青木高見のジャズコレクション Rita Reys (vo) リタ・ライス


略歴
Rita Reys リタ・ライス (Rita Reys 1924年12月21日~2013年7月28日) はオランダ・ロッテルダム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト。
旦那さんがジャズ・ピアニストのピム・ヤコブス。
アン・バートンと並ぶオランダを代表する女性ジャズ・ヴォーカリスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
Rita Reys / The Cool Voice Of Rita Reys (PHCE-10038) Rita Reys - Antonio Carlos Jobim / Sings Antonio Carlos Jobim (PHCE-4122)

【以下コンテンツ】


Rita Reys / The Cool Voice Of Rita Reys (PHCE-10038) Rita Reys / The Cool Voice Of Rita Reys (PHCE-10038)

Song number, Recorded :
#03 Rec:January 17, 1955
#05-06 Rec:August 16, 1955
#01-02, #04 Rec:February 16, 1956
#07-08, #10, #12 Rec:May 3, 1956
#09, #11 June 25, 1956

Song number, Song name, Personnel :
01. I Cried for You
Rita Reys (vo)
Horace Silver (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

02. You'd Be So Nice To Come Home To
Rita Reys (vo)
Horace Silver (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

03. My One And Only Love
Kenny Drew (p)
Rita Reys (vo)
Donald Byrd (tp)
Ira Sullivan (ts)
Wilbur Ware (b)
Art Blakey (ds)

04. That Old Black Magic
Rita Reys (vo)
Horace Silver (p)
Donald Byrd (tp)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

05. Spring Will Be a Little Late This Year
Rita Reys (vo)
Kenny Drew (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Ira Sullivan (ts)
Wilbur Ware (b)
Art Blakey (ds)

06. Taking a Chance on Love
Rita Reys (vo)
Horace Silver (p)
Donald Byrd (tp)
Hank Mobley (ts)
Doug Watkins (b)
Art Blakey (ds)

07. It's All Right with Me
Rita Reys (vo)
Rob Madna (p)
Ack Van Rooyen (tp)
Herman Schoonderwalt (bs)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

08. Gone with the Wind
Rita Reys (vo)
Rob Madna (p)
Ack Van Rooyen (tp)
Herman Schoonderwalt (bs)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

09. My Funny Valentine
Rita Reys (vo)
Dick Bezemer (tb)
Toon Van Vliet (ts)
Gerard Van Rooyen (p)
Chris Bender (b)
Wessel Ilcken (ds)

10. But Not for Me
Rita Reys (vo)
Rob Madna (p)
Ack Van Rooyen (tp)
Herman Schoonderwalt (bs)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

11. I Should Care
Rita Reys (vo)
Gerard Van Rooyen (tp)
Toon Van Vliet (ts)
Wessel Ilcken (ds)

12. There Will Never Be Another You
Rita Reys (vo)
Rob Madna (p)
Gerard Van Rooyen (tp)
Toon Van Vliet (ts)
Dick Bezemer (b)
Wessel Ilcken (ds)

Song name :
01. I Cried for You
02. You'd Be So Nice To Come Home To
03. My One And Only Love
04. That Old Black Magic
05. Spring Will Be a Little Late This Year
06. Taking a Chance on Love
07. It's All Right with Me
08. Gone with the Wind
09. My Funny Valentine
10. But Not for Me
11. I Should Care
12. There Will Never Be Another You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リタ・ライス (Rita Reys 1924年12月21日~2013年7月28日) はオランダ・ロッテルダム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト。
LPは1955年1月と8月・1956年5月と6月の録音、フィリップス(Philips)B08006L番、12曲入り、ファースト・アルバム。
CDは発売元が日本フォノグラム株式会社、フィリップス(Philips)による英語オリジナル・ライナーノーツ、英語歌詞、内田修氏による日本語解説、12曲入り。
メンバーは、ヴォーカルがリタ・ライス、トランペットがドナルド・バード、テナーサックスがハンク・モブレー、ドラムがアート・ブレイキーほか多数。
声は少しハスキーで決して良い声ではないが飾らず淡々とした歌唱。
アート・ブレイキーとジャズ・メッセンジャーズをバックに臆するどころか堂々と歌いきる。
アルバム後半は地元のバンドをバックで。
2013年7月28日、ウェブでリタ・ライスの突然の訃報を知る。
こういう歌手は、いつまでも歌い続けてくれると思っていたので本当に寂しい。
またひとつ、ジャズ界の星が消えた。
(青木高見)





Rita Reys / Sings Antonio Carlos Jobim (PHCE-4122) Rita Reys / Sings Antonio Carlos Jobim (PHCE-4122)

「ジャズ/リタ・ライス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/アントニオ・カルロス・ジョビン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ブラジル音楽/アントニオ・カルロス・ジョビン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : 1981

Personnel :
Rita Reys (vo)
Antonio Carlos Jobim (comp)
Pim Jacobs (p)
Wim Overgaauw (g)
Ruud Jacobs (b)
Peter Ypma (ds)
Benny Behr (strings)
Rogier Van Otterloo (cond)
Ruud Jacobs (prod)

Song name :
01. How Intensitiveabr
02. Dindibr
03. So Danco Sambabr
04. Once I Lovedbr
05. Quit Night Of Quiet Starsbr
06. This Happy Madnessbr
07. Tristebr
08. Song Of The Sabiabr
09. Meditationbr
10. Once Againbr

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : リタ・ライス(Rita Reys 1924年12月21日~2013年7月28日)はオランダ・ロッテルダム生まれの女性ジャズ・ヴォーカリスト。
アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim 出生名:Antônio Carlos Brasileiro de Almeida Jobim ニックネーム:トム・ジョビン 1927年1月25日~1994年12月8日)はブラジル出身の作曲家、編曲家、ピアニスト、バンドリーダー。
LPは1981年の録音、発売元がフィリップス(Philips)6423 460番、10曲入り、アントニオ・カルロス・ジョビン集。
CDは発売元が日本フォノグラム株式会社、英語解説なし、大村幸則氏による日本語解説、10曲入り。
メンバーはヴォーカルがリタ・ライス、ピアノがピム・ヤコブス、ギターがウイム・オーヴァーハウ、ベースがルード・ヤコブス、ドラムがピーター・イプマ。
バックの4人はオランダで有名なジャズ・ミュージシャン。
特にピアノのピム・ヤコブスはリタ・ライスの旦那さん。
演奏は本場ブラジルやアメリカのボサ・ノヴァとは一味ちがったヨーロッパ・テイストの癒しのジャズ・ボッサ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲