青木高見のジャズコレクション Joe Williams (vo) ジョー・ウィリアムス


寸評
ジョー・ウィリアムス (Joe Williams 本名 : Joseph Goreed Williams 1918年12月12日~1999年3月29日) はアメリカ合衆国ジョージア州コーディール生まれの男性ジャズ歌手。
1937年、プロ・デビュー。
1954年、カウント・ベイシー楽団の専属歌手。
1961年、独立。
1999年、ラスベガスの病院から抜け出して路上で死んでいるのが発見された。
黒人独特の太い声、アメリカ合衆国独特の差別の暗い影が哀愁となって歌唱に滲む。
絶対、忘れてはいけないヴォーカリスト。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Joe Williams / The Greatest!! Count Basie Plays Joe Williams / The Greatest!! Count Basie Plays

(注) このアルバムはジョー・ウィリアムスのリーダーアルバム扱いとしています。
オーケストラがカウント・ベイシーのため 「 Count Basie 」 でも同じ内容を掲載しています。  →

Recorded :
April 28, 1956  #02, #03, #06, #07, #08, #09
May 1, 1956 #01, #04, #05, #10, #11, #12

Personnel :
Joe Williams (vo)
Count Basie (p)
Buddy Bregman (arr, cond)
Wendell Culley (tp)
Reunald Jones (tp)
Thad Jones (tp)
Joe Newman (tp)
Henry Coker (tb)
Bill Hughes (tb)
Benny Powell (tb)
Marshal Royal (as, cl)
Bill Graham (as)
Frank Wess (as, ts, fl, cl)
Frank Foster (ts, cl)
Charlie Fowlkes (bs, bass-cl)
Freddie Green (g)
Eddie Jones (b)
Sonny Payne (ds)

Song name :
01. Thou Swell
02. There Will Never Be Another You
03. Love Is Here to Stay
04. 'S Wonderful
05. My Baby Just Cares for Me
06. Nevertheless (I'm in Love with You)
07. Singin' in the Rain
08. I'm Beginning to See the Light
09. A Fine Romance
10. Come Rain or Come Shine
11. I Can't Believe That You're in Love with Me
12. This Can't Be Love

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ウィリアムス (Joe Williams 本名 : Joseph Goreed Williams 1918年12月12日~1999年3月29日) はアメリカ合衆国ジョージア州コーディール生まれの男性ジャズ歌手。
アルバムはジョー・ウィリアムス、カウント・ベイシー・オーケストラ、1956年4月28日・5月1日の録音、ヴァーヴ・レコードからのリリース。
共演者は、編曲と指揮がバディー・ブレグマン。 オーケストラは、ピアノがカウント・ベイシー、トランペットがウェンデル・カリー、ロナルド・ジョーンズ、サド・ジョーンズ、ジョー・ニューマン、トロンボーンがヘンリー・コーカー、ビル・ヒューズ、ベニー・パウエル、アルトサックス・クラリネットがマーシャル・ロイヤル、アルトサックスがビル・グラハム(グレアム)、アルトサックス・テナーサックス・フルート・クラリネットがフランク・ウエス、テナーサックス・クラリネットがフランク・フォスター、バリトンサックス・バスクラリネットがチャーリー・フォークス、ギターがフレディ・グリーン、ベースがエディ・ジョーンズ、ドラムがソニー・ペイン。
ジョー・ウィリアムスが正式にカウント・ベイシー楽団の専属歌手になったのが1954年なので、このアルバムの時期は初期の作品となる。
若々しい声と熱唱というよりは軽く流している感覚に好感がもてる反面、後期のあの素晴らしい低音がまだ出てない。
演目は、スタンダードと明記している様に、普段聴きなれた選曲で聴きやすい。
話は飛ぶが、カウント・ベイシー・オーケストラ楽団のメンバーを見てみると、その後、独り立ちしていく有名ミュージシャンが多く在籍している事に改めて驚きを感じる。
やはり、この事はジャズ史の上でも重要な事柄といえる。
そういう意味から、カウント・ベイシー・オーケストラ中心に聴いても楽しい。
カラッと晴れた日曜日の午後、のんびり聴くには最高に贅沢な一枚。
(青木高見)





Joe Williams / Nothin' But The Blues Joe Williams / Nothin' But The Blues

Recorded : November 16-17, 1983

Personnel :
Joe Williams (vo)
Eddie ''Cleanhead'' Vinson (vo, as) #03
Jack McDuff (organ, p)
Phil Upchurch (g)
Red Holloway (ts)
Ray Brown (b)
Gerryck King (ds)

Song name :
01. Who She Do
02. Just a Dream
03. Hold It Right There
04. Please Send Me Someone to Love
05. Going to Chicago Blues
06. Ray Brown's in Town
07. In the Evening"/"Rocks in My Bed
08. Alright, OK, You Win
09. Mean Old World"/"Wee Baby Blues
10. The Comeback
11. Tell Me Where to Scratch
12. Sent For You Yesterday

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ウイリアムス (Joe Williams 本名 : Joseph Goreed Williams 1918年12月12日~1999年3月29日) はアメリカ合衆国ジョージア州コーディール生まれの男性ジャズ歌手。
アルバムはジョー・ウィリアムズ、1983年11月16日・17日の録音、気心の知れた仲間と気軽にブルースを楽しんでる一枚。
共演者は、オルガンとピアノがジャック・マクダフ、3曲目のみブルース歌手のエディ・クリーンヘッド・ヴィンソン。
ギターがフィル・アップチャーチ、テナーサックスがレッド・ホロウェイ、ベースがレイ・ブラウンほか。
演奏は、筋金入りの面々、漆黒のソウル100%、小さい音で聴けば繊細に、大きな音で聴けば迫力満点。
リハなどなく、その場で一発決めの妙味。
百戦練磨のミュージシャンにしかできない技。
(青木高見)





Joe Williams / The Count Basie Orchestra Frank Foster (CD-83329) Joe Williams / The Count Basie Orchestra Frank Foster (CD-83329)

Recorded : November 20, 1992

Personnel :
Joe Williams (vo)
Frank Foster (ts)

[Count Basie Orchestra]
George Caldwell (p)
Charlton Johnson (g)
Derrick Gardner (tp)
Melton Mustafa (tp)
Bob Ojeda (tp)
Mike Williams (tp)
Clarence Banks (tb)
Mel Wanzo (tb)
Bill Hughes (tb)
Robert Trowers (tb)
Kenny Hing (ts, fl)
Doug Miller (ts, fl)
Manny Boyd (as, piccolo)
Danny Turner (as, fl)
John Williams (baritone-sax, bass-clarinet)
Cleveland Eaton (b)
David Gibson (ds)

Song name :
01. Sometimes I'm Happy
02. Hurry On Down
03. Sugar
04. Summertime
05. Liver Come Back To Me
06. A Little At A Time
07. There Will Never Be Another You
08. Jimmy's Blues
09. Honeysuckle Rose
10. My Baby Upsets Me
11. The Comeback
12. Georgia Rose
13. Roll'em Pete
14. I'd Rather Drink Muddy Water
15. One O'Clock Jump

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジョー・ウイリアムス (Joe Williams 本名 : Joseph Goreed Williams 1918年12月12日~1999年3月29日) はアメリカ合衆国ジョージア州コーディール生まれの男性ジャズ歌手。
アルバムはジョー・ウィリアムズ、1992年11月20日の録音、古巣のカウント・ベイシー・バンドでの歌唱の一枚。
カウント・ベイシーは1984年に亡くなっているので、このバンドは、後を引き継いだバンドとの共演。
かっこいいジャケットで期待して買ったが、悲しいかな声の衰えは隠せない。
低音部が出ない。
やはりジョー・ウィリアムズはカウント・ベイシーがいた頃が全開。
ジョー・ウィリアムズは、1999年にラスべガスで亡くなっている。
当時、入院中だったが病院の外で、道に倒れて死んでいたと聞く。
本人に聞いてみないと解らないが、思うに偉大なエンターテイナーは病院なんかで死にたくなかったのではないか。
本当はステージで倒れたかったのではないか。
そう思って聴くと目頭が熱くなり、不出来のアルバムも貴重な一枚に変わる。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲