青木高見のジャズコレクション Ronnie Ball (p) ロニー・ボール


寸評
ロニー・ボール (Ronnie Ball 1927年12月22日~1984年) 英国生まれ、1952年に米国に移住のジャズ・ピアニスト。
アメリカ移住後、レニー・トリスターノの門下となる。
その後、多くのトリスターノ派の演奏家と共演を重ねている。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Ronnie Ball / All About Ronnie Ronnie Ball / All About Ronnie

Recorded : March 21, 1956

Personnel :
Ronnie Ball (p)
Willie Dennis (tb)
Ted Brown (ts)
Wendell Marshall (b)
Kenny Clarke (ds)

Song name :
01. Pennie Packer
02. Pres Sez
03. Feathered Bed
04. I Don't stand a ghost of a chance
05. Little Quail
06. Sweet and Lovely
07. Citruss Season

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ロニー・ボール (Ronnie Ball 1927年12月22日~1984年) 英国生まれ、1952年に米国に移住のジャズ・ピアニスト。
アルバムはロニー・ボール、1956年3月21日の録音、初リーダー作、タイトルはズバリ 「All About Ronnie」。
アメリカ移住後にレニー・トリスターノの門下となり、その後多くのトリスターノ派の演奏家と共演を重ねた。
ジャケットに写る白人のテナーはテッド・ブラウン、トロンボーンのウィリー・デニス、共にトリスターノの門下生。
ベースのウェンデル・マーシャルは経歴豊かなサヴォイ専属ミュージシャン。
ドラムはMJQの初代ドラマーのケニー・クラーク。
黒人だけのジャズが、やがて進化してう白人だけの極めて禁欲的なクール派に進化していく。
演奏はその過程を聴くことができる。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはロニー・ボール、1956年3月21日の録音、初リーダー作、タイトルはズバリ 「All About Ronnie」。アメリカ移住後にレニー・トリスターノの門下となり、その後多くのトリスターノ派の演奏家と共演を重ねた。ジャケットに写る白人のテナーはテッド・ブラウン、トロンボーンのウィリー・デニス、共にトリスターノの門下生。ベースのウェンデル・マーシャルは経歴豊かなサヴォイ専属ミュージシャン。ドラムはMJQの初代ドラマーのケニー・クラーク。黒人だけのジャズが、やがて進化してう白人だけの極めて禁欲的なクール派に進化していく。演奏はその過程を聴くことができる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲