青木高見のジャズコレクション Johnny Hartman (vo) ジョニー・ハートマン


略歴
ジョニー・ハートマン (Johnny Hartman 1923年7月13日~1983年9月15日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ホーマ生まれのジャズ歌手。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【以下コンテンツ】


Johnny Hartman / Songs From The Heart + All Of Me Johnny Hartman / Songs From The Heart + All Of Me

Recorded : 1955

Personnel :
Johnny Hartman (vo)
Howard McGhee (tp)
Ralph Sharon (p)
Jay Cave (b)
Christy Febbo (ds)

Song name :
01. What Is There to Say
02. Ain't Misbehavin'
03. I Fall in Love Too Easily
04. We'll Be Together Again
05. Down in the Depths
06. They Didn't Believe Me
07. I'm Glad There Is You
08. When Your Lover Has Gone
09. I'll Remember April
10. I See Your Face Before Me
11. September Song
12. Moonlight in Vermont

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョニー・ハートマン(Johnny Hartman 1923年7月13日~1983年9月15日)はアメリカ合衆国ルイジアナ州ホーマ生まれのジャズ歌手。
アルバムはジョニー・ハートマン、ベツレヘム・レーベルの音源で、1955年録音「Songs From The Heart」と1955年1956年録音「All of me」を一枚にまとめたCD。
1955年録音「Songs From The Heart」の共演者はピアノがラルフ・シャロン、ベースがジェイ・ケイブ、ドラムがクリスティ・フェッボ、トランペットがハワード・マギー。
演奏は、甘く切ない、しかもロマンティックで、ジョニー・ハートマンの絶品の唄声に酔う。
バックも特にすばらしく男性ヴォーカルの名盤としても人気が髙い。
選曲もスタンダード中心に親しみやすく、ひじょうに完成度が高いアルバムといえる。
(青木高見)

Johnny Hartman / Songs From The Heart + All Of Me Johnny Hartman / Songs From The Heart + All Of Me

Recorded : 1955, 1956

Personnel :
Johnny Hartman (vo)
Ernie Wilkins (arr, cond)
Frank Hunter (cond)
Hank Jones (p)
Howard McGhee (tp)
Ernie Royal (tp)
Anthony Ortega (as)
Lucky Thompson (ts)
Jerome Richardson (fl, ts)
Danny Bank (bs)
Frank Rehak (tb)
Milt Hinton (b)
Osie Johnson (ds)

Song name :
13. Blue Skies
14. I Could Make You Care
15. Tenderly
16. While We're Young
17. Birth of the Blues
18. I'll Follow You
19. I Concentrate on You
20. Stella by Starlight
21. I Get a Kick Out of You
22. The End of a Love Affair
23. All Of Me

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョニー・ハートマン(Johnny Hartman 1923年7月13日~1983年9月15日)はアメリカ合衆国ルイジアナ州ホーマ生まれのジャズ歌手。
アルバムはジョニー・ハートマン、ベツレヘム・レーベルの音源で、1955年録音「Songs From The Heart」と1955年1956年録音「All of me」を一枚にまとめたCD。
1955年と1956年の録音「All of me」はオーケストラでアーニー・ウィルキンス・オーケストラとフランク・ハンター・オーケストラ。
ゴージャスなオーケストラをバックにハートマンの甘くロマンテックな声が絡み合う。
演目もスタンダード中心に親しみやすく、ひじょうに完成度の高いゴージャズなアルバム。
(青木高見)





Johnny Hartman / John Coltrane and Johnny Hartman Johnny Hartman / John Coltrane and Johnny Hartman

(注) このアルバムはジョニー・ハートマンのリーダーアルバム扱いとしています。
共演者にジョン・コルトレーンが参加しているため 「John Coltrane」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
03/06/1963 #07
03/07/1963 #01-#06

Personnel :
Johnny Hartman (vo)
John Coltrane (ts)
McCoy Tyner (p)
Jimmy Garrison (b)
Elvin Jones (ds)

Song name :
01. They Say It's Wonderful
02. Dedicated To You
03. My One And Only Love
04. Lush Life
05. You Are Too Beautiful
06. Autumn Serenade
07. Vilia

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョニー・ハートマン (Johnny Hartman 1923年7月13日~1983年9月15日) はアメリカ合衆国ルイジアナ州ホーマ生まれのジャズ歌手。
ジョン・コルトレーン (John Coltrane 1926年9月23日~1967年7月17日) はアメリカ合衆国ノースカロライナ州生まれのジャズ・テナー・サックス、アルト・サックス、ソプラノ・サックス奏者。
アルバムは、1963年3月6日・7日の録音、インパルス・レーベルからのリリース。
ジョン・コルトレーンのアルバム  「バラード」 にジョニー・ハートマンが加わった一枚。
2人の歳の差はジョニー・ハートマンの方が3歳上。
この時期のコルトレーンは4回の転換期の第3期にあって、1961年には 「アフリカ」 「インプレションズ」 をリリース。
その後1965年にはフリージャズに傾倒する直前にあたる。
しかし、ここではフリーの微塵のかけらもなく、全てはアルバム 「バラード」 を踏襲し見事なまでにジョニー・ハートマンを盛り立てている。
ジョニー・ハートマンも、変に力まず、いつものようにソフトで芯のある美声で淡々と唄え上げる。
コルトレーンのテナーと、ヴォーカルの見事なまでのコラボに痺(しび)れた。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲