青木高見のジャズコレクション The Delta Big Band ザ・デルタ・ビッグ・バンド

略歴
Delta Big Band ザ・ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・デルタ・ビッグ・バンド (The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band) は1998年結成したアメリカ合衆国テネシー州メンフィス郊外を中心に演奏活動を行っているジャズ・バンド。
中心ミュージシャンは、指揮がジャック・クーパー、女性ボーカリストがサンドラ・ダドリー(ダッドリー)、代表トランペットがマーヴィン・スタム。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band / Reflections Of Cole Porter (DCD 362)

【以下コンテンツ】


The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band / Reflections Of Cole Porter The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band / Reflections Of Cole Porter (DCD 362)

「ジャズ/ザ・デルタ・ビッグ・バンド」 のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/コール・ポーター」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
November 13, 2000
December 11, 2000
February 8, 2001
June 25, 2001
January 2002
Release : June 2002

Personnel :
The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band (band)
Cole Porter (comp)
Jack Cooper (cond)
Sandra Dudley (vo)
Marvin Stamm (tp)
Alvie Givhan (p)
Gene Rush (p)
David Spencer (tp and flugelhorns)
Reid McCoy (tp and flugelhorns)
Ward Yager (tp and flugelhorns)
Tom Clary (tp and flugelhorns)
John Lux (saxes and woodwinds)
Mike Krepper (saxes and woodwinds)
Tom Link (saxes and woodwinds)
Andre Matlin (saxes and woodwinds)
Jeff Huddleston (saxes and woodwinds)
Michael Scott (saxes and woodwinds)
Greg Luscombe (tb)
Milton Aldana (tb)
Lance Green (tb)
Ken Spain (tb)
Jake Brumbaugh (tb)
Bill Flores (Bass tb)
Kerry Movassagh (g)
Tim Goodwin (b)
Sam Shoup (b)
Bo Harris (ds)
James Sexton (ds)
Ed Murray (per)

Song name :
01. It's All Right With Me
02. Love For Sale
03. Night And Day
04. Twelve
05. So In Love
06. Ev'rything I Love
07. From This Moment On
08. Two In Love
09. What Is This Thing Called Love?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ザ・ジャズ・オーケストラ・オブ・ザ・デルタ・ビッグ・バンド (The Jazz Orchestra Of The Delta Big Band) は1998年結成したアメリカ合衆国テネシー州メンフィス郊外を中心に演奏活動を行っているビック・ジャズ・バンド。
CDは2000年~2003年の録音、リリースは2003年6月、発売元がサミット・レコード(Summit Records)、輸入盤、ボブ・カーナウ(Bob Cunow)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、氏による日本語解説、9曲入り、コール・ポーター集。
主なメンバーは指揮がジャック・クーパー、女性ボーカルがサンドラ・ダドリー(ダッドリー)、代表トランペットがマーヴィン・スタム、その他大勢のオーケストラ。
演奏は、現代の正規音楽教育を受けた人達による重厚なサウンド。
指揮のジャック・クーパーの手腕が光る。
サンドラ・ダドリー(ダッドリー)の声はヘレン・メリルっぽくシャガレているので美声とは言えないが味がある。
このような現代のオーケストラでコール・ポーター集が少なくなった昨今、おおいに楽しめる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲