青木高見のジャズコレクション Fred Jackson (ts) フレッド・ジャクソン


略歴
フレッド・ジャクソン (Fred Jackson 1929~) はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ生まれの R&Bとジャズのテナー·サックス奏者。

【INDEX (リーダーアルバム)】


【INDEX (共演アルバム)】


【以下コンテンツ】


Fred Jackson / Hoot in' 'n Tootin' Fred Jackson / Hoot in' 'n Tootin'

Recorded : February 5, 1962

Personnel :
Fred Jackson (ts)
Earl Vandyke (org)
Willie Jones (g)
Wilbert Hogan (ds)

Song name :
01. Dippin' in the Bag
02. Southern Exposure
03. Preach Brother
04. Hootin' 'N Tootin'
05. Easin' on Down
06. That's Where It's At
07. Way Down Home

寸評 : フレッド・ジャクソン (Fred Jackson 1929~) はアメリカ合衆国ジョージア州アトランタ生まれの R&Bとジャズのテナー·サックス奏者。
アルバムはフレッド・ジャクソン、1962年2月5日録音、ブルーノートからのリリース、4094番。
共演者は、オルガンがアール・ヴァンダイク、ギターがウィリー・ジョーンズ、ドラムがウィルバート・ホーガン。
演奏は、フレッド・ジャクソンのソウル・ファンキー・テナーがたっぷり聴ける、演目は全てフレッド・ジャクソンの作曲。
60年代のジャズは、ブルースを根に持ち、R&B、ソウル、ロックの融合があった。
フレッド・ジャクソンも、ビ・バップやハード・バップとは、明らかに違う系統にいる。
とは言え、録音の機会を与えたブルーノート、社主アルフレッド・ライオンの先見性も、また見逃せない。
エコのーの効いたハモンド・オルガンにギターが被(かぶ)さり、真(まこと)に誇張性のない淡々としたフレッド・ジャクソンのテナーの絡(から)みがいい。
ちなみに、オルガンがアール・ヴァンダイクは、モータウンのセッション・キーボーディストだった。
強烈な印象がない分、逆に肩がこらず、結局、聴く回数が多くなる。
この塩梅(あんばい)が実に素晴らしい。
(青木高見)




▲ページの上に戻る▲