青木高見のジャズコレクション Oscar Peterson (p) オスカー・ピーターソン


略歴
Oscar Peterson オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
88鍵をフルに使いこなすダイナミックさと、正確で流麗なアドリブが特徴。
まだ元気で世界の、どこかで演奏している感じがするが2007年に亡くなっている。
〈青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Oscar Peterson / In Romantic Mood (POCJ-2642) Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays The Cole Porter Song Book (821 987-2) Oscar Peterson / Night Train (POCJ-2457) Oscar Peterson / The Oscar Peterson Trio Plays (POCJ_2472) Oscar Peterson / Oscar Peterson Trio + One, Clark Terry (UCCU-9298) Oscar Peterson / We Get Requests (810 047-2) Oscar Peterson Soul Espanol (PHCE-10032) Oscar Peterson / My Favorite Instrument (821 843-2) Oscar Peterson - Milt Jackson / Oscar Peterson With Milt Jackson Very Tall (827 821-2) Oscar Peterson - Herb Ellis / Hello Herbie (POCJ-1863) Oscar Peterson - Singers Unlimited / In Tune (06024 9827014) Oscar Peterson / Saturday Night At The Blue Note (CD-83306)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Sonny Stitt and Oscar Peterson / Sits In With The Oscar Peterson Trio (849 396-2)

【INDEX (共演アルバム)】
Herb Ellis Ellis In Wonderland Flip Phillips Swinging With Flip

【以下コンテンツ】


Oscar Peterson / In Romantic Mood (POCJ-2642) Oscar Peterson / In Romantic Mood (POCJ-2642)

Recorded : December 30, 1955

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Russell Garcia (arr, cond)

Song name :
01. Ruby
02. Stars Fell on Alabama
03. Black Coffee
04. Laura
05. The Boy Next Door
06. Our Waltz
07. Tenderly
08. I Thought About You
09. I Only Have Eyes for You
10. Stella By Starlight
11. A Sunday Kind of Love
12. It Could Happen To You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
ラッセル・ガルシア(Russell Garcia 1916年4月16日~2011年11月19日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド生まれの作曲家、アレンジャー、指揮者。
LPは1955年12月30日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)MG V-2002番、12曲入り。
CDは発売元がポリドール株式会社、販売元がポリグラム株式会社、ヴァーヴ・レコードによる英語オリジナル・ライナーノーツ、大村幸則氏による日本語解説、12曲入り。
あるようでなかった、オスカー・ピーターソンのウィズ・ストリングス。
演奏は心配だった饒舌さはなく淡々と味わい深いオスカー・ピーターソン。
ブラインド・テストされたら、まさかオスカー・ピーターソンだと想像できないほどシックなピアノになっている。
編曲家で指揮者のラッセル・ガルシアは数多くのジャズ・ミュージシャンのストリングス物を手がけたベテラン。
(青木高見)





Sonny Stitt and Oscar Peterson / Sits In With The Oscar Peterson Trio (849 396-2) Sonny Stitt and Oscar Peterson / Sits In With The Oscar Peterson Trio (849 396-2)

「ジャズ/ソニー・スティット」 のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/オスカー・ピーターソン」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#09-11 Rec:October 10, 1957
#01-08 Rec:May 18, 1959

Song number, Personnel :
[#01-08]
Sonny Stitt (as, ts)
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

[#09-11]
Rec : October 10, 1957
Sonny Stitt (as, ts)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Stan Levey (ds)

Song name :
01. I Can't Give You Anything But Love
02. Au Privave
03. The Gypsy
04. I'll Remember April
05. Scrapple from the Apple
06. Moten Swing
07. Blues for Pres, Sweets, Ben and All the Other Funky Ones
08. Easy Does It
09. I Didn't Know What Time It Was [Additional track on CD only]
10. I Remember You [Additional track on CD only]
11. I Know That You Know [Additional track on CD only]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・スティット(Sonny Stitt 出生名:Edward Boatner, Jr. 1924年2月2日~1982年7月22日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれのジャズ・アルト、テナーサックス奏者。
オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1957年10月10日と1959年5月18日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)MG V-8344番、8曲入り。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ジェームズ・アイザックス(James Isaacs)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、9~11曲目の3曲が追加され全11曲入り。
メンバーは。
1~8曲目、テナーサックスがソニー・スティット、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・ジグペン。
9~11曲目、テナーサックスがソニー・スティット、ピアノがオスカー・ピーターソン、ギターがハーブ・エリス、ドラムがスタン・リーヴィー。
ソニー・スティットとオスカー・ピーターソンが互いに触発され上質の演奏となる。
ただし、追加された3曲がよくない。
09. I Didn't Know What Time It Was
10. I Remember You
11. I Know That You Know
オマケはありがたいが完全に蛇足。
(青木高見)





Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays The Cole Porter Song Book (821 987-2) Oscar Peterson / Oscar Peterson Plays The Cole Porter Song Book (821 987-2)

「ジャズ/オスカー・ピーターソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 21, 1959 - August 1, 1959

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Cole Porter (comp, lyrics, cond)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (d)

Song name :
01. In the Still of the Night
02. It's All Right With Me
03. Love For Sale
04. Just One of Those Things
05. I've Got You Under My Skin
06. Ev'rytime We Say Goodbye = Everytime We Say Goodbye
07. Night And Day
08. You'd Be So Easy to Love
09. Why Can't You Behave?
10. I Love Paris
11. I Concentrate on You
12. It's De-Lovely

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
コール・ポーター(Cole Porter 出生名:Cole Albert Porter 1891年6月9日~1964年10月15日)はアメリカ合衆国インディアナ州生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家、作詞家。
LPは1959年7月・8月の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)V-2052番、12曲入り、コール・ポーター・ソングブック。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ローレンス・D・スチュワート(Lawrence D. Stewart)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、12曲入り。
メンバーはプロデューサーがノーマン・グランツ、ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン、。
演奏は1曲の尺が3分程度、コール・ポーターの代表曲12曲。
オスカー・ピーターソンの弾き過ぎはなくBGM色を強くしている。
たぶんオスカー・ピーターソンの特質を充分吟味したうえで上手くまとめている。
いつもの聴きなれたコール・ポーターをオスカー・ピーターソン・トリオで優雅に楽しめる。
(青木高見)





Oscar Peterson / Night Train (POCJ-2457) Oscar Peterson / Night Train (POCJ-2457)

Recorded : December 15 and 16, 1962

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. C Jam Blues
02. Night Train
03. Georgia on My Mind
04. Bags' Groove
05. Moten Swing
06. Easy Does It
07. Honey Dripper
08. Things Ain't What They Used to Be
09. I Got It Bad (and That Ain't Good)
10. Band Call
11. Hymn to Freedom

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1962年12月15日・16日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)V6-8538番、11曲入り。
CDは発売元がポリドール株式会社、販売元がポリグラム株式会社、ベニー・グリーン(Benny Green)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、藤井肇氏による日本語解説、11曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン。
このアルバムに限って「ハイ!演奏しました」的で退屈、面白みがない。
1曲でも強烈に心に残る演奏が欲しかった。
ベテラン、レイ・ブラウンも、ここでは凡庸。
(青木高見)





Oscar Peterson / The Oscar Peterson Trio Plays (POCJ_2472) Oscar Peterson / The Oscar Peterson Trio Plays (POCJ_2472)

Song number, Recorded :
#04-06, #08-09 Rec:February 27, 1964
#01-03, #07 Rec:February 28, 1964

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. The Strut
02. Let's Fall in Love
03. Satin doll
04. Little Right Foot
05. Fly Me To The Moon
06. Lil' Darlin'
07. This Nearly Was Mine
08. Shiny Stockings
09. You Stepped Out of a Dream

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1964年2月27日・28日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)V-8591番、9曲入り。
CDは発売元がポリドール株式会社、販売元がポリグラム株式会社、ドン・ゴールド(Don Gold)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、いソノてるヲ氏による日本語解説、9曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン。
全体がバランスがとれているという点で高評価の原因なのかもしれない。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. The Strut / Oscar Peterson
02. Let's Fall in Love / Harold Arlen, Ted Koehler
03. Satin Doll / Duke Ellington, Johnny Mercer, Billy Strayhorn
04. Little Right Foot / Traditional
05. Fly Me to the Moon / Bart Howard
06. Lil' Darlin' / Neal Hefti
07. This Nearly Was Mine / Oscar Hammerstein II, Richard Rodgers
08. Shiny Stockings / Frank Foster
09. You Stepped Out of a Dream / Nacio Herb Brown, Gus Kahn
(青木高見)





Oscar Peterson / Oscar Peterson Trio + One, Clark Terry (UCCU-9298) Oscar Peterson / Oscar Peterson Trio + One, Clark Terry (UCCU-9298)

Released : September 1964

Recorded : August 17, 1964

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Clark Terry (tp, flh, vo)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. Brotherhood of Man
02. Jim
03. Blues for Smedley
04. Roundalay
05. Mumbles
06. Mack The Knife
07. They Didn't Believe Me
08. Squeaky's Blues
09. I Want a Little Girl
10. Incoherent Blues
on tracks 2 and 7 Terry plays flugelhorn
on tracks 5, 8 and 10 Terry sings or mumbles

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1964年8月7日の録音、マーキュリー(Mercury)SR 60975番、10曲入り、レーベル移籍第1弾。
CDは発売元がユニバーサル・クラシック&ジャズ、オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、佐藤秀樹氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、トランペットがクラーク・テリー、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン。
裏方に回った時のオスカー・ピーターソンは、ジャズの要素を全て満足している、その完璧さが恐ろしい。
黄金のピアノ・トリオをバックに楽しげなクラーク・テリー、オマケにヘタウマなヴォーカルまで披露。
全体が和(なご)やかな雰囲気で終始、いつしか、こちらも柔らかい気持ちになる。
(青木高見)





Oscar Peterson / We Get Requests (810 047-2) Oscar Peterson / We Get Requests (810 047-2)

Recorded : October, 19-20, 1964

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds)

Song name :
01. Corcovado (Quiet Nights Of Quiet Stars)
02. The Days Of Wine And Roses
03. My One And Only Love
04. People
05. Have You Met Miss Jones?
06. You Look Good To Me
07. Girl From Ipanema
08. D and E
09. Time and Again
10. Goodbye, J.D.

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1964年10月19日・20日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)V-8606番、10曲入り。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、10曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン。
世界中でオスカー・ピーターソンといったらまずこのアルバムが筆頭、代表作。
選曲の良さ、飽きのこない尺、共演者の質の高さ、全体のバランスが秀(ひい)でている。
(青木高見)





Oscar Peterson Soul Espanol (PHCE-10032) Oscar Peterson / Soul Espanol (PHCE-10032)

Recorded : December 12–14, 1966

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Sam Jones (b)
Louis Hayes (ds)
Henley Gibson (conga)
Harold Jones (per)
Marshall Thompson (timbales)

Song name :
01. Mas que Nada
02. Manha de Carnaval
03. Call Me
04. How Insensitive
05. Carioca
06. Soulville Samba
07. Amanha (Tomorrow)
08. Meditation
09. Samba Sensitive
10. Samba de Orfeu

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1966年11月5日・6日の録音、ライムライト(Limelight)LM 82044番、10曲入り。
CDは発売元がライムライト(Limelight)、クリス・アルバートソン(Chris Albertson)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、小山さち子さんよるライナーノーツ和訳、10曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがルイ・ヘイズ、コンガがヘンリー・ギブソン、パーカッションがハロルド・ジョーンズ、ティンバレスがマーシャル・トンプソン。
オスカー・ピーターソンのサンバ・ボサノバ・アルバム。
ハロルド・ジョーンズとマーシャル・トンプソンは本来、ジャズ・ドラマーだが、ここではパーカッションを担当。
ギターを入れなかった分、オスカー・ピーターソンが際立つ。
超絶技巧のオスカー・ピーターソン、何を弾いても上手い。
(青木高見)





Oscar Peterson / My Favorite Instrument (821 843-2) Oscar Peterson / My Favorite Instrument (821 843-2)

Recorded : April 1968

Personnel :
Oscar Peterson (p)

Song name :
01. Someone To Watch Over Me
02. Perdido
03. Body And Soul
04. Who Can I Turn To
05. Bye, Bye Blackbird
06. I Should Care
07. Lulu's Back In Town
08. Little Girl Blue
09. Take Tha A-Train

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
LPは1968年4月の録音、MPSレコード(MPS Records)YS-2302-MP番、9曲入り。
CDは発売元がMPSレコード(MPS Records)、輸入盤、ジーン・リーズ(Gene Lees)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、9曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ソロ。
オスカー・ピーターソンのソロ・ピアノは特に饒舌(じょうぜつ)過ぎて、時としてうるさく感じてしまう。
ここが、好き嫌いが分かれるところ。
しかし、ソロ以外だと、饒舌(じょうぜつ)さが押さえられ極上のバック・ピアノに変化する。
アルバム数もひじょうに多く「犬も歩けば棒に当たる」的状態。
そのため、どれもこれも同じというイメージが強くなって稀少性が失われてくる。
絶頂テクニックがあったからといって人気と比例しないところがジャズの難しいことろ。
ちなみにピアノは「ベーゼンドルファー・インペリアル」。
オスカー・ピーターソンが、こよなく愛したメーカー。
このピアノ・メーカーの逸話に、フランツ・リストの激しい演奏に耐え抜いたことでも有名。
スタインウェイと人気を二分している。
オスカー・ピーターソンは2003年にウイーンにて行われたベーゼンドルファー創立175周年を記念したコンサートに、名誉あるピアニストとして招待され演奏している。
(青木高見)




Oscar Peterson - Milt Jackson / Oscar Peterson With Milt Jackson Very Tall (827 821-2) Oscar Peterson - Milt Jackson / Oscar Peterson With Milt Jackson Very Tall (827 821-2)

「ジャズ/オスカー・ピーターソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ミルト・ジャクソン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January 24-25, 1962

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Milt Jackson (vib)
Ray Brown (b)
Ed Thigpen (ds))

Song name :
01. On Green Dolphin Street
02. Heartstrings
03. Work Song
04. John Brown's Body
05. A Wonderful Guy
06. Reunion Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
ミルト・ジャクソン(Milt Jackson 出生名:Milton Jackson 1923年1月1日~1999年10月9日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト出身のジャズ・ビブラフォン奏者、愛称:バグス。
LPは1962年1月24日・25日の録音、発売元がヴァーブ・レコード(Verve Records)V-8429番、6曲入り。
CDは発売元がヴァーブ・レコード(Verve Records)、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、6曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ビブラフォンがミルト・ジャクソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがエド・シグペン。
ブルージーなミルト・ジャクソンに感化されたオスカー・ピーターソンがいい。
2人の歳の差はミルト・ジャクソンが2つ上
百戦練磨のマスターによるの共演。
4曲目「John Brown's Body」は「タロさんの赤ちゃんが風邪ひいた」のリパブリック讃歌。
(青木高見)





Oscar Peterson - Herb Ellis / Hello Herbie (POCJ-1863) Oscar Peterson - Herb Ellis / Hello Herbie (POCJ-1863)

「ジャズ/オスカー・ピーターソン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ハーブ・エリス」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : November 5 and 6, 1969

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Sam Jones (b)
Bobby Durham (ds)

Song name :
01. Naptown Blues
02. Exactly Like You
03. Day By Day
04. Hamp's Blues
05. Blues For H.G.
06. A Lovely Way To Spend An Evening
07. Seven Come Eleven

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
ハーブ・エリス(Herb Ellis 出生名:Mitchell Herbert "Herb" Ellis 1921年8月4日~2010年3月28日)はアメリカ合衆国テキサス州生まれの白人ジャズ・ギタリスト。
LPは1969年11月5日・6日の録音、MPS(MPS Records)MPS 15040番、7曲入り。
CDは発売元がポリドール株式会社、ヴォルフガング・ドール(Wolfgang Dohl)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、小川隆夫氏による日本語解説、7曲入り。
メンバーはピアノがオスカー・ピーターソン、ギターがハープ・エリス、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがボビー(ボブ)・ダーハム。
演奏は、オスカー・ピーターソンとハープ・エリスのリユニオン。
オスカー・ピーターソンが、いかにハープ・エリスを気にいっていたか、嬉しさが、そのまま音になる。
アルバム・ジャケットはタイトルの「Hello Herbie」、これが全てを物語る。
(青木高見)





Oscar Peterson - Singers Unlimited / In Tune (06024 9827014) Oscar Peterson - Singers Unlimited / In Tune (06024 9827014)

「ジャズ/オスカー・ピーターソン」のリーダーアルバムとしています。
 →
「ジャズ/シンガーズ・アンリミテッド」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : July 1971

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Singers Unlimited (vo)
Jiri (George) Mraz (b)
Louis Hayes (ds)
[The Singers Unlimited]
Gene Puerling (vo)
Bonnie Herman (vo)
Len Dresslar (vo)
Don Shelton (vo)

Song name :
01. Sesame Street
02. It Never Entered My Mind
03. Childrens Game
04. The Gentle Rain
05. A Child Is Born
06. Shadow Of Your Smile (The)
07. Catherine
08. Once Upon A Summertime
09. Here's That Rainy Day

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
シンガーズ・アンリミテッド(The Singers Unlimited)は、1970年、アメリカ合衆国シカゴで結成された「Gene Puerling」「Don Shelton」「Len Dresslar」「Bonnie Herman」の4人組のジャズ・コーラス・グループ。
LPは1971年7月の録音、BASF(BASF)MB 20905・MPSレコード(MPS Records)MB 20905番、9曲入り。
CDは発売元がMPSレコード(MPS Records)、輸入盤、カール・ブリテン(Karl Britten)氏、ジェームズ・ギャビン(James Gavin)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、9曲入り。
メンバーはシンガーズ・アンリミテッドがジーン・ピュアリング、ボニー・ハーマン、レン・ドレスラー、ドン・シェルトン。
ピアノがオスカー・ピーターソン、ベースがジョージ・ムラーツ(ムラツ)で「Jiri」は本名、ドラムがルイ・ヘイズ。
音が鳴った瞬間から聴いた事のない別世界へ誘(いざな)ってくれる。
聴き終わった瞬間、現実に引きも戻される、その瞬間が嫌だ。
ちなみに、MPSレコード(MPS Records)・レーベルは1968年、西ドイツ電気メーカーSABA社の重役「ハンス・ゲオルグ・ブルナー=シュワー」が設立したジャズ・レーベル。
MPSの略は「Musik Produktion Schwarzwald」=「Music Production Black Forest」。
音が透き通る様に美しい。
(青木高見)





The Singers Unlimited / A Capella (UCCU-5125) The Singers Unlimited / A Capella (UCCU-5125)

Recorded : July 1971

Personnel :
The Singers Unlimited (chorus-group)
[The Singers Unlimited]
Gene Puerling (vo)
Bonnie Herman (vo)
Len Dresslar (vo)
Don Shelton (vo)

Song name :
01. Both Sides Now
02. London By Night
03. Here, There And Everywhere
04. Lullaby
05. Michelle
06. The Fool On The Hill
07. Emily
08. Since You Asked
09. More I Can Not Wish You
10. Try To Remember

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : シンガーズ・アンリミテッド(The Singers Unlimited)は1970年、アメリカ合衆国シカゴで結成された「Gene Puerling」「Don Shelton」「Len Dresslar」「Bonnie Herman」の4人組のジャズ・コーラス・グループ。
LPは1971年7月の録音、MPSレコード(MPS Records)20 20903-2番・BASF(BASF)20 20903-2番、10曲入り。
CDは制作がユニバーサル・クラシック&ジャズ、発売元がユニバーサル・ミュージック株式会社、販売元がビクター・エンターテインメント株式会社、英語歌詞、ヘルムート・M・バックハウス(Helmut M. Backhaus)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、高井信成氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーは。
Gene Puerling(ジーン・ピュアリング):バス・バリトン、アレンジ、リーダー。
Bonnie Herman(ボニー・ハーマン):ソプラノ
Len Dresslar(レン・ドレスラー):テナー 
Don Shelton(ドン・シェルトン):バリトン
多重録音を駆使したにしろ、楽器を入れずに、ヒトの声だけで1枚のアルバムを完成させた。
録音から、かなりの時が経過しているが古さを感じない。
むしろ聴くたびに新鮮な感覚になるのはシンガーズ・アンリミテッドが本物でユニークだった証拠。
(青木高見)





Oscar Peterson / Saturday Night At The Blue Note (CD-83306) Oscar Peterson / Saturday Night At The Blue Note (CD-83306)

Recorded : March 17, 1990

Personnel :
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Bobby Durham (ds)

Song name :
01. Kelly's Blues
02. Nighttime
03. Medley: Love Ballade / If You Only Knew
04. You Look Good To Me
05. Old Folks
06. Reunion Blues
07. Song To Elitha

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : オスカー・ピーターソン(Oscar Peterson 出生名:Oscar Emmanuel Peterson 1925年8月15日~2007年12月23日)はカナダ・ケベック州モントリオール出身のジャズ・ピアニスト、作曲家。
CDは1990年3月17日の録音、ニューヨークのブルーノートのライブ、発売元がテラーク(TELARC)、輸入盤、ドナルド・エルフマン(Donald Elfman)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲入り。
メンバーは、ピアノがオスカー・ピーターソン、ギターがハーブ・エリス、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがボビー・ダーハム。
オーディオのボリュームを少し上げて聴く。
一瞬に部屋中が濃厚なジャズの芳香で満たされる。
気楽に楽しんで聴くオスカー・ピーターソンこそ、最高の贅沢というもの。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲