青木高見のジャズコレクション Donald Byrd (tp, produced) ドナルド・バード


略歴
Donald Byrd ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
ドナルド・バードは、やみくもに音を出すのではなく静的にコントロールしたトランぺッター。
高校在学中にライオネル・ハンプトンと共演。
1955年にジャズメッセンジャーズのケニー・ドーハムの後任として入団。
その他、多くのミュージシャンのアルバムに参加。
元はバリバリのバッパーだが、1970年代にファンク、ロック、フュージョンの先駆けと言われるアルバムを制作する。
1973年にはハワード大学で音楽主任教授、ラトガース大学、ニューヨーク大学、ノースカロライナ大学などで講師を務める。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Donald Byrd / Byrd Blows On Beacon Hill (TOCJ-5887) Donald Byrd - Kenny Burrell / All Night Long (OJCCD-427-2) Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.1 (Polydor 833-394-2) Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.2 (Polydor 833-395-2) Donald Byrd / Off To The Races (TOCJ-6465) Donald Byrd / Byrd In Hand (TOCJ-4019) Donald Byrd / Fuego (CDP 7 46534 2) Donald Byrd / Motor City Scene (TOCJ-6360) Donald Byrd / At The Harf Note Cafe Vol.1 (CDP 7 46539 2) Donald Byrd / Royal Flush (TOCJ-4101) Donald Byrd / Free Form (TOCJ-4118) Donald Byrd / Band and Voices A New Perspective (CDP 7 84124 2) Donald Byrd / Up With Donald Byrd - Grant Green / His Majesty King Funk (VERVE 314 527 474-2) Donald Byrd / I'm Tryin' To Get Home (TOCJ-4188) Donald Byrd / Mustang (TOCJ-4238) Donald Byrd / Blackjack (TOCJ-6698) Donald Byrd / Slow Drag (7243 5 35560 2 0) Donald Byrd / Fancy Free (CDP 0777 7 89796 2 3) Donald Byrd / Ethiopian Knights (BlueNote 7243 8 54328 2 8) Donald Byrd / Black Byrd (CDP 7 84466 2) Donald Byrd / Street Lady (CDP 7243 8 53923 2 0) Donald Byrd / Places And Spaces (7243 8 54326 2 0) Donald Byrd / Caricatures (7243 5 80732 2 5) Donald Byrd / The Blackbyrds - Greatest Hits (FCD-7707-2)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Kenny Burrell - donald Byrd / All Day Long (OJCCD-456-2) Gigi Gryce - Donald Byrd / Jazz Lab (FSR-CD 82) Donald Byrd - Donald Byrd / Up With Donald Byrd - Grant Green / His Majesty King Funk (VERVE 314 527 474-2)

【INDEX (共演アルバム)】
Michel Legrand / Miles Davis, Bill Evans - Alpha Plus (EJD-3013) Hank Jones The Trio With Guests Art Farmer 2 Ttrumpets Farmer Byrd Art Farmer Donald Byrd Idrees Suliema 3Trumpets Pepper Adams 10 To 4 At The 5 Spot

【以下コンテンツ】


Donald Byrd / Byrd Blows On Beacon Hill (TOCJ-5887) Donald Byrd / Byrd Blows On Beacon Hill (TOCJ-5887)

Recorded : May 7, 1956

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Ray Santisi (p)
Doug Watkins (b)
Jimmy Zitano (ds)

Song name :
01. Little Rock Getaway
02. Polka Dots And Moonbeams
03. People Will Say We're in Love
04. If I Love Again
05. What's New?
06. Stella By Starlight

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1956年5月7日の録音、発売元がトランジション(Transition)TRLP 17番、6曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、トム・ウイルソン(Tom Wilson)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、児山紀芳氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがレイ・サンティシ、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがジミー・ジターノ。
そういえば、ピアノのレイ・サンティシとドラムのジミー・ジターノはサージ・チャロフのアルバム「Serge Chaloff / Boston Blow-Up」で一緒だった。
ベースのダグ・ワトキンスとドナルド・バードは同じデトロイトのハイスクールで友達だった、アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズでも一緒だった。
アルバム・ジャケットはロダンの「考える人」のようなポーズをとるドナルド・バード。
後ろにのテーブルに写っているのが左側から、ダグ・ワトキンス、レイ・サンティシ、右側はジミー・ジターノ。
このアルバムで気になったのがタイトル「Byrd Blows On Beacon Hill」。
調べると、以下の場所だという事がわかった。
【ビーコンヒル(Beacon Hill)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市内にある地区。同市のダウンタウンの西、ボストンコモンとボストン・パブリック・ガーデンの北に隣接しており、ジョージア様式 (Georgian architecture) の家並みが連なる富裕層の住宅地である。面積は約2.6 km²。地区内には約10,000人が居住している。通りの幅は狭く、レンガ敷きの歩道が備えられ、夜になるとガス灯がともる。地区の西側にはチャールズ川が流れている。地区の名は、かつて丘の頂上で航海上の目印としてかがり火が焚かれていたことに由来している。】
ビーコンとは航空用語で「水路または航空の交通標識、灯台」の事。
ラジオ・ビーコンは「無線電波を送って、船・航空機に方向や位置を標示する装置」。
ビーコンヒル、丘の上で航海上の目印として、かがり火が焚かれていた事で意味が通る。
録音場所はマサチューセッツ州ボストン。
(青木高見)





Donald Byrd - Kenny Burrell / All Night Long (OJCCD-427-2) Donald Byrd - Kenny Burrell / All Night Long (OJCCD-427-2)

「ジャズ/ドナルド・バード」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ケニー・バレル」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 28, 1956

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Kenny Burrell (g)
Mal Waldron (p)
Hank Mobley (ts)
Jerome Richardson (ts, fl)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. All Night Long
02. Boo-Lu
03. Flickers
04. Li'l Hankie
05. Body And Soul *
06. Tune Up *
* Bonus track on CD reissue
※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
ケニー・バレル(Kenny Burrell 出生名:Kenneth Earl Burrell 1931年7月31日~)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・ギタリスト。
LPは1956年12月28日の録音、発売元がプレスティッジ(Prestige)LP 7073番、4曲入り。
CDは発売元がOJC、輸入盤、アイラ・ギトラー(Ira Gitler)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、5~6の2曲が追加され全6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ギターがケニー・バレル、ピアノがマル・ウォルドロン、テナーサックスがハンク・モブレー、テナーとフルートがジェローム・リチャードソン、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがアート・テイラー。
ブルーノートは綿密なリハを行った後本番収録をおこなった、社主アルフレッド・ライオンの哲学がある。
一方、プレスティッジにはジャム・セッションの延長の様な一発本番で気楽さが音になる。
どちらも甲乙を付けるものではない、十人十色のレーベルの個性に耳を傾ける、これもジャズの楽しさ。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. All Night Long / Kenny Burrell
02. Boo-Lu / Hank Mobley
03. Flickers / Mal Waldron
04. Li'l Hankie / Hank Mobley
05. Body And Soul / Frank Eyton, Johnny Green, Edward Heyman, Robert Sour
06. Tune Up / Miles Davis
(青木高見)





Kenny Burrell - donald Byrd / All Day Long (OJCCD-456-2) Kenny Burrell - donald Byrd / All Day Long (OJCCD-456-2)

「ジャズ/ケニー・バレル」のリーダーアルバム扱いとしています。  →
「ジャズ/ドナルド・バード」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : January 4, 1957

Personnel :
Kenny Burrel(g)
Donald Byrd (tp)
Tommy Flanagan (p)
Frank Foster (ts)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. All Day Long
02. Slim Jim
03. Say Listen
04. A.T.
05. C.P.W.

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ケニー・バレル(Kenny Burrell 1931年7月31日~)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・ギタリスト。
ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1957年1月4日の録音、発売元がプレスティッジ(Prestige)PRLP 7081番、4曲入り。
CDは発売元がOJC、輸入盤、アイラ・ギトラー(Ira Gitler)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、5曲目の1曲が追加され全5曲入り。
メンバーはギターがケニー・バレル、トランペットがドナルド・バード、ピアノがトミー・フラナガン、テナーサックスがフランク・フォスター、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがアート(アーサー)・テイラー。
ケニー・バレルとドナルド・バードの歳の差はケニー・バレルが1つ上。
ケニー・バレル、ドナルド・バード、トミー・フラナガン、ダグ・ワトキンスは、アメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれで同郷。
ジャズの場合この同郷という事が結構重要で仲間意識が音に表れる。
(青木高見)





Gigi Gryce - Donald Byrd / Jazz Lab (FSR-CD 82) Gigi Gryce - Donald Byrd / Jazz Lab (FSR-CD 82)

「ジャズ/ジジ・グライス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ドナルド・バード」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 9, 1957

Personnel :
Gigi Gryce (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Jones (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Blue Lights
02. Onion Head
03. Isn't It Romantic
04. Bat Land
05. Bangoon
06. Imagination
07. Xtacy


※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジジ・グライス(Gigi Gryce 出生名:George General Grice, Jr. 1925年11月28日~1983年3月14日)はアメリカ合衆国フロリダ州ペンサコラ生まれのジャズ・サクソフォン、クラリネット、フルート奏者、作曲家、編曲家、バンドリーダー。
ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1957年8月9日の録音、発売元がジュビリー(Jubilee)JLP 1059番、7曲入り。
CDは発売元がフレッシュ・サウンド・レコード(Fresh Sound Records)、輸入盤、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲入り。
メンバーはアルトサックスがジジ・グライス、トランペットがドナルド・バード、ピアノがハンク・ジョーンズ、アルトサックスがジジ・グライス、トランペットがドナルド・バード、ベースがポール・チェンバース、ドラムがアート・テイラー。
アルバム・タイトルは「Jazz Lab」なのでジャズの実験室といったところか。
そのためアルバム・ジャケットの写真はフラスコや試験管の写真。
聴く前は演奏が実験研究的な音を想像したが、ちゃんとした上質のハード・バップ。
軽く流している様で緻密さがジジ・グライスの特徴を聴く事ができる。
これは百戦練磨のジャズマンだから、なせる技。
アメリカのジャズの裾野の広さを感じる。
(青木高見)





Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.1 (Polydor 833-394-2) Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.1 (Polydor 833-394-2)

Recorded : October 22, 1958

Personnel :
Donald Byrd (p)
Walter Davis Jr. (p)
Bobby Jaspar (ts)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Dear Old Stockholm
02. Paul`s Pals
03. Flute Blues
04. Ray`s Idea
05. The Blues Walk

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1958年10月22日の録音、発売元がシグネチャー(Signature)SM 1039番、5曲入り、フランス・パリ・オリンピア劇場でのライブ、ボリューム1と2がある。
CDは発売元がポリドール、輸入盤、フランソワ・ポスティフ(François Postif)氏によるフランス語オリジナル・ライナーノーツ、5曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがウォルター・デイヴィス・ジュニア、テナーサックスがボビー・ジャズパー、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがアート・テイラー。
ドナルド・バードのバイオグラフィーでは初期の作品、これから飛躍する時期になる。
一連のブルーノートのヒット作の直前の演奏ということで音質は今いちだが聴く価値は有る。
共演者の、ボビー・ジャスパーはベルギー出身のテナーサックス。
ピアノのウォルター・デイヴィス・ジュニアは個人的に好きなピアニストなので聴けて嬉しい。
演奏の冒頭、ドナルド・バードのトランペットが小さい音から急に大くなる、たぶん演奏が始まり急いで駆け寄ってきたのだろう。
ジャズが本格的に浸透していない当時のヨーロッパにおいて聴衆の反応がいい。
最大の魅力はドナルド・バード、客の反応を見ながら瞬時に対応していく。
とは言え全体的には「ハイ、演奏しました」的なのと音が悪い。
LP時代に垂涎の一枚とされたと言うが、それは希少性だけだった様に思うのだが。
(青木高見)





Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.2 (Polydor 833-395-2) Donald Byrd / Byrd In Paris Vol.2 (Polydor 833-395-2)

Recorded : October 22, 1958

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Walter Davis Jr. (p)
Bobby Jaspar (ts)
Doug Watkins (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Salt Peanuts
02. Parisian Thoroughfare
03. Stardust
04. 52nd Street Theme
05. At This Time
06. Formidable
07. Two-Bass Hit
08. Salt Peanuts

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1958年10月22日の録音、発売元がシグネチャー(Signature)SM 1039番、5曲入り、フランス・パリ・オリンピア劇場でのライブ、ボリューム1と2がある。
CDは発売元がポリドール、輸入盤、フランソワ・ポスティフ(François Postif)氏によるフランス語オリジナル・ライナーノーツ、5曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがウォルター・デイヴィス・ジュニア、テナーサックスがボビー・ジャズパー、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがアート・テイラー。
ドナルド・バードのバイオグラフィーでは初期の作品、これから飛躍する時期になる。
一連のブルーノートのヒット作の直前の演奏ということで音質は今いちだが聴く価値は有る。
共演者の、ボビー・ジャスパーはベルギー出身のテナーサックス。
ピアノのウォルター・デイヴィス・ジュニアは個人的に好きなピアニストなので聴けて嬉しい。
演奏の冒頭、ドナルド・バードのトランペットが小さい音から急に大くなる、たぶん演奏が始まり急いで駆け寄ってきたのだろう。
ジャズが本格的に浸透していない当時のヨーロッパにおいて聴衆の反応がいい。
最大の魅力はドナルド・バード、客の反応を見ながら瞬時に対応していく。
とは言え全体的には「ハイ、演奏しました」的なのと音が悪い。
LP時代に垂涎の一枚とされたと言うが、それは希少性だけだった様に思うのだが。
アルバム・ジャケットはレストランでフライポテトか何かを食べようとしている若きドナルド・バード。
(青木高見)





Donald Byrd / Off To The Races (TOCJ-6465) Donald Byrd / Off To The Races (TOCJ-6465)

Recorded : December 21, 1958

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Wynton Kelly (p)
Jackie Mclean (as)
Pepper Adams (bs)
Sam Jones (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Lover Come Back to Me
02. When Your Lover Has Gone
03. Sudwest Funk
04. Off To The Races
05. Paul's Pal
06. Down Tempo

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1958年12月2日録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4007番、6曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ジョー・ゴールドバーグ(Joe Goldberg)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、高井信成氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがウイントン・ケリー、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、バリトンサックスがペッパー・アダムス、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・テイラー。
1曲目「Lover Come Back to Me(恋人よ我に帰れ)」。
ジャズ要素の一つに「勢い」があるが当アルバムには、それがある。
ジャケット・デザインは自動車を、あしらったものでジャズファンだけではなく自動車ファンにも人気がある。
ドナルド・バードは高校在学中にライオネル・ハンプトンと共演した。
1955年、ジャズメッセンジャーズにケニー・ドーハムの後釜として入った、同時に多くのミュージシャンと共演歴を持つ。
ブルーノートに多くの録音が残されている。
1970年代には、ファンク、ロック、フュージョンの先駆けと言われるアルバムを残す。
1973年には、ハワード大学で音楽主任教授、ラトガース大学、ニューヨーク大学、ノースカロライナ大学などで講師を務めた。
特に1974年にハワード大学の学生たちとフュージョン・グループ 「BlackByrds」 を結成。
グラミー賞にノミネートされた「Walking in Rhythm」がディスコでヒット。
と言う訳で、このアルバムあたりからドナルド・バードの怒涛の快進撃が始まる。
(青木高見)





Donald Byrd / Byrd In Hand (TOCJ-4019) Donald Byrd / Byrd In Hand (TOCJ-4019)

Recorded : May 31, 1959

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Walter Davis,Jr. (p)
Charlie Rouse (ts)
Pepper Adams (bs)
Sam Jones (b)
Art Taylor (ds)

Song name :
01. Witchcraft
02. Here am I
03. Devil Whip
04. Bronze Dance
05. Clarion Calls
06. The Injuns

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1959年5月31日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4019番、6曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、アイラ・ギトラー(Ira Gitler)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、赤塚四朗氏によるライナーノーツ和訳、後藤誠氏、三森隆文氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがウォルター・デイヴィス・ジュニア、テナー・サックスがチャーリー・ラウズ、バリトン・サックスがペッパー・アダムス、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・テイラー。
演奏はバリトン、テナーに静的にコントロールされたトランペットの3管。
バリトンが入った分、重厚なブルーノート・サウンドが楽しめる。
(青木高見)





Donald Byrd / Fuego (CDP 7 46534 2) Donald Byrd / Fuego (CDP 7 46534 2)

Recorded : October 4, 1959

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Duke Pearson (p)
Jackie Mclean (as)
Doug Watkins (b)
Lex Humphries (ds)

Song name :
01. Fuego
02. Bup a Loup
03. Funky Mama
04. Low Life
05. Lament
06. Amen

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1959年10月4日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4026番、6曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがデューク・ピアソン、アルトサックスがジャッキー・マクリーン、ベースがダグ・ワトキンス、ドラムがレックス・ハンフリーズ。
プロデューサーのブルーノート社主のアルフレッド・ライオン、レコーディング・エンジニアのルディ・ヴァン・ゲルダー、完璧を求めるこの2人が60年代の幕開けに相応(ふさわ)しいミュージシャンにドナルド・バードを採用する。
ドナルド・バードは、その期待に十分答えれるミュージシャンだった。
経歴の中でもこの時期は輝かしい時代だったともいえる。
ここでは目立たないが常に革新的なピアノを模索しているピアノのデューク・ピアソンが新風を吹き込む。
ドナルド・バード自身はモードを消化し、全曲作曲しブルーノートの期待に応える。
(青木高見)





Donald Byrd / Motor City Scene (TOCJ-6360) Donald Byrd / Motor City Scene (TOCJ-6360)

Recorded : 1960

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Tommy Flanagan (p)
Kenny Burrell (g)
Pepper Adams (bs)
Paul Chambers (b)
Louis Hayes (ds)

Song name :
01. Stardust
02. Philson
03. Trio
04. Libeccio
05. Bitty Ditty

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1960年の録音、発売元がベツレヘム・レコード(Bethlehem Records)6056番、5曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、アル・クラーク(Al Clarke)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、高井信成氏による日本語解説、5曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがトミー・フラナガン、ギターがケニー・バレル、バリトンサックスがペッパー・アダムス、ベースがポール・チェンバース、ドラムがルイ・ヘイズ。
顔ぶれを見るとモーターシティー(自動車産業都市)デトロイト出身者が集まっめられている。
ドラムのルイ・ヘイズとリーダーのドナルド・バードが生粋のデトロイトっ子。
ベースのポール・チェンバースは生まれは別だがデトロイト育ち。
ペッパー・アダムスも生まれは別だが活動拠点をデトロイトに置いていた。
ここでのドナルド・バードは60年代を迎え、ブルーノートは一旦忘れて、気心の知れた同郷の仲間とジャムを楽しんだ。
それは前作「Fuego (BlueNote)」聴きくらべると、こんなにも音がトランペット。
気がねない、リラックス感もジャズの要素の1つな事を再認識。
(青木高見)





Donald Byrd / At The Harf Note Cafe Vol.1 (CDP 7 46539 2) Donald Byrd / At The Harf Note Cafe Volume 1 (CDP 7 46539 2)

Recorded : November 11, 1960

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Duke Pearson (p)
Pepper Adams (bs)
Laymon Jackson (b)
Lex Humphries (ds)

Song name :
00. Introduction by Ruth Mason Lion
01. My Girl Shirl
02. Soulful Kiddy
03. Child's Play
04. Chant
05. A Portrait Of Jennie
06. Cecile

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント :  メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1956年11月11日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BLP 4060番、5曲入り、ニューヨークのライブハウス「ハーフノートカフェ」でのライブ。
以下、LPの演目。
A1. My Girl Shirl
A2. Soulful Kiddy
B1. A Portrait Of Jennie
B2. Cecile
B3. The Theme
CDはブルーノート(Blue Note)、輸入盤、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、マイケル・カスクーナ(Michael Cuscuna)氏による短いコメント、LPのB3が削除され、3~4の2曲が追加され全6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがデューク・ピアソン、バリトンサックスがペッパー・アダムス、ベースがレイモン・ジャクソン、ドラムがレックス・ハンフリーズ。
ペッパー・アダムスとは1958年~1962年まで一緒に活動している。
大音量で聴けば上質なハード・バップのライブをいる気分になる。
各自があまり出しゃばらず、それでいて芯があり、全体としてのバランスがとれている。
ドナルド・バードのトランペットは、やみくもに音を出すのではなく静的にコントロールされている。
ハード・バップからファンキー、果てはファンクからソウルになっていく過程の貴重な音の記録でもある。
(青木高見)





Donald Byrd / Royal Flush (TOCJ-4101) Donald Byrd / Royal Flush (TOCJ-4101)

Recorded : September 21, 1961

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Herbie Hancock (p)
Pepper Adams (bs)
Butch Warren (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Hush
02. I'm a Fool to Want You
03. Jorgie's
04. Shangri-La
05. 6M's
06. Requiem

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1961年9月21日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4101番、6曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、レナード・フェザー(Leonard Feather)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、林田ひめじさんによるライナーノーツ和訳、上田篤氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがハービー・ハンコック、バリトンサックスがペッパー・アダムス、ベースがブッチ・ウォーレン、ドラムがビリー・ヒギンス。
ピアノにハービー・ハンコックが入る。
ハービー・ハンコックは1960年にドナルド・バードに見出されので恩人といる。
アルバム・ジャケットはロイヤル・フラッシュが決まって、これで行けそうだというドナルド・バード。
ロイヤル・フラッシュは「10,J、Q、K、A」5枚のカード。
このメンバーを暗(あん)に表現しているのではないだろうか。
(青木高見)





Donald Byrd / Free Form (TOCJ-4118) Donald Byrd / Free Form (TOCJ-4118)

Recorded : December 11, 1961

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Herbie Hancock (p)
Wayne Shorter (ts)
Butch Warren (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Pentecostal Feelin'
02. Night Flower
03. Nai Nai
04. French Spice
05. Free Form

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1961年12月11日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4118番、5曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、林田ひめじさんによるライナーノーツ和訳、原田和典氏による日本語解説、5曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがハービー・ハンコック、テナーサックスがウェイン・ショーター、ベースがブッチ・ウォーレン、ドラムがビリー・ヒギンス。
ジャズ界の中枢の担い手のハービー・ハンコックとウェイン・ショーターが参加。
アルバム・タイトルは「Free Form (フリー・フォーム)」ドナルド・バードの立ち位置が少し変化した事がわかる。
ディスコグラフィーでは比較的地味で人気がないと本作に、次のステップの種が隠されている。
(青木高見)





Donald Byrd / Band and Voices A New Perspective (CDP 7 84124 2) Donald Byrd / Band and Voices A New Perspective (CDP 7 84124 2)

Recorded : January 12, 1963

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Duke Pearson (arr)
Unidentified vocalists : Four men (two basses, two tenors) and four women (two altos, two sopranos)
Herbie Hancock (p)
Kenny Burrell (g)
Donald Best (vib, vo)
Hank Mobley (ts)
Butch Warren (b)
Lex Humphries (ds)

Song name :
01. Elijah
02. Beast of Burden
03. Cristo Redentor
04. The Black Disciple"
05. Chant

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1963年1月12日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4124番、5曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、5曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、編曲がデューク・ピアソン、ピアノがハービー・ハンコック、ギターがケニー・バレル、ビブラフォンが、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがブッチ・ウォーレン、ドラムがレックス・ハンフリーズ。
それに男女混成ヴォーカル総勢8名、内訳は男性バス2名、男性テノール2名、女性アルト2名、女性ソプラノ2名。
どちらかと言うとスピリチュアルな演奏を得意とするミュージシャンが集められた。
ドナルド・バードの活動の後半は、ジャズを根底に様々なジャンルとの融合を試み、精力的に模索を続けた。
とりわけ、男女8名のコーラスを中心にした精神性の高い作品。
マーティン・ルーサー・キング牧師が1968年4月4日、暗殺された。
葬式で、このアルバムがかかった逸話がある。
ここではピアノは弾かずに編曲に徹しているデューク・ピアソン。
黒人にし解らない、大げさに言うと逆に解らせまいとする何かを感じるのは自分だけだろうか。
(青木高見)





Donald Byrd - Grant Green / Donald Byrd _ Up With Donald Byrd + Grant Green _ His Majesty King Funk (VERVE 314 527 474-2)
Grant Green - Donald Byrd / His Majesty King Funk (VERVE 314 527 474-2) Grant Green / His Majesty King Funk Donald Byrd / Up With Donald Byrd
「ジャズ/グラント・グリーン」でも同じ内容を掲載しています。  →
「ジャズ/ドナルド・バード」でも同じ内容を掲載しています。  →

Sng number, Recorded :
[Grant Green / His Majesty King Funk]
#01-05 Release:1995

[Donald Byrd / Up With Donald Byrd]
#07 Rec:November 2, 1964
#08-09, #14 Rec:November 3, 1964
#06, #13 Rec:November 6, 1964
#10-12 Rec:December 16, 1964

Personnel :
[Grant Green / His Majesty King Funk]
Grant Green (g)
Larry Young (org)
Harold Vick (ts)
Ben Dixon (ds)
Candido Camero (bongo, congas)

[Donald Byrd / Up With Donald Byrd]
Donald Byrd (tp)
Claus Ogerman (arr, cond)
Herbie Hancock (p)
Kenny Burrell (g)
Jimmy Heath (ts)
Stanley Turrentine (ts)
Bob Cranshaw (b)
Ron Carter (b)
Grady Tate (ds)
Candido Camero (per)
The Donald Byrd Singers (vo)

Song name :
[Grant Green / His Majesty King Funk]
01. The Selma March
02. Willow Weep For Me
03. The Cantaloupe Woman
04. That Lucky Old Sun (Just Rolls Around Heaven All Day)
05. Daddy Grapes

[Donald Byrd / Up With Donald Byrd]
06. Blind Man, Blind Man
07. Boom, Boom
08. House Of The Rising Sun (Reconstructed Version Of The Master Take)
09. See, See, Rider
10. Cantaloupe Island (Unedited Version Of Master Take)
11. Bossa
12. Sometimes I Feel Like A Motherless Child
13. You've Been Talkin' 'Bout Me, Baby
14. My Babe

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : グラント・グリーン(Grant Green 1935年6月6日~1979年1月31日)はアメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス生まれのジャズ・ギタリスト。
ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
CDはグラント・グリーン「His Majesty King Funk」とドナルド・バードの「Up With Donald Byrd」がカップリング、発売元がヴァーヴ(Verve)、輸入盤、ピーター・リーチ(Peter Leich)氏とビル・ミルコフスキー(Bill Milkowski)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、全14曲入り。
 LP「Grant Green / His Majesty King Funk」は1965年のリリース、発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)V6-8627番、5曲入り。
メンバーはギターがグラント・グリーン、オルガンがラリー・ヤング、テナーサックスがハロルド・ヴィック、ドラムがベン・ディクソン、パーカッションがキャンディド・キャメロ。
キャンディドのパーカッションがスパイスとなる、元々グルーヴィなラリー・ヤングのオルガンにグラント・グリーンのギターが被さる。
本体この手の音が好きなグラント・グリーンだった事がうかがえる。
 LP「Donald Byrd / Up With Donald Byrd」は1964年11月2日・3日・6日・12月16日の録音、発売元がヴァーヴ・レコード(Verve Records)V6-8609番、9曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、編曲と指揮がクラウス・オガーマン、ピアノがハービー・ハンコック、ギターがケニー・バレル、テナーサックスがジミー・ヒースとスタンリー・タレンタイン、ベースがロン・カーターとボブ・クランショウ、ドラムがグラディ・テイト、パーカッションがキャンディド・キャメロ、バックコーラスがザ・ドナルド・バード・シンガーズ。
クラウス・オガーマンの影響が大きく反映された。
(青木高見)





Donald Byrd / I'm Tryin' To Get Home (TOCJ-4188) Donald Byrd / I'm Tryin' To Get Home (TOCJ-4188)

Recorded : December 17-18, 1964

Personnel :
Donald Byrd (tp, flh, prod = #01, #03, #05)
Duke Pearson (arr #02, #04, #06
Coleridge Perkinson (dir, cond)
Herbie Hancock (p)
Freddie Roach (org)
Grant Green (g)
Joe Ferrante (tp)
Jimmy Owens (tp)
Ernie Royal (tp)
Clark Terry (tp)
Snooky Young (tp)
Stanley Turrentine (ts)
Jimmy Cleveland (tb)
Henry Coker (tb)
J.J. Johnson (tb)
Benny Powell (tb)
Jim Buffington (frh)
Bob Northern (frh)
Don Butterfield (tuba)
Bob Cranshaw (b)
Grady Tate (ds)
Unidentified musicians (per)
Unidentified chorus (vo)

Song name :
01. Brother Isaac
02. Noah
03. I'm Tryin' to Get Home
04. I've Longed and Searched for My Mother
05. March Children
06. Pearly Gates

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1964年12月17日・18日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4188番、6曲入り。
CDは発売が東芝EMI株式会社、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、内田昌之氏による氏によるライナーノーツ和訳、上田篤氏による日本語解説書付き、6曲入り。
メンバーはメンバーはドナルド・バード、編曲がデューク・ピアソン、ピアノがハービー・ハンコック、オルガンがフレディ・ローチ、ギターがグラント・グリーン、トランペットがスヌーキー・ヤング、ジミー・オーウェンズ、アーニー・ロイヤル、クラーク・テリーほか1名、テナーサックスがスタンリー・タレンタイン、トロンボーンがジミー・クリーブランド、ヘンリー・コーカー、JJジョンソン、ベニー・パウエル。
フレンチ・ホルンがジム・バフィングトン、ボブ・ノーザン、チューバがドン・バターフィールド、ベースがボブ・クランショウ、ドラムがグラディ・テイト、ほかパーカッションとコーラス。
どうだろう、ドナルド・バードのために目をみはる大勢のメンバーが集まった。
スタジオは、さながらパーティーの様だったに違いない。
ハード・バップではなゴスペル調のノリ、これはデューク・ピアソンのやりたかった音でもある。
ディスコグラフィー上、どこらへんの位置にあるか解って聴きたい。
(青木高見)





Donald Byrd / Mustang (TOCJ-4238) Donald Byrd / Mustang (TOCJ-4238)

Recorded : June 24, 1966

Personnel :
Donald Byrd (tp)
McCoy Tyner (p)
Sonny Red (as) except track 3
Hank Mobley (ts)
Walter Booker (b)
Freddie Waits (ds)

Song name :
01. Mustang
02. Fly Little Bird Fly
03. I Got It Bad (and That Ain't Good)
04. Dixie Lee
05. On the Trail
06. I'm So Excited by You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1966年6月24日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4238番、6曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、小川隆夫氏による氏によるライナーノーツ和訳、原田和典氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがマッコイ・タイナー、アルトサックスがソニー・レッド、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがウォルター・ブッカー、ドラムがフレディー・ウェイツ。
1曲目「Mustang(ムスタング)」は「Sylvester Kyner(シルヴェスター・カイナー)」の作曲でソニー・レッドの変名で明記されている。
  1965年、ドナルド・バードは音楽勉強のためスイスに留学し年末に帰国した。
アルバムは帰国して間もなくブルーノートと再契約の第1弾となる。
前作の「Donald Byrd / I'm Tryin' To Get Home 録音日:1964年12月17日・18日」同様、玉虫色に変化するドナルド・バード。
よく、こうテイストをコロコロ変えて演奏できるものだ、とは言ってもドナルド・バードは日常茶飯事。
演奏はハード・バップなので、まず安心すると同時に、今後どの様に変化しようがビックリしない覚悟ができた。
ちなみにアルバム・タイトルの「ムスタング」は自動車好きのドナルド・バードが欲しかった車だけの話らしい。
(青木高見)





Donald Byrd / Blackjack (TOCJ-6698) Donald Byrd / Blackjack (TOCJ-6698)

Song number, Recorded :
#01-06 Rec:January 9, 1967
#07 Rec:May 27, 1963

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Cedar Walton (p)
Sonny Red (as)
Hank Mobley (ts)
Walter Booker (b)
Billy Higgins (ds)

Song name :
01. Blackjack
02. West of Pecos
03. Loki
04. Eldorado
05. Beale Street
06. Pentatonic

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1~6曲目が1967年1月9日、7曲目が1963年5月27日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4259番、6曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、都並清史氏による日本語解説、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがシダー・ウォルトン、アルトサックスがソニー・レッド、テナーサックスがハンク・モブレー、ベースがウォルター・ブッカー、ドラムがビリー・ヒギンス。
1966年末からニューヨークのライブハウス「ファイブ・スポット」に出演していたレギュラー・メンバー。
トランペット、アルトサックス、テナーサックスの3管、ファンキー・ジャズの王道をいくフォーマット。
共演者はドナルド・バードのヤリたい事を理解し具現化できるメンバー。
以下、演目の作曲者。
01. Blackjack / Donald Byrd
02. West Of The Pecos / Sylvester Kyner
03. Loki / Sylvester Kyner
04. Eldorado / Mitchell Farber
05. Beale Street / Sylvester Kyner
06. Pentatonic / Donald Byrd
ちなみにアルトサックスのソニー・レッドは出生名の「Sylvester Kyner(シルヴェスター・カイナー)」の名で2、5曲目の2曲を提供をしている。
  (青木高見)





Donald Byrd / Slow Drag (7243 5 35560 2 0) Donald Byrd / Slow Drag (7243 5 35560 2 0)

Recorded : May 12, 1967

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Cedar Walton (p)
Sonny Red (as)
Walter Booker (b)
Billy Higgins (ds, vo #01)

Song name :
01. Slow Drag
02. Secret Love
03. Book's Bossa
04. Jelly Roll
05. The Loner
06. My Ideal

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1967年5月12日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)4292番、6曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、6曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、ピアノがシダー・ウォルトン、アルトサックスがソニー・レッド、ベースがウォルター・ブッカー、ドラムがビリー・ヒギンス。
アルバム・ジャケットはソウルでジャズには見えない。
1曲目「Slow Drag」ではドラムのビリー・ヒギンスが歌というより、つぶやきの語りを披露。
全員が気心しれた仲間、こういうアルバムが一番安心して聴ける。
ちなみにアルバム・タイトルの「Slow Drag」だが、薬のドラックは「drug」でスペルが違う。
意味は。
「引っ張る」「引きずる」。
「ノロノロ進む」「遅れをとる」「煙を吐く」。
「障害」「妨げ」「足手まとい」「重荷」「抗力」「抵抗」。
「面倒くさい」「ひどい」「もうサイアク」のスラング。
「引き摺ること」「邪魔」「障害物」「抗力」「喫煙」「一服」「退屈なもの」「通」など口語と俗語。
(青木高見)





Donald Byrd / Fancy Free (CDP 0777 7 89796 2 3) Donald Byrd / Fancy Free (CDP 0777 7 89796 2 3)

Recorded :
May 9, 1969
June 6, 1969

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Duke Pearson (arr, el-p)
Jimmy Ponder (g)
Lew Tabackin (fl) #02, #04
Jerry Dodgion (fl) #01, #03
Frank Foster (ss, ts)
Julian Priester (tb)
Roland Wilson (b)
Joe Chambers (ds) #02, #04
Leo Morris (ds) #01, #03
Nat Bettis (per)
John H. Robinson Jr. (per)

Song name :
01. Fancy Free
02. I Love the Girl
03. The Uptowner
04. Weasil

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1969年5月9日、6月6日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BST 84319番、4曲入り。
CDは発売元が(Blue Note)、輸入盤、ナット・ヘントフ(Nat Hentoff)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、4曲入り。
メンバーはトランペットがドナルド・バード、編曲とエレピがデューク・ピアソン、ギターがジミー・ポンダー、フルートがジェリー・ダジオン、ソプラノサックスとテナーサックスがフランク・フォスター、トロンボーンがジュリアン・プリースター、ドラムがジョー・チェンバーズとイドリス・ムハンマド (レオ・モリス)ほか。
演奏はデューク・ピアソン・カラーに染まっている、プロデューサー、編曲、エレピを担当している。
ドナルド・バードの後半のアルバムからデューク・ピアソンとの共同制作となり信頼関係が音に表れている。
エレピ音の独特の世界観があり、まさにアルバム・ジャケットの青空に鳥(バード)の飛翔感そのもの。
このアルバム辺(あた)りから、ジャケット・デザインがジャズというよりブラコンっぽくなっていく。
(青木高見)





Donald Byrd / Ethiopian Knights (BlueNote 7243 8 54328 2 8) Donald Byrd / Ethiopian Knights (BlueNote 7243 8 54328 2 8)

Song number, Recorded :
#01-02 Rec:August 25, 1971
#03 Rec:August 26, 1971

Personnel :
Donald Byrd (tp)
Bill Henderson III (el-p)
Joe Sample (org)
Bobby Hutcherson (vib)
Don Peake (g) #01-02
Greg Poree (g) #01-02
David T. Walker (g) #03
Harold Land (ts)
Thurman Green (tb)
Wilton Felder (el-b)
Ed Greene (ds)
Bobbye Porter Hall (congas, tambourine)

Song name :
01. The Emperor
02. Jamie
03. The Little Rasti

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1~2曲目が1971年8月25日、3曲目が8月25日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BST-84380番、3曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、ビル・クイン(Bill Quinn)氏とボブ・ベルデン(Bob Belden)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、3曲入り。
メンバーはンバーはトランペットがドナルド・バード、オルガンがジョー・サンプル、ヴィブラフォンがボビー・ハッチャーソン、ギターがデイヴィッド・T・ウォーカー、テナーサックスがハロルド・ランド、ベースがウイルトン・フェルダーほか。
ジョー・サンプルとウイルトン・フェルダーはザ・クルセイダーズのメンバー。
録音時ドナルド・バード39歳。
比べる意味はないが、マイルス・デイヴィスは1969年8月にアルバム「ビチェズ・ブリュー」をリリースしている。
ドナルド・バードのディスコグラフィーの中では、どこにも属さない、暗い夜空にポツンと強く星の様で堪(たま)らない。
天下のブルーノートで好きな事ができてドナルド・バードは幸せ者だと聴くたびに思う。
(青木高見)





Donald Byrd / Black Byrd (CDP 7 84466 2) Donald Byrd / Black Byrd (CDP 7 84466 2)

Recorded : April 3-4, 1972

Personnel :
Donald Byrd (tp, flh, el-tp, vo)
Allen Curtis Barnes (fl, oboe, sax)
Roger Glenn (sax, fl)
Alphonso Fonce Mizell (tp, vo, prod)
Larry Mizell (vo, prod)
Joe Sample (p, el-p)
Kevin Toney (p)
David T. Walker (g)
Freddie Perren (p, syn, vo)
Dean Parks (g)
Barney Perry (g)
Chuck Rainey (b)
Wilton Felder (b)
Joe Hill (b)
Harvey Mason (ds)
Sr, Keith Killgo (ds)
Bobbye Hall Porter (per)
Perk Jacobs (per)
Stephanie Spruill (per)
King Errisson (congas and bongos)

Song name :
01. Flight Time
02. Black Byrd
03. Love's So Far Away
04. Mr. Thomas
05. Sky High
06. Slop Jar Blues
07. Where Are We Going?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1972年4月3日・4日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BN-LA047-F番、7曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、ガートルード・ギプソン(Gertrude Gipson)さんによる英語オリジナル・ライナーノーツ、7曲入り。
メンバーはトランペット、フリューゲルホーン、ヴォーカルがドナルド・バード、プロデュースがラリー&フォンス・マイゼル(ミゼル)兄弟のスカイ・ハイ・プロダクション、エレピがジョー・サンプル、 ギターがデイヴィッド・T・ウォーカー、ベースがチャック・レイニー、ウイントン・フェルダー、ドラムがハーヴィー・メイソンほか大勢。
ジャズの延長線上にありながらも、ファンク、ソウル、フュージョンのミックス。
一曲目「Flight Time」の冒頭はジェット機の音で始まり、まさに今から新しいジャンルに飛び立つイメージ。
アルバム・ジャケットだけ見たら何のジャンルだか解らない。
多くの人脈を持つドナルド・バードの手腕が光る。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Flight Time / Larry Mizell]
02. Black Byrd / / Larry Mizell
03. Love's So Far Away / Larry Mizell
04. Mr. Thomas / Larry Mizell, Warren Jordan
05. Sky High / Larry Mizell
06. Slop Jar Blues / Larry Mizell
07. Where Are We Going? / Larry Mizell, Larry Gordon
(青木高見)





Donald Byrd / Street Lady (CDP 7243 8 53923 2 0) Donald Byrd / Street Lady (CDP 7243 8 53923 2 0)

Recorded : June 13-15, 1973

Personnel :
Donald Byrd (tp,flh,vo)
Larry Myzell (comp, arr)
Alphonso "Fonce" Mizell (key, tp, arr)
Fred Perren (syn, arr)
Jerry Peters (p, key)
David T.Walker (g)
Roger Glenn (fl)
Chuck Rainey (b)
Harvey Mason (ds)
Stephanie Sprull (per)
King Errison (conga)

Song name :
01. Lansana's Priestess
02. Miss Kane
03. Sister Love
04. Street Lady
05. Witch Hunt
06. Woman of the World

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1973年6月13日から15日の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BN-LA140-F番、6曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、詳しいライナーノーツなし、英語の演目と演奏者、6曲入り。
メンバーはトランペット、フリューゲルホーン、ヴォーカルがドナルド・バード、プロデュースがマイゼル(ミゼル)兄弟、ラリー・マイゼル(ミゼル)とアルフォンス・フォンス・マイゼル(ミゼル)、ギターがデイヴィッド・T・ウォーカー、フルートがロジャー・グレン、ベースがチャック・レイニー、ドラムがハーヴィー・メイソンほか。
ジャズの王道を走り続けてきた名門ブルーノートも、このあたりから、このジャケット・デザインをはじめ、音も幅広く許容する様になった。
演奏は、ファンキーソウル、AOR調、メロウで爽やかな音。
話は外れるが1973年アメリカのソウルのヒット曲は以下の通り。
・やさしく歌って ロバータ・フラック / Killing Me Softly with His Song Roberta Flack
・レッツ・ゲット・イット・オン マーヴィン・ゲイ / Let's Get It On Marvin Gaye
・タッチ・ミー・イン・ザ・モーニング ダイアナ・ロス / Touch Me in the Morning Diana Ross
・ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ ビリー・ポール / Me and Mrs. Jones Billy Paul
・サンシャイン スティーヴィー・ワンダー / You Are the Sunshine of My Life Stevie Wonder
など。
ポップスとロックでは。
・トップ・オブ・ザ・ワールド カーペンターズ
・イエスタディ・ワンス・モア カーペンターズ
・黄昏のレンガ路 エルトン・ジョン
・20センチュリー・ボーイ T・レックス
・シング カーペンターズ
・ならず者 イーグルス
・ピアノ・マン ビリー・ジョエル
・ロング・トレイン・ランニン ドゥービー・ブラザーズ
・うつろな愛 カーリー・サイモン
うーん、実になつかしい曲が並ぶ。
要は様々なジャンルの層が厚い、当アルバムは、そんな中にリリースされた。
日本では超能力ブーム、オイルショック、省エネ、ハイセイコー、アイドルブーム、電車にシルバーシート登場した。
(青木高見)





Donald Byrd / Places And Spaces (7243 8 54326 2 0) Donald Byrd / Places And Spaces (7243 8 54326 2 0)

Recorded : August 18-25, 1975

Personnel :
Donald Byrd (tp, flh, vo)
Fonce Mizell (tp, clavichord, vo, clavinet, prod)
Larry Mizell (p, vo, prod)
Skip Scarborough (p)
Craig McMullen (g)
John Rowin (g)
George Bohannon (tb)
Ray Brown (tp)
Tyree Glenn (ts)
Chuck Rainey (el-b)
Harvey Mason (ds)
James Carter (whistle)
Mayuto Correa (per, conga)
King Errisson (conga)
Kay Haith (vo)

Song name :
01. Change
02. Wind Parade
03. (Fallin' Like) Dominoes
04. Places and Spaces
05. You and the Music
06. Night Whistler
07. Just My Imagination

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1975年の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BN-LA549-G番、7曲入り。
以下、LPの演目と作曲者。
A1. Change (Makes You Want To Hustle) / Larry Mizell
A2. Wind Parade / Larry Mizell
A3. Dominoes / H. Jackson, Mbaui, Sigidi
B1. Places And Spaces / Larry Mizell - Fonce Mizell
B2. You And Music / Larry Mizell and F. Mizell
B3. Night Whistler / J. Carter, Larry Mizell - Fonce Mizell
B4. Just My Imagination / N. Whitfield - B. Strong
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、詳しいライナーノーツなし、ペラ1枚の英語の演目と演奏者、7曲入り。
メンバーはトランペット、フリューゲルホーン、ヴォーカルがドナルド・バード、プロデュース、作曲がラリー&フォンス、マイゼル(ミゼル)兄弟のスカイ・ハイ・プロダクション。
キーボードがフォンス・マイゼル(ミゼル)、ピアノがラリー・マイゼル(ミゼル)、ベースがチャック・レイニー、ドラムがハーヴィー・メイソンほか。
演奏はAOR、クラブ系の音、爽やかなソウル・ファンク・フュージョン。
ハード・バップのドナルド・バードが、とうとう、こんな音のアルバムを出すまでに進化した。
アルバム・ジャケットもしかり、音楽とは関係ない様なデザイン、そして詳しいライナーノーツや評論家の解説書もない。
このアルバムが出た当時、熱狂的なモダンジャズ・ファンと評論家、果てはマスコミまでがドナルド・バードを酷評した事を覚えている。
ドナルド・バードは、かなり傷ついたという、だが偉いのは、自分の信念を曲げずに最期までやり抜く。
今になってわかる事だが、今では当アルバムの様な音に満ち溢れている。
(青木高見)





Donald Byrd / Caricatures (7243 5 80732 2 5) Donald Byrd / Caricatures (7243 5 80732 2 5)

Recorded : April and May, 1976

Personnel :
Donald Byrd (tp, flh, vo)
Larry Mizell (prod)
Wade Marcus (cond, arr, strings)
Patrice Rushen (key)
Skip Scarborough (key)
Jerry Peters (key)
Bernard Taylor (g)
David T Walker (g)
John Rowin (g)
Ernie Watts (horns)
Fonce Mizell (horns, prod)
Gary Bartz (horns)
George Bohanon (horns)
Oscar Brashear (horns)
James Jameson (b) #01
Scott Edwards (b) #02, #08
Alphonse Mouzon (ds) #02, #08
Harvey Mason (ds) #01
Mayuto Correa (per)
Stephanie Spruill (per)

Song name :
01. Dance Band
02. Wild Life
03. Caricatures
04. Science Funktion
05. Dancing In The Street
06. Return Of The King
07. Onward 'Til Morning
08. Tell Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
LPは1976年4月・5月の録音、発売元がブルーノート(Blue Note)BN-LA633-G番、8曲入り。
CDは発売元がブルーノート(Blue Note)、輸入盤、詳しいライナーノーツなし、ペラ1枚の英語の演目と演奏者、8曲入り。
メンバーはトランペット、フリューゲルホーン、ヴォーカルがドナルド・バード、プロデュースはラリー&フォンス、ミゼル兄弟のスカイ・ハイ・プロダクション。
もはや、アルバムはジャズというより、ディスコ、ファンキー・ソウル。
ドナルド・バードと共に、とうとう新生ブルーノートも一緒に、ここまで来た。
(青木高見)






Donald Byrd / The Blackbyrds - Greatest Hits (FCD-7707-2) Donald Byrd / The Blackbyrds - Greatest Hits (FCD-7707-2)

「ジャズ/ドナルド・バード」のリーダーアルバムとしています。  →
「ソウル・ディスコ/ブラックバーズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1974-1977

Release : 1989

Personnel :
Donald Byrd (prod)
Kevin Toney (key, vo)
Barney Perry (g, vo)
Orville saunders (g, vo)
Allan Barnes (sax, fl)
Stephen Johnson (sax, fl)
Wesley Jackson (sax, fl)
Joe Hall (b, vo)
Keite Killgo (ds, vo)
Perk Jacobs (per)

Song name :
01. Walking In Rhythm
02. Do It, Fluid
03. Gut Level
04. Blackbyrds' Theme
05. Rock Creek Park
06. Summer Love
07. City Life
08. Happy Music
09. Unfinished Business
10. Supernatural Feeling
11. Soft And Easy

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : 「ザ・ブラックバーズ The Blackbyrds」は1973年アメリカ合衆国ワシントンDCで結成したジャズ ファンク、ディスコソウル、フュージョン のバンド。
ドナルド・バード(Donald Byrd 出生名:Donald Toussaint L'Ouverture Byrd II 1932年12月9日~2013年2月4日)はアメリカ合衆国ミシガン州デトロイト市生まれのジャズ・トランペット奏者、作曲家、プロデューサー。
メンバーは1974年~1977年のハワード大学の学生。
キーボードがケビン・トニー(Kevin Toney)
ギターがバーニー・ペリー(Barney Perry)とオービル・サンダース(Orville Saunders)。
ドラムとヴォーカルがキース・キルゴ(Keith Killgo)
サックス、クラリネットがアラン・バーンズ(Allan Barnes)
ベースがジョー・ホール(Joe Hall)ほか。
アルバムはジャズ・トランペットのドナルド・バードの肝入りでリリース、ドナルド・バードのプロデュース。
1曲目「Walking in Rhythm」はヒットしグラミー賞にノミネートされ、1975年5月までに100万枚以上を売り上げ後にゴールド ディスクを受賞した。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲