青木高見のジャズコレクション Buddy De Franco (cl) バディ・デ・フランコ


寸評
Buddy De Franco バディ・デ・フランコ(Buddy De Franco 出生名:Boniface Ferdinand Leonard DeFranco 1923年2月17日~2014年12月24日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン(キャムデン)生まれのジャズ・クラリネット奏者、バンドリーダー。
クラリネットという楽器をハード・バップに取り入れ叙情ゆかたな演奏を残した。
1960年代から1970年代にかけて10年間「グレン・ミラー・オーケストラ」を率いた。
世界中に熱狂的なファンがいる。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Buddy De Franco / Mr. Clarinet (POCJ-1943) Buddy De franco / Autumn Leaves (POCJ-2607) Buddy De Frannco / Cooking The Blues + Sweet And Lovely (LH10358) Buddy De Frannco / Cooking The Blues Buddy De Frannco / Sweet And Lovely Buddy De Franco / Someone To Watch Over Me (POCJ-1689)

【INDEX (共演アルバム)】
Les Brown Jazz Song book


sell


【以下コンテンツ】


Buddy De Franco / Mr. Clarinet (POCJ-1943) Buddy De Franco / Mr. Clarinet (POCJ-1943)

Recorded : April 15 and 20, 1953

Personnel :
Buddy De Franco (cl)
Kenny Drew (p)
Milt Hinton (b)
Art Blakey (ds)

Song name :
01. Buddy's Blues
02. Ferdinando
03. It Could Happen To You
04. Autumn In New York
05. Left Field
06. Show Eyes
07. But Not For Me
08. Bass On Balls

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・デ・フランコ(Buddy De Franco 出生名:Boniface Ferdinand Leonard DeFranco 1923年2月17日~2014年12月24日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン(キャムデン)生まれのジャズ・クラリネット奏者、バンドリーダー。
LPは1953年4月15日と20日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)MGV-8159番、8曲入り。
CDは発売元がポリドール株式会社、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)による英語オリジナル・ライナーノーツ、栗村政昭氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはクラリネットがバディ・デ・フランコ、ピアノがケニー・ドリュー、ベースがミルト・ヒントン、ドラムがアート・ブレイキー。
アルバム・タイトルはズバリ「Mr. Clarinet」、その名の通りクラリネット・カルテット。
百戦錬磨のケニー・ドリューの参加、特にアート・ブレイキーは普段の自分は出さずにバックに徹していている。
(青木高見)





Buddy De franco / Autumn Leaves (POCJ-2607) Buddy De franco / Autumn Leaves (POCJ-2607)

Recorded : August 9, 1954

Personnel :
Buddy De franco (cl)
Sonny Clark (p)
Gene Wright (b)
Bobby White (ds)

Song name :
01. Titoro
02. You Go To My Head
03. Mine
04. Gerry's Tune
05. Autumn Leaves
06. Now's The Time

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・デ・フランコ(Buddy De Franco 出生名:Boniface Ferdinand Leonard DeFranco 1923年2月17日~2014年12月24日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン(キャムデン)生まれのジャズ・クラリネット奏者、バンドリーダー。
LPは1954年8月9日の録音、ノーグラン・レコード(Norgran Records)MGN-1012番、6曲入り。
CDは発売元がポリドール株式会社、販売がポリグラム株式会社、英語ライナーノーツなし、児山紀芳氏による日本語解説、全6曲入り。
メンバーはクラリネットがバディ・デ・フランコ、ピアノがソニー・クラーク、ベースがジーン・ライト、ドラムがボビー・ホワイト。
演奏はクラリネットという楽器をジャズで更に味わい深く表現したバディ・デ・フランコ、それに若きソニー・クラークのピアノが聴きどころ。
ちなみにレーベルの「ノーグラン・レコード(Norgran Records)」は1953年にノーマン・グランツ(Norman Granz)が設立したアメリカ合衆国ロサンゼルスのジャズ・レコード・レーベル。
その後の1956年にノーマン・グランツは新たに「ヴァーヴ・レコード(VerveRecords)」を設立したため、その前身となる。
名称の「Norgran」はノーマンの頭文字「Nor」とグランツの「gran」の合成語になっている。
話は飛ぶがドラムのボビー・ホワイトは(Bobby White 本名:Robert E. White 1926年6月28日~)アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれのジャズ・ドラマー、アルバムによって表示がボビーとかロバートとがあるが同一人物。
(青木高見)





Buddy De Frannco / Cooking The Blues + Sweet And Lovely (LH10358) Buddy De Frannco / Cooking The Blues Buddy De Frannco / Sweet And Lovely Buddy De Frannco / Cooking The Blues + Sweet And Lovely (LH10358)

Album name, Song number, Recorded :
#01-06 Rec:August 26, 1954
[Sweet And Lovely]
#07-13 Rec:September 1, 1954, August 12 and 26, 1955

Personnel :
[Cooking The Blues]
Buddy De Franco (cl)
Sonny Clark (p, org)
Tal Farlow (g)
Gene Wright (b)
Bobby White (ds)

[Sweet And Lovely]
Buddy De Franco (cl)
Sonny Clark (p, org)
Tal Farlow (g)
Gene Wright (b)
Bobby White (ds)

Song name :
[Cooking The Blues]
01. I Can't Get Started
02. Cooking The Blues
03. Stardust
04. How About You
05. Little Girl Blue
06. Indian Summer
[Sweet And Lovely]
07. Getting A Balance
08. Old Black Magic
09. They Say It's Wonderful
10. But Beautiful
11. Nearness Of You (The)
12. What Can I Say Dear (After I Say I'm Sorry?)
13. Moe

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・デ・フランコ(Buddy De Franco 出生名:Boniface Ferdinand Leonard DeFranco 1923年2月17日~2014年12月24日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン(キャムデン)生まれのジャズ・クラリネット奏者、バンドリーダー。
CDはアルバム「Cooking The Blues」「Sweet And Lovely」のカップリング盤。
LP「Cooking The Blues」は1955年8月26日の録音リリース、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)MGV-8221番、6曲入り。
LP「Sweet And Lovely」は1954年9月1日・1955年8月12日と26日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)MGV-8224番、7曲入り。
CDは発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)、輸入盤、モートン・ジェームス(Morton James)氏、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏、ジョン・A・タイナン(John A. Tynan)氏、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語ライナーノーツ、全13曲入り。
メンバーは両アルバム共、クラリネットがバディ・デ・フランコ、ピアノとオルガンがソニー・クラーク、ギターがタル・ファーロウ、ベースがユージーン・ライト、ドラムがボビー・ホワイト。
リーダー級の共演者にバディ・デ・フランコのクラリネットが溶け合う。
特にギターのタル・ファーロウの参加も興味深い。
アルバム・ジャケットは日本の芸能人でナジャ・グランディーバ風の女性が、何とクラリネットを調理している。
理由は単純でアルバム・タイトルがズバリ「Cooking The Blues」。
(青木高見)





Buddy De Franco / Someone To Watch Over Me (POCJ-1689) Buddy De Franco / Someone To Watch Over Me (POCJ-1689)

Song number, Recorded :
#01-02 Rec:August 20-22, 1965
#03 Rec:December 14, 1954
#04-08 Rec:September 1952 and January 1953
#09-11 Rec:December 1954
#12-14 Rec:August 27, 1956

Song number, Personnel
[#01-02]
Hal Bluestone (string section concert master)
Julian Lee (arr and cond)
Pete Jolly (p)
Jimmy Helms (g)
Gerry Mulligan (cl)
Jimmy Bond (b)
Hal Blaine (ds)

[#03]
Strings
Leroy Lovett (p)
Billy Bauer (g)
Ray Nance (tp)
Tony Miranda (frh)
Jimmy Hamilton (cl)
Harry Carney (b-cl)
Wendel Marshall (b)
Louis Bellson (ds)

[#04-08]
Buddy De Franco (cl)
Kenny Drew (p)
Curley Russell (b)
Milt Hinton (b)
Art Blakey (ds)
Louis Marztinez (conga)

[#09-11]
Buddy De Franco (cl)
Oscar Peterson (p)
Herb Ellis (g)
Ray Brown (b)
Bobby White (ds)

[#12-14]
Buddy De Franco (cl)
Sonny Clark (p)
Howard Roberts (g)
Don Fagerquist (tp)

Song name :
01. Night Lights
02. Not Mine
03. ((I Don't Stand) a Ghost Of A Chance (With You))
04. I'm Getting Sentimental Over You
05. Lost In The Night
06. Over The Rainbow
07. Street Scene
08. Summertime
09. I Wants To Stay Here
10. Someone To Watch Over Me
11. It Ain't Necessarily So
12. Autumn In New York
13. Speak Low
14. Mad About The Boy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : バディ・デ・フランコ(Buddy De Franco 出生名:Boniface Ferdinand Leonard DeFranco 1923年2月17日~2014年12月24日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州カムデン(キャムデン)生まれのジャズ・クラリネット奏者、バンドリーダー。
CDは発売がポリドール株式会社、販売がポリグラム株式会社、高井信成氏による日本語解説、全14曲、邦題「やさしき伴侶を~クラリネット・ウィズ・ストリングス」。
メンバーは。
1~2曲目、オーケストラと指揮がハル・ブルーストーン、ピアノがピート・ジョリー、クラリネットがジェリー・マリガン、ベースがジミー(ジェームス)・ボンドほか。
3曲目、ギターがビリー・バウアー、トランペットがレイ・ナンス、バスクラリネットがハリー・カーネイ、ベースがウェンデル・マーシャル、ドラムがルイ・ベルソンほか。
4~8曲目、クラリネットがバディ・デ・フランコ、ピアノがケニー・ドリュー、ベースがカーリー・ラッセル、ミルト・ヒントン、ドラムがアート・ブレイキーほか。
9~11曲目、クラリネットがバディ・デ・フランコ、ピアノがオスカー・ピーターソン、ギターがハーブ・エリス、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがボビー・ホワイト=ロバート・ホワイト。
12~14曲目、クラリネットがバディ・デ・フランコ、ピアノがソニー・クラーク、ギターがハワード・ロバーツ、トランペットがドン・ファガークイスト。
出典アルバムは以下の通り。
1~2曲目「Original LP Issue : Feelin' Good / Gerry Mulligan / (Limelight LS-86030)」。
3曲目「Original LP Issue : Moods For Girl And Boy / Harry Carney with Strings (Verve V-2028)」。
4~8曲目「Original LP Issue : Buddy De Franco With Strings (Verve X-243)」。
9~11曲目「Original LP Issue : Buddy De Franco And Oscar Peterson Plays George Gershwin (MGV-2022)」。
12~14曲目「Original LP Issue : Broadeway Showcase / Buddy De Franco And His Orchestra (Verve V-2033)」。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲