
Warren Vache (cornet, flh)
David Ladd (fl)
Scott Hamilton (ts)
Bob Maize (b)
Jake Hanna (ds)

Song name :
01. In The Still Of The Night
02. My Heart Belongs To Daddy
03. I Get A Kick Out Of You
04. Get Out Of Town
05. I Concentrate On You
06. Just One Of Those Things
07. I've Got You Under My Skin
08. It's De-Lovely
09. You're The Top
10. Anything Goes

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローズマリー・クルーニー(Rosemary Clooney 1928年5月23日~2002年6月29日)はアメリカ合衆国ケンタッキー州メイズヴィル生まの白人ジャズ歌手、女優。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1982年の録音、発売元がコンコード・レコード(Concord Records)、輸入盤、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、コール・ポーター集。
メンバーはヴォーカルがローズマリー・クルーニー、ピアノがナット・ピアス、ヴィブラフォンがカル・ジェイダー、コルネットがウォーレン・ヴァッシェ、テナーサックスがスコット・ハミルトン、ドラムがジェイク・ハナ(ハンナ)ほか。
個性的な超一流ミュージシャンがバックを担当した事でアルバムの価値が更に上がる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays The Cole Porter Song Book (821 987-2) Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays The Cole Porter Song Book (821 987-2)

「ジャズ/オスカー・ピーターソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 21, 1959 - August 1, 1959

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (d)

Song name :
01. In the Still of the Night
02. It's All Right With Me
03. Love For Sale
04. Just One of Those Things
05. I've Got You Under My Skin
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. Night And Day
08. You'd Be So Easy to Love
09. Why Can't You Behave?
10. I Love Paris
11. I Concentrate on You
12. It's De-Lovely

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1959年7月・8月の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)V-2052番、12曲入り、コール・ポーター・ソングブック。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ローレンス・D・スチュワート(Lawrence D. Stewart)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲入り。
メンバーは、プロデューサーがノーマン・グランツ、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン、。
演奏は1曲の尺が3分程度、コール・ポーターの代表曲12曲。
オスカー・ピーターソンの弾き過ぎはなくBGM色を強くしている。
たぶんオスカー・ピーターソンの特質を充分吟味したうえで上手くまとめている。
いつもの聴きなれたコール・ポーターをオスカー・ピーターソン・トリオで優雅に楽しめる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Bobby Short / You're The Top Love Songs Of Cole Porter (CD-83463) Bobby Short / You're The Top Love Songs Of Cole Porter (CD-83463)

「ジャズ/ボビー・ショート」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : October 13, 1998 - January 25, 1999

Personnel :
Bobby Short (vo, p, cond)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Loren Schoenber (cond, ts)
Tony Kadleck (tp)
John Eckert (tp)
Virgil Jones (tp)
Bobby Pring (tb)
Eddie Bert (tb)
Jack Stuckey (as, cl,fl)
Jay Brandford (as, cl, fl)
Doug Lawrence (ts, cl)
Danny Bank (bs, bass-cl, fl)
Haward Alden (g)
Jay Berliner (g)
Frank Tate (b)
Klaus Suonsaari (ds)

Song name :
01. C'est Magnifique
02. I Love You, Samantha
03. You Do Something to Me
04. You'd Be So Nice To Come Home To
05. Only Another Boy and Girl
06. I Concentrate on You
07. So Near and Yet So Far
08. Can-Can
09. I've Got You Under My Skin
10. You're Sensational
11. What Is This Thing Called Love?
12. In the Still of the Night
13. You're the Top
14. We Shall Never Be Younger
15. Love of My Life

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ボビー・ショート(Bobby Short 1924年9月15日~2005年3月21日)はアメリカ合衆国イリノイ州ダンビル生まれのジャズ歌手、ピアニスト、バンドマスター。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1998年から1999年の録音、発売元がテラーク・ジャズ(Telarc Jazz)、輸入盤、英語歌詞、ロバート・キンボール(Robert Kimball)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、15曲入り、カーライルホテル「カフェ・カーライル」プレゼンツ・コール・ポーター集。
ボビー・ショートは元はキャバレー歌手でピアニストだった。
後半は長い間「カフェ・カーライル」のレギュラーでニューヨークでは名が通っている。
アメリカのキャバレーの歌手兼ピアニストというのは日本のキャバレーのイメージとは、だいぶ違う。
著名なジャズ・ピアニストや歌手は録音技術のない時代、ライブで腕を磨き、それで生計を立てていた。
音声を録音できる時代に入り媒体の販売により経済行為が成り立ち次第にライブは減少した。
ボビー・ショートはいわば、この生き証人だったが惜しくも亡くなってしまった。
アメリカの本場ジャズ・ヴォーカリストの男女のほとんど声質が良くない事に注目したい。
そのかわり抜群の音感、目をみはるリズム感、そして並外れたエンターテインメント性を持ち合わせている。
これこそがキャバレー・ジャズ・ヴォーカルの醍醐味。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Joan Curto / Joan Curto Sings Cole Porter From Major to Minor (*No CD number) Joan Curto / Joan Curto Sings Cole Porter From Major to Minor (CD number ?)

「ジャズ/ジョーン・カルト」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 2016 ?

Personnel :
Joan Curto (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Beckie Menzie (p)
Jim Cox (b)
Phil Gratteau (per)

Song name :
01. My Heart Belongs To Daddy
02. I Love Paris
03. So In Love
04. I've Got You Under My Skin
05. Weren't We Fools? / In The Still Of The Night
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. Just One Of Those Things

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョーン・カルト(Joan Curto 1995年6月6日~)は女性ジャズ歌手、俳優。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは、リリース期日不明、発売元不明(自費出版?)、輸入盤、ライナーノーツなし、英語の演目と演奏者のみ表示、7曲入り、作曲者コール・ポーター集。
歌唱はジュリー・アンドリュース調の張りのある声量と歌いまわし。
難しいコール・ポーターを独自の解釈で歌いきっている。
シカゴを拠点にクラブやコンサートホールで活動している。
3人の息子の母親。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Stanley Wilson / Sings Cole Porter (6-6644947452-5 BW101) Stanley Wilson / Sings Cole Porter (6-6644947452-5 BW101)

「ジャズ/スタンリー・ウィルソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Released : September 5, 2006

Personnel :
Stanley Wilson (vo)
Ben Cook (arr, p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Ben Cook (arr, p)
Dave Whitney (tp)
Todd Baker (b)
Jim Gwin (ds)
Lucy Pope (violin)
Ann Marie (violin)
Beth Welty (violin)
Frank Grimes (viola)
Michael Curry (cello)

Song name :
01. It's De-lovely
02. All of You
03. Let's Misbehave
04. Easy to Love
05. I've Got You Under My Skin
06. In the Still of the Night
07. Agua Sincopada
08. Ridin' High
09. All Through the Night
10. Let's Do It
11. Nuit Et Jour
12. I Concentrate On You
13. So In Love
14. Don't Fence Me In
15. What Is This Thing Called Love?
16. Begin The Beguine
17. Blow, Gabriel, Blow!

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スタンリー・ウィルソン(Stanley Wilson)はクラシック、ミュージカル、ポップスと幅広いジャンルのテノール歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2006年9月5日のリリース、発売元が(Stanley Wilson Tenor.com)自費出版の可能性あり、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、17曲入り、作曲家のコール・ポーター集。
演目は世界中のミュージシャンが試金石として扱うコール・ポーターの楽曲。
歌唱は、正統派テノール歌手なので楽譜通り崩さず丁寧に歌っている。
ふと、藤山一郎、東海林太郎、霧島昇などの昭和戦時中の歌唱を思い出した。
バックはピアノ・トリオとストリングスで優雅さを演出。
普段、崩したジャズ漬の耳には、とても新鮮。
思ったのはコール・ポーターの楽曲は正統派テノール歌手にも十分耐えられるという事。
(青木高見)



▲ページの上に戻る▲




David Leonhardt / The David Leonhardt Jazz Group Plays Cole Porter (BBR9584) David Leonhardt / The David Leonhardt Jazz Group Plays Cole Porter (BBR9584)

「ジャズ/デヴィッド・レオンハート(レオンハルト)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 29-30, 2010

Personnel :
David Leonhardt (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Nancy Reed (vo)
Larry McKenna (ts)
Matthew Parrish (b)
Paul Wells (ds)

Song name :
01. Love For Sale
02. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
03. Just One of Those Things
04. Night And Day
05. In the Still of the Night
06. You'd Be So Nice To Come Home To
07. I've Got you Under My Skin
08. I Concentrate On You
09. It's All Right With Me
10. I Love You
11. A Of You
12. Get Out of Town

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : デヴィッド・レオンハート(レオンハルト)(David Leonhardt)はジャズ・ピアニスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2010年9月29日・30日の録音、CDは発売元がビック・バン・レコード(Big Bang Records)、輸入盤、英語ライナーノーツなし、英語演目紹介のみ、12曲入り、作曲家コール・ポーター集。
メンバーは、ピアノがデヴィッド・レオンハート(レオンハルト)、ヴォーカルがナンシー・リード、テナーサックスがラリー・マッケンナ、ベースが Matthew Parrish、ベースが Paul Wells。
自己のグループ「The David Leonhardt Jazz Group」のリーダー。
レコーディング、テレビ、ラジオ、コンサート、フェスティバル、ナイトクラブ、ステージショーなどが豊富な経験を持つ。
活躍の場所も、北米、南米、ヨーロッパ、中東ほかと世界的に活躍している。
アルバムは40枚近くリリース。
演奏はコール・ポーター特集を作っただけの事はある、難解な曲を無難にこなしている。
コール・ポーター集の場合、無難にこなすだけでも相当な技術がなければならない。
その上で更に個性を注入しないとジャズとしては成り立たない。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Jeri Southern / Meet Cole Porter - At The Crescendo (7243 8 56057 2 7) Jeri Southern / Meets Cole Porter Jeri Southern / At The Crescendo Jeri Southern / Meet Cole Porter - At The Crescendo (7243 8 56057 2 7)

「ジャズ/ジェリ・サザーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : [Jeri Southern / Meets Cole Porter] 1959
Release : [Jeri Southern / At The Crescendo] 1960
Release : CD:December 28, 1999

Personnel :
[Jeri Southern / Meet Cole Porter]
Jeri Southern (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Billy May (arr, cond)
[At The Crescendo]
Jeri Southern (vo, p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Dick Hazard (p, arr)
Edgar Lustgarten (cello)
John Kitzmiller (b)
Frankie Capp (ds)

Song name :
[Meet Cole Porter]
01. Don't Look at Me That Way
02. Get Out of Town
03. Looking at You
04. It's All Right With Me
05. Let's Fly Away
06. Why Shouldn't I?
07. You're the Top
08. After You
09. Which?
10. I Concentrate on You
11. It's Bad for Me
12. Weren't We Fools?

[At The Crescendo]
13. I Thought of You Last Night
14. I Get a Kick Out of You
15. Dancing on the Ceiling
16. Blame It on My Youth
17. Remind Me
18. You Better Go Now
19. I'm Just a Woman
20. Something I Dreamed Last Night
21. Nice Work If You Can Get It
22. When I Fall in Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェリ・サザーン(Jeri Southern 1926年8月5日~1991年8月4日)アメリカ合衆国ネブラスカ州ロイヤル生まれの女性ジャズ・ピアニスト、歌手 。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LP [Jeri Southern / Meet Cole Porter] は1959年のリリース、キャピトル・レコード(Capitol Records)T1173番、12曲入り、作曲家コール・ポーター集。
LPは [Jeri Southern / At The Crescendo] は1960年のリリース、キャピトル・レコード(Capitol Records)ST 1278番、10曲入り。
CDは1999年12月23日のリリース、「Meet Cole Porter」と「At The Crescendo」のカップリング盤、発売元がキャピトル・レコード(Capitol Records)・EMI、輸入盤。
ライナーノーツは、[Jeri Southern / Meet Cole Porter] 原盤LPからの写真(判読は苦しい)、キャピトル・レコードによるオリジナル解説、[Jeri Southern / At The Crescendo] 原盤LPからの写真、ルフ・グリーソン(Ralph Gleason)氏によるオリジナル解説(判読不可)、全22曲入り。
ジェリ・サザーンの声は少し、しゃがれて芯の強いアメリカ女性という感じがする。
弾き語りの名手でもありピアノが上手い。
1~12曲目、「Meet Cole Porter」で全てコール・ポーターの曲。
13~22曲、「At The Crescendo」エドワード・ヘイマンほかの曲、ハリウッドの名門クラブでのライヴ。
以下、演目の作曲者を明記。
[Meet Cole Porter]
01. Don't Look at Me That Way / Cole Porter
02. Get Out of Town / Cole Porter
03. Looking at You / Cole Porter
04. It's All Right With Me / Cole Porter
05. Let's Fly Away / Cole Porter
06. Why Shouldn't I? / Cole Porter
07. You're the Top / Cole Porter
08. After You / Cole Porter
09. Which? / Cole Porter
10. I Concentrate on You / Cole Porter
11. It's Bad for Me / Cole Porter
12. Weren't We Fools? / Cole Porter

[At The Crescendo]
13. I Thought of You Last Night / Ralph Freed
14. I Get a Kick Out of You / Cole Porter
15. Dancing on the Ceiling / Lorenz Hart, Richard Rodgers
16. Blame It on My Youth / Edward Heyman, Oscar Levant
17. Remind Me / Dorothy Fields, Jerome Kern
18. You Better Go Now / Robert Graham, Bickley S. Reichmer
19. I'm Just a Woman / ?
20. Something I Dreamed Last Night / Sammy Fain, Herbert Magidson, Jack Yellen
21. Nice Work If You Can Get It / George Gershwin, Ira Gershwin
22. When I Fall in Love / Edward Heyman, Victor Young
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Salena Jones / Salena Jones Sings Cole Porter (VICJ-142) Salena Jones / Salena Jones Sings Cole Porter (VICJ-142)

「ジャズ/サリナ・ジョーンズ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 22, 1992 - June 3, 1992

Released : 1992

Personnel :
Salena Jones (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Barry Forgie (arr)
Toots Thielemans (hca)
Maurice Vander (p)
Pierre Michelot (b)
Francis Lassus (ds)
Gilles Perrin (per)
Francis Sylvestre (g)
Alain Hatot (as, fl)
Sylvain Boeuf(ts)
Gilles Miton (bs)
Eric Lelann (tp, flh)
Bernard Camoin (tb)

Song name :
01. I Love Paris
02. You Do Something to Me
03. From This Moment On
04. Easy to Love
05. Night And Day
06. I Get a Kick out of You
07. It's Alright with Me
08. I Concentrate on You
09. What Is This Thing Called Love?
10. Just One of Those Things
11. Get out of Town
12. Begin The Beguine
13. All of You
14. Anything Goes
15. So in Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サリナ・ジョーンズ(Salena Jones 出生名:Joan Elizabeth Shaw 1944年1月29日~)はアメリカ合衆国ヴァージニア州ニューポートニューズ生まれの女性ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1992年5月・6月のパリでの録音、発売元がビクター音楽産業株式会社、英語歌詞、英語解説なし、山口弘滋氏による日本語解説、15曲入り、作曲家コール・ポーター集。
メンバーは、ヴォーカルがサリナ・ジョーンズ、ハーモニカがトゥーツ・シールマンス、ピアノがモーリス・ヴァンデール、ベースがピエール・ミシェロ、ドラムがフランシス・ラシュスほか大勢。
演奏は、ポピュラーのバラードを歌わせたら抜群なサリナ・ジョーンズが作曲家コール・ポーターに挑戦した。
歌詞を忠実に歌いつつ、ジャズ・ブルースの香りを際立たせた歌唱。
それに艶のあるハーモニカはトゥーツ・シールマンス。
エラ・フィッツジェラルド、ヘレン・メリル、アニタ・オデイ、ディオンヌ・ワーウィックほか女性ジャズ・ヴォーカルがコール・ポーター・ソングブックをリリースしてきた中、サリナ・ジョーンズも仲間入りした。
女性ジャズ・ヴォーカル史の観点からも大きな足跡を残した事になる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Justin Hayford / It All Belongs To You (LML CD-215) Justin Hayford / It All Belongs To You (LML CD-215)

「ジャズ/ジャスティン・ヘイフォード」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 2007

Personnel :
Justin Hayford (p, vo, arr)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Jim Cox (b)
Phil Gratteau (ds)
Jennet Ingle (oboe)

Song name :
01. You Irritate Me So
02. Come Along with Me
03. Dream Dancing
04. They All Fall in Love
05. How Could We Be Wrong
06. Hasta Luego
07. At Long Last Love [Alternate Lyric]
08. Easy to Love [Alternate Lyric]
09. Why Don't We Try Staying Home?
10. It Must Be Fun to Be You
11. It's Just Yours
12. It All Belongs to You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャスティン・ヘイフォード(Justin Hayford 1970年3月11日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ロチェスター生まれのジャズ歌手、ピアニスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2007年のリリース、発売元がLML(LML Music)、輸入盤、ジャスティン・ヘイフォード(Justin Hayford)氏自身による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲入り、作曲家コール・ポーター集。
メンバーは、ヴォーカル・ピアノ・編曲がジャスティン・ヘイフォード、ベースがジム・コックス、ドラムがフィル・グラトー、オーボエがジェネット・イングル。
コール・ポーターの楽曲の中でもメジャーでない曲を取り上げた点が評価できるのと価値がある。
歌唱は、菜食人間の声のようで細く弱々しい声。
だが多くのミュージシャンに演奏されてきたコール・ポーター、こういう静かで騒がしくない自然体もいい。
やはり、アメリカという国の音楽に対する寛容さは、日本では色々な面で到達できない。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Andre Kostelanetz / Music Of Cole Poter _ Music Of Vincent Youmans (COL-CD-6630 _ SONY A-32029) Andre Kostelanetz / Music Of Cole Poter Andre Kostelanetz / Music Of Vincent Youmans Andre Kostelanetz / Music Of Cole Poter _ Music Of Vincent Youmans (COL-CD-6630 _ SONY A-32029)

「ジャズ/アンドレ・コステラネッツ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ヴィンセント・ユーマンス」でも同じ内容を掲載しています。  →
「イージーリスニング/アンドレ・コステラネッツ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : January 30, 2001

Personnel :
Andre Kostelanetz (cond, arr, band-leader)
Vincent Youmans (cond, arr, band-leader)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
[Andre Kostelanetz / Music Of Cole Porter]
01. Begin The Beguine
02. All Through The Night
03. I Concentrate On You
04. I Love You
05. Night And Day
06. In The Still Of The Night
07. I've Got You Under My Skin
08. Blow, Gabriel, Blow
09. Just One Of Those Things (Bonus Track)

[Andre Kostelanetz / Music Of Vincent Youmans]
10. Medley : 10a Hallelujah!, Time On My Hands
11. Tea For Two
12. Carioca
13. Medley : 13a Without A Song, Great Day
14. More Than You Know
15. Orchids In The Moonlight
16. Medley : Sometimes I'm Happy, I Know That You Know
17. Medley : Through The Years, Drums In My Heart

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : アンドレ・コステラネッツ(Andre Kostelanetz 本名:Абрам Наумович Костелянец アブラム・ナウモヴィチ・コステリャネツ 1901年12月22日~1980年1月13日)はロシア・サンクトペテルブルク生まれの指揮者、編曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
ヴィンセント・ユーマンス(Vincent Youmans 1898年2月27日~1946年4月5日)はアメリカ合衆国ニューヨーク・シティ生まれの作曲家、指揮者。
CDは「Andre Kostelanetz」」Music of Vincent Youmans」の2枚を1枚にカップリング。
2001年1月のリリース、発売元がコレクタブルズ(Collectables)、輸入盤、コレクタブルズ(Collectables)による英語オリジナル・ライナーノーツ、17曲入り。
アンドレ・コステラネッツは1922年ロシア革命後にアメリカ合衆国に亡命している。
1930年代にはCBSラジオで自身の番組「アンドレ・コステラネッツ・プレゼンツ」を担当して有名になった。
まだイージー・リスニングというジャンルがない時代「器楽による癒しの名曲演奏」の先駆けとなった。
LP [Andre Kostelanetz / Music Of Cole Porter] は1953年8月のリリース、コロムビア(Columbia)CL 729番、8曲入り、コール・ポーター集。
以下、LPの演目。
A1. Begin The Beguine
A2. All Through The Night
A3. I Concentrate On You
A4. I Love You
B1. Night And Day
B2. In The Still Of The Night
B3. I've Got You Under My Skin
B4. Blow, Gabriel, Blow
オーケストラは結構力強い、優雅でいて迫力がある、これが特徴といえる。
LP [Andre Kostelanetz / Music Of Vincent Youmans] は、1951年のリリース、コロムビア(Columbia)ML 4382番、8曲入り、ヴィンセント・ユーマンス集。
以下、LPの演目。
A1(Medley-a). Hallelujah (From "Hit The Deck")
A1(Medley-b). Time On My Hands
A2. Tea For Two (From "No, No Nanette")
A3. Carioca (From "Flying Down To Rio")
A4(Medley-a). Without A Song (From "Great Day")
A4(Medley-b). Great Day (From "Great Day")
B1. More Than You Know (From "Great Day")
B2. Orchids In The Moonlight (From "Flying Down To Rio")
B3(Medley-a). Sometimes I'm Happy (From "Hit The Deck")
B3(Medley-b). I Know That You Know (From "Oh, Please")
B4(Medley-a). Through The Years (From "Smiling Through")
B4(Medley-b). Drums In My Heart (From "Smiling Through")
スタンダードの「二人でお茶を(Tea for Two)」の作曲者のヴィンセント・ユーマンス。
ここではアンドレ・コステラネッツの力強いオーケストラでヴィンセント・ユーマンスの楽曲が聴ける。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Mabel Mercer / Sings Cole Porter (R2 71690) Mabel Mercer / Sings Cole Porter (R2 71690)

「ジャズ/マーベル・マーサー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Released : 1956

Personnel :
Mabel Mercer (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Cy Walter (p)
Stan Freeman (p)
Frank Carroll (b)

Song name :
01. It's Delovely
02. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
03. Experiment
04. Ours
05. After You
06. Where Oh Where
07. It's All Right With Me
08. So In Love
09. Looking At You
10. When Love Comes Your Way
11. I Am Ashamed That Women Are So Simple
12. Use Your Imagination
13. Ace In The Hole
14. Just One Of Those Things
15. From This Moment On
16. All Of You
17. Down In The Depths

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マーベル・マーサー(Mabel Mercer 1900年2月3日~1984年4月20日)はUKスタンフォードシャー州トレント生まれの女性ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
彼女の父親は彼女が生まれる前に亡くなった黒人アメリカ人でミュージシャンだった。
CDは発売元がライノ(Rhino)、輸入盤、ジョージ・フレイジャー(George Frazier)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、17曲入り、作曲家コール・ポーター集。
肝の座った自信に満ちた歌唱は彼女の生い立ちからきていると思う。
迫力がありすぎて、寛(くつろ)ぎを想像しているとハズす。
コール・ポーター・コレクションの醍醐味は、こんな処にある。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Susannah Mccorkle / Easy To Love - The Songs Of Cole Porter (CCD-4696) Susannah Mccorkle / Easy To Love - The Songs Of Cole Porter (CCD-4696)

「ジャズ/スザンナ・マッコークル」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 6-8, 1995

Personnel :
Susannah Mccorkle (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Allen Farnham (p, dir) #01-02, #04-#07, #09-10, #12-14
Howard Alden (g) except #05
Randy Sandke (tp, flh) #01-02, #04, #07, #09, #10-12, #14
Steve Gilmore (b) #01-02, #04, #06-07, #09, #10-14
Rich De Rosa (ds) #01-02, #04, #06-07, #09, #10-14
[special guests] #01-02, #04, #07, #09, #13
Chris Potter (as) #02
Ken Peplowski (ts, cl)
Robert Trowers (tb)

Song name :
01. Night And Day
02. Anything Goes
03. Just One Of Those Things
04. It's All Right With Me
05. Weren't We Fools?
06. From This Moment On
07. Who Wants To Be A Millionaire?
08. Why Don't We Try Staying Home?
09. You Do Something To Me
10. Easy To Love
11. Goodbye Little Dream, Goodbye
12. You'd Be So Nice To Come Home To
13. Let's Do It
14. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : スザンナ・マッコークル (Susannah Mccorkle 1946年1月1日~2001年5月19日) はアメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー生まれの女性ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1995年9月6日~8日の録音、コンコード(Concord)・レーベルからのリリース、輸入盤、ジョージ・カンズラー(George Kanzler)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、14曲入り。
メンバーは、ヴォーカルがスザンナ・マッコークル、ベースがスティーブ・ギルモア、ゲストでアルトサックスがクリス・ポッター、テナーサックスがケン・ペプロウスキーほか。
才女でありながらビリー・ホリディを聴いてジャズ・シンガーになったが癌をわずらい、うつ病に悩み、マンハッタンのアパートから飛び降り自殺をはかる。
歌唱は、まだ元気で活躍していた頃の明るく飾らない歌唱を聴くことができる。
ゲストにクリス・ポッターがケン・ペプロウスキーが価値を上げている。
彼女の悲惨な最期を知れば歌唱に感情移入してしまう。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Carmen Cavallaro / Night And Day (CDMOIR 561) Carmen Cavallaro / Night And Day (CDMOIR 561)

「ジャズ/カーメン・キャバレロ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「イージー・リスニング/カーメン・キャバレロ」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2001

Personnel :
Carmen Cavallaro (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. Dancing In The Dark
02. Lover
03. If I Had You
04. Smoke Gets In Your Eyes
05. Let Me Call You Sweetheart
06. You're The Cream In My Coffee
07. Lovely To Look At
08. Come Back To Sorrento
09. Brazil
10. Body And Soul
11. Night And Day
12. So In Love
13. You're A Sweetheart
14. I Kiss Your Hand Madame
15. Voodoo Moon
16. Dream Lover
17. The Carioca
18. Nostalgias-Tango
19. Goodnight Sweetheart
20. Malagueña
21. Liebestraum
22. Voices Of Spring
23. Tales From The Vienna Woods

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カーメン・キャバレロ(Carmen Cavallaro 1913年5月6日~1989年10月12日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク生まれのピアニスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2001年のリリース、発売元がメモワール(Memoir)、輸入盤、ナイジェル・ハンター(Nigel Hunter)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、23曲入り。
アルバム・タイトルが「Night And Day」とコール・ポーター作詞・作曲の名曲にしているので、コール・ポーター集かと思ったが、コール・ポーター以外の曲も収録されている。
出来る事なら、全曲コール・ポーターにしてほしかった。
ただ、演目が全23曲と多く、カーメン・キャバレロを長時間聴いていられるので満足できる。
コール・ポーターの「Night And Day」は1932年のミュージカル「陽気な離婚」のために書き下ろされ、フレッド・アステアが初演。
現在でも多くのミュージシャンに演奏されスタンダード化した。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Dick Hyman (Cole Porter) / All Through The Night (5060-2-C)< Dick Hyman (Cole Porter) / All Through The Night (5060-2-C)

「ジャズ/ディック・ハイマン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 1991

Personnel :
Dick Hyman (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. Easy to Love
02. Ev'rything I Love
03. Begin The Beguine
04. Were Thine That Special Face
05. Night And Day
06. Brush up Your Shakespeare
07. Dream Dancing
08. All Through the Night
09. Let's Do It (Let's Fall in Love)
10. You'd Be So Nice To Come Home To
11. Wunderbar

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ディック・ハイマン(Dick Hyman 本名:Richard "Dick" Hyman 1927年3月8日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの白人ジャズ・ピアニスト、編曲家、作曲家、指揮者、音楽監督。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1991年のリリース、発売元がミュージックマスター(Musicmasters)、輸入盤、ロバート・キンボール(Robert Kimball)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、11曲入り、ピアノ・ソロによるコール・ポーター集。
1927年の生まれなので90歳を越えたと思う。
活動はジャズの研究家で、みずからもジャズ・ピアノを弾き技術は超絶に近い。
1999年に製作されたアメリカ映画 「ギター弾きの恋」。
監督はウディ・アレン、ショーン・ペンが天才ジャズ・ギタリストを演じたドラマだが、この時の音楽担当がディック・ハイマン。
話は飛ぶが、アルバムジャケットの写真の顔はコール・ポーターでディック・ハイマンではない。
ディック・ハイマン自分の顔を載せた方がよかったのに、ここらへんが「シャイ」というか謙虚さが伝わってくる。
演奏は超絶技巧でコール・ポーターを楽しめる、スタジオ・ライブの様で曲が終わる度に拍手が入る。
ライブといっても音はよく大音量で聴けば、ディック・ハイマンが目の前で弾いている臨場感を味わえる。
またもやアメリカという国の音楽の裾野の広さを思い知らさる。
ちなみにウェス・モンゴメリーのアルバム 「Wes Montgomery / Fusion!」 ではディック・ハイマンがピアノを担当していた。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Daniele Scannapieco and Walter Ricci / The Cole Poter Songbook (PIC027) Daniele Scannapieco and Walter Ricci / The Cole Poter Songbook (PIC027)

「ジャズ/ダニエル・スキャナピエコ」のリーダーアルバム扱いとしています。  →
「ジャズ/ウォルター・リッチ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2012

Personnel :
Daniele Scannapieco (ts)
Walter Ricci (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Michele Di Martino (p)
Tommaso Scannapieco (b)
Giampiero Virtuoso (ds)

Song name :
01. I Concentrate on you
02. All of you
03. So in love
04. It's all right with me
05. From this moment on
06. Love For Sale
07. Easy to love
08. You'd Be So Nice To Come Home To
09. Just one of those things

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ダニエル・スキャナピエコ(Daniele Scannapieco 1970年~)イタリア・カンパーニャ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
ウォルター・リッチ(Walter Ricci 1989年~)はイタリア・ナポリ生まれの男性ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2012年のリリース、発売元がピカント・レコード(Picanto Records)、輸入盤、ピカント・レコード(Picanto Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、9曲入り、作曲家コール・ポーター集。
ウォルター・リッチの声、ハードバップ漬けの耳には清涼飲料水の様で戸惑を感じる。
ジャズを知らない若い女性にモテそうな声かもしれない。
都会の洒落たカフェに流れていそう。
時代はどんどん変化している。
このアルバムの良さが、わからなければと古いと言われれば、それはそれで仕方ない。
バックのダニエル・スキャナピエコは、どうしても形式どおりに聴こえてしまう。
気の抜けたビール!?
これがライト感覚という事なのかもしれない。
そういえばダニエル・スキャナピエコのアルバム 「ハイ・ファイヴ・クインテット」 も、たしか全部この様な音だったと思う。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cesare Siepi / Easy To Love (DECCA 480 8177) Cesare Siepi / Easy To Love (DECCA 480 8177)

「ジャズ/チェーザレ・シエピ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : April 7, 2014

Personnel :
Cesare Siepi (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Roland Shaw (Orchestra)

Song name :
01. Night And Day (From "The Gay Divorcee")
02. So In Love (From "Kiss Me Kate")
03. I've Got You Under My Skin (From "Born To Dance")
04. You'd Be So Nice To Come Home To (From "Something To Shout About")
05. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
06. Wunderbar (From "Kiss Me Kate")
07. Begin The Beguine
08. Easy To Love
09. I Get a Kick Out of You (From "Anything Goes")
10. I Love You (From "Mexican Hayride")
11. In the Still of the Night (From "Rosalie")
12. Blow, Gabriel Blow (From "Anything Goes")
13. Nabucco, Act II: "Vieni, o levita.Tu sul labbro dei veggenti"
  Alberto Erede, Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia & Cesare Siepi
14. Ernani / Pt. 1: "Che mai vegg'io.Infelice! Et tu credevi"
  Alberto Erede, Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia & Cesare Siepi
15. Simon Boccanegra, Prologue: "Il lacerato spirito"
Alberto Erede, Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia & Cesare Siepi
16. Don Carlo, Act IV: "Ella giammai m'amò!"
  Alberto Erede, Orchestra dell'Accademia Nazionale di Santa Cecilia & Cesare Siepi

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : チェーザレ・シエピ(Cesare Siepi 1923年2月10日-2010年7月5日)は20世紀のイタリア・オペラ界を代表するバス歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1958年の録音、デッカ(Decca)SKL 4027番、バーネット・ジェームズ(Burnett James)氏によるオリジナル・ライナーノーツ、12曲入り、作曲家コール・ポーター集。
CDは2014年4月7日のリリース、発売元がデッカ(Decca)、輸入盤、英語演目、原盤LPのオリジナル・ライナーノーツ写真(判読不明)、13~16曲目の4曲が追加され全16曲入。
バックはローランド・ショウ・オーケストラ。
20世紀のイタリア・オペラ界を代表したバス歌手、ジャンルがジャズではないがコール・ポーターを歌ったためコレクション。
チェーザレ・シエピは2010年に惜しくも亡くなった。 チェーザレ・シエピの立場からは、異色のアルバムと言う事で貴重。
歌唱は、百戦錬磨の経験と並外れたテクニックの持ち主、難なくコール・ポーターを歌いきる。
欠点など、ある訳がない。
こんな人に歌われたコール・ポーターは本当に幸せ者だ。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Manu Le Prince / Tribute To Cole Porter (Serg 095) Manu Le Prince / Tribute To Cole Porter (Serg 095)

「ジャズ/マヌ・ル・プランス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2008

Personnel :
Manu Le Prince (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Alain Jean Marie (p)
Gilles Naturel (b)
Jogn Betsch (ds)

Song name :
01. All Trough the Night
02. A Get a Kick Out of You
03. Get Out of Town
04. Night And Day
05. From This Moment On
06. Let's Fall in Love
07. Just One of Those Things
08. Love For Sale
09. I've Got You Under My Skin
10. Miss Otis
11. It's Too Darn Hot
12. I Concentrate On You
13. What Is This Thing Called Love?
14. I Am in Love
15. It's Allright With Me
16. All of You
17. Everytime We Say Good Bye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : マヌ・ル・プランス(Manu Le Prince)はフランスのボサ・ジャズ情勢歌手、出生地、生年月日は不明。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2008年のリリース、発売元がノクターン(Nocturne)、輸入盤、ライナーノーツなし、英語演目紹介、17曲入り、作曲家コール・ポーター集。
歌唱は少しシャガれた声、英語で歌っている。
ライブで鍛えられた声、歌いまわしが上手い。
世界中のミュージシャン演奏されている作曲家コール・ポーターを扱う事は、ある意味、試金石。
リスナーは気楽な気持ちで聴いていればよいが実際演奏となると、その差は例えようがない。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Patricia Barber / The Cole Porter Mix (EMI, BlueNote 50999 5 01468 2 6) Patricia Barber / The Cole Porter Mix (EMI, BlueNote 50999 5 01468 2 6)

「ジャズ/パトリシア・バーバー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 15-22, 2007

Release : September 16, 2008

Personnel :
Patricia Barber (p, vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
neal alger (g)
Chris Potter (ts) #03, #05, #07, #10, #13
michael arnopol (b) #01-11, #13
eric montzka (ds) #02-10, #13
nate smith (per) #01, #11, #12

Song name :
01. Easy to Love / Cole Porter
02. I Wait for Late Afternoon and You / Patricia Barber
03. I Get a Kick out of You / Cole Porter
04. You're the Top / Cole Porter
05. Just One of Those Things / Cole Porter
06. Snow / Patricia Barber
07. C'est Magnifique / Cole Porter
08. Get out of Town / Cole Porter
09. I Concentrate on You / Cole Porter
10. In the Still of the Night / Cole Porter
11. What Is This Thing Called Love? / Cole Porter
12. Miss Otis Regrets / Cole Porter
13. The New Year's Eve Song / Patricia Barber

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : パトリシア・バーバー(Patricia Barber 1955年11月8日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの女性ピアニスト、歌手、ソングライター、バンドリーダー。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2007年12月15日から22日の録音、発売元がEMI・ブルーノート(Bluenote)、輸入盤、数曲英語歌詞、ブルーノート(Bluenote)による英語オリジナル・ライナーノーツ、13曲入り、コール・ポーター集。
メンバーはヴォーカルがパトリシア・バーバー、テナーサックスがクリス・ポッター、ギターがニール・アルガー(アルジャー)ほか。
演目はタイトルにミックスとあるように、2、6、13曲目がコール・ポーター風のパトリシア・バーバーのオリジナル。
難しいコール・ポーターを情緒豊かに弾いて歌う腕は確かなものを感じる。
歌声は女性としては、かなり低く陰影のあるコール・ポーターを上手く表現している。
全体は変に古めかしくせず現代風に透明感を際立たせている。
メンバーに同郷のクリス・ポッターを起用、5曲を吹く。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Easy to Love / Cole Porter
02. I Wait for Late Afternoon and You / Patricia Barber
03. I Get a Kick out of You / Cole Porter
04. You're the Top / Cole Porter
05. Just One of Those Things / Cole Porter
06. Snow / Patricia Barber
07. C'est Magnifique / Cole Porter
08. Get out of Town / Cole Porter
09. I Concentrate on You / Cole Porter
10. In the Still of the Night / Cole Porter
11. What Is This Thing Called Love? / Cole Porter
12. Miss Otis Regrets / Cole Porter
13. The New Year's Eve Song / Patricia Barber
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Stephane Grappelli / Plays Cole Porter (UCCM-3030) Stephane Grappelli / Plays Cole Porter (UCCM-3030)

「ジャズ/ステファン・グラッペリ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#01, #03, #05, #07-08 Rec:May 1975
#02, #04, #06, #09-12 Rec:February 1976

Song number, Personnel :
[#01, #03, #05, #07-08]
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Stephane Grappelli (vln)
Marc Hemmeler (p) #01, #07,
Maurice Vander (p) #03,
Eddy Louiss (org)
Luigi Trussardi (b)
Daniel Humair (ds)

[#02, #04, #06, #09-12]
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Stephane Grappelli (vln)
Maurice Vander (p)
Eddy Louiss (org)
Jimmy Gourley (g)
Guy Pedersen (b)
Daniel Humair (ds)

Song name :
01. It's All Right With Me
02. You're the Top
03. Anything Goes
04. In the Still of the Night
05. You've Got a Thing
06. Miss Otis Regrets
07. I've Got You Under My Skin
08. Love For Sale
09. Easy to Love
10. You'd Be So Nice To Come Home To
11. Let's Do It (Let's Fall in Love)
12. My Heart Belongs to Daddy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ステファン・グラッペリ(Stephane Grappelli 1908年1月26日~1997年12月1日)はフランス・パリ出身のジャズ・ヴァイオリニスト、ピアニスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売元がユニバーサル・ミュージック株式会社、販売元がビクター エンタテインメント株式会社、アラン・テルシネ(Alain Tercinet)氏によるフランス語ライナーノーツ・坂本信氏によるライナーノーツ和訳、12曲入り。
メンバーは。
[#01, #03, #05, #07-08]
ヴァイオリンがステファン・グラッペリ、ピアノがマーク・エムラー、モーリス・ヴァンデール、オルガンがエディ・ルイス、ベースがルイジ・トラサルディ、ドラムがダニエル・ユメール。
[#02, #04, #06, #09-12]
ヴァイオリンがステファン・グラッペリ、 ピアノがモーリス・ヴァンデール、オルガンがエディ・ルイス、ベースがガイ・ペダーセン、ダニエル・ユメール。
多くのミュージシャンはコール・ポーターを曲を演奏する事を試金石としている。
特にステファン・グラッペリはコール・ポーターを多く演奏したミュージシャンの1人で、演奏回数の上からも卓越している。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Jason Jenkins / Cole Porter Songbook (* No CD number) Jason Jenkins / Cole Porter Songbook (* No CD number)

「ジャズ/ジェイソン・ジェンキンス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 9 october, 2012

Personnel :
Jason Jenkins (b, arr)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Alan Parker (g)
Kevin Simpson (sax)
Devonne Harris (ds)
Charles Darden (vo) #01-02, #04
Sharon Rae North (vo) #07

Song name :
01. Love For Sale
02. All of You
03. Night And Day
04. I Love Paris
05. Everything I Love
06. What Is This Thing Called Love?
07. At Long Last Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェイソン・ジェンキンス(Jason Jenkins 1973年10月1日~)はアメリカ合衆国バージニア州リッチモンド生まれのジャズ・ベース奏者、編曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは、2012年10月9日のリリース、CDナンバーが無い、www.jenkinsmusic.com、32 Bar Records からのリリース、英語ライナーノーツなし、作曲家コール・ポーター集。
メンバーは、ベースがジェイソン・ジェンキンス、ギターがアラン・パーカー、サックスがケビン・シンプソン、ドラムがデボーン・ハリス。
ヴォーカルが男性で1~2曲目、4曲目が、Charles Darden。
7曲目が女性で、Sharon Rae North。
一度も耳にした事のないメンバー。
演目の3曲目、5曲目、6曲目はジェイソン・ジェンキンス・クアルテットの演奏。
ジェイソン・ジェンキンスはバージニア州リッチモンドで活躍しているベーシストで個人名義のクアルテットで地元で有名らしい。
ヴォーカルだが、どこにでもいそうな素人っぽさ。
ギターも、どこにでもいそうなフュージョンっぽさ。
インターネットが普及した今、アルバムのニュースや内容は一瞬の内に世界を飛び回る。
自費出版なのかもしれない、ライナーノーツがないのは、いかがなものか。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Philip Catherine / Plays Cole Porter (CHR70166) Philip Catherine / Plays Cole Porter (CHR70166)

「ジャズ/フィリップ・カテリーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : June 13-14, 2010

Personnel :
Philip Catherine (g)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Karel Boehlee (p)
Philippe Aerts (b)
Martijn Vink (ds)

Song name :
01. I Concentrate On You
02. So In Love
03. Why Can't You Behave
04. Dream Dancing
05. From This Moment On
06. Get Out Of Town
07. Let's Do It, Let's Fall In Love
08. You Do Something To Me
09. In The Still Of The Night
10. It's De-Lovely
11. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フィリップ・カテリーン(Philip Catherine 1942年10月27日)はロンドン生まれのベルギー人、ジャズ・ギタリスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2010年6月13日・14日の録音、発売元がチャレンジ・レコード(Challenge records)、輸入盤、ハイン・ヴァン・デ・ゲイン(Hein Van De Geyn)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、11曲入り、作曲家コール・ポーター集。
メンバーは、ギターがフィリップ・カテリーン、ピアノがカエル・ボエリー、ベースがフィリップ・アーツ、ドラムがマタイン・ヴィンク。
フィリップ・カテリーンは、この時点で既にアルバムを既に30枚程リリースしており当アルバムは後期の作品に当たる。
コール・ポーターの作品を演奏した「ソング・ブック」の中でも優れた演奏といえる。
職人気質のトリオをバックに誇張せず原曲の歌心を巧みに表現。
フィリップ・カテリーンは、ベルギー人の父と、英国人の母の間に生まれた。
祖父はロンドン交響楽団でヴァイオリンを弾いていた。
本人は10代に独学でギターを始めたと言うから驚かされる。
17歳頃プロ・デビュー、その後渡米しバークリー音楽院で学ぶ。
アメリカの黒人ジャズ・ギタリストの様なアクがない、欧州の気品に満ちた純粋なジャンゴ・ラインハルト系を踏襲するギタリスト。
話は飛ぶが、ライナーノーツを書いているハイン・ヴァン・デ・ゲイン(Hein Van De Geyn)氏は、当アルバムのレーベル「チャレンジ・レコード(Challenge records)」を設立したひとり。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Daryl Sherman / Mississippi Belle : Cole Porter In The Quarter (ACD-342) Daryl Sherman / Mississippi Belle : Cole Porter In The Quarter (ACD-342)

「ジャズ/ダリル・シャーマン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
January, 2011
February, 2011

Personnel :
Daryl Sherman (vo, p)
Cole Porter (comp, lyrics)
Tom Fischer (cl, ts)
Jesse Boyd (b)
Banu Gibson (vo) #07

Song name :
01. Let's Do It
02. Get out of Town
03. Ours
04. Rosalie
05. Tale of the Oyster
06. Use Your Imagination
07. By the Mississinewah
08. Looking at You
09. From This Moment On
10. Mississippi Belle
11. Who Wants to Be a Millionaire?
12. Where Have You Been?
13. You'd Be So Nice To Come Home To

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ダリル・シャーマン(Daryl Sherman)は女性ピアニスト、歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2011年1月19日・20日、2月15日・16日の録音、発売元がオーディオファイル(Audiophile)、輸入盤、ジョージ H.バック(George H. Buck)氏、ジョン・パルト(Jon Pult)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、13曲入り。
メンバーは、ピアノとヴォーカルがダリル・シャーマン、クラリネットとテナーサックスが Tom Fischer、ベースが Jesse Boyd。
ダリル・シャーマンの声はブロッサム・ディアリーに似て、かなり高音。
そして滅法ピアノが上手い、そうとう数の場を踏んできたと思う。
コレクションは作曲家コール・ポーターという事で入手したが、難を言えば、もっと個性を出したほうがいい。
聴き終わっても印象が薄い。
しかし、ここがジャズの難しいところ。
弱すぎて、強すぎても、いけない。
それと、個人的にジャケットが怖い。
赤い大きな口を見ていると、けっこう怖い。
コール・ポーターだから、柔らかなイラストなんかで良かったのでは。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




John Bunch and Bucky Pizzarelli / Cole Porter Collective (CDC 9055) John Bunch and Bucky Pizzarelli / Cole Porter Collective (CDC 9055)

「ジャズ/ジョン・バンチ」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/バッキ―・ピザレリ」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : May 11, 1992

Personnel :
John Bunch (p)
Bucky Pizzarelli (g)
Jay Leonhart (b)
Joe Cocuzzo (ds)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. What Is This Thing Called Love?
02. Easy to Love
03. Let's Do It
04. From This Moment On
05. You're Sensational
06. Where Have You Been
07. Get Out of Town
08. Lookin' At You
09. It's Alright With Me
10. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
11. Dream Dancing
12. All Through the Night

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・バンチ(John Bunch 1921年12月1日~2010年3月30日)は アメリカ合衆国インディアナ州ティプトン生まれのジャズ・ピアニスト。
バッキー・ピザレリ(Bucky Pizzarelli 出生名:John Bucky Pizzarelli 1926年1月9日~)はアメリカ合衆国ニュージャージー州パターソン生まれのジャズ・ギタリスト、息子のジョン、長女のマリーもギタリスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1992年5月11日のリリース、発売元がLRCリミテッド(LRC Ltd.)、輸入盤、英語による演目のみ詳しいライナーノーツなし、12曲入り、コール・ポーター集。
メンバーはピアノがジョン・バンチ、ギターがバッキー・ピザレリ、ベースがジェイ・レオンハート、ドラムがジョー・コカゾ(コクーゾ)。
全体にエコーが効きすぎの感じがしないでもない。
全員が演奏を楽しんでいる音。
アメリカでは、こういうユニットが長く活動できる国。
日本では名声と売り上げばかりが先行し、地に足のついた自由な音楽活動を続けるのが大変な国。
その結果が日本の音楽をつまらなくさせている。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Cheryl Bentyne / Let's Misbehave _ The Cole Porter Songbook (DCD 595) Cheryl Bentyne / Let's Misbehave _ The Cole Porter Songbook (DCD 595)

「ジャズ/シェリル・ベンティーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : September 30, 2009 and August 14, 2012

Personnel :
Cheryl Bentyne (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Corey Allen (p, key, banjo)
Larry Koonse (g)
Octavio Bailly (g)
Tom McCauley (g)
Tom McCauley (mandola)
Chris Tedesco (tp)
James Moody (sax)
Doug Webb (sax, cl)
Kevin Axt (b, tuba)
Dave Tull (ds, per)
Tom McCauley (ds, per)

Song name :
01. Love For Sale
02. It's Alright with Me
03. My Heart Belongs to Daddy
04. I Love Paris
05. You'd Be So Nice To Come Home To
06. Night And Day
07. Just One of Those Things
08. What Is This Thing Called Love?
09. Begin The Beguine
10. All of You
11. I Concentrate On You
12. It's Delovely
13. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
14. Let's Misbehave

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シェリル・ベンティーン(Cheryl Bentyne 1954年~)はアメリカ合衆国ワシントン州出身の女性歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2009年9月30日のリリース、発売元がサミット・レコード(Summit Records)、輸入盤、サミット・レコード(Summit Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、14曲入り、コール・ポーター集。
メンバーはヴォーカルがシェリル・ベンティーン、ピアノとキーボードがコリー・アレン、ベースがケビン・アクストほか大勢。
歌の上手さは、お墨付きのシェリル・ベンティーン、どこをとっても非の打ちどころがない。
早いテンポを得意とするシェリル・ベンティーンだがコール・ポーター集なので全体に、もっとスローでも、じっくり歌ってほしかった。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Yank Lawson and Bob Haggart / The World's Greatest Jazz Band - Plays Cole Porter and Roger and Heart (JCD-320) Yank Lawson and Bob Haggart / The World's Greatest Jazz Band - Plays Cole Porter and Roger and Heart (JCD-320)

「ジャズ/ヤンク・ローソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ボブ・ハガート」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。   →

Release : December 15, 1998

Personnel :
Yank Lawson (tp, cond)
Bob Haggart (b, comd, arr)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Ralph Sutton (p)
John Best (tp)
Carl Fontana (tb)
George Masso (tb)
Tommy Newsom (ts)
Al Klink (ts)
Peanuts Hucko (cl)
Gus Johnson (ds)

Song name :
01. Love For Sale
02. All Of You
03. It's All Right With Me
04. Let's Do It (Let's Fall In Love)
05. I Concentrate On You
06. Just One Of Those Things
07. Mountain Greenery
08. Have You Met Miss Jones?
09. Isn't It Romantic?
10. My Funny Valentine
11. Blue Room
12. You Took Advantage Of Me
13. Anything Goes
14. It's D' Lovely
15. Rosalie
16. So In Love
17. You'd Be So Nice To Come Home To
18. From This Moment On

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ヤンク・ローソン (Yank Lawson 出生名:John Rhea "Yank" Lawson 1911年5月3日~1995年2月18日) はアメリカ合衆国ミズーリ州トレントン生まれのディキシーランドとスイング・ジャズ・トランペッター、バンドリーダー。
ボブ・ハガート (Bob Haggart 出生名:Robert Sherwood Haggart 1914年3月13日~1998年12月2日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのディキシーランドとスイング・ジャズの編曲家、作曲家、ベーシスト、バンドリーダー。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1998年12月15日の録音、発売元がジャズロジー(Jazzology)、輸入盤、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、18曲入り、作曲家コール・ポーターとロジャース&ハート集。
メンバーは、トランペットがヤンク・ローソン、ベースがボブ・ハガート、トロンボーンがカール・フォンタナ、テナーサックスがトミー・ニューサム、ドラムがガス・ジョンソンほが大勢。
演目18曲中、12曲がコール・ポーター、6曲がロジャース&ハート。
演奏は冒頭の軽快なリズムの 「ラブ・フォー・セール」 でヒートアップ。
メンバー全員がリーダー級で、キレと冴え、高度な技術と百戦錬磨のチームワーク。
古き良きアメリカン・ディキシーランドを基調に軽快なスイング・ジャズ・コール・ポーターが聴ける。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Love For Sale / Cole Poter
02. All Of You / Cole Poter
03. It's All Right With Me / Cole Poter
04. Let's Do It (Let's Fall In Love) / Cole Poter
05. I Concentrate On You / Cole Poter
06. Just One Of Those Things / Cole Poter
07. Mountain Greenery / Roger and Heart
08. Have You Met Miss Jones? / Roger and Heart
09. Isn't It Romantic? / Roger and Heart
10. My Funny Valentine / Roger and Heart
11. Blue Room / Roger and Heart
12. You Took Advantage Of Me / Roger and Heart
13. Anything Goes / Cole Poter
14. It's D' Lovely / Cole Poter
15. Rosalie / Cole Poter
16. So In Love / Cole Poter
17. / You'd Be So Nice To Come Home To / Cole Poter
18. From This Moment On / Cole Poter
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Ichiroh Masuda(増田一郎) / Cole Porter Song book (CECC00348) Ichiroh Masuda(増田一郎) / Cole Porter Song book (CECC00348)

「ジャズ/Ichiroh Masuda (増田一郎)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 1978

Personnel :
Ichiroh Masuda / 増田一郎 (vib)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Hiroshi Moriyama / 森山浩志 (prod)
Keiko Nemoto / 根本慶子 (p)
Ikuo Shiozaki / 潮先郁男 (g)
小林陽一 (b)
Takeshi Inomata / 猪股猛 (ds)

Song name :
01. You Do Something to Me
02. Night And Day
03. Everytime We Say Good-bye
04. Well Did You Evah
05. I Love You
06. Easy To Love
07. You'd Be So Nice To Come Home To
08. Anything Goes
09. Let's Do It
10. What Is This Thing Called Love?
11. I Concentrate On You
12. True Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 増田一郎(Ichiroh Masuda 生年月日不明)ミルト・ジャクソンとも親交の深かったも日本を代表するヴィブラフォン奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは増田一郎、監修が森山浩志、録音が菅野沖彦、「増田一郎・アメリカン・ソングブック」 3部作の1枚、作曲家コール・ポーター集、発売元がセンチュリー・レコード・レーベルからのリリース、増田一郎氏自身による日本語解説、12曲入り。
メンバーは、ヴィブラフォンが増田一郎、ピアノが根本慶子、ギターが潮先郁男、べースが小林陽一、ドラムが猪股猛。
演奏はジャズ色は弱められヴィブラフォンという楽器の特性を活かし、イージー・リスニング風に演奏されている。
今、改めて聴くと当時の日本の演奏水準は高く見直した。
流行のジャズ一辺倒の中、難しい課題に挑んだ、当時のミュージシャンや企画者の意気込みを感じる。
アメリカから入ってきたジャズやハワイアン、日本人が日本人の手により和製的な音を作り出した。
幼年期、その音に慣らさせててしまった耳は、逆に本場のアメリカのジャズやハワイアンに違和感を感じたほどだ。
飼いならされた動物園の動物たちの様に、強いていえば、その和製の音で洗脳されてしまったのだ。
そのため、和製イージー・リスニング・ジャズが変に安心できる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Dionne Warwick / Sings Cole Porter (BVCA-6) Dionne Warwick / Sings Cole Porter (BVCA-6)

「ジャズ/ディオンヌ・ワーウィック」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : August 1990

Personnel :
Dionne Warwick (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. Night And Day
02. I Love Paris
03. I Get A Kick Out Of You
04. What Is This Thing Called Love? / So In Love (Medley)
05. You're The Top
06. I've Got You Under My Skin
07. Begin The Beguine
08. It's All Right With Me
09. Anything Goes
10. All Of You
11. I Concentrate On You
12. Just One Of Those Things
13. Night And Day (Jazz Version)
14. You'd Be So Nice To Come Home To

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ディオンヌ・ワーウィック(Dionne Warwick 本名:Marie Dionne Warrick 1940年12月12日~)はアメリカ合衆国ニュージャージー州生まれの黒人女性歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1990年8月のリリース、アリスタ(Arista)AL-8573番、13曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Night And Day
A2. I Love Paris
A3. I Get A Kick Out Of You 3:53 A4. What Is This Thing Called Love? / So In Love (Medley)
A5. You're The Top
A6. I've Got You Under My Skin
B1. Begin The Beguine
B2. It's All Right With Me
B3. Anything Goes
B4. You'd Be So Nice To Come Home To
B5. All Of You
B6. I Concentrate On You
B7. Night And Day (Jazz Version)
Robbie Kondor (key)
Stanley Jordan (g)
Grover Washington, Jr. (ss)
Anthony Jackson (b)
J.T. Lewis (ds)
Crusher Bennett (per)
CDは発売元がBMGビクター株式会社、英語オリジナル・ライナーノーツ、英語歌詞、青木啓氏による日本語解説、12曲が追加され全14曲入り、コール・ポーター集。
編曲がR&B風、元々ソウル感あふれる歌唱なので楽しんで明るく聴けるコール・ポーター。 13曲目の「Night And Day」だけはギターがスタンリー・ジョーダン、ソプラノ・サックスがグローバー・ワシントンJr.ほか。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Frank Chacksfield / New York And The Best Of Cole Porter (CDLK4413)
Frank Chacksfield / New York And The Best Of Cole Porter (CDLK4413) Frank Chacksfield / New York And The Best Of Cole Porter (CDLK4413) / New York Frank Chacksfield / New York And The Best Of Cole Porter (CDLK4413) / The Best Of Cole Porter
「ジャズ/フランク・チャックスフィールド」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「イージー・リスニング/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2010

Personnel :
Frank Chacksfield (cond, arr)
Cole Porter (comp, lyrics)

Song name :
[New York]
01. Broadway Medley: Broadway Rhythm / Sidewalks Of New York / The Bowery
02. Harlem Nocturne
03. Chinatown, My Chinatown
04. Manhattan
05. Slaughter On Tenth Avenue
06. Take The A Train
07. Spanish Harlem
08. West Side Story Medley: Something's Coming / Tonight / Maria / America / Somewhere
09. Autumn In New York
10. Give My Regards To Broadway

[The Best Of Cole Porter]
11. I Love Paris
12. Easy To Love
13. Begin The Beguine
14. In The Still Of The Night
15. Wunderbar
16. It's D'Lovely
17. Night And Day
18. Don't Fence Me In
19. I've Got You Under My Skin
20. You'd Be So Nice To Come Home To
21. So In Love
22. Just One Of Those Things

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランク・チャックスフィールド(Frank Chacksfield 1914年5月9日~1995年6月9日)はイギリス生まれのオーケストラ指揮者、バンドリーダー、編曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2010年のリリース、発売元がボーカリオン(Vocalion)、輸入盤、英語ライナーノーツなし、アルバム「New York」PFS 4190 (1970年リリース) と「The Best Od Cole Porter」S 30066 (1959年リリース) の2枚が1枚にカップリング、全22曲入り。
1~10曲目が [New York] 。 11~22曲目が [The Best Of Cole Porter] 。
優雅で上質を定評とするフランク・チャックスフィールド・オーケストラ。
ジャズと違って主旋律が崩されていない。
オカズとして多くの楽器による多彩なアレンジが上品でオシャレに奏でられる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Frank Chacksfield / The Music Of Cole Porter (UCCD-7149) Frank Chacksfield / The Music Of Cole Porter (UCCD-7149)

「ジャズ/フランク・チャックスフィールド」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「イージー・リスニング/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1972

Personnel :
Frank Chacksfield (cond, arr)
Cole Porter (comp, lyrics)

Song name :
01. Night And Day
02. Begin The Beguine
03. I Love Paris (From Can-can)
04. My Heart Belongs To Daddy
05. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
06. Wunderbar (From Kiss Me Kate)
07. Just One Of Those Things (From Can-can)
08. You'd Be So Nice To Come Home To
09. Friendship
10. In The Still Of The Night
11. Blow, Gabriel, Blow

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランク・チャックスフィールド(Frank Chacksfield 1914年5月9日~1995年6月9日)はイギリス生まれのオーケストラ指揮者、バンドリーダー、編曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1972年の録音、2002年3月27日のリリース、デッカ(Decca)の音源、制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売元がユニバーサル・ミュージック株式会社、販売元がビクター・エンターテインメント株式、英語ライナーノーツなし、出谷啓氏による日本語解説、11曲入り。
演奏はフランク・チャックスフィールド・オーケストラが奏でる作曲家コール・ポーター集。
アルバム「Frank Chacksfield / New York And The Best Of Cole Porterr (CDLK4413)」の後の演奏で更に洗練されている。
フランク・チャックスフィールドのファンにとってもコール・ポーターのファンにとっても貴重な作品になる。
以下、演目の邦題。
01. Night And Day(昼も夜も)
02. Begin The Beguine
03. I Love Paris (From Can-can)
04. My Heart Belongs To Daddy(私の心はパパのもの)
05. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye(いつもさよならを)
06. Wunderbar (From Kiss Me Kate)
07. Just One Of Those Things (From Can-can)(そんなことなの)
08. You'd Be So Nice To Come Home To(帰ってくれた嬉しいわ)
09. Friendship
10. In The Still Of The Night(夜の静けさに)
11. Blow, Gabriel, Blow
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Hiroshi Tamura (田村 博) / Cole Porter Song Book (CBCJ-0006) Hiroshi Tamura(田村 博) / Cole Porter Song Book (CBCJ-0006)

「ジャズ/Hiroshi Tamura(田村 博)」のリーダーアルバムとしています。
 →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 1-2, 1995

Personnel :
Hiroshi Tamura (田村 博) (p)
Cole Porter (comp, lyrics)
Keiichi Ishibash (石橋 敬一) (b)
Taketoshi Igarashi (五十嵐 武要) (ds)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)

Song name :
01. Ev'rything I Love
02. What Is This Thing Called Love?
03. It's De-Lovery
04. You'd Be So Nice To Come Home
05. I Love Paris
06. All Through The Night
07. Anything Goes

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 田村 博(Hiroshi Tamura 1953年1月27日~)は日本・神奈川県横浜市生まれのジャズ・ピアニスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1995年9月1日・2日の録音、発売元がCABレコード「CAB Records」、販売元が株式会社サウンド・マトリクス、英語ライナーノーツなし、佐藤秀樹氏による日本語解説、7曲入り、作曲家コール・ポーター集。
メンバーは、ピアノが田村 博、ベースが石橋 敬一(いしばし けいいち)、ドラムが五十嵐 武要(いがらし たけとし)。
正直、ここまでの腕がありながら、もっと人気があっても良い。
反面、ジャズ・ファンにとっては、あまり有名になっても、独り占めの気分とコレクションの隠匿性が薄れる。
演奏は難しいコール・ポーターの曲を、田村博氏の感性で一度消化した上で情緒豊かに再表現している。
ちなみにドラムの五十嵐 武要(いがらし たけとし)氏は守安祥太郎氏の 「モカンボ」 に参加しているベテラン。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




George Shearing and Barry Tuckwell / Play The Music Cole Porter (K32Y 6104) George Shearing and Barry Tuckwell / Play The Music Cole Porter (K32Y 6104)

「ジャズ/ジョージ・シアリング」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/バリー・タックウェル」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : January 1986

Personnel :
George Shearing (p)
Cole Porter (comp)
Barry Tuckwell (horn)

Song name :
01. I Concentrate On You
02. Everything I Love
03. I've Got You Under My Skin
04. Easy To Love
05. In The Still Of The Night
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. But In The Morning, No
08. So In Love
09. After You
10. All Through The Night
11. Do I Love You?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・シアリング(George Shearing 1919年8月13日~2011年2月14日)は英国ロンドン生まれのジャズピアニスト、作曲家、バンドマスター。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
バリー・タックウェル (Barry Tuckwell 1931年3月5日~2020年1月16日) はオーストラリア・メルボルンのホルン奏者。
LPは1986年1月のリリース、コンコード・コンチェルト(Concord Concerto)CC-2010番、11曲入り。
CDは発売元がキング・レコード株式会社、ジョージ・シアリング(George Shearing)氏とバリー・タックウェル(Barry Tuckwell)氏自身による英語オリジナル・ライナーノーツ、野口久光氏による日本語解説、11曲入り、作曲家コール・ポーター集。
ライナーによると、最初の企画をジョージ・シアリングがバリー・タックウェルに企画を持ちかけたとある。
演奏は、ここまでやってきた人の楽器の音は、ジャンルがどうであれ、本当に素晴らしいホルンの音に感動する。
そっと、寄り添う完ぺきなピアノのジョージ・シアリングも非の打ちどころがない。
そして、こういうマエストロ級のミュージシャンでも好んで演奏する作曲家コール・ポーターの楽曲。
数多くのコール・ポーター集の中でも上質で高度な技術に支えられたハイランクな1枚。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Masaki Kanamaru (金丸正城) / Let's Fly Away (XQAM-1704) Masaki Kanamaru (金丸正城) / Let's Fly Away (XQAM-1704)

「ジャズ/Masaki Kanamaru(金丸正城)」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : May 19, 2008

Personnel :
Masaki Kanamaru (金丸正城) (vo)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Christian Jacob (p)
Masaaki Ikeda (tb)
Shuichiro Ise (flh, tp)
Mitsukuni Tanabe (g)
Tadaaki Konishi (b)
Akira Igawa (ds)
Diane Hubka (vo) #05, #14

Song name :
01. From This Moment On
02. It's All Right With Me
03. Down In The Depths On The 90th Floor
04. I Am Loved
05. It's De-Lovely
06. I Concentrate On You
07. I Get A Kick Out Of You
08. All Of You
09. Just One Of Those Things
10. So Near And Yet So Far
11. True Love
12. Anything Goes
13. Night And Day
14. Let's Fly Away

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : Masaki Kanamaru(金丸正城)は1949年2月19日に東京生まれの男性ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2008年5月19日の録音、発売元が有限会社SSJ、販売元がバウンディ株式会社、高田敬三氏による日本語解説、14曲入り、サード・アルバム。
メンバーは、ヴォーカルが金丸正城、ピアノがクリスチャン・ジェイコブ、5曲目と14曲目が女性歌手のダイアン・ハブカ、ほか日本人。
日本人でコール・ポーター集をリリースし、ここまでしっかり歌った歌手は意外に少ない。
ライナーは高田敬三氏による、わかりやすい解説で参考になる。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




John Wilson / Cole Porter In Hollywood (0825646276806) John Wilson / Cole Porter In Hollywood (0825646276806)

「ジャズ/ジョン・ウィルソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →
「イージーリスニング/コール・ポーター」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2014

Personnel :
John Wilson (cond)
Cole Porter (comp)
Sarah Fox (vo) #03
Vocals – Anna-Jane Casey (vo) #04
Kim Criswell (vo) #04
Matthew Ford (vo) #04
Richard Morrison (vo) #08
Maida Vale Singers (chorus)

Song name :
01. Stereophonic Sound
02. Begin The Beguine
03. Love Of My Life
04. From This Moment On
05. Always True To You In My Fashion
06. Wunderbar
07. Easy To Love
08. Josephine
09. High Society Overture
10. Who Wants To Be A Millionaire?
11. My Heart Belongs To Daddy
12. It's Alright With Me
13. Let's Do It
14. Les Girls
15. Now You Has Jazz

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・ウィルソン(John Wilson)はイギリス生まれの指揮者、編曲者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2014年のリリース、発売元がワーナー・クラシック(Warner Classics)、輸入盤、デヴィッド・ベネディクト(David Benedict)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、15曲入り、作曲家コール・ポーター集。
オーケストラとヴォーカル、全体的に輪郭がはっきりして力強い。
大きい音で聴くガツンとくる迫力のパワー・オーケストラ。
個人的には、もう少しゆったりと優雅なテンポで演奏してほしいのだが。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




John Barrowman / Swings Cole Porter (FH73388) John Barrowman / Swings Cole Porter (FH73388)

「ジャズ/ジョン・バロウマン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : October 5, 2004

Personnel :
John Barrowman (vo)
Cole Porter (comp)
Stewart Mackintosh (cond)
Pro Arte Orchestra Of London (orchestra) #01-13
Larry Blank (Orchestrated) #01-13
Berverly Holt (arr) #09
Larry Blank (arr) #01-08, #01-13
Michael Gibson (arr) #14

Song name :
01. Just One Of Those Things
02. What Is This Thing Called Love?
03. In The Still Of The Night
04. I Happen To Like New York
05. Anything Goes
06. After You, Who?
07. Ça, C'est l'Amour
08. Don't Fence Me In
09. Miss Otis Regrets
10. Do I Love You?
11. You'd Be So Nice To Come Home To
12. Ev'ry Time We Say Goodbye
13. It's All Right With Me
14. Easy To Love [Bonus Track]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・バロウマン(John Barrowman 1967年3月11日~)スコットランド出身の俳優・ミュージカル俳優・ダンサー・歌手・テレビ司会者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2004年10月5のリリース、発売元がファースト・ナイト・レコード(First Night Records)、輸入盤、ジョン・バロウマン(John Barrowman)氏自身によるコメント、14曲入り、コール・ポーター集。
2004年公開の映画「五線譜のラブレター」に出演していた。
主演のコール・ポーター扮するケヴィン・クラインと「Night And Day」を歌ったハンサム男がジョン・バロウマン。
この容姿と実力で多方面で活躍している。
歌はミュージカル調でホントいい声をしていて嫉妬したくなる。
神は二物を与えるのだ。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Helen Merrill / Cole Porter and Rodgers and Hammerstein (*No CD number) Helen Merrill / Cole Porter and Rodgers and Hammerstein (*No CD number)

「ジャズ/ヘレン・メリル」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2009

Personnel :
Helen Merrill (vo)
Cole Porter (comp, lyrics)
Oscar Hammerstein II (comp)
Richard Rodgers (comp)

Song name :
[Cole Porter]
01. What Is This Thing Called Love?
02. I Love You
03. In the Still of the Night
04. My Heart Belongs To Daddy
05. True Love
06. You'd Be So Nice To Come Home To
07. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
08. So In Love
09. I Concentrate On You
10. I Get a Kick Out of You

[Rodgers and Hammerstein]
11. It Might As Well Be Sprin
12. Hello Young Lovers
13. I Have Dreamed
14. People Will Say We're In Love
15. Getting To Know You
16. My Lord and Master
17. If I Loved You
18. My Favorite Things
19. The Sound of Music

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ヘレン・メリル(Helen Merrill 出生名:Jelena Ana Milcetic 1930年7月21日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク州出身の女性ジャズ歌手。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
オスカー・ハマースタイン(Oscar Greeley Clendenning Hammerstein II 1895年7月12日~1960年8月23日)はアメリカ合衆国のミュージカル作詞家・脚本家。
リチャード・ロジャース(Richard Charles Rodgers, 1902年6月28日~1979年12月30日)はアメリカ合衆国の作曲家。
CDは2009年のリリース、発売元がスカーレット・フィンチ(Scarlet Finch)、輸入盤、ライナーノーツなし、英語による演目、1~10曲目が作曲家コール・ポーター集、11~19曲目が作曲家オスカー・ハマースタインとリチャード・ロジャース集、全19曲入り。
ヘレン・メリルのコール・ポーター集はCD、1986年のリリース、ペア(PAR)CDP 709とビクター(Victor)VDJ-1058、それぞれ10曲入り。
オスカー・ハマースタイン&リチャード・ロジャース集はLPで1982年、(DRG Records)SL 5204、ビクター(JVC)VIP-7320、9曲入り。
以上の様に、すでにリリースされている。
これを1枚にカップリングした1枚。
アマゾンで購入し数か月かかり船便で届いた。
レーベルは見た事も聞いた事もない「スカーレット・フィンチ(Scarlet Finch)」、直訳すると「緋色のフィンチ(鳥類のスズメ目の鳥)」。
開封すると安価なカラープリンターでプリントした様なアルバム・ジャケット、中身にライナーはない。
CDは新品だというが傷は無いが、よごれている。
むっ、むっ、これはCD-Rじゃないか、やられたかなと一瞬、冷や汗。
CDを聴いてみると音質はライターで焼いた程度の音、取り合えず全19曲問題なく聴けた。
昔のロックの海賊版に慣れているせいか、こういうのもアリ的な感覚。
という訳で、肝心のヘレン・メリルやコール・ポーターどころではなく、この変わったアルバムが、アマゾンに堂々と売られていた事に気を取られてしう。
怪しいCDだが、こういう珍品に出会った事も、変に嬉しくなるから困る。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Beegie Adair / Dream Dancing - Songs Of Cole Poter (HMD1001) Beegie Adair / Dream Dancing - Songs Of Cole Poter (HMD1001)

「ジャズ/ビージー・アデール」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 2001

Personnel :
Beegie Adair (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Roger Spencer (b)
Chris Brown (ds)

Song name :
01. You'd Be So Nice To Come Home To
02. You're The Top
03. I Love Paris
04. So In Love
05. I Concentrate On You
06. Dream Dancing
07. I Love You
08. What Is This Thing Called Love
09. Easy To Love
10. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
11. It's All Right With Me
12. Why Shouldn't I
13. From This Moment On
14. Begin The Beguine

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビージー・アデール(Beegie Adair 1937年12月11日~2022年1月23日)はアメリカ合衆国ケンタッキー州出身のジャズ・ピアニスト。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは2001年のリリース、発売元がヒルズボロ(Hillsboro)、輸入盤、ビージー・アデール(Beegie Adair)さんによる英語オリジナル・ライナーノーツ、14曲入り。
メンバーはピアノがビージー・アデール、ベースがロジャー・スペンサー、ドラムがクリス・ブラウン。
コール・ポーターのソング・ブックをリリースするという事は高度な技術があるという証。
本来コール・ポーターの曲は美しく妖艶で、ひじょうに繊細。
そのためミュージシャンにとっては、どう演奏するか腕の見せどころ。
一部のミュージシャンでは編曲し過ぎとか、力の入(はい)り過ぎでストレスを感じるアルバムもある。
その点ビージー・アデールは原曲を、くずさずサラリと明るく仕上げている、この塩梅がいい。
話は飛ぶがレーベルの「ヒルズボロ・ジャズ(Hillsboro Jazz)」。
スプリング・ヒル・ミュージック・グループ(Spring Hill Music Group, Inc.)の傘下に新設されたジャズ・レーベル。
スプリング・ヒルは1994年創立、キリスト教音楽と書籍を世界に提供していた。
レーベルの特徴はクロスオーバーな魅力を備えた特徴的なインストゥルメンタル音楽に焦点を当てている。
「ヒルズボロ」だけをを調べると地名が2ヶある。
ヒルズボロ (オレゴン州)(Hillsboro)はアメリカ合衆国の都市。
ヒルズボロ (グレナダ)(Hillsborough)はグレナダの港町。
「ヒルズボロの悲劇サッカー界で起きた群衆事故というのもあった。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲




Larry Schneider / Just Cole Porter (SCCD31291) Larry Schneider / Just Cole Porter (SCCD31291)

「ジャズ/ラリー・シュナイダー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 1991

Personnel :
Larry Schneider (sax)
Cole Porter (comp)
Andy Laverne (p)
Mike Richmond (b)
Keith Copeland (ds)

Song name :
01. I Love You
02. I Get a Kick Out of You
03. I've Got You Under My Skin
04. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
05. What Is This Thing Called Love?
06. Love For Sale
07. In the Still of the Night
08. Just One of Those Things

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・シュナイダー(Larry Schneider 1949年7月26日~)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ロングアイランド生まれのジャズ・サックス奏者。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
CDは1991年8月の録音、発売元がスティープル・チェイス(SteepleChase、輸入盤、英語ライナーノーツなし、英語表記の演目と演奏者、8曲入り、コール・ポーター集。
メンバーはテナーサックスがラリー・シュナイダー、ピアノがアンディ・ラヴァーン、ベースがマイク・リッチモンド、ドラムがキース・コープランド。
ミュージシャンがコール・ポーター集を出すという事は、ある意味、活動中の試金石となる。
世間には演奏が一定水準を超えたという宣言で、それだけに真価が問われる。
演奏だが、あまり心に残らない、これはいったい、どういう事なのか。
技術は一定の水準以上なのだが、ジャズとは、それだけで良いアルバムとか人気につながらないから難しい。
酷評になってしまったが、そう思ったのだから仕方ない。
(青木高見)
▲ページの上に戻る▲



▲ページの上に戻る▲