青木高見のジャズコレクション George Adams (ts, fl, ss, vo) ジョージ・アダムス


寸評
ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (コ・リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】



【以下コンテンツ】


George Adams and Don Pullen / Life Liner George Adams and Don Pullen / Life Line

(注) このアルバムはジョージ・アダムスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者に双頭のドン・プーレンが参加しているため 「 Don Pullen 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 5-6, 1981

Personnel :
George Adams (ts, fl, vo)
Don Pullen (p)
Cameron Brown (b)
Dannie Richmond (ds)

Song name :
01. The Great Escape, or Run John Henry Run
02. Seriously Speaking
03. Soft Seas
04. Nature's Children
05. Protection
06. Newcomer

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
ドン・プーレン(ピュレーン) (Don Pullen 1941年12月25日~1995年4月22日) はアメリカ合衆国バージニア州ロアノーク生まれのジャズ・ピアニスト、オルガン奏者、作曲家。
アルバムはジョージ・アダムスとドン・プーレン、1981年4月5日・6日の録音、オランダのタイムレス・レコードからのリリース。
その他共演者は、ベースがキャメロン・ブラウン、ドラムがダニー・リッチモンド。
全員が 「ミンガス・ワークショップ」 の出身。
演奏は、バリバリ吹きまくるジョージ・アダムス、手の甲をグリグリと掻き鳴らすドン・プーレン、バシッビシッと決めていくダニー・リッチモンド。
思いつく言葉は 「ダイナミック」 「ダウン・トゥ・アース」 「大地を吹き抜ける爽やかな風」。
悲しいのは、ベースのキャメロン・ブラウン以外、全員他界。
やりたい事だけやって、サッサとあの世に逝っちまった。
今頃、天国でグリグリやってるのかなぁ。
(青木高見)





George Adams And Don Pullen / Live At Montmartre (TECW-20809) George Adams And Don Pullen / Live At Montmartre (TECW-20809)

(注) このアルバムはジョージ・アダムスのリーダーアルバム扱いとしています。
双頭のドン・プーレンが参加しているため 「 Don Pullen 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 4–5, 1985

Personnel :
George Adams (ts)
Don Pullen (ts)
John Scofield (g)
Cameron Brown (b)
Dannie Richmond (ds)

Song name :
01. I.J.
02. Flame Games
03. Well, I Guess We'll Never Know
04. Forever Lovers
05. Song Everlasting

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
ドン・プーレン(ピュレーン) (Don Pullen 1941年12月25日~1995年4月22日) はアメリカ合衆国バージニア州ロアノーク生まれのジャズ・ピアニスト、オルガン奏者、作曲家。
アルバムはジョージ・アダムスとドン・プーレン(ピュレーン)、1985年4月4日・5日の録音、タイムレス・レーベルからのリリース、フランス・モンマルトルでのライブ。
その他共演者は、ギターがジョン・スコフィールド、ベースがキャメロン・ブラウン、ドラムが、ダニー・リッチモンド。
ドン・プーレン(ピュレーン)、ジョージ・アダムス、ダニー・リッチモンドというと 「ミンガス・ジャズ・ワークショップ」 のメンバーだった。
ジャズのジャンルの中では、ちょっと変わったグループかもしれない。
そこにギターのジョン・スコフィールドが加わった意外性が当アルバムの聴き処(どころ)といえる。
個人的には中々、気に入っていて。
昔の漫画で 「喪黒福造」 こと藤子不二夫先生の 「笑ゥせぇるすまん」 とダブる。
おもしろくない事があった日とか、マンネリで日常を少し忘れたい時とか。
心の隙間を埋めてくれるのに、うってつけの音をしてる。
ジョージ・アダムス、ドン・プーレン(ピュレーン)、ダニー・リッチモンド、今はこの世にいないので、なおさら来る。
(青木高見)





(Don Pullen) George Adams / Breakthrough (Don Pullen) George Adams / Breakthrough

(注) このアルバムはドン・プレーンのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーである 「 Don Pullen 」 で、
同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 30, 1986

Personnel :
Don Pullen (p)
George Adams (ts, fl)
Cameron Brown (b)
Dannie Richmond (ds)

Song name :
01. Mr. Smoothie
02. Just Foolin' Around
03. Song from the Old Country
04. We've Been Here All the Time
05. Time for Sobriety

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドン・プーレン(ピュレーン) (Don Pullen 1941年12月25日~1995年4月22日) はアメリカ合衆国バージニア州ロアノーク生まれのジャズ・ピアニスト、オルガン奏者、作曲家。
ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
1988年 山中湖で開催された 「マウント・フジ・ジャズ・フェスティバル」 で彼らを見た。
女性ヴォーカルの 「ミシェル・ヘンドリクス (Michele Hendricks) 」 を迎えて 「Song from the Old Country」 を聴いた。
演奏は、亡くなったドラマーのダニー・リッチモンドに捧(ささ)げる意味もあった。
そのため、ピアノのドン・プレーンはいつも以上に熱くなった。
ノッてくると、手の拳(こぶし)で鍵盤をグリグリやる。
こんなピアニスト、見たことない、しかし、これを期待していた自分。
テナーのジョージ・アダムスは、ヴォーカルのミシェルがいたせいか、いつもよりは少し控えめだったのが物足りない。
山中湖の湖面にキラキラと反射する陽の光に、サックスとピアノが沁み込む。
アルバムは1986年の録音だが、このクァルテットは当初アメリカで認めらなかったという。
そのためヨーロッパに行って収録し成功をおさめる。
その後、ブルーノートからのオファーがあり制作に至った、ジャズ発祥の地、アメリカ人の耳を疑いたくなる。
録音当時、ダニー・リッチモンドは、まだ健在で、これも貴重といえる。
この頃からブルーノート・レーベル自体も懐が大きくなり、カテゴリーにとらわれない録音が目立つ様になってくる。
このユニットの影に 「チャールズ・ミンガスの血」 が流れている事を忘れてなならない。
(青木高見)





(Don Pullen) George Adams / Song Everlasting (Don Pullen) George Adams / Song Everlasting

(注) このアルバムはドン・プレーンのリーダーアルバム扱いとしています。
そのためリーダーの 「 Don Pullen 」 で同じ内容を掲載しています。  →

Recorded : April 21, 1987

Personnel :
Don Pullen (p)
George Adams (ts, fl)
Cameron Brown (b)
Dannie Richmond (ds)

Song name :
01. Sun Watchers
02. Serenade for Sariah
03. 1529 Gunn Street
04. Warm Up
05. Sing Me a Song Everlasting
06. Another Reason to Celebrate

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ドン・プーレン(ピュレーン) (Don Pullen 1941年12月25日~1995年4月22日) はアメリカ合衆国バージニア州ロアノーク生まれのジャズ・ピアニスト、オルガン奏者、作曲家。
ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
アルバムはドン・プーレン(ピュレーン)とジョージ・アダムス、1987年4月21日の録音、ブルーノートからのリリース、邦題 「永遠の歌」 。
ドン・プレーン、ジョージ・アダムス、ダニー・リッチモンドは 「ミンガス・ジャズ・ワークショップ」 のメンバー。
おりしも、1987年 フジマウント・ジャズ・フェスティバルの来日記念盤として発売された意味もあったが、中身は彼らが造る魂の音。
惜しいのは、ダニー・リッチモンド、ジョージ・アダムス、ドン・プレーン、3人共、亡くなってしまった。
そんな意味で、より一層の感慨深く、名実ともに 「永遠の歌」 となってしまった。
(青木高見)

※ このコメントは 「アマゾン」 に掲載しました。 (コメントの無断引用・無断転載を禁じます)
コメント : アルバムはドン・プーレン(ピュレーン)とジョージ・アダムス、1987年4月21日の録音、ブルーノートからのリリース、邦題 「永遠の歌」 。ドン・プレーン、ジョージ・アダムス、ダニー・リッチモンドは 「ミンガス・ジャズ・ワークショップ」 のメンバー。おりしも、1987年 フジマウント・ジャズ・フェスティバルの来日記念盤として発売された意味もあったが、中身は彼らが造る魂の音。惜しいのは、ダニー・リッチモンド、ジョージ・アダムス、ドン・プレーン、3人共、亡くなってしまった。そんな意味で、より一層の感慨深く、名実ともに 「永遠の歌」 となってしまった。
(青木高見)





George Adams / Nightingale George Adams / Nightingale

Recorded : August 19-20, 1988

Personnel :
George Adams (ts, fl_#4, ss_#8)
Hugh lawson (p)
Sirone (b)
Victor Lewis (ds)

Song name :
01. Bridge Over Troubled Water
02. What A Wonderful World
03. Cry me A River
04. A Nightingale Sings In Berkeley Square
05. Moon River
06. Precious Lord, Take My Hand
07. Ol' Man River
08. Going Home

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
アルバムはジョージ・アダムス、1988年8月19日・20日の録音。
ジョージ・アダムスは、1987年から1991年にかけて、日本の 「Mt.Fujiジャズ・フェスティバル」 で何度も来日して日本で知名度が上がった。
アメリカでは今一つだったという。
その理由が納得がいかない。
おしくも1992年11月14日に他界してしまった。
享年52才、
演奏中、顔に、したたりおちる汗、黒目を上にして、アフリカの大地に吹く風の豪快なテナーを、もう聴く事はできない。
今、改めて聴き直すと、地球を包み込む宇宙にまで届くテナーに心を奪われる。
ドン・プレーンとのコンビも有名だが、ドン・プレーンも、ドラムのダニー・リッチモンドも、みんな他界してしまう。
みんな、なぜ早く亡くなってしまうか。
神に近ずく音を奏でると、神に召されてしまうのか。
8曲目の 「Going Home」 。
邦題は 「家路」 、交響曲第9番ホ短調 「新世界より」 チェコの作曲家ドヴォルザーク1893年作曲の交響曲。
「私を待ってる父母がいて、沢山の人々が集まる、心ゆるせる友人達、家路へ、家路へ」。
わけもなく目頭が熱くなってくる。
(青木高見)





George Adams / Americ George Adams / America

Recorded : May 24-25, 1989
May 29, 1989
June 1989
July 9,10,18, 1989

Personnel :
George Adams (ts, fl, vo)
Hugh lawson (p)
Cecil Mcbee (b)
Mark Johnson (ds)

Song name :
01. America the Beautiful
02. Tennessee Waltz
03. Motivation
04. Old Folks at Home
05. Gee Baby, Ain't I Good to You?
06. Take Me Out to the Ball Game
07. You Are My Sunshine
08. Georgia on My Mind
09. Have You Thanked America?
10. The Star Spangled Banner

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
アルバムはジョージ・アダムス、1989年の録音。
前年の 「Nightingale」 に続く作品。
企画物のアルバムなのに、氏のこだわりのない奔放な性格と、野太いサックスでタイトルの 「アメリカ」 を見事に表現してしている。
決して上手いとは言えない本人のヴォーカルも、この際、許せてしまうのも、本物の魂のサックスの音で相殺。
今のアメリカは我々が憧れていた古き良きアメリカは無くなりつつある。
ジョージ・アダムスの死で、古きよきアメリカのジャズの一つの炎が消えた。
(青木高見)





George Adams / New York Unit Tribute To George Adams George Adams / New York Unit Tribute To George Adams

(注) このアルバムはジョージ・アダムスのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者がニューヨーク・ユニットでピアノのジョン・ヒックスが参加しているため 「 John Hicks 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
November 17, 1992 #01-#07 ニューヨーク録音
June 15, 1992 #08-#09 ニューヨーク録音
December 6, 1990 #10 (亡くなる前の1曲 「Georgia On My Mind」) 東京録音

Personnel :
George Adams (ts)  #10
John Hicks (p)
Javon Jackson (ts) #01, #02, #04, #05-#07
Dan Faulk (ts) #08, #09
Santi Debriano (b) #01-#07
Richard Davis (b) #08, #09, #10
Tatsuya Nakamura 中村達也 (ds)

Song name :
01. Exodus
02. A Nightingale Sang In Berkeley Square
03. Fly Me To The Moon
04. Moritat
05. Straight No Chaser
06. Moment's Notice
07. Gospel Blues
08. When Something Is Wrong With My Baby
09. Mr. P. C.
10. Georgia On My Mind

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョージ・アダムス (George Adams 1940年4月29日~1992年11月14日) はアメリカジョージア州生まれのジャズテナー・サックス、フルート奏者。
アルバムはジョージ・アダムスへのトリビュート、1990年と1992年の録音、日本のキング・レコードからのリリース。
共演者は、ニューヨーク・ユニットでピアノがジョン・ヒックス、ベースがサンティ・デブリアーノ、ドラムが中村達也。
その他共演者は、テナーサックスがジャヴォン・ジャクソンとダン・フォーク、10曲目が生前のジョージ・アダムス。
ジョージ・アダムスが亡くなったのは、1992年11月14日、52歳の若さだった。
ニューヨーク・ユニットのアルバム 「オーバー・ザ・レインボー」 の制作中で、当初ジョージ・アダムスが参加する予定だった。
ところが体調不良のため急遽、トラで入った若手ダン・フォークとなった。
演奏は、個人的にピアノがジョン・ヒックスとドラムの中村達也がいい。
中村達也 (なかむら たつや、1965年1月4日~) は日本・富山県出身のドラマー、俳優、1990年から2000年まで 「BLANKEY JET CITY」 のドラマー。
あの全身刺青の精悍な印象のミュージシャンは、海の向こうで世界に通用するドラマーとして立派に活躍していたのだ。
NHK大河ドラマ 「龍馬伝(2010年)」 では竜馬を付けねらう刺客の 「佐々木只三郎」 役で少しだが出た。
あのツッパリは伊達じゃなったのが日本人としてうれしい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲