青木高見のジャズコレクション Count Basie (cond, comp, p) カウント・ベイシー


寸評
カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
略歴は、
1929年 カウント・ベイシー楽団を結成。
1936年 シカゴからニューヨークに拠点を移しビックバンドで名声を得る。
1940年 後半の第二次世界大戦の不況で解散後、1951年に再結成。
ヴァーブと契約し強力な新メンバーが入団。
どの時期も、それぞれ深い味わいがある。
来日も、1963年から1983年まで8回を数え、熱狂的なファンを持つ。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Count Basie / Count Basie and His Orchestra / April in Paris Count Basie / Count Basie and His Orchestra / April in Paris

Recorded :
July 26-27, 1955 #01-#04
January 4, 1956 #05-#08
January 5, 1956 #09-#10

Personnel :
[Count Basie and his Orchestra]
Count Basie (p)
Freddie Green (g)
Thad Jones (tp)
Reunald Jones (tp)
Wendel Culley (tp)
Joe Newman (tp)
Frank Foster (ts, fl)
Frank Wess (ts, fl)
Marshal Royal (as)
Bill Graham (as)
Charlie Fowlkes (bs)
Henry Coker (tb)
Benny Powell (tb)
Bill Hughes (tb)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)
Jose Mangual (per) #09
Ubaldo Nieto (per) #09

Song name :
01. April In Paris
02. Corner Pocket
03. Didn`t You
04. Sweety Cakes
05. Magic
06. Shiny Stockings
07. What Am I Here For
08. Midgets
09. Mambo Inn
10. Dinner With Friends

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー・オーケストラ、1955年7月と1956年1月の録音、ヴァーブからのリリース。
タイトルの 「April In Paris」 は、冒頭の曲になっていて最初から円熟のベイシー・サウンドがはじまる。
特に曲の終わりに 「One More Time!」 というかけ声。
そして更に、もうひと声 「Let's Try, One More Once!」。
個人的に、この部分が好きで何回も聴いてしまう。
カウント・ベイシーはグレン・ミラー、ベニー・グッドマン、デューク・エリントンらと共にスウィングジャズ、ビッグバンドの大御所。
略歴は、
1929年カウント・ベイシー楽団を結成。
1936年シカゴからニューヨークに拠点を移しビックバンドで名声を得る。
1940年後半の第二次世界大戦の不況で解散後、1951年に再結成。
ヴァーブと契約し強力な新メンバーが入団。
どの時期も、それぞれ深い味わいがある。
来日も、1963年から1983年まで八回を数え、熱狂的なファンを持つ。
(青木高見)





Joe Williams / The Greatest!! Count Basie Plays Joe Williams / The Greatest!! Count Basie Plays

(注) このアルバムはジョー・ウィリアムスのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Joe Williams 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
April 28, 1956  #02, #03, #06, #07, #08, #09
May 1, 1956 #01, #04, #05, #10, #11, #12

Personnel :
Joe Williams (vo)
Count Basie (p)
Buddy Bregman (arr, cond)
Wendell Culley (tp)
Reunald Jones (tp)
Thad Jones (tp)
Joe Newman (tp)
Henry Coker (tb)
Bill Hughes (tb)
Benny Powell (tb)
Marshall Royal (as, cl)
Bill Graham (as)
Frank Wess (as, ts, fl, cl)
Frank Foster (ts, cl)
Charlie Fowlkes (bs, bass-cl)
Freddie Green (g)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Thou Swell
02. There Will Never Be Another You
03. Love Is Here to Stay
04. 'S Wonderful
05. My Baby Just Cares for Me
06. Nevertheless (I'm in Love with You)
07. Singin' in the Rain
08. I'm Beginning to See the Light
09. A Fine Romance
10. Come Rain or Come Shine
11. I Can't Believe That You're in Love with Me
12. This Can't Be Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ウィリアムス (Joe Williams 本名 : Joseph Goreed Williams 1918年12月12日~1999年3月29日) はアメリカ合衆国ジョージア州コーディール生まれの男性ジャズ歌手。
アルバムはジョー・ウィリアムス、カウント・ベイシー・オーケストラ、1956年4月28日・5月1日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース。
共演者は、編曲と指揮がバディー・ブレグマン。 オーケストラは、ピアノがカウント・ベイシー、トランペットがウェンデル・カリー、ロナルド・ジョーンズ、サド・ジョーンズ、ジョー・ニューマン、トロンボーンがヘンリー・コーカー、ビル・ヒューズ、ベニー・パウエル、アルトサックス・クラリネットがマーシャル・ロイヤル、アルトサックスがビル・グラハム(グレアム)、アルトサックス・テナーサックス・フルート・クラリネットがフランク・ウエス、テナーサックス・クラリネットがフランク・フォスター、バリトンサックス・バスクラリネットがチャーリー・フォークス、ギターがフレディ・グリーン、ベースがエディ・ジョーンズ、ドラムがソニー・ペイン。
ジョー・ウィリアムスが正式にカウント・ベイシー楽団の専属歌手になったのが1954年なので、このアルバムの時期は初期の作品となる。
若々しい声と熱唱というよりは軽く流している感覚に好感がもてる反面、後期のあの素晴らしい低音がまだ出てない。
演目は、スタンダードと明記している様に、普段聴きなれた選曲で聴きやすい。
話は飛ぶが、カウント・ベイシー・オーケストラ楽団のメンバーを見てみると、その後、独り立ちしていく有名ミュージシャンが多く在籍している事に改めて驚きを感じる。
やはり、この事はジャズ史の上でも重要な事柄といえる。
そういう意味から、カウント・ベイシー・オーケストラ中心に聴いても楽しい。
カラッと晴れた日曜日の午後、のんびり聴くには最高に贅沢な一枚。
(青木高見)





Count Basie / Basie in London Count Basie / Basie in London

Recorded : September 7, 1956

Personnel :
[Count Basie and his Orchestra]
Count Basie (p, cond)
Joe Williams (vo)
Freddie Green (g)
Thad Jones (tp)
Reunald Jones (tp)
Joe Newman (tp)
Wendel Culley (tp)
Marshal Royal (as, cl)
Bill Graham (as)
Frank Foster (ts)
Frank Wess (ts, fl)
Charlie Fowlkes (bs)
Benny Powell (tb)
Henry Coker (tb)
Matthew Gee (tb)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Jumpin' At The Woodside
02. Shiny Stocckings
03. How High The MoonN
04. Nails
05. Flute Juice
06. One O'clock Jump
07. Well Alright, Okay You Win
08. Roll'em Pete
09. The Comeback
10. Blues Backstage
11. Corner Pocket
12. Blee Blop Blues
13. Yesterdays (Unreleased)
14. Untitled (Unreleased)
15. Sixteen Men Swinging (Unreleased)
16. Plymouth Rock (Unreleased)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー・オーケストラ、1956年録音、ヴァーブからのリリース。
録音場所はロンドンになっているが、スエーデンのコンサートライブ。
演奏は凄いスピード感、厚みのある迫力のブラスセクション、その間隙を縫うカウント・ベイシーのピアノが絶妙。
何とも力の抜けたフレディ・グリーンのギター、これら全てが混然一体となりベイシーサウンドが作られる。
(青木高見)





Count Basie / and His Orchestra (Atomic Basie) Count Basie / and His Orchestra (Atomic Basie)

Recorded : October 21-22, 1957

Personnel :
[Count Basie and his Orchestra]
Count Basie (p, cond)
Joe Williams (vo)
Freddie Green (g)
Thad Jones (tp)
Joe Newman (tp)
Wendel Culley (tp)
Snooky Young (tp)
Frank Foster (ts)
Eddie "Lockjaw" Davis (ts)
Marshal Royal (as)
Frank Wess (as)
Charlie Fowlkes (bs)
Al Grey (tb)
Henry Coker (tb)
Benny Powell (tb)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Kid from Red Bank
02. Duet
03. After Supper
04. Flight of the Foo Birds
05. Teddy the Toad
06. Whirlybird
07. Splanky
08. Fantail
09. Lil' Darlin'

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー・オーケストラ、1957年録音、ルーレット移籍のファースト。
ウディ・ハーマンにいたニール・ヘフティをアレンジャーに抜擢。
従来のベーシー・サウンドが更に華麗に変身。
ただジャケットが嫌い。 多分、原爆級の迫力を意味しているのだろうが被爆国日本としては、いただけない。
略歴は、
1929年カウント・ベイシー楽団を結成。
1936年シカゴからニューヨークに拠点を移しビックバンドで名声を得る。
1940年後半の第二次世界大戦の不況で解散後、1951年に再結成。
ヴァーブと契約し強力な新メンバーが入団。
どの時期も、それぞれ深い味わいがある。
来日も、1963年から1983年まで八回を数え、熱狂的なファンを持つ。
(青木高見)





Count Basie / Sing Along With Basie Count Basie / Sing Along With Basie

Recorded :
May 26, 1958 #04,#09, #10
September 2, 1958 #02
September 3, 1958 #03, #05
September 15, 1958 #01, #06, #07, #08

Personnel :
Count Basie (p, org, cond, arr)
Dave Lambert (vo)
Jon Hendricks (vo)
Annie Ross (vo)
Joe Williams (vo)
Freddie Green (g)
Thad Jones (tp)
Snooky Young (tp)
Wendel Culley (tp)
Joe Newman (tp)
Marshal Royal (as, cl)
Frank Wess (as, ts, fl)
Frank Foster (ts)
Billy Mitchell (ts)
Charlie Fowlkes (bs)
Al Grey (tb)
Henry Coker (tb)
Benny Powell (tb)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Jumpin' At The Woodside
02. Going To Chicago Blues
03. Tickle Toe
04. Let Me See
05. Every Tub
06. Shorty George
07. Rusty Dusty Blues
08. The King
09. Swingin' The Blues
10. Lil' Darlin'

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー・オーケストラ、1958年録音、ルーレットからのリリース。
特にランバート・ヘンドリックス・アンド・ロス、ジョー・ウィリアムスの技巧歌手との共演が聴きどころ。
このアルバムは企画が当たって、当時かなり売れたという。
自分が生まれる前の時代の人達が、どんな気持ちで、これを聴いたか思いをはせながら。
1960年代初頭のアメリカ人が絶賛して聴いた音を感じよう。
驚かされるのは、楽器のアドリブを、人の声で見事に再現。
それに答える卓越した技量の四人が素晴らしい。
(青木高見)





Count Basie / Count Basie and Sarah Vaughan Count Basie / Count Basie and Sarah Vaughan

(注) このアルバムはカウント・ベイシーのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者に双頭のサラ・ヴォーンが参加しているため 「 Sarah Vaughan 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
July 19, 1960
January 10–13, 1961

Personnel :
Count Basie (p, comd)
Sarah Vaughan (vo)
Joe Williams (vo) #12, #13,

[The Count Basie Orchestra]
Kirk Stuart (p)
Freddie Green (g)
Sonny Cohn (tp)
Joe Newman (tp)
Snooky Young (tp)
Thad Jones (tp, arr)
Marshal Royal (as, cl)
Frank Wess (as, ts, fl)
Frank Foster (arr,ts)
Billy Mitchell (ts)
Charlie Fowlkes (bs, fl)
Henry Coker (tb)
Al Grey (tb)
Benny Powell (tb)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)
Ernie Wilkins (arr)

Song name :
01. Perdido
02. Lover Man
03. I Cried for You
04. Alone
05. There Are Such Things
06. Mean to Me
07. The Gentleman Is a Dope
08. You Go to My Head
09. Until I Met You
10. You Turned the Tables on Me
11. Little Man
12. Teach Me Tonight
13. If I Were a Bell
14. Until I Met You

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
サラ・ヴォーン (Sarah Vaughan 1924年3月27日~1990年4月3日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州ニューアーク生まれの女性ジャズボーカリスト。
アルバムはカウント・ベイシーとサラ・ヴォーン、1960年と61年録音、ルーレート・レーベルからのリリース。
演奏は 「ザ・カウント・ベイシー・オーケストラ」 をバックにゴージャズに堂々と唄うサラ・ヴォーン。
九曲目の 「アンティル・アイ・メット・ユー(Until I Met You)」 は、名曲 「コーナー・ポケット」 に歌詞をつけたので題名が変えただけ。
この時期のカウント・ベイシーはピーク、特に1957年から1962年のルーレット時代の演奏は全てが本当に素晴らしい。
(青木高見)





Count Basie / Count Basie and the Kansas City7 Count Basie / Count Basie and the Kansas City7

Recorded : March 21, 1962

Personnel :
Count Basie (p, org)
Freddie Green (g)
Thad Jones (tp)
Frank Wess (fl, al-fl)
Frank Foster (ts, cl)
Eric Dixon (ts, cl, fl)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Oh, Lady Be Good
02. Secrets
03. I Want A Little Girl
04. Shoe Shine Boy
05. Count's Place
06. Senator Whitehead
07. Tally-Ho, Mr. Basie!
08. What'cha Talkin'?
09. Trey of Hearts

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー・オーケストラ、1962年録音、インパルス・レーベルからのリリース。
共演者は、トランペットがサド・ジョーンズ、テナーサックスがフランク・フォスター、テナーサックスとフルートがエリック・ディクソン、フルートがフランク・ウェス、ギターがフレディ・グリーン、ベースがエド・ジョーンズ、ドラムがソニー・ペイン。
LPの重量盤はオーディオ・チェックに使用され、かつて高値が付いた。
内容は気心知れた、いつもの仲間のスモールコンボで気楽な雰囲気でありながら演奏は隙がない。
全員がマスター級の共演者よる完成されたカンザスシティ・ジャズを楽しもう。
カンザスシティ(Kansas City)は米国に二ヶ所ある。
こちらは、ミズーリ州西部に位置する都市の方でジャズ史において重要な場所。
1930年代にビッグバンド全盛時代から、1940年代のビバップへと変化を遂げる橋渡しとなった土地。
街中に点在するナイトクラブは禁酒法の規制を事実上逃れ夜通し営業していた。
カウント・ベイシーも1929年頃ここで活動。
ここで生まれ育った一人の青年チャーリー・パーカーは、ビッグバンドの音に育(はぐく)まれた。
そして1939年ニューヨークに移り、1940年代ビ・バップを完成させる。
(青木高見)





Sammy Davis Jr. and Count Basie / Our Shining Hour Sammy Davis Jr. and Count Basie / Our Shining Hour

(注) このアルバムはサミー・デイヴィス・ジュニアのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「Sammy Davis」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : September 1-5, 1964

Personnel :
Sammy Davis Jr. (vo, tap)
【The Count Basie Orchestra】
Count Basie (p, bandleader)
Quincy Jones (arr, cond)
George Rhodes (arranger)
Al Aarons (tp)
Sonny Cohn (tp)
Wallace Davenport (tp)
Joe Newman (tp)
Snooky Young (tp)
Henderson Chambers (tb)
Henry Coker (tb)
Bill Hughes (tb)
Grover Mitchell (tb)
Marshall Royal (cl, as)
Eric Dixon (ts)
Sal Nistico (ts)
Charles Fowlkes (baritone saxophone)
Frank Wess (saxophone)
Freddie Green (g)
Ray Brown (b)
Sonny Payne (ds)
Emil Richards (percussion)

Song name :
01. My Shining Hour
02. Teach Me Tonight
03. Work Song
04. Why Try To Change Me Now
05. Blues For Mr. Charlie
06. April In Paris
07. New York City Blues
08. You're Nobody Till Somebody Loves You
09. She's A Woman (W-O-M-A-N)
10. The Girl From Ipanema
11. Keepin' Out Of Mischief Now
12. Bill Basie Won't You Please Come Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : サミー・デイヴィス・ジュニア(Sammy Davis Jr. 1925年12月8日~1990年5月16日)はアメリカ合衆国ニューヨーク生まれの歌手、俳優、エンターテイナー。
カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはサミー・デイヴィス・ジュニア、1964年の録音。
伴奏はカウント・ベイシー・オーケストラ、アレンジはクインシー・ジョーンズ。
演奏はスタンダードを中心に、ブルースあり、バラードありと、いながらにしてラウンジのショーを見ている気分になる。
サミー・デイヴィス・ジュニアのアルバムの中でも代表作になる。
日本では1973年、サントリーホワイトのテレビCMで有名になった。
本来、歌だけではなく抜群のリズム感を生かしたタップ・ダンスの名人だった。
しかし、その影では非情な人種差別も受け大変苦労したという。
(青木高見)





Count Basie / Straight Ahead Count Basie / Straight Ahead

Recorded : October 1968

Personnel :
[Count Basie And His Orchestra]
Count Basie (p)
Sammy Nestico (arr,cond)
Freddie Green (g)
Al Aarons (tp)
Gene Goe (tp)
Oscar Brashear (tp)
George Cohn (tp)
Marshal Royal (as)
Bobby Plater (as, fl)
Eddie Lockjaw Davis (ts)
Eric Dixon (ts, fl)
Bill Hughes (tb)
Grover Mitchell (tb)
Richard Boone (tb)
Steve Galloway (tb)
Charles Fowlkes (bs)
Norman Keenan (b)
Harold Jones (ds)

Song name :
01. Basie - Straight Ahead
02. It's Oh, So Nice
03. Lonely Street
04. Fun Time
05. Magic Flea
06. Switch In Time
07. Hay Burner
08. That Warm Feeling
09. The Queen Bee

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー、1968年にEMI傘下のドット・レーベルからリリース。
演奏はカウント・ベイシーのアルバムの中でも特に上質でゆったりした気分になる1960年代後期の音。
サミー・ネスティコのアレンジ、ハロルド・ジョーンズのドラムが群を抜いて素晴らしい。
(青木高見)





Count Basie / Basie Jam Count Basie / Basie Jam

Recorded : December 10, 1973

Personnel :
Count Basie (p, org)
Irving Ashby (g)
Harry Sweets Edison (tp)
Eddie Lockjaw Davis (ts)
Zoot Sims (ts)
J. J. Johnson (tb)
Ray Brown (b)
Louis Bellson (ds)

Song name :
01. Doubling Blues
02. Hanging Out
03. Red Bank Blues
04. One-Nighter
05. Freeport Blues

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー、1973年録音、パブロ・レコードからのリリース。
共演者は、ギターがアーヴィング・アシュビー、トランペットがハリー・スィート・エディション、テナーサックスがエディー・ロックジョー・デイビスとズート・スムズ、トロンボーンがJJジョンソン、ベースがレイ・ブラウン、ドラムがルイ・ベルソン。
演奏はリーダー級のジャム・セッション、非の打ち所が無い。
カウント・ベイシーは曲によってピアノとオルガンを使い分ける。
演目はブルース中心で、合わせ易いの最大の理由だと思うが、難をいえばスタンダードの一曲でも、このメンバーでやってほしかった。
(青木高見)





Count Basie / Count Basie and His Orchestra (VICJ-23596) Count Basie / Count Basie and His Orchestra (VICJ-23596)

Recorded : August 26-27, 1975

Personnel :
[Count Basie and his Orchestra]
Count Basie (p, cond)
Freddie Green (g)
Danny Turner (as)
Bobby Plater (as)
Eric Dixon (ts, fl)
Jimmy Forrest (ts)
Charlie Fowlkes (bs)
Pete Minger (tp)
Frank Szabo (tp)
Dave Stahl (tp)
Bobby Mitchell (tp)
Sonny Cohn (tp)
Al Grey (tb)
Curtis Fuller (tb)
Bill Hughes (tb)
Mel Wanzo (tb)
John Duke (b)
Butch Miles (ds)

Song name :
01. Front Burner
02. Freckle Face
03. Orange Sherbert
04. Soft as Velvet
05. Heat's On
06. Midnight Freight
07. Give 'M Time
08. Wind Machine
09. Tall Cotton

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー・オーケストラ、1975年の録音でパブロ・レーベル移籍後の記念すべき第一弾。
後期ベイシー円熟のビックバンドの醍醐味を楽しめる。
カウント・ベイシーの略歴は、
1929年カウント・ベイシー楽団を結成。
1936年シカゴからニューヨークに拠点を移しビックバンドで名声を得る。
1940年後半の第二次世界大戦の不況で解散後、1951年に再結成。
ヴァーブと契約し強力な新メンバーが入団。
どの時期も、それぞれ深い味わいがある。
来日も、1963年から1983年まで八回を数え、熱狂的なファンを持つ。
(青木高見)





Count Basie / Basie In Europe (CDC 7481) Count Basie / Basie In Europe (CDC 7481)

Recorded : July 7 - 11, 1977

Personnel :
Count Basie (p, band-leader)
Freddie Green (g)
Bobby Mitchell (tp)
Lyn Biviano (tp)
Sonny Cohn (tp)
Waymon Reed (tp)
Clark Terry (tp) #08
Danny Turner (as)
Bobby Plater (as)
Eric Dixon (ts)
Jimmy Forrest (ts)
Al Grey (tb)
Bill Hughes (tb)
Mel Wanzo (tb)
Dennis Wilson (tb)
Charles Fowlkes (bs)
John Duke (b)
Butch Miles (ds)

Song name :
01. Hittin' Twelve
02. Freckle Face
03. Things Ain't What They Used To Be
04. Whirly-Bird
05. The More I See You
06. Orange Sherbert
07. Way Out Basie
08. Basie!
09. Jumpin' At The Woodside

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : カウント・ベイシー (Count Basie 別名:William Count Basie 1904年8月21日~1984年4月26日) はアメリカ合衆国ニュージャージー州出身のジャズ・ピアノ奏者、バンドリーダー。
アルバムはカウント・ベイシー、1977年7月7日から11日の録音。
1977モントルー、ジャズ・フェスの直前、フランスでのライブ。
メンバーは、ギターがフレディ・グリーン、トランペットがボビー・ミッチェル、ソニー・コーン、特別にクラーク・テリー、アルトサックスがダニー・ターナー、ボビー・プラター、テナーサックスがエリック・ディクソン、ジミー・フォレスト、トロンボーンがアル・グレー、ビル・ヒューズ、メル・ワンゾ、バリトンサックスがチャーリー・フォークス、ベースがジョン・デューク、ドラムがバッチ・マイルズほか。
演奏は、ドラムのバッチ・マイルズとトロンボーンのアル・グレーがノッていて楽しくなる。
70年後半のカウント・ベイシー楽団が貴重。
個人的に、こういう今ひとつ有名でないカウント・ベイシーのアルバムを気楽に聴くのが楽しみ。
有名なアルバムになると、こう聴かなければならない、などという前評で先入観が入るのが嫌だ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲