青木高見のジャズコレクション Sammy Davis Jr. (vo, tap) サミー・デイビス・Jr.


略歴
Sammy Davis Jr サントリー・ホワイトのTVコマーシャル サミー・デイヴィス・ジュニア(Sammy Davis Jr. 1925年12月8日~1990年5月16日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの歌手、俳優、エンターテイナー。
日本では1973年、サントリー・ホワイトのテレビCMで一躍有名になった。
本来、歌だけではなく抜群のリズム感を生かしたタップ・ダンスの名人。
しかし裏では非情な人種差別を受け大変苦労した事は意外に知られていない。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Sammy Davis Jr. - Count Basie / Our Shining Hour (VERVE 837 446-2)


【以下コンテンツ】


Sammy Davis Jr. - Count Basie / Our Shining Hour (VERVE 837 446-2) Sammy Davis Jr. - Count Basie / Our Shining Hour (VERVE 837 446-2)

「ジャズ/サミー・デイヴィス・ジュニア」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/カウント・ベイシー」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 1-5, 1964

Personnel :
Sammy Davis Jr. (vo, tap)
【The Count Basie Orchestra】
Count Basie (p, bandleader)
Quincy Jones (arr, cond)
George Rhodes (arranger)
Freddie Green (g)
Al Aarons (tp)
Sonny Cohn (tp)
Wallace Davenport (tp)
Joe Newman (tp)
Snooky Young (tp)
Marshal Royal (cl, as)
Frank Wess (sax)
Eric Dixon (ts)
Sal Nistico (ts)
Charles Fowlkes (bs)
Henderson Chambers (tb)
Henry Coker (tb)
Bill Hughes (tb)
Grover Mitchell (tb)
Ray Brown (b)
Sonny Payne (ds)
Emil Richards (per)

Song name :
01. My Shining Hour
02. Teach Me Tonight
03. Work Song
04. Why Try To Change Me Now
05. Blues For Mr. Charlie
06. April In Paris
07. New York City Blues
08. You're Nobody Till Somebody Loves You
09. She's A Woman (W-O-M-A-N)
10. Girl From Ipanema
11. Keepin' Out Of Mischief Now
12. Bill Basie Won't You Please Come Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サミー・デイヴィス・ジュニア(Sammy Davis Jr. 1925年12月8日~1990年5月16日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの歌手、俳優、エンターテイナー。
カウント・ベイシー(Count Basie 出生名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日)はアメリカ合衆国ニュー・ジャージー州レッド・バンク生まれのジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
LPは1964年9月1日~5日の録音、ヴァーヴ・レコード(Verve Records)V6-8605番、12曲入り。
CDは発売元がポリグラム・ジャズ・ヴォーカル・クラシックス(PolyGram Jazz Vocal Classics)、輸入盤、クインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)氏による英語ライナーノーツ、英語歌詞なし、12曲入り。
バックバンドがカウント・ベイシー・オーケストラ、アレンジがクインシー・ジョーンズとジョージ・ローズ。
演奏はスタンダードを中心にブルースとバラード、いながらにしてショーを見ている気分になる。
話は飛ぶが、日本では1973年、サントリー・ホワイトのテレビCMで一躍有名になった。
本来、歌だけではなく抜群のリズム感を生かしたタップ・ダンスの名人でもある。
しかし裏では非情な人種差別を受け大変苦労した事は意外に知られていない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲