青木高見のジャズコレクション Eddie Lockjaw Davis (ts) or Eddie Davis エディー・ロックジョー・デイヴィス


略歴
エディ・ロックジョー・デイヴィス (1922年3月2日~1986年11月3日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・テナーサック奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Eddie Lockjaw Davis / Cookbook Vol.1 Eddie Lockjaw Davis / Cookbook Vol.1

Recorded : June 20, 1958

Personnel :
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Shirley Scott (org)
Jerome Richardson (fl,ts)
George Duvivier (b)
Arthur Edgehill (ds)

Song name :
01. Have Horn, Will Blow
02. The Chef
03. But Beautiful
04. In The Kitchen
05. Three Deuces
06. Avalon

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : エディ・ロックジョー・デイヴィス (Eddie "Lockjaw" Davis 1922年3月2日~1986年11月3日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・テナーサック奏者。
アルバムはエディ・ロックジョー・デイヴィス、1958年6月20日の録音。
共演者は、ハモンドオルガンがシャーリー・スコット、ベースがジョージ・デュヴィヴィエほか。
全員が灰汁の強いミュージシャンが集まっている。
エディ・ロックジョー・デイヴィスは、カウント・ベイシーの、お気に入りのテナーとしてバンドに在籍していた。
「コテコテ」 という言葉がある。
辞書には、ちゃんとある 「濃厚でくどいさま、こってり」 とか 「数量・分量が度をこえて多い様子」 。
エディ・ロックジョー・デイヴィスは、さすずめ、この 「コテコテ」 がピッタリ。
強烈なテナー、変に優しくて、どこか温かい。
ハード・バップやファンキーとは一味ちがった味が魅力。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはエディ・ロックジョー・デイヴィス、1958年6月20日の録音。共演者は、ハモンドオルガンがシャーリー・スコット、ベースがジョージ・デュヴィヴィエほか。全員が灰汁の強いミュージシャンが集まっている。エディ・ロックジョー・デイヴィスは、カウント・ベイシーの、お気に入りのテナーとしてバンドに在籍していた。「コテコテ」 という言葉がある。辞書には、ちゃんとある 「濃厚でくどいさま、こってり」 とか 「数量・分量が度をこえて多い様子」 。エディ・ロックジョー・デイヴィスは、さすずめ、この 「コテコテ」 がピッタリ。強烈なテナー、変に優しくて、どこか温かい。ハード・バップやファンキーとは一味ちがった味が魅力。
(青木高見)




Very Saxy sell Very Saxy / Coleman Hawkins, Buddy Tate, Arnett Cobb, Eddie Lockjaw Davis

Recorded : April 29. 1959

Personnel :
Very Saxy / Coleman Hawkins (ts), Buddy Tate (ts), Arnett Cobb (ts), Eddie Lockjaw Davis (ts)


Coleman Hawkins (ts)
Buddy Tate (ts)
Arnett Cobb (ts)
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Shirley Scott (org)
George Duvivier (b)
Arthur Edgehill (ds)

Song name :
01. Very Saxy
02. Lester Leaps In
03. Fourmost
04. Foot Pattin'
05. Light and Lovely

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : テナー・サックスの四天王が顔をあわせた。
コールマン・ホーキンス  (Coleman Hawkins 1904年11月21日~1969年5月19日)。
バディ・テイト  (Buddy Tate 1913年2月22日~2001年2月10日)。
アーネット・コブ  (Arnett Cobb 1918年8月10日~1989年3月24日)。
エディ・ロックジョウ・ディヴィス  (Eddie "Lockjaw" Davis 1922年3月2日~1986年11月3日)。
何とコールマン・ホーキンスとエディ・ロックジョウ・ディヴィスとの歳の差は18歳。
だが、ジャズでは歳の差は関係ない。
四人が対等に伸び伸びと楽しんでいる。
楽しんでいる音は聴いている方も気分がいい。
注目は、ハモンド・オルガンのシャーリー・スコット (Shirley Scott 1934年3月14日~2002年3月10日) 。
まるで女王蜂のように四人をあやつっている、凄い。
アルバムタイトルも凄い。
「Very Saxy」  ときた。
ローヤルゼリーを俺にもくれ。
本物のテナーサックスに完全ノックアウト。
(青木高見)




Red Garland and Eddie Lockjaw Davis  / Trio Plus Eddie Lockjaw Davis Red Garland and Eddie Lockjaw Davis / Trio Plus Eddie Lockjaw Davis

(注) このアルバムはレッド・ガーランドのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Red Garland 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : December 11. 1959

Song name and Personnel : 

01. We'll Be Together Again
04. Softly Baby
Red Garland (p)
Eddie Lockjaw Davis (ts)
Sam Jones (b)
Art Taylor (ds)

02. Stella By Starlight
03. I Heard You Cried Last Night
05 .When Your Lover Has Gone
06. Wonder Why
07. The Blue Room
08. The Red Blues
Red Garland (p)
Sam Jones (b)
Art Taylor (ds)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : レッド・ガーランド (Red Garland 出生名 : William Red Garland 1923年5月13日~1984年4月23日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス出身のジャズ・ピアニスト。
エディ・ロックジョー・デイヴィス (Eddie "Lockjaw" Davis 1922年3月2日~1986年11月3日) はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれのジャズ・テナーサック奏者。
アルバムはレッド・ガーランドとテナーサックスのエディ・ロックジョー・デイヴィス、1959年12月11日の録音。
レッド・ガーランドとの歳の差は一歳、同年代ということもあり、燻し銀のブルースが凄い。
一音聴いてだけで、一機に黒汁の世界に引き込まれる。
強い酒でも煽(あお)っていないと、素面(しらふ)では聴いていられない。
聴く方もそれなりの覚悟で聴いてこそ、アルバムの本領発揮。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : レッド・ガーランドとテナーサックスのエディ・ロックジョー・デイヴィス、1959年の録音。レッド・ガーランドとの歳の差は一歳、同年代ということもあり、燻し銀のブルースが凄い。一音聴いてだけで、一機に黒汁の世界に引き込まれる。強い酒でも煽(あお)っていないと、素面(しらふ)では、とても聴いていられない。聴く方もそれなりの覚悟で聴いてこそ、アルバムの本領発揮。
(青木高見)



▲ページの上に戻る▲