青木高見のジャズコレクション Cecil Payne (bs, fl) セシル・ペイン


略歴
Cecil Payne セシル・ペイン(Cecil Payne 1922年12月14日~2007年11月27日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンで生まれのジャズ・バリトンサックス、フルート奏者、作曲家。
(青木高見)



【INDEX (リーダーアルバム)】
Cecil Payne / Scotch And Milk (PVCP-8115)

【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
Eric Alexander - Cecil Payne / Two Of A Kind (Criss 1133 CD)

【INDEX (共演アルバム)】
Roy Eldridge / After You've Gone (MVCR-20025) Flip Phillips Swinging With Flip

【以下コンテンツ】


Cecil Payne / Scotch And Milk (PVCP-8115) Cecil Payne / Scotch And Milk (PVCP-8115)

Recorded : September 2-3, 1996

Personnel :
Cecil Payne (bs, fl)
Harold Mabern (p)
Marcus Belgrave (tp)
Eric Alexander (ts)
Lin Halliday (ts)
John Ore (b)
Joe Farnsworth (ds)

Song name :
01. Scotch And Milk
02. Wilhelmenia
03. I'm Goin' In
04. If I Should Lose You
05. Que Pasaning
06. Cit Sac
07. Lady Nia
08. Et Vous Too, Cecil?

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : セシル・ペイン(Cecil Payne 1922年12月14日~2007年11月27日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンで生まれのジャズ・バリトンサックス、フルート奏者、作曲家。
原盤CDは1996年9月2日・3日の録音、発売元がデルマーク・レコード(Delmark Records)DE-494、8曲入り。
所持CDは発売元がPヴァイン・ノン・ストップ(P-Vine Non Stop)PVCP-8115番、輸入盤、レナード・J・ブコウスキー(Leonard J. Bukowski)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、瀧口秀之氏による日本語解説、8曲入り。
メンバーはバリトンサックスとフルートがセシル・ペイン、ピアノがハロルド・メイバーン、トランペットがマーカス・ベルグレイブ、テナー・サックスがエリック・アレキサンダー、リン・ハリデイ、ベースがジョン・オー、ドラムがジョー・ファンズワース。
顔ぶれを見るかぎり、若手エリック・アレキサンダーと仲間が74歳のセシル・ペインの胸を借りた感じ。
ピアノのハロルド・メイバーンが屋台骨になっている。
(青木高見)





Eric Alexander - Cecil Payne / Two Of A Kind (Criss 1133 CD) Eric Alexander - Cecil Payne / Two Of A Kind (Criss 1133 CD)

「ジャズ/エリック・アレキサンダー」のリーダーアルバムとしています。  →
「ジャズ/セシル・ペイン」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 15, 1996

Personnel :
Eric Alexander (ts)
Cecil Payne (bs)
David Hazeltine (p)
John Webber (b)
Joe Farnsworth (ds)

Song name :
01. Happy Song
02. Pentimento
03. Mr. Harris
04. I Can't Get Started
05. Cecil's Slide
06. Angel Eyes
07. Beautiful Things
08. Kick-A-Poo

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エリック・アレキサンダー(Eric Alexander 1968年8月4日~)はアメリカ合衆国イリノイ州ゲイルズバーグ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
セシル・ペイン(Cecil Payne 1922年12月14日~2007年11月27日)はアメリカ合衆国ニューヨーク州ブルックリンで生まれのジャズ・バリトンサックス、フルート奏者、作曲家。
CDは1996年12月15日の録音、発売元がクリス・クロス・ジャズ(Criss Cross Jazz)、輸入盤、テッド・パンケン(Ted Panken)氏による英語オリジナル・ライナーノーツ、8曲入り。
メンバーはテナーサックスがエリック・アレキサンダー、バリトンサックスがセシル・ペイン、ピアノがデヴィッド・ヘイゼルタイン、ベースがジョン・ウェバー、ドラムがジョー・ファンズワース。
エリック・アレキサンダーとセシル・ペインとの歳の差は何と46歳。
そう言えばセシル・ペインのアルバム「Cecil Payne / Scotch And Milk(1996年9月2日・3日の録音)」にもエリック・アレキサンダーが参加している。
今度はエリック・アレキサンダーのリーダー作にセシル・ペインが参加した、というより招待した。
演奏はハチ切れんばかりの若きエリック・アレキサンダーと老齢のセシル・ペインでは張りという点では辛(つら)いものがあるが、ジャズとは、そういうものではななく「漂う空気」を聴く。
以下、演目の作曲者を明記した。
01. Happy Song / E. Alexander
02. Pentimento / D. Hazeltine
03. Mr. Harris / E. Alexander
04. I Can't Get Started / Gershwin, Duke
05. Cecil's Slide / C. Payne
06. Angel Eyes / Brent, Dennis
07. Beautiful Things / E. Alexander
08. Kick-A-Poo / C. Payne
適度にスタンダードを織り交ぜ、重鎮セシル・ペインの2曲、後はエリック・アレキサンダーという構成。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲