青木高見のジャズコレクション Jerome Richardson (sax, fl) ジェローム・リチャードソン


略歴
Jerome Richardson ジェローム・リチャードソン(Jerome Richardson 1920年11月15日~2000年6月23日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身のジャズ・サックス、フルートをメインに、アルトフルート、ソプラノサックス、バリトンサックス、クラリネット、バスクラリネット、ピッコロを多彩に演奏した。
共演歴も幅広く、チャールズ・ミンガス、ライオネル・ハンプトン、ビリー・エクスタイン、サド・ジョーンズとメル・ルイス、ケニー・バレルなど。
たしかな技術に支えられた安定した演奏が特徴。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
--- Jerome Richardson / Four Classic Albums (AMSC 1195) ---制作中
Jerome Richardson / Four Classic Albums (AMSC 1195) Jerome Richardson / Flutes & Reeds Jerome Richardson / Roamin' With Richardson Jerome Richardson / Midnight Oil Jerome Richardson / Going To The Movies

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Frank Wess Flute And Reed


【INDEX (共演アルバム)】
Michel Legrand / Miles Davis, Bill Evans - Alpha Plus (EJD-3013) Hank Jones The Trio With Guests Dakota Staton Time To Swing Flip Phillips Swinging With Flip Jimmy Smith - Wes Montgomery - Oliver Nelson / The Dynamic Duo (POCJ-138) Anita O'day / All The Sad Young Men (UCCV-9416)


【以下コンテンツ】

Frank Wess / The Savoy And Prestige Collection (EN4CD9169) / Flute And Reed
Frank Wess / The Savoy And Prestige Collection (EN4CD9169) Frank Wess - Jirome Richardson / Flute And Reeds
「ジャズ/フランク・ウエス」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/ジェローム・リチャードソン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : August 2, 1955
Released : 1955

Personnel :
Frank Wess (fl, ts)
Jirome Richardson (fl, ts)
Hank Jones (p)
Ernie Wilkins (arr, as)
Eddie Jones (b)
Kenny Clake (ds)

Song name :
(Flute And Reed #01) (Frank Wess The Savoy And Prestige Collection Disk1 #01). Shorty George
(Flute And Reed #02) (Frank Wess The Savoy And Prestige Collection Disk1 #02). Bouncin' With Boots
(Flute And Reed #03) (Frank Wess The Savoy And Prestige Collection Disk1 #03). That's A Woman
(Flute And Reed #04) (Frank Wess The Savoy And Prestige Collection Disk1 #04). Doin' The Thing
(Flute And Reed #05) (Frank Wess The Savoy And Prestige Collection Disk1 #05). Blues In A Cold Water Flat
(Flute And Reed #06) (Frank Wess The Savoy And Prestige Collection Disk1 #06). Stereophonic

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : フランク・ウエス(Frank Wess 出生名:Frank Wellington Wess 1922年1月4日~2013年10月30日)はアメリカ合衆国ミズーリ州カンザスシティー生まれのジャズ・サックス、フルート奏者。
ジェローム・リチャードソン(Jerome Richardson 1920年11月15日~2000年6月23日)はアメリカ合衆国カリフォルニア州オークランド出身のジャズ・サックス、フルートをメインに、ソプラノサックス、バリトンサックス、クラリネット、ベースクラリネット、アルトフルート、ピッコロを多彩に演奏した。
LPは1955年8月2日の録音、発売元がサヴォイ・レコード(Savoy Records)MG 12022番、6曲入り。
CDは2019年のリリース、発売元がエンライトメント(Enlightenment)[Frank Wess / The Savoy And Prestige Collection (EN4CD9169)]、輸入盤、英語オリジナル・ライナーノーツ、全48曲入り。
メンバーはテナーサックスとフルートががフランク・ウエスとジェローム・リチャードソン、ピアノがハンク・ジョーンズ、編曲とアルトサックスがアーニー・ウィルキンス、ベースがエディ・ジョーンズ、ドラムがケニー・クラーク。
ジェローム・リチャードソンは「吹くと名の付く楽器」を全てに精通し抜群の技術の持ち主。
アーニー・ウィルキンスは本来、バンドの指揮ができるほどの実力者。
エディ・ジョーンズはカウント・ベイシー楽団に在籍していた名ベーシスト。
ケニー・クラークは元MJQのドラマー。
この様に共演者は楽譜に強く高度な技術を持ったメンバーである事に注目したい。
これは、ひとえにフランク・ウエスが高度な技術を持ったミュージシャンである事を物語っている。
特にジャズにフルートを持ち込んだ最初のミュージシャンと言われている。
完璧すぎて酒を吞みながらワイワイ騒いで聴くミュージシャンではない。
演奏でアドリブしていると思うが完璧すぎてわからない、まるでクラッシックを聴いている感じ。
ここがMJQと同じくフランク・ウエスが好き嫌いが別れるところかもしれない。
こうしてみると、ジャズの要素のひとつ、何が飛び出すか、わからないハチャメチャさや適当も結構、重要な要素という事を再認識。
品行方正もいいが、そうはいかないのがジャズとブルースとロック。




▲ページの上に戻る▲