青木高見のジャズコレクション Larry Carlton (g) ラリー・カールトン


寸評
ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
6歳の頃からギターを始め、ハイスクール時代に、B.B.キングやジョン・コルトレーンに影響を受る。
その後、ジョー・パスに師事。
1968年 ファースト・アルバム 「 With A Little Help From My Friends 」 をリリース。
1971年~1976年 「ザ・クルセイダーズ」 に在籍。
1977年 ワーナー・ブラザース・レコードと契約。 1978年~1984年 6枚のアルバムをリリース。
1985年 MCAレコードと契約、「Alone But Never Alone」 をリリースし好評を得る。
1988年4月 南カルフォルニアの自宅兼プライベート・スタジオ 「Room 335」 の外にいた青年に銃撃される。         一命はとりとめたものの重症、精神的にダメージを受けた。
1991年 持ち前の精神力で奇跡の復帰をとげ、活動を再開。
1994年~1997年 多くのツアーを敢行、この頃からフュージョンとブルースを融合した音が定着してくる。
1999年 ブルーノート東京の企画への参加。
2003年 アジアツアー、アルバム 「Sapphire Blue」 をリリース。
その後、更に多くのツアーを行い現在に至る。
個人的な感想だが、銃撃後の奇跡の復帰、波乱に満ちた音楽人生といえる。
ちなみにファースト・アルバムの 「With A Little Help From My Friends」 はビートルズの作品をタイトルにしている。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (Participation in The Crusaders) 「ザ・クルセイダーズ」 への参加】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Larry Carlton / Larry Carlton Larry Carlton / Larry Carlton

Recorded : 1978

Personnel :
Larry Carlton (g)
Greg Mathieson (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)
Paulinho Da Costa (perc)

Song name :
01. Room 335
02. Where Did You Come From / 彼女はミステリー
03. Nite Crawler
04. Point It Up
05. Rio Samba
06. I Apologize / 恋のあやまち
07. Don't Give It Up / 希望の光
08. (It Was) Only Yesterday / 昨日の夢

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州生まれのジャズ・フュージョン・ギタリスト、作曲家。
アルバムはラリー・カールトン、1978年の録音。
クルセイダーズ脱退後、新境地のリーダー作、第3弾、邦題 「夜の彷徨(さまよい)」、世界にラリー・カールトンを知らしめた1枚。
共演者は、キーボードがグレッグ・マティソン、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがジェフ・ポーカロ、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタ。
演奏は、メロウ、ファンク、ポップスなどの融合に、磨きがかかったギターワークが冴えわたる。
ラリー・カールトンの簡単な経歴は、6歳の頃からギターを始め、ハイスクール時代にはブルース・ギタリストのB.B.キングやジョン・コルトレーンに影響を受る。
その後、偉大なジャズ・ギタリストのジョー・パスに師事。
クルセイダーズ脱退後のソロとして活動を開始し現在に至る。
(青木高見)





Larry / Carlton Strikes Twice Larry Carlton / Strikes Twice

Released : 1981

Personnel :
Larry Carlton (g, syn, vo, prod)
Don Freeman (key)
Terry Trotter (key)
Greg Mathieson (key)
Brian Mann (key)
Robert "Pops" Popwell (b)
John Ferraro (ds)
Paulinho Da Costa (per)

Song name :
01. Strikes Twice
02. Ain't Nothin' for a Heartache
03. Midnight Parade
04. The Magician
05. Springville
06. Mulberry Street
07. In My Blood
08. For Love Alone

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州生まれのジャズ・フュージョン・ギタリスト、作曲家。
アルバムはラリー・カールトン、1981年ワの録音、ワーナー・ブラザース・レコードからのリリース。
共演者は、キーボードがドン・フリーマン、テリー・トロッター、グレッグ・マティソン、ブライアン・マン、ベースがロバート・ポップス・ポップウェル、ドラムがジョン・フェラーロ、パーカッションがパウリーニョ・ダ・コスタ。
何と、キーボードが4名、ラリー・カールトンも入れると5名という編成。
当時、フュージョン・サウンドの世界の先駆(さきが)けとなるキーボードニストが集まっている。
演奏は、フュージョン・サウンドの見本の様な演奏。
ラリー・カールトンは、この時期、銃撃事件の前で、若々しくエネルギッシュな音が貴重。
日本のフュージョン・サウンドも、ほとんどが、ここのアルバムの音、一辺倒になった時代になった。
(青木高見)





Larry Carlton / Sleepwalk Larry Carlton / Sleepwalk

Recorded : 1982

Song name and Personnel :
01. Last Nite
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Carlos Rios (g)
Abraham Laboriel (b)
Steve Gadd (ds)
Paulinho Da Costa (perc)

02. Blues Bird
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Brian Mann (key)
Don Freeman (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)

03. Song For Katie
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Brian Mann (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)

04. Frenchman's Flat
Larry Carlton (g)
Brian Mann (key)
Robert "pops" Popwell (b)
Jeff Porcaro (ds)

05. Sleepwalk
Larry Carlton (g)
Don Freeman (key)
Pops Popwell (b)
John Ferraro (ds)

06. Upper Kern
Larry Carlton (g)
Greg Mathieson (key)
Terry Trotter (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)
David Sanborn (as)
Paulinho Da Costa (perc)

07. 10:00 P.M.
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Abraham Laboriel (b)
Jeff Porcaro (ds)

08. You Gotta Get It While You Can
Larry Carlton (g)
Greg Mathieson (key)
Prophet (p)
Brian Mann (key)
Don Freeman (key)
Abraham Laboriel (b)
Steve Gadd (ds)
Paulinho Da Costa (perc)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州生まれのジャズ・フュージョン・ギタリスト、作曲家。
アルバムはラリー・カールトン、1982年の録音。
世間では、アルバムの印象が地味だと言われているが、改めて聴くと随所に気配りを感じる。
曲毎に演奏者を替えたり、弾くギターを細かく変えたり、考えられた演奏がいい。
派手さが無い分、飽きがこない。
ラリー・カールトンは、ギターを演奏するミュージシャンではなく、やはり総合音楽家といえる。
ブームだったフュージョンやクロスオーバーは今や去り、リスナーの耳から忘れられた。
しかし、ラリー・カールトンは、今でも充分耐えうるアルバムを残した。
これこそ本物の証拠。
当時、リアルタイムで聴いていたので、青春のホロにがさと、潮風の思い出を運んできてくれる。
(青木高見)





Larry Carlton / Alone But Never Alone Larry Carlton / Alone But Never Alone

Recorded : 1986

Personnel :
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Abraham Laboriel (b)
Michael Fisher (per)
Rick Marotta (ds)

Song name :
01. Smiles and Smiles To Go
02. Perfect Peace
03. Carrying You
04. The Lord's Prayer
05. High Steppin'
06. Whatever Happens
07. Pure Delight
08. Alone / But Never Alone

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州生まれのジャズ・フュージョン・ギタリスト、作曲家。
アルバムはラリー・カールトン、1986年の録音。
共演者は、キーボードがテリー・トロッター、ベースがエイブラハム・ラボリエル、パーカッションがマイケル・フィッシャー、ドラムがリック・マロッタ。
癒しのアコギに最小限のリズムセクションという構成で緻密で斬新な音作りがされている。
高い音楽性と、おだやかで、やさしく、何より心がある音に癒される。
当然、全米ジャズ・チャートで1位を獲得。
これにより、ラリー・カールトンの名声は世界的に有名になる。
驚くことに、現在でもテレビ・ラジオのBGMとして使われている。
(青木高見)





Larry Carlton / Last Nite Larry Carlton / Last Nite

Released : February 17, 1986

Personnel :
Larry Carlton (g)
Terry Trotter (key)
Jerry Hey (tp)
Gary Grant (tp)
Marc Russo (sax)
Abraham Laboriel (b)
John Robinson (ds) #01-#03, #05, #06
Rick Marotta (ds) #04
Alex Acuna (per)

Song name :
01. So What" (Miles Davis)
02. Don't Give It Up
03. The B.P. Blues
04. All Blues" (Miles Davis)
05. Last Nite
06. Emotions Wound Us So

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州生まれのジャズ・フュージョン・ギタリスト、作曲家。
アルバムはラリー・カールトン、1986年2月17日の録音、MCAレコードからのリリース、ロサンゼルスの 「 THE BAKED POTATO (ザ・ベイクド・ポテト) 」 のライブ。
共演者は、キーボードがテリー・トロッター、トランペットがジェリー・ヘイとゲイリー・グラント、サックスがマーク・ルッソ、ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがジョン・ロビンソンと4曲目のみリック・マロッタ、パーカッションがアレックス・アクーニャ。
共演者全員、ラリー・カールトンとはレギュラー化している仲間といったところ。
そい言えばサックスの、マーク・ルッソはイエロー・ジャケッツのメンバー。
個人的に、このアルバムをコレクションした理由として、1曲目の 「 So What 」 4曲目の 「 All Blues 」 がマイルス・デイヴィスの曲という事。
この曲を、天才ギタリストが、どう演奏しているか、どうしても聴きたかった。
演奏は、ライブという事でラリー・カールトン本人が喜んで、気持ちよく弾いているのが伝わってくる。
エレキギターとアンプの調整は、いつものラリー・カールトンの音色で、変に変えてないのがいい。
1曲1曲、根底にブルースを意識しているのもわかる。
リラックスし、軽く弾いている様で、実は高度な技が隠れている。
ラリー・カールトンの作品の中では、かなりジャズ色の強い作品。
(青木高見)





Larry Carlton / Discovery Larry Carlton / Discovery

Released : 1987

Personnel :
Larry Carlton (acoustic-g, vo, prod)
David Pack (vo)
Michele Pillar (vo)
Terry Trotter (key)
Michael McDonald (key) #07
Kirk Whalum (sax)
Jerry Hey (tp)
Gary Grant (tp)
Larry Williams (woodwinds)
John Pena (b)
Rick Marotta (ds)
Michael Fisher (per)

Song name :
01. Hello Tomorrow
02. Those Eyes
03. Knock on Wood
04. Discovery
05. My Home Away from Home
06. March of the Jazz Angels
07. Minute by Minute
08. A Place for Skipper
09. Her Favorite Song

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
アルバムはラリー・カールトン、1987年の録音、MCAレーベルからのリリース。
共演者は、キーボードがテリー・トロッター、7曲目の 「Minute by Minute」 のみキーボードがマイケル・マクドナルド、サックスがカーク・ウェイラム、トランペットがジェリー・ヘイ、ベースがジョン・ペイニヤ、ドラムがリック・マロッタ、ドラムがリック・マロッタ、パーカッションがマイケル・フィッシャー、ヴォーカルがデビッド・パックほか。
演奏は、ラリー・カールトンのアコースティック・ギター。
サックスのカーク・ウェイラム、なかなか上手い。
全体はスローな感じで、避暑地などの、くつろいだ空気にいいかも。
ここは演奏のスペックなど、細かい事は忘れて、ぼんやりBGM風に聴きたい。
たぶん、ラリー・カールトンも、そう思っているに違いない。
(青木高見)





Larry Carlton / Christmas At My House (MCAD-6322) Larry Carlton / Christmas At My House (MCAD-6322)

(注) このアルバムはラリー・カールトンのリーダーアルバム扱いとしています。
クリスマス特集のため 「 My・クリスマスCD 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Release : 1989

Personnel :
Larry Carlton (g, prod)
Clare Fischer (key) #01 to 4, #09
Terry Trotter (key)  #1 to 5, #07, #08, #10, #11
Robbie Buchanan (key)  #06
Kirk Whalum (sax) #11
Larry Carlton (b) #06
Abraham Laboriel (el-b)  #01 to 04, #07, #09 to 11
Jeff Porcaro (ds)  #03, #10, #11
John Ferraro (ds)  #01, #02, #04, #07, #08
Michael Fisher (per)  #02 to 4, #11
Michele Pillar (lead_vocals) #03, #06, #11
Christopher Cross (backing-vo) #06
David Pack (backing-vo) #06
Karen Blake (backing-vo) #06
Michele Pillar (backing-vo) #06

Song name :
01. The Christmas Song [Instrumental]
02. Winter Wonderland
03. Silent Night / It Came Upon A Midnight Clear
04. White Christmas
05. The Holly And The Ivy
06. Ringing The Bells Of Christmas
07. What Child Is This
08. The Little Drummer Boy
09. Joy To The World
10. My Favorite Things / We Three Kings Of Orient Are
11. The Christmas Song [Vocal]

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ラリー・カールトン (Larry Carlton 1948年3月2日~) はアメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス生まれのジャズ、フュージョン・ギタリスト、作曲家、プロデューサー。
アルバムはラリー・カールトン、1989年、MCAからのリリース、その後すぐ廃盤となるも、2004年に再リリースされた。
共演者は、キーボードがクレア・フィッシャー、テリー・トロッター、エレクトリック・ベースがエイブラハム・ラボリエル、ドラムがジェフ・ポーカロ、ジョン・フェラーロ、パーカッションがマイケル・フィッシャーほか。
ラリー・カールトンを聴くといつも思う。
それは、リスナーが聴きたい音、リスナーが望んでいる雰囲気を的確に表現してくれるミュージシャンという事。
多くのジャズ・ミュージシャンは、まず自分のやりたい音楽を個性で作り上げる。
そのため、受け手(リスナー)が、どう感じようが気にかけない。
ある意味、個性のゴリ押し。
ジャズの場合、それは、それで大変いいのだが。
リスナーの立場を具現化するミュージシャンが、極めて少ない現状が、そこにはある。
こうなってくると、範疇(はんちゅう)は、ミュージシャンの性格にまで及んでくる。
演奏は、ラリー・カールトンのクリスマス特集で幾度、心が癒された事か。
一生、聴き続けたい1枚かもしれない。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲