青木高見のジャズコレクション Jack McDuff (orn, p) ジャック・マクダフ


寸評
ジャック・マクダフ (Jack Mcduff 出生名 : Eugene McDuffy 1926年9月17日~2001年1月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シャンペーン出身のジャズ・オルガニスト、シンセサイザー、キーボード、バンドリーダー、編曲家。
〈青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】
        sell

【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Jack Mcduff / The Honeydripper Jack Mcduff / The Honeydripper

Recorded : February 3, 1961

Personnel :
Jack Mcduff (org)
Grant Green (g)
Jimmy Forrest (ts)
Ben Dixon (ds)

Song name :
01. Whap!
02. I Want a Little Girl
03. The Honeydripper
04. Dink's Blues
05. Mr. Lucky
06. Blues and Tonic

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・マクダフ (Jack Mcduff 出生名 : Eugene McDuffy 1926年9月17日~2001年1月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シャンペーン出身のジャズ・オルガニスト、シンセサイザー、キーボード、バンドリーダー、編曲家。
アルバムはジャック・マクダフ、1961年2月3日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
共演者は、ギターがグラント・グリーン、テナーサックスがジミー・フォレスト、ドラムがベン・ディクソン。
演奏は、いわゆるコテコテで黒いと思いきや、意外に素直でスンナリまとまっている。
それにしても、アルバムのタイトル 「Honey Dripper(ハニードリッパー)」。
ブラック・ポップスの曲だが、この演目をするなら、もうちょっとゴリゴリやってほしかった。
しかし考えてみれば、グラント・グリーンにしてもジミー・フォレストにしてもゴリゴリではないので、そうかもしれない。
ところで、この 「Honey Dripper(ハニー ドリッパー)」 とはどういう意味なのだろう。
意味は、ハチミツを瓶からすくう棒から転じて、蜜をたらす奴、卑下した言葉でプエルトリコ人、恋人の意味があるらしい。
Dripper・ドリッパーは、コーヒー・ドリッパーが有名だが、本来は 「濾(こ)し出すもの、冷凍食品を解凍した時に食品の内部から流れ出る液汁、はては、漏れたり、したたり出る様子、ポトポト液体が落ちる様子、がある。
という訳で 「ハニー ドリッパー」 、考えようによっては卑猥(ひわい)にも取れる。
本来、スラング語は、卑猥(ひわい)なもので、当然と言えば当然。
(青木高見)





Jack Mcduff / Goodnight, It's Time To Go Jack Mcduff / Goodnight, It's Time To Go

Recorded : July 14, 1961

Personnel :
Jack Mcduff (org)
Grant Green (g)
Harold Vick (ts)
Joseph Thomas (ds)

Song name :
01. Sanctified Waltz
02. Goodnight, It's Time to Go
03. I'll Be Seeing You
04. A Smooth One
05. McDuff Speaking

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・マクダフ (Jack Mcduff 出生名 : Eugene McDuffy 1926年9月17日~2001年1月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シャンペーン出身のジャズ・オルガニスト、シンセサイザー、キーボード、バンドリーダー、編曲家。
アルバムはジャック・マクダフ、1961年7月14日の録音、プレスティッジ・レーベルからのリリース。
共演者は、ギターがグラント・グリーン、テナーサックスがハロルド・ヴィック、ドラムがジョセフ・トーマス。
何て! カッコいいジャケットだろう。
上の3分の1に、朱色の地にタイトル・テキストを配し、下3分の2に、煙草を燻(くゆ)らすリーゼントのジャック・マクダフのモノクロ写真。
演奏は、ジャケット・イメージで行くとコテコテかと思いきや、意外にアッサリしているので拍子抜けした。
そのためBGM風に聴いているが、BGMにしては贅沢すぎ。
(青木高見)





Jack Mcduff / Write On, Capt'n sell Jack Mcduff / Write On, Capt'n

Recorded : June 3-4, 1993

Personnel :
Jack Mcduff (org, syn, key, per, arr)
Johnnie Lambert (vo) #10
Byron Stripling (tp)
Joe Magnarelli (tp)
Joey DeFrancesco (tp) "03, #05, #07
Andrew Beals (as)
Jerry Weldon (ts)
Winston Roye (b) #03, #05, #07, #09, #10
Herb Besson (tb)
John Hart (g)
Rudy Petschauer (ds) #01, #02, #04, #06, #08
Van Romaine (ds) #03, #05, #07, #09, #10

Song name :
01. Spec-tator
02. From The Pulpit
03. Killer Joe
04. The Room (For Kathy)
05. A Night In Tunisia
06. Captain's Quarters
07. The Billyjack
08. Goin' Out Of My Head
09. Goin' To The Well
10. Havin' A Good Time

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ジャック・マクダフ (Jack Mcduff 出生名 : Eugene McDuffy 1926年9月17日~2001年1月23日) はアメリカ合衆国イリノイ州シャンペーン出身のジャズ・オルガニスト、シンセサイザー、キーボード、バンドリーダー、編曲家。
アルバムはジャック・マクダフ、1993年6月3日と4日の録音、コンコード・レコードからのリリース。
共演者は、個人的に聞きなれないメンバー大勢。
演奏は、ソウル、R&B寄りのジャズ。
全体的にインパクトが今ひとつ。
深く考えずにBGM風に聴き流せば、それなりに味が出る。
やる気のないジャケット、同じく希薄な演奏は、なんでだろう~ なんでだろ~。
という訳で売却。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲