青木高見のジャズコレクション Big John Patton (org) ビック・ジョン・パットン


寸評
ビッグ・ジョン・パットン (John Patton 1935年7月12日~2002年3月19日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンサスシティ生まれのジャズ・オルガン奏者、作曲家。
(青木高見)

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Big John Patton / Along Came John Big John Patton / Along Came John

Recorded : April 5, 1963

Personnel :
Big John Patton (org)
Grant Green (g)
Fred Jackson (ts)
Harold Vick (ts)
Ben Dixon (ds)

Song name :
01. The Silver Meter
02. I'll Never Be Free
03. Spiffy Diffy
04. Along Came John
05. Gee Gee
06. Pig Foots

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビッグ・ジョン・パットン (John Patton 1935年7月12日~2002年3月19日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンサスシティ生まれのジャズ・オルガン奏者、作曲家。
アルバムはビッグ・ジョン・パットン、1963年4月5日の録音、ブルーノート 4130番、ブルーノート初リーダー作。
共演者は、ギターがグラント・グリーン、テナーサックスがハロルド・ヴィックとフレッド・ジャクソン、ドラムがベン・ディクソン。
教会音楽が普及している広い当時のアメリカで、オルガンを弾く人は多数いたと思う。
その中で、名を残せたミュージシャンは一握(にぎ)り。
やはり昔も今も、その事はどこの国でも同じ様だ。
演奏は、ブルーノートの作品群の中では地味ではあるが、豪華メンバーの共演という事で貴重。
代名詞ともなっている 「オルガンにはグラント・グリーンとベン・ディクソン」。
2本のテナーサックスは曲によって別々に吹くが、ここではアンサンブルとして同時参加がいい。
ちなみに、ハロルド・ヴィックのブル―ノート作品 「Harold Vick / Steppin' Out! 録音日: 1963年5月27日」 にビッグ・ジョン・パットンが参加している。
これもブルーノートで、お馴染(なじ)みの相互共演、録音日が1ヶ月しか違わないのには、思わず笑ってしまう。
(青木高見)





Big John Patton / Let 'Em Roll Big John Patton / Let 'Em Roll

Recorded : December 11, 1965

Personnel :
Big John Patton (org)
Bobby Hutcherson (vib)
Grant Green (g)
Otis Finch (ds)

Song name :
01. Let 'em Roll
02. Latona
03. The Shadow of Your Smile
04. The Turnaround
05. Jakey
06. One Step Ahead

※ コメントの無断引用・無断転載を禁じます。
メインコメント : ビッグ・ジョン・パットン (John Patton 1935年7月12日~2002年3月19日) はアメリカ合衆国ミズーリ州カンサスシティ生まれのジャズ・オルガン奏者、作曲家。
アルバムはビッグ・ジョン・パットン、1965年12月11日の録音、ブルーノートからのリリース。
共演者は、ヴィブラフォンがボビー・ハッチャーソン、ギターがグラント・グリーン、ドラムがオーティス・フィンチ。
演目は、ビッグ・ジョン・パットンのオリジナルと、ハンク・モブリーの曲のほかに 「The Shadow of Your Smile(いそしぎ)」 など明るい曲が並ぶ。
演奏は、ジャズ、ゴスペル、ブルース、フリージャズ、R&Bなどを基調に洗練されたアーシーさが聴きどころ。
個人的な聴き方として、ビッグ・ジョン・パットンで1回、ボビー・ハッチャーソンで1回、グラント・グリーンで1回、合わせて1回、計4回楽しむ。
話は飛ぶが、子供の頃に遊んだプラモデルの戦車の名前に 「パットン戦車」 があった。
1970年の映画 「パットン大戦車軍団」 が日本で上映された。
主人公は第二次世界大戦のアメリカ軍のジョージ・パットン将軍で、これを思い出した。
このアルバムのビッグ・ジョン・パットンは長い間、過小評価されていたが近年、倉庫に眠っていた音源がリリースされ見直されている。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲