青木高見のジャズコレクション Quincy Jones (arr, cond, tp, main-performer) クインシー・ジョーンズ


略歴
Quincy Jones クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones 出生名:Quincy Delight Jones II 1933年3月14日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。
グラミー賞をはじめとする音楽賞を多数受賞。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Quincy Jones / Big Band Bossa Nova (MERCURY 814 225-2) Quincy Jones / The Dude (A and M CD-3248)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Sonny Stitt and Quincy Jones / Sonny Stitt Play Arangements From The Pen Of Quincy Jones (TOCJ-5976)

【INDEX (プロデュース・アルバム)】
Sarah Vaughan / Vaughan And Violins Sarah Vaughan / Vaughan With Voices Ernie Watts / Musican (WOU 5283)

【INDEX (共演アルバム)】
Art Farmer Septet Art Farmer Last Night When We Were Young


【以下コンテンツ】


Quincy Jones / Big Band Bossa Nova (MERCURY 814 225-2) Quincy Jones / Big Band Bossa Nova (Mercury 814 225-2)

Recorded : August - September, 1962

Personnel :
Quincy Jones (arr, cond)
Clark Terry (tp)
Phil Woods (as)
Paul Gonsalves (ts)
Roland Kirk (fl)
Jerome Richardson (reed)
Lalo Schifrin (p)
Jim Hall (g)
Chris White (b)
Rudy Collins (ds)
Jose Paulo (per)
Jack Del Rio (per)
Carlos Gomez (per)

Song name :
01. Soul Bossa Nova
02. Boogie Stop Shuffle (Issued As 'Boogie Bossa Nova')
03. Desafinado
04. Mahna de Carnaval (Morning Of The Carnival)
05. Se E Tarde Me Pardoa (Forgive Me If I'm Late)
06. On The Street Where You Live
07. Samba De Una Nota So (One Note Samba)
08. Lalo Bossa Nova
09. Serenata
10. Chega De Saudade = No More Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones 出生名:Quincy Delight Jones II 1933年3月14日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。
LPは1962年の録音、発売元がマーキュリー(Mercury)MG 20751番、10曲入り。
CDは発売元がマーキュリー(Mercury)、輸入盤、ジーン・リーズ(Gene Lees)氏による英語ライナーノーツ、10曲入り。
メンバーは編曲、バンド・リーダーがクインシー・ジョーンズ、トランペットがクラーク・テリー、アルトサックスがフィル・ウッズ、テナーサックスがポール・ゴンザルベス、フルートがローランド・カーク、ギターがジム・ホール、ピアノがラロ・シフリンその他大勢。
演奏はクインシー・ジョーンズ・オーケストラによるボサノヴァ。
本場のブラジリアン・ボサノヴァではなく、あくまでジャズ基調のクインシー・ジョーンズの考えるサウンド。
買った当初あまり聴かなかったが、一度海に持ってい行って聴いてから、クインシー・ジョーンズの訴えたかったサウンドが、おぼろげながら見えてきた。
それからというもの引っぱり出して頻繁に聴く様になった。
ジャズとボサノヴァの塩梅が見事。
(青木高見)





Quincy Jones / The Dude (A and M CD-3248) Quincy Jones / The Dude (A and M CD-3248)

Recorded : 1981

Personnel :
Quincy Jones (main-performer)
James Ingram (vo)
Patti Austin (vo)
Herbie Hancock (p)
David Foster (p)
Michael Jackson (vo)
Robbie Buchanan (key)
Paulinho Da Costa (per)
Louis Johnson (ts, b)
Abraham Laboriel (b)
Steve Lukather (g)
Greg Phillinganes (syn)
Stevie Wonder (syn)

Song name :
01. Ai No Corrida
02. The Dude
03. Just Once
04. Betcha' Wouldn't Hurt Me
05. Sometin' Special
06. Razzamatazz
07. One Hundred Ways
08. Velas
09. Turn On The Action

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones 出生名:Quincy Delight Jones II 1933年3月14日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。
アルバムはクインシー・ジョーンズ、邦題 「愛のコリーダ」。
LPは1981年のリリース、発売元がA&M(A and M Records)AMLLH63721番、9曲入り。
CDは発売元がA&M(A and M Records)、輸入盤、英語歌詞、英語ライナーノーツ、9曲入り。
CDが無かった時代、レコードからカセットに入れて車の中で聴いた。
まばゆいばかりの煌(きら)めく音で、街の景色が一変した。
当時、FM放送で「愛のコリーダ」は一日に1度は、かかっていた。
あれから随分、時が経つ。
持っていたレコードは売ってCDに買い替えた。
(青木高見)





Sonny Stitt - Quincy Jones / Sonny Stitt Play Arangements From The Pen Of Quincy Jones (TOCJ-5976) Sonny Stitt - Quincy Jones / Sonny Stitt Play Arangements From The Pen Of Quincy Jones (TOCJ-5976)

「ジャズ/ソニー・スティット」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/クインシー・ジョーンズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Song number, Recorded :
#01-02, #04, #08 Rec:September 30, 1955
#03, #05-07 Rec:October 9, 1955

Personnel :
Sonny Stitt (as)
Quincy Jones (arr, cond)
Hank Jones (p)
Freddie Green (g)
Oscar Pettiford (b)
Jo Jones (ds)
Thad Jones (tp) #03, #05-06
Joe Newman (tp) #03, #05-06
Jimmy Nottingham (tp) #01-02, #04 #08
Ernie Royal (tp) #01-02, #04, #08
Anthony Ortega (fl, as) #01-06, #08
Seldon Powell (ts) #01-06, #08
Cecil Payne (bs) #01-06, #08
Jimmy Cleveland (tb) #03, #05-06
J. J. Johnson (tb) #01, #04, #08

Song name :
01. My Funny Valentine
02. Sonny's Bunny
03. Come Rain Or Come Shine
04. Love Walked In
05. If You Could See Me Now
06. Quince
07. Stardust
08. Lover

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ソニー・スティット(Sonny Stitt 出生名:Edward Boatner, Jr. 1924年2月2日~1982年7月22日)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれのジャズ・アルト、テナーサックス奏者。
クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones 出生名:Quincy Delight Jones II 1933年3月14日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。
LPは1955年9月30日・10月9日の録音、発売元がルースト(Roost)LP 2204番、8曲入り。
CDは発売元が東芝EMI株式会社、英語ライナーノーツなし、岩浪洋三氏による日本語解説、高井信成氏による日本語コメント、8曲入り。
メンバーはアルトサックスがソニー・スティット、編曲と指揮がクインシー・ジョーンズ、ピアノがハンク・ジョーンズ、トランペットがサド・ジョーンズ、アーニー・ロイヤル、トロンボーンがJ.J.ジョンソン、テナーサックスがセルダン・パウエル、ギターがフレディ・グリーン、ベースがオスカー・ペティフォード、ドラムがジョー・ジョーンズ他。
演奏はソニー・スティットのためだけに制作したクインシー・ジョーンズの渾身の編曲と指揮。
ひと味違った表情を見せるソニー・スティット、共演者はリーダー級のミュージシャンが集めバックだけに使用、何とも贅沢。
それが出来るのもクインシー・ジョーンズの貫禄。
(青木高見)





Sarah Vaughan - Quincy Jones / Sarah Vaughan with Quincy Jones Misty (846 488-2) Sarah Vaughan - Quincy Jones / Vaughan And Violins Sarah Vaughan - Quincy Jones / Vaughan With Voices Sarah Vaughan - Quincy Jones / Sarah Vaughan with Quincy Jones Misty (846 488-2)

「ジャズ/サラ・ヴォーン」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/クインシー・ジョーンズ」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
[Vaughan and Violins] Rec:July 7, 8 and 12, 1958
[Vaughan with Voices] Rec:October 12, 1963

Personnel :
[Vaughan and Violins]
Sarah Vaughan (vo)
Quincy Jones (arr, cond, prod)
Maurice Vander (p) A1-2, A5-6
Ronnel Bright (p) A3-4, B1-5
Michel Hausser (vib) A3-4, B1-5
Pierre Cullaz (g) A3-4, B1-5
Marcel Hrasko (as) A3-4, B1-5
Zoot Sims (ts) A3-4, B1-5
Jo Hrasko (bs) A3-4, B1-5
William Boucaya (bs) A3-4, B1-5
Richard Davis (b)
Kansas Field (ds) A1-2, A5-6
Kenny Clarke (ds) A3-4, B1-5

[Vaughan with Voices]
Sarah Vaughan (vo)
Quincy Jones (prod)
Robert Farnon (arr, cond)
The Svend Saaby Danish (choir)

Song name :
01. Please Be Kind
02. The Midnight Sun Will Never Set
03. Live for Love
04. Misty
05. I'm Lost
06. Love Me
07. That's All
08. Day by Day
09. Gone with the Wind
10. I'll Close My Eyes
11. The Thrill Is Gone
12. Charade
13. It Could Happen To You
14. Blue Orchids
15. This Heart of Mine
16. Then I'll Be Tired of You
17. Funny
18. My Coloring Book
19. How Beautiful Is Night
20. Hey There From ''The Pajama Game'' 
21. Deep Purple
22. I'll Be Around
23. Days of Wine and Roses

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サラ・ヴォーン(Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日)はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズ歌手。
クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones 出生名:Quincy Delight Jones II 1933年3月14日~)はアメリカ合衆国イリノイ州シカゴ生まれの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。
LP「Vaughan and Violins」は1958年7月7日・8日・12日の録音、マーキュリー(Mercury)MG 20370番、11曲入り。
以下、LPの演目。
A1. Gone With The Wind
A2. Day By Day
A3. Please Be Kind
A4. Live For Love
A5. I’ll Close My Eyes
B1. Misty
B2. The Midnight Sun Will Never Set
B3. That’s All
B4. I’m Lost
B5. Love Me
B6. The Thrill Is Gone
LP「Vaughan with Voices」は1963年10月12日の録音、マーキュリー(Mercury)MG 20882番、12曲入り。
以下、LPの演目。
A1. My Coloring Book
A2. Hey There
A3. Deep Purple
A4. Days Of Wine And Roses
A5. I'll Be Around
A6. Funny
B1. Charade
B2. It Could Happen To You
B3. This Heart Of Mine
B4. Then I'll Be Tired Of You
B5. How Beautiful Is Night
B6. Blue Orchids
CDは「Vaughan and Violins」と「Vaughan with Voices」のカップリング盤、発売元がマーキュリー(Mercury)、輸入盤、マイケル・ボーン(Michael Bourne)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、23曲入り。
メンバーは。
「Vaughan and Violins」、ヴォーカルがサラ・ヴォーン、プロデューサー、編曲、指揮がクインシー・ジョーンズ、ピアノがモーリス・ヴァンデールとロンネル・ブライト、テナーサックスがズート・シムズ、ベースがリチャード・ディヴィス、ドラムがカンザス・フィールズとケニー・クラークほか。
「Vaughan with Voices」、ヴォーカルがサラ・ヴォーン、プロデューサーがクインシー・ジョーンズ、編曲と指揮がロバート・ファーノン、合唱団がスヴェンド・サービー・デンマーク合唱団。
両盤ともクインシー・ジョーンがプロデュース。
演奏は全曲スローテンポ、ゆったりとしたイージー・リスニング調。
ここでのサラ・ヴォーンは歌詞を噛みしめながら、しっとりと歌う。
全23曲という曲の多さ、ゆったりしたい時、寛(くつろ)ぎたい時に、かけっぱなしで楽しめる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲