青木高見のジャズコレクション Javon Jackson (ts) ジャヴォン・ジャクソン


寸評
ジャヴォン・ジャクソン(Javon Jackson 1965年6月16日~)はアメリカ合衆国ミズーリ州カーシージ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】
John Hicks / Sweet Love Of Mine

【INDEX (共演アルバム)】
      sell

【以下コンテンツ】


Javon Jackson / When the time is right Javon Jackson / When the time is right

Recorded : 1993

Personnel :
Javon Jackson (ts)
Jacky Terrasson (p)
Christopher Thomas (b)
Peter Washington (b)
Carl Allen (ds)
Clarence Penn (ds)
Kenny Garrett (as) #03, #05
Dianne Reeves (vo) #04

Song name :
01. If Ever I Would Leave You Listen
02. Sweet and Lovely Listen
03. Not Yet Listen
04. I Waited for You Listen
05. Love Walked In Listen
06. Something to Remember You By Listen
07. Path Listen
08. When the Time Is Right

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャボン・ジャクソン(Javon Anthony Jackson 1965年6月16日~)はアメリカ合衆国ミズーリ州生まれのジャズ·テナー·サックス奏者。
アルバムはジャボン・ジャクソン、1993年の録音。
正直な所、自分名義のアルバムなんだから、昔のバッパー達のようにワンホーンで勝負してほしかった。
ピアノのジャッキー・テラソンやヴォーカルのダイアン・リーブスに耳が行っちゃってジャボン・ジャクソンが消えちゃった感じ。
そこをプロデューサーのベテー・カーターはどう考えていたのか。
テナーサックスのジャボン・ジャクソンを知ったのはマウント富士ジャズフェスティバルにジャズ・メッセンジャーズの一員として来日した時である。
印象で言うと  「無難にこなすが、今ひとつ覇気を感じなかった」 。
今流の草食系のサックスだという固定観念がこびりついてしまった。
(青木高見)





Javon Jackson / A Look Within Javon Jackson / A Look Within

Recorded : February 3-4, 1996

Personnel :
Javon Jackson (ts)
Dr. Lonnie Smith (org) #03, #06
Fareed Haque (g)
Peter Washington (b)
Billy Drummond (ds) #01-#03, #05-#08
Cyro Baptista (per) #02-#04, #07, #09
Cassandra Wilson (vo) #04

Song name :
01. Assessment
02. Memoria e Fado
03. Zoot Allures
04. Country Girl
05. Leap Frog
06. Peggy's Blue Skylight/Duke Ellington's Sound of Love
07. L' Eau a la Bouche
08. Hamlet's Favorite Son
09. Recado Bossa Nova

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャヴォン・ジャクソン(Javon Jackson 1965年6月16日~)はアメリカ合衆国ミズーリ州カーシージ生まれのジャズ・テナーサックス奏者。
アルバムはジャヴォン・ジャクソン、1996年の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、オルガンがロニー・スミス、ギターがフェアイード・ハク、ベースがピーター・ワシントン、ドラムがビリー・ドラモンド、パーカッションがシロ・バプティスト。
1曲のみ、ヴォーカルのカサンドラ・ウィルソン入り。
演奏はブルー・ノート3枚目という事で、共演者は個性の強いロニー・スミスのオルガンや、ギターのフェアイード・ハクなどの参加によりエキゾチックに仕上がった。
中東の知らない街を彷徨している気分になる。
最後を飾る 「Recado Bossa Nova」 はオーソドックでありながら良く吟味されている。
オーソドックスで出しゃばらないサックス、ジャヴォン・ジャクソンらしさが定着してきたように感じる。
難を言っては何だが、ネチッこさが、もう少しあってもいいかな。
それが無いと、押し流されちゃうぞ。
(青木高見)





John Hicks / Trio Plus Strings John Hicks / Sweet Love Of Mine

(注) このアルバムはジョン・ヒックスのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの「 John Hicks 」でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 5, 2006

Personnel :
John Hicks (p)
Javon Jackson (ts)
Elise Wood (fl) #03, #05, #07, #08, #09,
Curtis Lundy (b)
Victor Jones (ds)
Ray Mantilla (per) #03, #05, #07, #09,

Song name :
01. One Peaceful Moment (piano-solo)
02. I Guess I'll Hang My Tears Out to Dry
03. Sweet Love of Mine
04. Things We Did Last Summer (piano-solo)
05. Once I Loved
06. Hold It Down
07. Mambo Influenciado
08. I Remember Clifford
09. Peanut Butter Two
10. Sunset Blues (piano-solo)

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョン・ヒックス (John Hicks 出生名 : John Josephus Hicks, Jr. 1941年12月21日~2006年5月10日) はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ生まれのジャズ・ピアニスト、作曲家。
アルバムはジョン・ヒックス、2006年4月5日の録音、ハイノート・レコードからのリリース。
共演者は、フルートがエリス・ウッド、テナーサックスがジャヴォン・ジャクソン、ベースがカーティス・ランディ、ドラムがビクター・ジョーンズ、パーカッションがレイ・マンティラ。
録音日が2006年4月5日、ジョン・ヒックスが亡くなるのが同年の5月10日、享年64歳。
普通と変わらない力強い演奏は、1ヶ月にそうなる事を誰が想像できたか。
そう思って聴くとピアノソロが、最期に迫る静寂を感じ胸が熱くなる。
人は、いつかは死ぬ、そんな事わかっている。
ただ、周りに残された人の悲しみや無念さはが儚(はかな)い。
それだからこそ、残された人は、その人の分まで、懸命に生きなければならない気持ちになった。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲