青木高見のジャズコレクション James Clay (ts) ジェイムズ・クレイ

略歴
ジェイムズ・クレイ (James Clay 1935年9月8日~1994年1月1日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・テナーサックス、フルート奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


James Clay and David Fathead Newman / The Sound of The Wide Open Spaces James Clay and David Fathead Newman / The Sound of The Wide Open Spaces

(注) このアルバムはジェイムズ・クレイのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者に双頭のテナーサックス、ファットヘッド・ニューマンが参加しているため 「 David Fathead Newman 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 26, 1960

Personnel :
James Clay (ts)
David Fathead Newman (ts)
Wynton Kelly (p)
Sam Jones (b)
Arthur Taylor (ds)

Song name :
01. Wide Open Spaces
02. They Can't Take That Away from Me
03. Some Kinda Mean
04. What's New ?
05. Figger-Ration

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジェイムズ・クレイ (James Clay 1935年9月8日~1994年1月1日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・テナーサックス、フルート奏者。
デヴィッド・ファットヘッド・ニューマン (David Newman 別名 : David ''Fathead'' Newman 1933年2月24日~2009年1月20日) はテキサス州コーシカナ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはジェイムズ・クレイとファットヘッド・ニューマン、1960年4月26日の録音。
共演者は、ピアノがウイントン・ケリー、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・テイラー。
ジェイムズ・クレイとファットヘッド・ニューマンは互いにテキサス州で同郷。
仕事でもR&Bの伴奏の仕事をしていた。
つまり一緒に釜の飯を食った仲。
この二人に目を付けたのが、キャノンボール・アダレイ。
みずからプロデュースを買って出て、めでたくリリースした。
演奏は、ウイントン・ケリー率いる完璧なリズム隊をバックに、軽やかに奏でる双頭テナー。
LPの時代 「幻のテナー・ジェイムズ・クレイ」 で一部のマニア垂涎のアルバムだった。
アルバム 「テナー・マン(ローレンス・マラブル名義)」 ではCD化で見直され知名度が上がった。
ハード・バップの中に、ほんのりR&Bの香りが漂って素敵だ。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」「タワーレコード」「HMV」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはジェイムズ・クレイとファットヘッド・ニューマン、1960年4月26日の録音。共演者は、ピアノがウイントン・ケリー、ベースがサム・ジョーンズ、ドラムがアート・テイラー。ジェイムズ・クレイとファットヘッド・ニューマンは互いにテキサス州で同郷。仕事でもR&Bの伴奏の仕事をしていた。つまり一緒に釜の飯を食った仲。この二人に目を付けたのが、キャノンボール・アダレイ。みずからプロデュースを買って出て、めでたくリリースした。演奏は、ウイントン・ケリー率いる完璧なリズム隊をバックに、軽やかに奏でる双頭テナー。LPの時代 「幻のテナー・ジェイムズ・クレイ」 で一部のマニア垂涎のアルバムだった。アルバム 「テナー・マン(ローレンス・マラブル名義)」 ではCD化で見直され知名度が上がった。ハード・バップの中に、ほんのりR&Bの香りが漂って素敵だ。
(青木高見)





James Clay ・ Lawrence Marable / Tennorman James Clay ・ Lawrence Marable / Tennorman

(注) このアルバムはローレンス・マラブルのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「Lawrence Marable」 でも同じ内容を掲載しています。  →


Recorded : 1956

Personnel :
Lawrence Marable (ds)
James Clay (ts)
Sonny Clark (p)
Jimmy Bond (b)

Song name :
01. The Devil And Deep Blue Sea
02. Easy Living
03. Minor Meeting
04. Airtight
05. Willow Weep For Me
06. Three Fingers NORTH
07. Lover Man
08. Marbles

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ローレンス・マラブル (Larance Marable 1929年5月21日~)  はアメリカ合衆国カリフォルニア州ロスアンゼルス生まれのドラム奏者。
ジェイムズ・クレイ (James Clay 1935年9月8日~1994年1月1日) はアメリカ合衆国テキサス州ダラス生まれのジャズ・テナーサックス、フルート奏者。
アルバムはローレンス・マラブルとジェイムズ・クレイ、1956年の録音、テナーサックスの共演。
他の共演者は、ピアノがソニー・クラーク、ベースがジミー・ボンド。
西海岸のジャズドラマーというと、シェリー・マン、スタン・リービー、チコ・ハミルトンを思い出す。
個人的にローレンス・マラブルは西海岸を離れずに、ひっそりと活動をしていたせいか、何となくマイナーなイメージ。
共演では、チェット・ベイカー、ソニー・クリス、タル・ファーローほか多くに参加。
演奏は、ジェイムズ・クレイを前面に押出しているも、堅実なドラミングがいい。
演目もピアノのソニー・クラークの曲で占められ、全体にバランスのとれた極上のジャズが楽しめる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはローレンス・マラブルとジェイムズ・クレイ、1956年の録音、テナーサックスの共演。他の共演者は、ピアノがソニー・クラーク、ベースがジミー・ボンド。西海岸のジャズドラマーというと、シェリー・マン、スタン・リービー、チコ・ハミルトンを思い出す。個人的にローレンス・マラブルは西海岸を離れずに、ひっそりと活動をしていたせいか、何となくマイナーなイメージ。共演では、チェット・ベイカー、ソニー・クリス、タル・ファーローほか多くに参加。演奏は、ジェイムズ・クレイを前面に押出しているも、堅実なドラミングがいい。演目もピアノのソニー・クラークの曲で占められ、全体にバランスのとれた極上のジャズが楽しめる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲