青木高見のジャズコレクション Tom Scott (as) トム・スコット


寸評
トム・スコット (Tom Scott 1948年5月19日~) はアメリカ合衆国ロサンゼルス出身のジャズ・フュージョン・サックス、リリコン奏者、作曲家。
トム・スコットを最初に知ったのは映画 「タクシードライバー」。
バックで流れる憂いのあるテナーが今でも強く印象に残っている。
実際、本人はウェスト・コースト・フュージョンの立役者で、映画とは違い、明るい音をモットーとしている。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Tom Scott / The Best Tom Scott Tom Scott / The Best Tom Scott

Released : 1980

Personnel :
Tom Scott (as)
Bob James (key) #01
Joe Sample (key) #02
Richard Tee (key) #06, #08
Larry Nash (key) #07, #09
Larry Carlton (g) #02
Eric Gale (g) 0#4
Robben Ford (g) #07
Chuck Findley (horn) #05
Slide Hyde (horn) #05
Steve Gadd (ds) #04, #05
Rick Marotta (per) #05

Song name :
01. New York Connection
02. Spindrift
03. Breezin' Easy
04. Dirty Old Man
05. Nite Creatures
06. Shadows
07. Rock Island Rocket
08. Time and Love
09. Tom Cat
10. Gotcha [Theme from Starsky and Hutch]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トム・スコット (Tom Scott 1948年5月19日~) はアメリカ合衆国ロサンゼルス出身のジャズ・フュージョン・サックス、リリコン奏者、作曲家。
アルバムはトム・スコット、1980年のリリース、トム・スコットのベスト。
共演者は、キーボードがボブ・ジェームス、ジョー・サンプル、リチャード・ティ、ギターがラリー・カールトン、エリック・ゲイル、ドラムがスティーブ・ガッド他。
素晴らしい豪華共演者。
トム・スコットを最初に知ったのは映画 「タクシードライバー」。
バックで流れる憂いのあるテナーが今でも強く印象に残っている。
実際、本人はウェスト・コースト・フュージョンの立役者で、映画とは違い、明るい音をモットーとしている。
このアルバムでも当時流行した明るいフュージョン・サウンドをたっぷり楽しめる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはトム・スコット、1980年のリリース、トム・スコットのベスト盤。トム・スコットを最初に知ったのは映画 「タクシードライバー」。バックで流れる憂いのあるテナーが今でも強く印象に残っている。実際、本人はウェスト・コースト・フュージョンの立役者で、映画とは違い、明るい音をモットーとしている。このアルバムでも当時流行した明るいフュージョン・サウンドをたっぷり楽しめる。(青木高見)





Tom Scott / One Night One Day Tom Scott / One Night One Day

Recorded : 1987

Personnel :
Tom Scott (as)
Alan Pasqua (key)
Michael Fisher (Per)
Randy Kerber (key)
Randy Wald (g)
Victor Feldman (Per)
Neil Stubenhaus (b)
Steve Shaeffer (ds)

Song name :
01. Star Eyes
02. Nite Bloom
03. New Orleans Knows
04. La-Land
05. One Day
06. Concierto de Aranjuez
07. Romances for a Jazz Solouist and Orchestra

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : トム・スコット (Tom Scott 1948年5月19日~) はアメリカ合衆国ロサンゼルス出身のジャズ・フュージョン・サックス、リリコン奏者、作曲家。
アルバムはトム・スコット、1986年のリリース、で発売当時、話題となった。
共演者は、キーボードがアラン・パスクア、ランディー・カーパー、パーカッションがマイケル・フィッシャー他。
トム・スコットを最初に知ったのは映画 「タクシードライバー」。
バックで流れる寂しく憂いのあるテナーは記憶に新しい。
実際、本人はウェスト・コースト・フュージョンの立役者で、映画とは違い、明るい音をモットーとしている。
このアルバムも当時この音が新しくて何とも懐かしい。
10回以上グラミー賞にノミネートされ3回の受賞経歴を持つ。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはトム・スコット、1986年リリース、で発売当時、話題となった。共演者はキーボードがアラン・パスクア、ランディー・カーパー他。トム・スコットを最初に知ったのは映画 「タクシードライバー」。バックで流れる寂しく憂いのあるテナーは記憶に新しい。実際、本人はウェスト・コースト・フュージョンの立役者で、映画とは違い、明るい音をモットーとしている。このアルバムも当時この音が新しくて何とも懐かしい。10回以上グラミー賞にノミネートされ三度受賞の経歴を持つ。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲